« なんで? | トップページ | でかうま羊羹 »

2007年12月25日 (火)

ネギの差し方

風邪をひいたらネギを首に巻く、っていうのは聞いたことあったけど
バイト先でもう1つの説が話題に上りました。

 

風邪ひいたらネギをお尻に差す

 

ちなみにこれは私、初耳でした。
超気になります。
なんでお尻?

 

で、いろいろ調べてみました。
どうやら生ネギの汁の成分がお尻の粘膜から
吸収されることによって、効果があるとか。
解熱効果があるとか。
差すことによって浣腸効果もあり、便秘に効くとか。
でも、化学的立証はないみたい。
古人の知恵、というんでしょうか。
でも、それなりに説得力はあります。

 

お尻にネギ、なんてありえないでしょ、って思ってたけど、
調べていくと、意外に使えるかも、と思えてくるので不思議です。
でも、おうちでしかできませんね。
お尻にネギ差して外出はちょっと・・・・。

 

ちなみに中京テレビでこのネタ、取り上げられたことあるらしい。
「ネギのパワーで風邪を撃退!」

おそるべし、ネギ。
どなたか熱があって、おまけに便秘の方、
試してみて結果を教えてください。 

でも、いったいどうやって、どれくらい、どんなネギを・・・。

« なんで? | トップページ | でかうま羊羹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/9569751

この記事へのトラックバック一覧です: ネギの差し方:

« なんで? | トップページ | でかうま羊羹 »