« 部屋の真ん中 | トップページ | 旅行の話(5)トルコ編:1 »

2007年2月16日 (金)

光熱費

昨年の今頃、ガス代の請求書(3ヵ月分まとめて)で
€ 488(現在のレートで7万8千円くらい)が届き、
慌てふためいた、という日記を書いた。
ちなみに通常は1回の請求で1万円未満程度の額。

その後、エネルギー供給会社に正しいメーターの数字を
申請して、無事に過剰支払い分は戻ってきたし、
あれ以来、無茶な金額の請求も来なくなった。

使用量を予測?憶測?推測?で請求書を作って、
2~3ヶ月分まとめて送ってくるこのシステム。
コンピューターが予測?憶測?推測?してるんだろうけど、
まったく何を根拠に数字を出しているのか、理解できないし
毎回ありえないバラつきがある。
以来、まあそれでもそんなに無茶な数字の請求はきてない。

ところが、3日前のこと。
電気代の請求が届いた。この電気代も、同じ供給会社から。

€750(約12万円)!!!!!Σ(゚ロ゚;屮)屮!!!!!

2ヶ月分で、なんでこの額?
(ちなみに、やはり通常の請求額は毎回1万円前後)
去年1年間に払った電気代総計より高い、っつーのよ( -"-)

またご近所に相談。
ここのアパートの地下室に全所帯の電気のメーターがあり、
そこでまずメーターをチェックしなさい、と言われ、
連れて行ってもらった。

電気も業者がメーターチェックするんじゃなくて、
コンピューターが予測?憶測?推測?で使用量を出し、
その数字で請求書を作るそうなので、
ときどきメーターのチェックを自分で行って、
大幅に差異が発生してる場合は正しい数値を自己申告して
正しい請求書をだしてもらう、とのこと。

2件隣の世話焼きおばさんは
「アタシなんてガス・電気の請求は毎回電話して、
 正しい数字を申告してるわよ~!」

なんちゅー面倒なシステム。

そのおばさん(アパートの情報通でもある)の話だと、
同じアパートで、今回同じく10万円以上の請求が
届いて慌ててる家庭が他に3~4件あるらしい(; ゚ ロ゚)     

うちは、1LDKなので、どんだけ頑張っても
2ヶ月で12万分も電気使えない、ってばよ ( ̄д ̄╬)

またお隣のお姉さんに供給会社に連れてってもらって、
正しい額の請求書を後日発行してもらう手続きをとり、
まあ、一安心だけど・・・・。

どうやら昨年は全体的に少なく予測されすぎてたようで、
思ったほど安くはならず、正規のメーター数に見合う支払い、
調整されると、どうも6万円ほどの請求になりそうです。

まあ、日本みたいに人員雇ってメーターチェック行うと、
それだけ人件費とか上乗せされそうだけど、
せめてそのコンピューター、なんとかすべきでは。
日本製の機械に、換えてくれるといいかもしれない。

« 部屋の真ん中 | トップページ | 旅行の話(5)トルコ編:1 »

コメント

ほほーーーん…市民にとっては深刻な問題だよね。
そんなに高額な請求書送られてきても。。。
一瞬ドキッってしちゃいますね。
(確かに二人暮らしでどうやって12万円分もの電気代使うっちゅうねん、使い方教えてくれや)

ってかコンピューターにもお国柄って出るのですね(笑)

投稿: つきこ | 2007年2月18日 (日) 04時59分

つきこさん、かなり深刻ですね~。
景気がいいとはいえないイタリアで、
高額の光熱費を抑えよう、と節約してる家庭が多い中、
こんな突拍子もない請求がきたら・・・ねえ。
一部移民の中には、夜逃げ族も多い、って聞きますが、
こういうことも一因なのかもしれません。

投稿: masami | 2007年2月19日 (月) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/5367709

この記事へのトラックバック一覧です: 光熱費:

« 部屋の真ん中 | トップページ | 旅行の話(5)トルコ編:1 »