« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

久々の流れと味と色

日曜日。ナビリオに出かけた。

最終日曜で、アンティーク市やってたし、お天気よかったし、ね。

008_2  

 

 

 

 

 

 

 

今日の運河はけっこう水がたくさん流れてた。

しかも、きれい。透き通ってた。

なんか、ミラノ市内じゃないみたい(笑)

 

ちなみに、2年前、母を連れてきた日は、ほとんど水が無く、

母はこの運河に水があるところを想像すらできないらしい。

 

 

ぶらぶら夕方まで散歩したあと、中心部まで戻ってきた。

ダンナがいつも真似をする、物売りのお兄さんを見てみたくて、

探したけど、その兄さんは見当たらなかった。残念。

ダンナの物まねが妙すぎて、あんな人、本当にいるのかな、

と、半信半疑な私。 

 

 

すごく混んでるジェラート屋。

010  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘~い、マロングラッセ味と

苦~い、ビターチョコ味。

 

 

またぶらぶらしてくと、空が・・・・。

019  

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年、冬のミラノしか来てなくて、

いつもどんより暗い空だったから、

あまりミラノで空を 見上げることがなかったけれど、

今年は暖かくて、お天気よくて、いつも青空で、

空を見上げる回数がすごく多い。

こんな真っ赤な夕焼けは、最近日本でも見てなかったなぁ。

 

 

そんな、舌にも目にも美味しかった休日でした。

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

サンシーロデビュー

我が家にお客様がやってきました!

近い将来、日本のサッカー界に革命を起こすであろう、

カリスマサッカー指導者、KAWAさんです。

こてこての元気いっぱい体育会系のKAWAさんが

無口な文科系であるダンナと、どうして親しくなったのかは、

いまだに不思議な気もするけど、

縁あって、家族ぐるみのおつきあいをさせてもらってます。

 

そのKAWAさんが私たちをイタリア杯の試合に招待してくれました。

TVや噂でよく聞く、サンシーロというミラノのサッカー場です。

TVに映るときは、たいていサポーターの暴動、みたいなネタで

警官ともみ合ってたり、破壊したりする場面、のあの競技場です。

おおおおお~。楽しみ。

 

現地で、KAWAさんのお連れの方々と合流。いよいよ中へ・・・・。

2階席だったんですが、恐ろしいほど果てしなく続く階段・・・。

もう声もでない、息切れ切れ。

外観はとっても「美しい現代の要塞」みたいな建物だったけど、

さすがに中はすごかった。 

まずトイレに行こうとしたら、女子トイレが少ない。

そりゃそーだ。周りは男だらけ。女性客はほんのひとにぎり。

やっと見つけた女子トイレ。

しかーし!中はメンズに占領されていた。

ああ、日本の公共のトイレで男子トイレにおばちゃんが並ぶの、

あの逆を味わったわけです。即退散。

日本のおばちゃんたち、男子トイレの占拠はやめましょう。

 

そして客席。

椅子を見てびっくり。

0123_004_2

 

き・・・汚なっ!

座れないじゃん!!

 

って誰も座ってねーし。

 

 

そこはさすがKAWAさん。

椅子に敷く新聞紙を持参。わけてくださった。

なるほど。私、何も知らずにリュックにおやつだけ入れてました。

多少椅子が汚れてても拭けばいいかな、とウェットティッシュを

持ってきたけど、拭きとれるような可愛い汚れ方じゃなかった。

いや~、勉強になりました。ほんと。 

 

試合中もなかなか激しい。

前半、0-0だったけど、後半、点が入り始めると、皆、大興奮。

0123_005_2

0123_006_2  

 

 

 

 

先制ゴール直後、私の足元に、人が飛んできやがりました。

まっすぐ立ってる人なんて誰もいやしねえ。

みんな身体が横とか斜めになって宙に浮いてます。

す、すごい・・・・。

  0123_008

 

さらに応援白熱。

 

統制の取れた

イタリア人の集団を

初めて見た・・・。 

 

 

ちょうど私たちの席は、周囲の観客を見渡せる場所で、

試合も目を離せないけど、観客観察もかなり面白かった。

「同点になった瞬間のこいつらの顔、絶対おもしろいから。」

と、KAWAさん。まじ?同点になっちゃう?

するとそう時間かからずに同点に。KAWAさん、すごいっス。

ちなみにKAWAさんは前半「0-0で終わるよ」との予言もピタリ。

で、屈辱の同点ゴール直後ですよ。

0123_012  

 

 

あっ!

みんな真っ直ぐ立ってる!

 

 

 

 

 

 

こうして、初・カルチョ(サッカー)観戦、超楽しんできました。

ちょっとサッカーに詳しい素人に横からあーだこーだ言われると

たぶんムカつくんだろうけど、プロフェッショナルな人の予言には

最高に観戦を盛り上げていただきました。

いろんな意味でKAWAさん、GRAZIE!!! 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

シンガポール経由

日本からシンガポール航空でミラノに飛んできました。

前回の渡伊のとき以来、

また絶対シンガポール航空で行くんだ!!!

と、心に決めてました。

シンガポール好きだし。

食べ物美味しいし。

あったかいし。(私=寒がり)

モスバーガーあるし。

モスバーガーはダンナの大好物で、お土産に持って行くの。

へんですか?

日本で買えばいいじゃん?

日本で買うと、さすがにダンナの口までに時間がかかりすぎる。

ま、ちょっとでも近づいて買ったほうがいいかな、とね。

レタスのシャキシャキ感はなくなるけど、まあ、ぼちぼち。うん。

さて、今回の目玉は1月9日にオープンしたばかりの新ターミナル。

新しいターミナルってどきどきするでしょ、なんか、ねえ。

しかもシンガポールのチャンギ空港っていえば、

私の中ではダントツに快適で素敵な空港なわけですよ。ふふふ。

ジャーン!

20080117_002_6

20080117_004

 

 

 

20080117_005_3  

 

 

 

 

 

そう、これがそのT3だったんですけどね。

これ、完成予想図とかじゃないデスよ。

私が撮った写真デスよ。

 

さて、自分のPCを使ってメールチェックでもしようか、と思い、

LANケーブル差せる場所を探すけど、見つからない。

おかしいなあ。ここの空港はネットフリーだし、

以前他のターミナルではネットつなげたのになあ。

で、インフォメーションで聞いてみると・・・・

「空港内はワイヤレスでどこでもつなげますよ。

好きなところでどうぞ。」

と言われてしまった・・・・。まじ?すごすぎる。

空港なのにそんなに電波とばしちゃってていいのかな、

とか、余計な心配をしてみたりして。

頭脳明晰な人々が作った空港だから、大丈夫なはずだけど。 

市内でモスバーガー買って、即、空港に戻って、

あとはのんびりのんびり過ごさせていただきました。

Photo  

 

 

 

 

 

 

今回機内で観た映画。

●The Nanny Diaries(USA)・・・つまんなかった

●自虐の詩(日本)・・・評判通りでよかった。

●クローズド・ノート(日本)・・・最初から結末が読めちゃう。

                   「別に」って言いたくなる。

●カンフー・ハッスル(香港)・・・やっぱり香港映画は裏切らない!

と、いうわけで、無事ミラノに到着してますので~。   

 

 

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

明朝出発です

いよいよ出発が明日に迫りました。

準備完了。

 

されど、最後の準備・・・・

の、区役所での転出手続きでひともんちゃくありました。

まず転出届けこれは住民課で順調にさくさく終わりました。

次に国保に加入してたので、国保の脱退手続き

これもさっくり順調でした。

さてこれからです。

 

年金課。

海外在住者の年金は義務じゃなくて任意なんですよ。

私は結婚したときに、本籍地の区役所で海外在住者向けの

年金のハンドブックをいただいて、それをじっくり読んだり、

ネットで調べたりして、決めてました。

任意とはいえ、受給額のことを考えたら、やはり払い続けよう、と。

そのために、自分の銀行口座に当面の年金の支払いに

困らない程度の資金を入れておくべく、

こつこつ地道なバイトと節約生活をしてきたわけです。 

任意で払い続けるには、日本在住の代理人を立てるか、

もしくは社保事務所指定の管理会社に委託し、

専用の口座を作る決まりがあります。

うちは実家の母に代理人となってもらうことにしました。

 

さて、区役所の年金課。

まず、海外転出者が任意で払い続ける、というケースに

慣れておらず、窓口の係が社保事務所に問い合わせしたり

なんだかてんやわんやはじめました。

しかも、社保事務所でも私の疑問に明確な返答をしないらしく、

窓口の係はやたら「~だと思います」「わかりません」の連発。

この言葉は私が社会人1年生のときの研修で

「社会人の禁句」として厳しく指導された言葉です。

これだけは決して言うな。自分の発言に責任を持て、と。 

それでも、まあ、なんとかひととおりの手続きを済ませ、

その後は親戚の挨拶など、いくつかの予定を済ませて帰宅。

帰宅後、区役所の年金課から電話があって

ひとつ、案内し忘れたことがあった、と。

しかも振替口座に関わる大事な件。

「後日、できれば早いうちに、代理人のお母さんに

役所に来てもらってください」

でも、銀行印がいるんですよね?

じゃあ私が行かないと、ですよね?

「あー、まあ、そうですね。」

今から行きますっ!

すでに時間は16時55分。

うちから区役所まで車で10分。

母が車で送ってくれ(私=ペーパードライバー)、

もう誰もいない区役所のロビーに走りこむ。 

そこで、手続きやってると、またさらにいくつかの疑問が。

尋ねると「それは私の管轄外ですし。わかりません。」

「おそらく大丈夫だと思いますけど。」の連発。

私の中でプチン!と弾けました。

「私の年金に関わることです。そんな言い方あまりに無責任です。

わからないなら、わかるところ、わかる人を教えてください。

こんな不透明な状態で、海外に行くなんて不安すぎます。」 

そこでまた社保事務所に電話をかけはじめる係。

社保事務所が確認作業で保留してる間、

私の目の前で彼女は同僚に

「もう、私、今日何回ここに電話してるんだか!」と逆切れ発言。

その上、私にも

「だいたい年金っていうのは国内在住の人のためのものなんです。

海外に住む人が加入するものじゃないんです。

転出届出さずに住民票ここに置いて海外行けばよかったのに。」

って言い方、なんだかありえなくね? 

私は20歳のときに、この区に住民票を移しました。

最初はあまり好きな土地でもなく、友達もいなくて、

なんの愛着もなかったけど、

長く住んで、とくにここ2年半は地元で働いてたので

ここに友人もできました。

父のお墓も区内がいい、と強く私が推し、

それなりに愛着の湧いてきた区だったんです。

最後の日に、すごく後味悪く、眉間にしわよせて、

区役所を出なくちゃならなくて、とても残念でした。 

いろんな複雑な思いを胸に、この地を発ちます。

私が出て行くとひとりになる母も気がかりだし、

年老いた祖母たちも気がかりです。

病後まもない義父や、

献身的に、明るくふるまう頑張りすぎの義母も心配。 

 

情緒不安定な中での区役所のやりとりは

けっこう打撃大でした。

まさか区役所の窓口で自分が泣くなんて思ってもなかったし。 

 

とにもかくにも、今夜が正真正銘、独身最後の夜です。

いろんなこと考えて、あっという間に朝を迎えそうです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

報告と久々のプリクラ

まずは報告から。

年があけ、早々に我が家ではめでたいことがありました。

いろいろと急展開あって、なんと!

家族ビザが取れたんです!!!

きゃ~ッッ!!!

年末、いろいろ事態が2転3転して、どうなることかと思いました。

まあ、でも手続き始めて2年半。

イタリアの法改正やら、

イタリアのうっかりミスやら、

イタリアの申請方法変更やら、

イタリアの申請書類変更やら、

さまざまなことに振り回されましたが、

ビザを手にすると、いままでのこの苦労や

離れ離れに住んでた年月も、

貴重な財産になっているようにすら感じ、

ひたすらビザが愛おしいです。

(愛おしいのはダンナじゃなくて、ビザかよ!ってか・・・笑)

さんざん愚痴を聞いてくれた、読んでくれた皆様、

励ましてくださった皆様、

情報交換しながら、境遇をともにした皆様、

ありがとうございました。

さて、そんなわけで、急展開なのですが、

時間が許す限り、諸事情あってダンナの実家で過ごしていたため、

今、実家に戻っているものの、実家の滞在一週間足らずで、

イタリアに出発します。まもなく、です。3日後出発です。

昨夜は年末までお世話になった職場の、同世代チームとご飯。

Yちゃんがもってきてくれたチェキで大騒ぎ&大盛り上がり。

最終的に、Yちゃんがこんな素敵なアルバム作って、

ごはんのあとに手渡してくれました。

002  

 

 

 

 

 

 

嬉しくて、帰ってからも何度も開いてみました。

たぶん飛行機の中でも、何度も開いてみます(笑)

 

それから写真で勢いついた私たちは、

プリクラ撮ろうよ~!

と、それぞれが約10年ぶり(?)のプリクラへ。

現代のプリクラは、なんて進化してしまったんだ!?

ぜんぜん操作についていけない私たち。

かなり四苦八苦&修正して、ようやくこんな感じのができました。

Photo_3

やっぱりどこか

 仕上がりがぎこちない。

 

でも、精一杯(笑)

 

 

 

 

 

あと数日。やることいっぱいで、1日50時間くらいほしい。

取り急ぎ、現状報告でした。

重ね重ね、皆様、ありがとうございました。

| コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

でかうま羊羹

あけましておめでとうございます。

年末~年始、とパソコンのないところにおりました。

さて、そんな年末のある日、

初めてダンナの両親の故郷に連れて行ってもらいました。

その故郷の家の伯母さんの手作り羊羹がこれです。

どーん!!!

2008_011_2  

 

  

 

 

 

 

写真じゃわかりにくいんですが、

一切れが大きめの冷奴、ってなサイズです。

私、市販の羊羹は食べないんだけど、

この伯母さんの羊羹は絶品で、

ぺロリと食べちゃいました。へへへ。

実はこの日は入院してた義父が退院した日で、

入院中は「食欲がない」とほとんど食事を食べなかった義父が

この特大羊羹をぺロリとたいらげた。

っつーか、食事制限で甘いもの控えるように言われてんのに(笑)

と、いう、いまさらながら年末の報告、なのでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »