« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

旅の話(1)白アスパラガス

気づけば、今日で5月が終わる。

旅行の話をブログに記そう、と思いつつ、

月末まで放置しておりました。

取り急ぎ、5月の旬の話だけでも。  

 

日本で白アスパラというと、缶詰のアレ。

お世辞にも美味しいと言えるものじゃないし、

子供のころから好きにはなれなかった。

大人になって、ヨーロッパで生の白アスパラの味を知り、

今まで食べてた缶詰はなんだったんだ!と大好きに。

たしかドイツやベルギーは白アスパラを栽培してる!

今回も白アスパラ料理を食べるぞー、と出発前に宣言。

 

 

さて、5月は旬なので、ドイツ・ベルギーのレストランでは

「白アスパラガスフェアー」なる、季節限定メニューがあった。

 

まずドイツ。デュッセルドルフのビアホールで、

隣のテーブルに白アスパラガス料理が運ばれてきたので、

すかさず隣のドイツ人さんに尋ね、白アスパラメニューをゲット。

悩みに悩んで、やっぱりコレ!と決めたのが、こちら。

693

白アスパラガスのポタージュ。

アスパラの旨味がぎゅーっ、入った

濃厚だけど、爽やかな味。

ちなみに、白アスパラの固形もごろごろ。

694

こうして、旅行初日にあっさり目標達成scissors

 

もう一品はベルギーのブリュセルで、旅行最終夜に。

ベルギーの白アスパラ料理定番は、グリルしたアスパラと、

刻んで味付けしたゆで卵をソースのように

一緒に食べるもの、というのを聞いたので、それを。

788  

 

皿の奥、ひき割り納豆みたい(?)なのが卵。

白アスパラは表面が固く、そぎ落として調理するので、

ちょっと貧弱に見えるけど・・・。

甘みはしっかりしてます。

 

旅行中、この2回だけ、のアスパラ料理だったけど、

どちらも満足~。

イタリアでもこの時期は生の白アスパラを売ってます。

あ~、美味しそう・・・と思いつつも、美味しく調理する自信がない。

いろんなところでまずは食べて、味の研究をせねばねー。ふふふ。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

おニュ~☆

先日からちょこちょこ書いてきた、

我が家の気まぐれボロ洗濯機問題。

「直った~!」と喜んで、お隣にまで報告に行ったのに、

翌日、洗濯しようとすると、やっぱりダメ。

なんなんでしょうねえ。

ドラムに水が溜まると、回らない、みたいな。

脱水だけはまかせろ、みたいな。

洗わないと脱水できない、っつーの。

 

 

とりあえず、やっぱり手洗いして、脱水は洗濯機で。

この生活を3日ほど続けた。

ま、オール手洗いよりはすごく楽。

絞るのにかなり体力使うんですもん。

ま、当分、この方法で洗濯して、

ダメもとで大家の気が変わるのを待ってみるかー、

なんてのんきに構えておった我々です。  

  

 

事態が急展開をしたのは、直ったと思ったボロ洗濯機が

脱水しかできないことが発覚してから4日目の朝。

朝早くからアパート内に噂のケチ大家じいさん参上。

ダンナ出勤の際に大家に呼び止められ、近況を聞かれた。

「やっぱりダメなので、毎日手洗いすることにしました。」

と、若干の嫌味を混ぜて報告。

すると大家、ダンナに向かって

「そっか。じゃ、新しいの買い換えよう。」

と、あっさり。

へ?いままでのケチっぷりな対応から一転、耳を疑う。

 

 

ま、幸いにして、聞き間違いじゃなく、

大家の言い間違いでもなく、

新しい洗濯機が無事、先日納品されました~☆

 

005

 

 

もう、何が嬉しいか、っていうと

臭くないし(笑)、

取れそうで取れないコケ?ヘドロ?もないし、

洗濯機本体から正体不明の塵が落ちてこないし、

洗濯種別の調整ダイヤルの文字が消えてなくて

どこに合わせたらいいか、くっきりわかるし

(今までは勘だけが頼り・・・爆)

水漏れしないし、

洗剤注入口が詰まってないから、ちゃんと洗剤で洗えてるし、

脱水のとき、本体が飛び跳ねながら移動することもない。

あー、洗濯って楽しい。

 

 

ま、こうしてみると、やっぱりあのボロい洗濯機、

寿命だったのよねえ、きっと。うんうん。

 

 

ところで、どうしてあんなに急に大家の気が変わって、

気前よくなっちゃったのか。

私、大事なことを忘れてましたんです。

うちのダンナ、大家さんのお気に入りなんですねー。

戦争に行ったときの話をにこにこ聞いてあげたからか?

(日本のおじいちゃん同様、同じ話を何度もする)

とにかく、うちの切り札なしに、大家に交渉しても

うまくいくわけないじゃないかー、ってことで。

ケチじじい、と噂の大家、確かにうちだけにはいつも気前いい。

今回の件で、私じゃなくて、ダンナだけがお気に入りだ、と

ちゃんとわかったので、ダンナを最終兵器に、

まだまだあの大家とつきあっていこう、と思います。

ま、とりあえず、洗濯機が新しいので、当分ここに住みますよ。

  

  

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

路上にこんなもの(2)

昨日の日記の続き。

昨日、5月25日のブエノスアイレス通りには

移動遊園地の施設もいろいろ登場。

 

例えばこれ。

014

ほら、東京ディズニーランドの、

スターツアーズみたいな。

映像に合わせて座席や箱が動くやつ。

こうして箱を外から見る機会は貴重なので、観察。

意外と激しく動くので驚いてしまった。

しかも、後ろから見ると、こんな感じ。

016_3

わわわ。普通にトラックの上に乗ってる。

ある意味、しっかりした設備のディズニーランドより、

スリルあるのかも~!!なんて(笑)

 

それからお化け屋敷。

017   

2人乗りのカートに乗って巡るやつ。

大通りとはいえ、たかだか片側車線に設置してて

そんなにカートが中で何台も動いて大丈夫?

と、脇に回って恒例の裏側チェック。

018なるほどー、この青い部分が奥行き。

こうしてみると、けっこう中は広いのかな。

かなり楽しそうでした。

 

ちびっこに人気はこちら。

035 024

019

 

 

遊んでるちびっこはもちろん、

周囲でカメラ構えてる保護者チームが大興奮。

ちょっとおもしろかった。

こんなものじゃあまだまだ刺激が足りないちびっこには

すごい高い&長い滑り台。しかも、けっこうスピードでる。

049_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい勢いで上から滑り降りたら、

自力踏みとどまらないと、壁に激突する、という・・・。

いや~、イタリア人の子供はたくましい。

ちなみにこれも裏はこんな感じ。

050

 

 

すごいなー。移動遊園地。

 

最後に、これはさすがに見てるだけで震えた遊具。

060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか白煙を吐きながら気まぐれにぐるぐる・・・。

気まぐれに、っていうのがミソで、

突然真上で、真っ逆さまの状態で数秒間停止、とか、

容赦なくぐるんぐるん回ってたら、急に終わり、とか。

これもねー、道路に設置してるやつ、って思ったら、

怖くて生きた心地しないでしょ。

とある初夏の日曜日の、ブエノスアイレス通り、でした。

 

| コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

路上にこんなもの(1)

今日のミラノ、ブエノスアイレス通り。

009

すごーい!

ちなみに昨夜22時すぎに通ったときは

なんにもなくて、普段通りに車が走ってた。

地下鉄にして2区間の距離が歩行者天国に。

 

さ、祭りといえば、花より団子。

途中、大きなケーキを切り分けて配給してるところが。

当然、すごい人だかり。

ちょっとぶらぶらしてから戻ってみたらもう無くなってた(泣)

他、パンや焼菓子の屋台。これはもちろん売り物。

どでかいパン、美味しそうな菓子パンなどなど・・・。

039_3 

012

見とれつつも、夕食の準備をしてから

出てきたため、ここは我慢我慢・・・・。

でも美味しそう~。

 

もちろん、お花のお祭りなので、花屋さんもたくさん出店。

043045  

 

 

 

 

 

 

あと、通り全体が移動遊園地みたいになってたり、

路上にUFOキャッチャーが何台も設置されてたりね。

ま、移動遊園地の話は明日またUPします。

 

 

 

こんなかんじで、賑やかなホコテンで

花の絨毯を1つ1つ眺めながら、

ダンナと手をつないで歩く、結婚記念日の夕暮れ時。

ま、今後とも仲良くやりましょう、ってことで(笑)

011

これはミラノ市の紋章。

022 040

 

 

ちなみに本日1日のみ、のお祭りなので、

明朝にはいつもの大通りに戻ってるはず。

ちょっともったいないよなぁ。  

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

洗濯機問題解決☆

先日動かなくなった洗濯機。

いよいよ新品を、と電器店めぐり。

  

とある電器店。  

ずら~っ、と沢山の洗濯機が100台ほど(?)

壁2面に3段くらいに並んでおりまして、圧倒。

が、しか~し!!!

うちの洗濯機収納スペースは小型対応でして。

通常サイズの洗濯機(高さが80~85cmくらい)は

収納できないのです。

ずら~っと、並べてあるのはどれも通常サイズ。

よーく見ると、2台だけ、小さいのがあった!

・・・・げげげっ!高いよ!

特売品で3万円台のところ、これ8万円台・・・。

ちょっと尻込みをして一旦保留して手ぶらで帰宅。

 

なんとかならないかな~、

やっぱり修理見積りの6500円をケチらなきゃ

あの高い洗濯機を大家が買ってくれる可能性も・・・。

悩みつつ、手洗いに勤しむここ数日。

「イタリア製の洗濯機や特売品は1年で壊れる。

ドイツ製などのしっかりしたものを買うほうがいい」

というアドバイスを知人からいただいたけど、

イタリア製・・・そうか、やっぱり安物はダメなんだ・・・。

 

 

ふとダンナが

「これ、中を開けてみてみよう」

とドライバーを持ってきた。

うっ!ダメ元で解体???

機械系の「中を見てみよう」的発想は、

普通の女子にはなかなか浮かばない。

男子的発想には驚くものの、他に手はない。

ここはダンナに託してみよう、ということに。

 

 

で、結論。

直りました(高笑)

 

ドラム式なんだけど、中のドラムとモーターをつなぐ

ベルトが歯車から外れておりまして、意外にあっさり。

あ~~~、これで明日から洗濯機で洗濯できる。

ダンナの男子的発想に感謝です。

 

さて、そんなわけで、ここ数日は手洗いしてたけど、

予想を超える、すごい重労働だった。

特にバスタオル。水を含むと重くて、持ち上げるのに

いちいち腕がプルプルして、腰が抜けそうになる。

きっついので、朝と夜、2回に分けて洗濯するものの、

夜、入浴ついでに洗濯してたら、タンクのお湯を洗濯に

すべて費やしてしまい、最後は自分が水シャワー・・・。

学習能力がないので、水シャワーを2晩連続で。

はぁ。洗濯機のない時代のお母さんたちはほんと、大変だ。

まして、昔は子沢山の大家族。

2人ぶんの洗濯で息を切らす私。

婆ちゃん、すごいな・・・、と自分の婆ちゃんを改めて尊敬。

 

そんなわけで、我が家の洗濯機問題は無事解決です。

このレトロな洗濯機、まだがんばってもらわねば・・・。

Photo

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

おおきくな~れ♪

お弁当作りや、食事作り。

調理するのは、好きだけど、献立を考えるのが・・・。

で、レシピサイトなどをよくチェックしてます。

たいていの材料・調味料はこちらでも揃うし、

むしろ日本より安価で手に入るものも多いけど、

どうしても入手できずにあきらめていたものが大葉

けっこうあるんだよね、青じそレシピ。美味しそう~!

日本から種を持ってくるつもりが、

種まきシーズンではなかったので、買えなかった。

指をくわえて眺めるだけの青じそレシピ。

食べられない、と思うと、ますます目に付く青じそ料理

きーっ!食べたい!

  

と、いうのももはや過去の話。

ふふふ~。

先々週、クレモナに行ったとき、

ダンナを介して知り合ったライターのねるさん

取材先の方に、と手土産に持参されてた大葉の苗を

1つ分けてくださいました。

まさか手に入ると思ってなかったので、超感激!

019  

 

 

嬉しさのあまり、

帰りにクレモナ駅で

    記念写真♪ 

 

 

  

  

  

  

さて、自宅に戻って、まず植え替えたものの、 

旅行の出発がすぐ直後に迫ってる。

旅行・・・たかが5日、されど5日。

この大葉、枯らすわけにはいかない。

ペットボトルに細工して、ちょこっとずつ水が土に

落ちていくしかけを作成。

大葉を食べたい!って執念でがんばってみた。

 

さて、旅行から帰ってきて、真っ先に大葉チェック!

おお~、大きくなってるじゃないですか!

思わずガッツポーズ。

 

それからさらに3日。

ぐんぐん葉っぱが大きくなってます。

003

近いうちに食卓に大葉が登場!

大きな葉っぱの下に、ちびっこ葉っぱが

沢山スタンバイ中。

ああー、楽しみだ~。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

お米!!洗濯機!!!

うちのすぐ近くのアジア食材店。

市内でも他よりお米が安い店だった。

だった、って・・・・・過去形。うん。

今年はじめ、この店の所有者が変わってから、

ぐんぐんお米が値上がり。

ここ数ヶ月でなんと1.5倍の値段になった。

重いお米、近くで買いたかったけど、もう断念。

今日、とうとう他のお店で買いました。

みんながそうして、値段が戻りますように。

もうひとつ。

うちの洗濯機が壊れた。

脱水できなくなってしまった。

見るからに、数十年の年輪を感じるような

レトロな洗濯機。寿命だな、こりゃ。

うちは家具備え付けで部屋を借りてるので、

これは大家さんの洗濯機。

歴代の住民が使ってきたもの。

寿命となれば、大家さんに連絡せねば、と電話。

途中、私のつたないイタリア語では伝えきれず、

またしても隣人の助けを借りた。

大家いわく

「それは入居してる住人が自腹で修理なり

買い替えなりすることだ。ワシは払わない。」

なんだそりゃ。

軽くムカついた。

隣人が再度、大家に電話で交渉してくれた。

「修理の見積もりをだして、高額になりそうなら

新しいのを買ってやる。修理の場合は自腹で。」

と、これまた進歩したんだかしてないんだか、の回答。

とことんケチな大家、本性をとうとう現したか?

で、洗濯機会社のカスタマーサービスに連絡すると

「見積もりのみ、の出張費用41ユーロ(約6500円)」

おいおい、なんだそりゃ。

大家以上にケチな洗濯機会社に唖然。

もうね、バカバカしくなってきました。

それで修理が高額じゃなかったらどうなるのさ。

 

たぶん、近々自腹で買い換えます。

壊れた洗濯機は、大家に連絡して、

大家所持の倉庫に入れさせます。

ここを出るときは新しい洗濯機は持って出てく。

倉庫でボロボロの洗濯機をどうしたもんかと

ため息ついてもらいます。ぷんぷん。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

旅行にいってました

先週はダンナ久々の連続休暇が取れ、
二人揃って1年半ぶりの海外旅行へ行っとりました。

1月にビザ取れてイタリアに来ましたが、
イタリアに住む外国人にとって最も重要な滞在許可書は
申請から5ヶ月の今もまだ、音沙汰なし。どうなってることやらね。
申請中の海外旅行がどこまでOKなのか、っていうルールも
明確にわからなかったので、イタリアから出ないことにしてたけど、
警察の、滞在許可書に関するサイトで見る限り
「申請中、シェンゲン協定他国を経由しての旅行はダメ」
というような一文があって、これをどう解釈するか。
おそらく、シェンゲン圏から出る(例えば日本に帰省する)場合、
他のシェンゲン国(フランスとかドイツとか・・・・etc)から
出国・入国しちゃダメだよー、ってことなんではなかろうか、と。
なので、シェンゲン圏内の海外旅行とか、イタリアの空港から
シェンゲン外直行便での出国は大丈夫なんじゃないの、と思った。
たぶん、うん、きっと。
同じ立場の方、おられましたら、ご自身で解釈をお考えくださいね。
私の解釈が間違ってて、トラブルになっても困るので・・・。
Polizia di Stato

そういうわけで、シェンゲン内の国、
ドイツ・オランダ・ベルギーをバタバタ駆け巡ってきましたよ。
とりあえず、パスポート関係、まったく問題なしでした。ほっ。

それぞれの旅先であったこともろもろは、
これからゆっくり写真や資料を整理しながら、
ぽつぽつブログにもUPしていこうとは思ってます。
ま、夏が終わるまでには(笑)

さて旅行も終わり、ミラノの空港に帰ってきたときのお話。
到着ロビーでトイレに入った私。
女子トイレには私を含めて4人が順番待ち。
ミラノに到着したばかりの外国人ばかり、と思われます。
1つ、個室が空いたのですが、先頭の人が気づいてなくて、
2番目の人が「空きましたよ。どうぞ。」と声をかけました。
が、それに対して先頭さんがお礼を言っているそのとき、
トイレに入ってきた空港職員が列に目もくれず、
空いてる個室にとっとと入ってしまいやがりました。
呆れて顔を見合わせる、列に並ぶ4人。


は~、楽しかった旅行が終わった。
現実に戻された瞬間でした。

でも、ワクワクして、イタリアの地を踏んだばかりの
外国人にとっては、これ、相当の洗礼でしょ。
もうほんと、ありえないったらありゃしない。

と、いうわけで、今日から普段の日常がまた開始。
今日もまた、「ありえねー」って何度言ったか。
やれやれ・・・。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

マンマが料理するお店

先日、モデナに行ったときに入ったレストラン。

レストランが2階だったので、

通りに面した入口から店内は見えないけど、

入口にこんなポスターが。

 006_2

 

 

中央で女性がパスタを打ってます。

なんか、きっと美味しいんだろうな、

と、この絵のお店を妄想。

現実にはこっちのレストランの厨房って、

やっぱり男の人がほとんどっぽい。

うちのアパート1階にもレストランがあるけど、

(すごく美味しいレストラン!)

厨房はぜんぶ男性。

 

  

さて、このモデナのお店。

通りで背伸びすれば、2階の厨房がちょっっぴり見える。

で、見えたのが女性の料理人の姿だった。

ほえ~、珍しい。

  

  

ちょうど私たちの案内された席は、厨房から離れていながらも

厨房とホールの間のカウンターが見える位置。

見てると、ほんと、珍しくここは厨房に女性が多い店だった。

おばあちゃん、おかあさん、娘、なのかな。

3人~4人女性がいて、もうひとり若い男性。

ホールは男性が2名だったので、たぶん家族経営っぽい。

私はほうれん草とリコッタチーズのパスタを。

001

チーズの料理は普段ほとんど注文しないけど、

なんとなくここでなら冒険していいかも、と。

これ。

あのポスターの絵みたいな、手作りパスタで、

とっても美味しかった。

これだけでお腹一杯になったので、

パスタだけしか食べなかったけど、超満足。

   

   

イタリアのマンマのごはんって、食べたことないからなあ。

こっちでイタリア人家庭に間借りしてるときも、

ほとんど料理しないキャリアウーマンなマンマだったし、

「これ、よかったら食べて」ってもらったのは、

テイクアウトのピッツァだけだったなあ~(笑)

ま、アタシのような好き嫌い満載の外国人は、

そういう家庭が居心地よかったりしたんだけどね。

  

  

ちょっとあったかい味、のお店でした。

お値段もお手ごろで。このパスタ、6ユーロだったとおもう。 

あと、ホールの男連中の接客がもうちょっとよければなぁ・・・(笑)

Ristorante da Enzo

via Coltellini 17 Modena

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

イタリアの天気予報

ダンナのオフの日前夜、

毎回「明日はどこに行こうか」と家族会議するんだけど、

やっぱり天気によっては行き先を考えなきゃならないし、

一応、北イタリア各地の天気予報をネットで調べる。

 

「あ~、明日、北イタリア全域、雨だって。」

テンションが一気に落ちる。

行き先、悪天候だと、どうでもよくなって、

家族会議はグダグダのまま自然解散。

翌朝、ゆっくり寝て、目覚めると外は快晴。

「あ・・・晴れてる・・・・。」

このパターンが最近2度、続いた。

 

改めて天気予報のサイトを見ると、昨夜は確かに雨だったのに、

太陽がサンサンと輝くマークにいつのまにか替わってる。

わずか8~9時間くらいの間に、こうも激変するものなのかね?

天気予報なんて、まったくアテにならない。

 

イタリアは気象庁がない、とか昔きいたことあるけど、

いや、まじで、それ本当なのかもしれない。

ここにいると、そのうち本能や勘で自分で天気を読める、

そんな野生の特技を身につけられるようになるかも。

ってか、ここに住む人が皆、そんな野生の勘を身につけてたら、

そんな当たらない天気予報なんて出すわけない、っつーの。

どなたか、めちゃめちゃ当たる、イタリアの天気予報サイト、

ご存知ないですか???

個人的にはネットの天気予報よりも、TVの天気予報のほうが

当たるような気がするけど・・・気のせい?

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »