« いかがでしょうかぁ? | トップページ | ダイエット6週間経過 »

2006年4月25日 (火)

美しさって

友人のブログを見てショックを受けた。その友人のおばさま(53歳)がスラリと美しいレオタード姿を披露されていた。いやいや、驚いた。

私は昔からチビコロ体型。背が低い、ぽっちゃり型だった。ピークは高校生のとき。スポーツ選手をしていたので筋肉質ではあったが、決して痩せることはなかった。ぽっちゃりを越えてパッツンパッツンだった。チビコロで美人でもない私の武器は笑顔だけだった。

そんな高校時代、なぜか私がレオタード姿で市の環境ポスターのモデルをすることになってしまった。たまたま団体写真の中で私と後輩のSさんのふたりだけがとびきりの笑顔だったのが、ポスターの製作サイドの目に留まったのだという。
そのオファーを受けた学校側は「うちの生徒にはもっとスタイルが良くて美人がたくさんいますが」とモデルの変更をお願いしたらしい。Sさんもチビコロだった。そんな学校側の意向を押し切って笑顔を買ってくれた製作の方々。

なのにできあがったポスターはさんざんなものだった。11月の夕方に海風の吹き上げるゴルフ場でレオタード姿での撮影。寒い。自慢の笑顔は強張った。その上、付き添った学校の先生から「だらしのない姿をさらすわけにはいかない」と頭にヘアピンをめいっぱい差し込まれ、レオタードなのに校則通りの白いソックス。「街をキレイに」みたいなタスキをかけたチビコロふたり。
環境のポスターなのに、駅や街角の環境をあのポスターが壊していたかもしれない。当時、不快な想いをされた通行中の皆様、申し訳ございませんでした。

19歳の夏に痩せて、人並み(?)になって、そして今、おばちゃん体型に進みつつある。今は同じチビコロでもレオタード姿になれる私ではない。もうこれから先、そんな姿になるのは無理だ、と決め付けていたけど。

その友人のブログの写真から勇気をもらった。年齢なんて関係ない。自分を美しく見せる、という気持ち。それがスッと真っ直ぐに背筋を伸ばさせ、凛とした、内側からの美しさ。
私が53歳になるころに、こんな女性でいられたら・・・・。たいして美人でもないチビコロの私を選んでくれたダンナさんのためにも、今から頑張らないと、とあらためて思った。
mautako's blog ★オバリ~ナ?
    ↑ 
皆様もそのおばさまから勇気と希望をいただきましょう!

« いかがでしょうかぁ? | トップページ | ダイエット6週間経過 »

コメント

環境ポスターのmasamiさん、見てみたい~(><)
とっても可愛い高校生じゃないですか!
今時の若者はすごく大人びてるけど、masamiさんの高校生時代は、とっても可愛らしかったんだろうなあと思います!
確かに、レオタードに白ソックスは笑っちゃいますけどね・・・。
ご主人は、小さくて笑顔の素敵なmasamiさんのことが大好きなんでしょうね^^
私は、主人とあまり背の高さが変わらず、お義父さんに「デカイね!」と言われました・・・(^^;)そんなこと言われても。

投稿: さっちん | 2006年4月25日 (火) 19時54分

さっちんさん、あのポスターはうちの倉庫に1枚残っているようなんですが、恐ろしくていまさら見ることはできません。
ひどいブサイクなポスターです。
可愛い・・・いえいえ、短大時代でも中学生に間違われたり、どちらかというと、幼い、というのでしょうか。ちなみに目が一重なので、笑うと目がなくなりまーす。

投稿: masami | 2006年4月26日 (水) 01時12分

過去に環境ポスターのモデルになっただなんてすごい!!今、私の頭の中はmasamiさんの想像でいっぱいです・・・夢に出てくるかも!?
そのポスター、いつかこっそり見せて下さいね!!
絶対かわいいと思います。

それから、masamiさんが言われるように、年齢なんて関係ない。
内側からの美しさって大切です。年を重ねるごとにその人の生き方が姿に現れてくるものですよね。
胸を張って堂々と、笑いジワもチャームポイントくらいに思える女性になりたいです。


投稿: kiyokiyo | 2006年4月26日 (水) 03時53分

私もmasamiスマイルの信者です(*^v^*)
当時もきっと多くの信者がいたに違いありません!
だんな様もきっとそうですよ。

私が子供の頃に、祖母がおへそ周りに丸く脂肪を集めて
かぼちゃ!って笑わせてくれた事を思い出しました。
なんだか、少し近づきつつあるおなか・・・。
祖母の事は今でも大好きだけど、それは・・・
ちょっと似たくない。
私の理想は、着物の似合うおば様です。

投稿: chiruchiru | 2006年4月26日 (水) 09時52分

masamiさんいお会いしたことはありませんが、写真を拝見した第一印象は、

「なんて笑顔の素敵な人なんだろう」

それだけで、旦那さんが虜になった訳がわかってしまいました。
笑顔が武器っていいですね。私も、何かこれが武器っていいたいな。緊張しすぎると笑いばかりが出て、それはそれで変に印象に残ってしまうことがあります。また、緊張して笑えないこともあります。う〜ん。難しいです。

投稿: mautako | 2006年4月26日 (水) 13時35分

kiyokiyoさん、実はそのポスターの撮影時のギャラは
佐賀名物の松露饅頭2箱でした。
そう、あの小さくてコロコロのたこ焼きのような饅頭です。
まるで私・・・・?と思いながら食べました。
いろんな人を見ていると、怒り顔の人と笑い顔の人いますよね。
怒り顔のおばさんにだけは将来ぜったいなりたくないですよね。
にこにこ笑ってる穏やかなおばあちゃんになりましょう!

投稿: masami | 2006年4月26日 (水) 14時38分

chiruchiruさん、おばあさまの「かぼちゃ」は斬新ですね。
私は以前温泉で、頬に「たこやき」を作って姑に見せたら、
姑はお腹の肉を集めて「にくまん」で返してきました。
おへそを上手く使うと、「にくまん」が「かぼちゃ」になるのですね。
こんど姑にも教えたいと思います。

chiruchiruさん、50年後にいつもの店で着物で会いましょう。

投稿: masami | 2006年4月26日 (水) 14時44分

mautakoさん、私もストレスや悩みで何ヶ月も笑えなくなった時期が今までに2度ありました。
1度目は20歳の頃。仕事などの環境を変えることで元気になりました。
2度目は2年半前。仕事上の顔見知りのひとりが一生懸命に私を笑わせてくれました。おかげでただの仕事上の顔見知りは、信頼できる友人となり、その後家族となりました。
だから、きっと私は一生笑顔でいられると思います。ふふふ。

投稿: masami | 2006年4月26日 (水) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/1550443

この記事へのトラックバック一覧です: 美しさって:

« いかがでしょうかぁ? | トップページ | ダイエット6週間経過 »