« ニッポン茶茶茶! | トップページ | カフェで一服 »

2006年1月11日 (水)

マンマの愛情とアイロン

数年前にあるイタリア人の著書で「マンマのアイロン」っていう言葉を知った。
イタリアのマンマ(お母さん)はとてもマメにアイロンをかけていて、下着にまでアイロンをかけてしまう、という話。
イタリア人の男性たちの中には、新妻のかけたアイロンではどうも着用感が良くなくて、妻の目を盗んでこっそりその下着やシャツを実家のマンマのもとに持って行く、というすごい人もいたりするんだとか。なんだそりゃ。

一昨年、私はイタリア人家庭に2ヶ月間だけ間借りしていた。
そこは56歳で雑誌社に勤めるキャリアウーマンのマンマと、何の仕事をしているのか結局最後まで謎だった29歳の息子と猫が1匹いた。上の娘たちは皆それぞれお嫁にいってしまってた。
そのマンマがやはり出勤前によくアイロンをかけていた。息子は朝早く仕事に出かけるため、ピシッと皺のない息子のTシャツやパンツが昼間リビングの台に置かれているのをしばしば目にした。週に1度はそのパンツの上にお小遣いが載っていた。
おいおい、29歳にもなってお小遣いを毎週もらうな~っ。とは口に出せなかったけど。

さて、そんなわけでイタリア人がアイロンのかかったパンツを履いてる、っていうのはどうも真実らしい、ということもわかった。でもマンマにアイロンかけ直してもらわなきゃ落ち着かないほど、パンツのアイロンって重要なわけ?

きっとイタリア人の男性がマンマのアイロンにこだわるのはマンマへの感謝と親孝行なのかもしれない。

« ニッポン茶茶茶! | トップページ | カフェで一服 »

コメント

料理☆研究会の堀江です。入会ありがとうございます。少し遡ってブログを拝読しました。研究会にぜひとも新しい風を! よろしくお願いします。ちなみに私26歳ですがたまにマンマに金借りてます(汗

投稿: 堀江 | 2006年1月11日 (水) 15時01分

決してわたしはマザコン男の存在を認めているわけではありませんが、なんだかいいお話ですねぇ(29歳のお小遣いを除けば)。
それって最高の親孝行かも~~って、子を持つ親の心境になってみたりして。
でも一歩間違ったら子離れできない母になってしまう??

・・・でアイロンのかかったパンツって・・・きっと違いは分かりますよね~。ご主人は黙っているだけなのか・・・。それとも?!

投稿: ゆっきー | 2006年1月11日 (水) 15時08分

堀江さん、この度mixiではお仲間に入れていただき、とても光栄です。よろしくお願いします。
またこのブログにもいらっしゃってくださって、本当に嬉しいです。
堀江さんも優しいマンマをお持ちのようですね。ぜひ感謝と親孝行してくださいねー。

ゆっきーさん、ダンナさんにはじっくり尋問してみたいとます(笑)でも、あまのじゃくなダンナさんなので何と答えるか・・・・。

投稿: masami | 2006年1月11日 (水) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/309853

この記事へのトラックバック一覧です: マンマの愛情とアイロン:

« ニッポン茶茶茶! | トップページ | カフェで一服 »