« かっとばしでエコ | トップページ | 平穏な毎日で »

2007年10月12日 (金)

ジェネリック放浪紀

ちょっと体調崩して、昨日病院に行ってきた。
たいしたことないなりに、処方箋を出してもらった。
「一応14日分薬出すけど、2週間経たずに良くなるでしょう」
って程度なので、まあご心配なく。

 

で、その処方箋持って、病院指定の薬局に行く途中、
エレベーターの中で処方箋を見るとこんな欄が。
「後発医薬品への変更可 医師○○○○ ㊞」
後発医薬品っていうと、俗に言う、ジェネリック薬品でしょ。

 

【ジェネリック薬品】
最初に開発されたくすりの特許期間が切れた後、厚生労働省の承認を得て、別の製薬会社が同じ成分のくすりを製造して販売しているもののことで、後から出されたくすりなので「後発品」とも呼ばれています。先に開発されたくすりと主成分が同じで含量も同じでも薬代はいくらか安くなっているのが特徴で、医療費負担を軽減する手段の一つとして最近、注目されつつあります。
一方、対する新薬は先に開発されたくすりなので「先発品」とも呼ばれています。

 

おお、そうか。コマーシャルでも、
「勇気をだして・・・ジェネリックを」
みたいなのあったよね。そーか。ジェネリックかぁ。

 

と、いうわけで、勇気を出して、ジェネリックを頼んでみることに。
「これ、ジェネリックでお願いします。」
これからが大変。結論から言うと、5件まわった。
5件とも、持ってなかった。 

 
●A薬局・・・チェーン展開してる薬局(この病院の指定薬局)
  慌ててスタッフ3人かかりでジェネリックの品名を検索。
  「えー、うっそ!こんなにいっぱいある~!!!」
  「わー、安い!!!」
  って、お客を前に、素で驚くなよ(呆)
  結果・・・「この薬、緊急ですか?急ぎじゃなかったら、
  どれくらいの日数で取り寄せられるか調べますけど。」

  はい、お話になりません。次の薬局行きましょう。

 

●B薬局(K駅前)・・・チェーン展開のドラッグストアの薬局
  やっぱり慌てて、休憩中のスタッフまで呼び出し、
  3人で薬品名や在庫を確認しはじめる。
 「今、在庫はないんですが、2~3日で取り寄せ可能です。」

 そっか・・・、この薬局はちょっと場所が不便なので、
 今回は見送り。また次へ行きましょう。

 

●C薬局・・・個人経営。横には大きな内科がある。
 「これはうちには在庫はないです。」

 あっさり処方箋を返された。次、次~! 

 

●D薬局・・・個人経営。数件の個人病院が周囲にある。
 「うちには在庫置いてないですねー。」

 こちらもあっさり処方箋を返された。 
 もういい加減疲れたので、あと1件で諦めて、
 先発品を買っちゃおう。あと1件。

 

●B薬局(T駅前)・・・2件目の薬局と同じチェーンの薬局
 「ここに在庫はないんですが、今日中に取り寄せます。」

そんなところでもうOKでしょう。取り寄せ、お願いします。


 
 

と、そんな各薬局の反応でした。
私のように暇で貧乏なら、根性で5件回れるけどさ。
これじゃあ勇気をだして「ジェネリック」って言っても、ねえ。
私も1件目の後で、けっこうヘコんだもん。
もういいや、って。思いながらも、ジェネリックっていうものが
どこまで身近になったか確かめたくなってきて・・・・
好奇心が弱気を上回ったね。うん。

 

そんなわけで、まだまだ現実的には遠い存在のジェネリック。
どんどん普及するように、私はこれからもジェネリックを
ガンガンお願いしよう、と心に決めました。

 

いやいやいや、そんな心配しなくていいように、健康第一。
季節の変わり目、皆さん、お身体ご自愛くださいませ。

 

 
  
  
 

« かっとばしでエコ | トップページ | 平穏な毎日で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/8377023

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネリック放浪紀:

« かっとばしでエコ | トップページ | 平穏な毎日で »