« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月29日 (火)

旅の話(6)アントワープのツボ!

 
 
お久しぶりの10日ぶり、の更新です。

実は、昨日までちょっと旅に出てました。

 
 
  


って、まだ5月の旅日記が終わってなかったー!

サクサク更新していかないとダメですねー。

ちょっと今回の旅のもろもろを忘れないうちにアップできるよう、

前回の旅日記、がんばって続きを書こうとおもいます。えへ。


 
 
 

さて、アントワープでちょっとクスッと笑っちゃうような光景に

出くわしました。なんてことない日常なんでしょうけどね。


 
 
まずこちら。

ほとんど端っこだけしか挟まってない郵便物。

737


ここ、商店街の通りで、かなり往来の激しいところなのに、

これ大丈夫なんでしょうかねえ。

日本では考えられない~。

これで紛失とか盗難とかあったら個人情報が流出したとかなんとか、

日本だとまあ、いろいろと問題になるだろうから、こんな配達ないですよねえ。

イタリアでさえ、ポストは鍵付きで、こんな無茶ありえない~。

ベルギーって、治安がいいんだろうなあ、と思っちゃいました。


 
 
 
で、次。

熟年女性がターゲットの洋服屋さん。

マネキンが・・・・。


Photo

なんと、おばちゃん体型のマネキン。

なんかちょっと親近感っていうか、嬉しいかも。

ちなみにおばちゃんマネキンの隣の店はワッフル屋さん。

おかげで、体型とか気にせず、楽しくワッフル食べられました。

337

 
 
 
5月、ベルギーの旅はもうちょっと続きます。


| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

ちょこっとヴェローナ

今日はせっかくダンナが休みだったのに、朝から雨。

仕方なく、ゴロゴロだらだら過ごしていると・・・・

昼頃に晴れ間が見え始め・・・・道路が乾いてきた!

お昼ごはん、外食しよう、と表にでたけど、

せっかくいい天気になってもったいないので~、と中央駅に。

近場にお出かけしようよー、ってことでヴェローナに行こう!と。
 

 
 
中央駅で切符を買ったものの、次の列車まで時間がある。

実はお昼の予定を変更して飛び出してきたので、

列車の時間次第では食べる時間ないかも!と、ワッフルを持参。

せっかく時間があるので、そのままじゃもったいなーい、と・・・


003


 
ソフトクリーム買って、載せちゃった~はっはっはっ(笑)

さすがに甘すぎて、クドすぎて、クリームは暑さでダラダラだし、

なんか両手にワッフルとソフトクリーム持って交互に頬張ってると

「アメリカの太った子供キャラ」になったみたいな・・・・。

 
 
 
 
 
出発が遅かったので、ヴェローナに到着したら16時すぎてた。
 
ヴェローナの夏、といえばアレーナ(コロッセオみたいな円形闘技場)での

野外オペラが超有名なので、多すぎるぐらい多くの人で街はすごい混雑。

一通りの観光は、私もダンナも経験済みなので、中心から離れることに。

  

 
で、アディジェ川を越えて中心街の外側に。

ふと川にかかる橋を見ると、こんなものが。


007


 
 

 
 
 
 
  

 
 
  
  

 


  
 
 
イタリアの橋ではよく目にする南京錠。
 
南京錠にカップルふたりの名前を書いて、ここに付け、

この鍵を開けるための鍵は川に投げ込んでしまう。

開錠できないようにしちゃうわけですよ。

2人は永遠に愛し合う、というおまじない。

ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台となった街だし、

こういうおまじない、すごく似合ってるかも。

実はジュリエットの家、という観光スポットが中心にあるんだけど、

「ジュリエットの家の壁にカップルの名を落書きすれば、

2人は永遠に結ばれる。」という迷信もあって、

残念なことに、とにかく落書きで汚い。

なので、私としては、こっちの南京錠のほうがオススメだな。

ま、川底にいっぱい鍵が沈んでるのも、問題ある???


 
川向こうは、中心の人ごみが嘘のように、静か。

要塞のある山をずいぶん歩いて、お散歩大満喫。
 
空と舗装されてない道を堪能。

018_2

 
  

  
  
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところでね、今回は泊りではなかったので、オペラ断念して

ミラノに22時半頃に帰ってきたんだけど、

駅が自宅方面行きのバスの始発地点なので、

運転士さえいないバスに乗り込んで出発を待ってると・・・・

しばらくして運転士がすごい小走りで転がるように走ってきた。

まあ、出発予定時刻をすぎたので急いだんだろうけど、

そんなこと気にするイタリア人運転士がいるとは驚いた。

しかも、路上で急いで走ってるイタリア人を初めて見たかも(笑)

ヴェローナまで行って、キレイな景色いっぱい見たのに、

あのコント55号みたいな小走りのインパクトに全部持っていかれた。

 
 
 
 
ま、どっちも楽しかったから、いっかー。
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

ひょ~っ

 
昨夜、テレビ見ながら夕食を食べてましたら、

急に外から大音量の雨音が響き始め、

さっぱりテレビの音が聞こえなくなりました。


 

「聞こえなくなった!」

「窓閉めなきゃ!」

 


とかそれぞれ言ったりしてた声すら聞こえないくらい。

なんなんだ!!!

と、窓から道路を見たら、

なんとなんと、大量の雹(ひょう)が降ってます。

どれくらいすごいかっていうと、


003_2

      
   この写真のわずか10秒後の写真がこちら    
             ↓ 


004_2


 
こんだけ降ると、外歩いてた人って、頭にケガとかしなのかな。

(ちなみに直前まで雨すら降ってなかったので、
 
 傘持ってない人はたくさんいたんじゃないか、と。)


 
ぎゃー、すごーい。

と、カメラを取りに部屋に戻る私と、

ひょうを捕まえよう、と、ベランダで戯れる夫。

せっかくつかまえたのに・・・・・


002

ごめん。ピントが下の道路のほうに合ってた。

 
 
ま、そんな夕食時の事件でした(笑)

ケガした方々、お大事に。

 
 
 


| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

大根、きゅうり、なす・・・

 
最近、漬物食べたくって。

実家にいるときは毎朝食と、さらにお茶請けに漬物。

夜、小腹がすいたら漬物、ってなかんじで、

うちの母は私に追われるように漬物を漬けまくってくれました。

美味しかったなー、お母さんの床漬け。


 
 
とはいえ、糠床をここで自分で持ち続ける根性もないので、

漬物のない生活をしてきたわけなんだけど・・・・やばい、限界。

漬物食べたーい!!!!


 
 
ふと、日本でずっと前にTVでやってたお手軽漬物を思い出した。

たしか、味噌とヨーグルトで漬物ができる、って言ってなかったっけ。

しかも、床漬け風になる、とか言ってた気がする。

味噌の酵母と、ヨーグルトの乳酸菌がうまいこと作用して、

漬物になる、とかなんとか・・・・・????

ま、原理はともかく、それはやってみねば。


 
 
では、定番のきゅうりで。

1本のきゅうりを部分的に皮を剥いて、

漬けやすいように半分~1/3の長さくらいに。

そして塩をすりすり~。


002

 
 
次に糠床もどき作り。

無糖ヨーグルト2:味噌1の割合で。

貴重な味噌はもったいない、と、ティースプーン大盛り1杯程度。

唐辛子1/2本くらいちぎって入れて・・・・まぜまぜ。


Photo
 
 
 
 
意外と少ない量でちゃんと漬かります。

あとは、ビニール袋に両者を入れて、冷蔵庫に半日。

Photo_2

 
と、いう具合でお手軽です。

野菜の水分で、糠床もどきは水っぽくなるので、

使用は2回が限度かなー、という感じ。

さて、お味は。

自分で食べて満足しつつ、自信なかったので、

自家製ケーキ持参で遊びにきてくれたnozominaちゃんに味見をお願い。

で、大好評いただいたので、やっとブログでも公表できる、と(笑)

ケーキのあとに、ふたりできゅうりの床漬け(もどき)をぼりぼり・・・。


106


Photo_3

お漬物、大根は漬かりにくいので、薄く切ってから漬けて。

ナスは水分をよく吸い取ってから漬けないと、

糠床もどきがユルユルになりすぎて、2回目の再利用できないかな。

ナスは昨夜、初めて漬けたので、朝ごはんで味見したかったけど、

nozominaちゃんのダブルチョコパウンドの誘惑が勝ち、

まだ味見してないのです~。

ダブルチョコ、っていい響き~。むふ。

 

漬物は、ぜひ皆様、おためしください。

ごはんがすすみます。夏にぴったり。

私、きゅうりの消費量、激増しました。


| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

夏祭り的な

昨晩はノッテ・ビアンカ(「白夜」という意味)のお祭りで、

まあ、北海道ほどの緯度なので白夜になるわけはないですが、

夏の夜を楽しもう、的な、そんなかんじの祭りでした。

 

我が家も、普段夕食後に出かけることはほとんどないものの、

せっかくだから出かけてみようか~、と夜10時半頃からおでかけ。

ひとまずジェラート屋さんでエネル源確保して、大通りのほうへ。

 

夜遅いのに、沿道のショップはけっこう営業やってました。

昼間、バーゲンを見に行ったときはガラガラだったのに、

けっこう混雑してる店内。

確かに。この時間まで開いてるんなら、

暑い日中じゃなくて、涼しいこの時間にお買い物、当然よね。

いやいや、でも、すげー。

祭りなのに、バーゲンなのか?

祭り好きな私にはありえない選択(笑)
 
 
 

祭りのため、ホコテンとなってる通りの露店を

軽く冷やかしながら散歩。

すると、こんな露店みつけました。

001

 
 
うわー、露店といえども、かなりちゃんとしたピザ、の屋台。

釜も、これ、ちゃんと木を燃やしてました。

で、ちゃんとここで生地をこねこね・・・・。

004

ってか、ほんと、屋台ですよ!この釜、どうなってんの・・・・!

お値段もお手ごろで、本格的なピザ、とあって、

ダントツに賑わってる屋台なのでした。

 

0時近くまでうろうろしてたけど、

遊具コーナーでは小さな子供が走り回り、元気元気。

何時まで続くんだろう・・・・。

オバチャンは眠いので帰って寝ます。

そんな感じで、夜遅くまで賑やかな、夏のお祭り、なのでした。

日本も夏のお祭りシーズンですねー。

私の大好きな博多祇園山笠の追い山ももうすぐ。

この時期の福岡の街が一番好きだなあ。

ちょっとお祭りで故郷が恋しくなったのでした。
 
やっぱり、夏はピザより「おきゅうと」だよねー。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

旅の話(5) アントワープ

オランダをあとにして、ベルギーへ。

「フランダースの犬」でおなじみの、アントワープです。

っつっても、もともとフランダースの犬は日本だけで人気沸騰した話。

その後、日本人が現地で「フランダースの犬の舞台!」と大騒ぎするので

なんのこっちゃ、というかんじでじわじわ認知されていった・・・らしい。

ちなみにイギリスの人が書いた話じゃなかったっけかね。


 
 
今回は残念ながらネロやアロアの住んでた村には行かなかったんだけど、

やはりお決まりコースとして、ノートルダム大聖堂の中のあの絵、

じっくり見てきました。

悲しいかな、絵そのものの芸術性より、どうしても・・・・・

絵の前ではネロになりきってしまう、悲しい日本人(苦笑)

ごめんね、ルーベンスさん・・・。

Photo

けっこうな時間、この絵を2人で独占してました。


で、そのあと、ルーベンスの家行ったり、なんかぶらぶらしてると、

ベルギー人のさわやかおじさんが追っかけてきました。

彼は教師で、生徒にこの街のことを教えるため、

日本人がここまで思い入れの強い「フランダースの犬」について、

インタビューを撮りたいんだ、とのこと。

日本人があの話を好きな理由、大人になっても忘れられない理由、

そしてその思い入れを知りたいらしい・・・・・が!

カメラを向けられ、英語で答えるインタビューに舞い上がった私は、

「フランダースの犬」のストーリーを語りだした!

しかも、ラストシーンはダンナをパトラッシュに見立てての寸劇状態(笑)

でもって、ストーリーを語りだすと、忘れていたエピソードまで思い出してしまい、

なんとも収まりのつかないヒドい、しかもけっこうな長時間、

文法なんておかまいなしな英語でストーリーを喋りまくる映像・・・・

をお持ち帰りされてしまった・・・(汗)

先生、それは生徒さんに見せないほうが・・・・。

Photo_2

まあ、そんな感じで、フランダースな気分のアントワープでした。

なんだか、カーディガンもよじれてるし。ビデオ、抹消したい~。

 
 
 


 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

主婦のささやかな幸せ


ここ2ヶ月くらい、見てみぬフリして出しっぱなしの

ダンナのジャンパー。さすがに視野に入ると暑苦しい。

そろそろ手をつける頃だ、と思い、まずは洗濯機へ。


 
 

いや、まてよ。

ヤツのことだ。またポケットに必要ないレシートとか、

ゴミ同然のものが入ってる可能性あるよなあ、と

洗濯機から再びジャンパーを取り出す。

で、ポケットチェック。

 
 


いきなり最初のポケットからゴミ発見。ほらね。

まだゴミ入ってるかなー・・・・・おっ!紙くずの感触!

おおっ!!!

007_2


くしゃくしゃの5ユーロ札×2枚

これは神様からのごほうび?

 
 
 
 


めちゃめちゃすがすがしい気分で洗濯。

本日をもって、年収10ユーロ、の専業主婦です(笑)

なにに使おうかなー♪





| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

モザイクCAFE

先日、ダンナとラヴェンナへ行ってきました。

かれこれ3年ちょっとぶり、の久々のラヴェンナ。
 
 
 

いつもモザイク模様のオシャレなカフェテリアで
 
ほっと一息、というのがラヴェンナでの定番。
 
初めてダンナ連れで入ったので、
 
「お気に入りのお店を見せてやる」的な、
 
ちょっと威張り気味な私~笑

010


お店の中、カウンターはこんなかんじ。

007

なんとなく、アメリが住んでそうな・・・。

って、アレはフランスだっけなー。

でも、けっこうアメリちゃんの住んでるお部屋な雰囲気。

で、ラヴェンナっていうと、モザイクで有名な街なので、

お店のあちらこちら、贅沢にモザイクで飾られているんです~。ステキ!


ちなみに、お手洗いの中も・・・・オシャレ!

ま、便器は普通なんですけどねー、

洗面台が、ほら。

004

ダンナにも「トイレに入っておいで!」と無理やり行かせる。

だって、トイレのオシャレも見て欲しいもんねえ。

と、まあラヴェンナの街歩きには欠かせない、スポットなのでしたー。

ただ・・・昔はお店の人、もうちょっと感じよかったけどなー。

今回はブスッとされてて、飲みかけのコーヒーカップ下げられたりして、

なんだかなー、と思いました。

もちろん、コーヒー飲みかけだったのよ!ともう1杯もらいましたけどね。

せっかくステキなお店なんだから、お店の人もステキがいいなー。

で、ラヴェンナ、何しに行ったのか?って・・・・

やっぱりモザイクたくさん見たくて。
 
ほんと、モザイクってステキです。

いつか、我が家のあちこちをモザイクで飾れるような、

そんな贅沢できたらなー、と思ったり。

(ま、その前に持ち家を、って話ですケド~。)

4時起きで行った甲斐ありました。

出会いあり、美味しいものあり、懐かしいものあり、な1日でしたよ。

ちょっと遠いので日帰りで行くには気合がいるけど、

また行きたいなー。もっともっとモザイク見たい!

おっと、忘れてました。お昼ごはん。

外が暑かったので、さっぱり系のピッツァが食べたいなあ、と。


002

これ。モッツァレラが入ってると重たくなっちゃうので、

こういう暑い日にはこんなあっさり系がいいな。

トマトソースと、にんにく、オレガノだけのピッツァ。

生地がすんごい美味しくて、こんなにでっかいのに

ペロッと食べちゃったー。

普段1枚全部は食べれない私なので、よっぽど美味しかったんです(笑)

しかも、びっくり。これ1枚3.5ユーロ。600円しません!

ラヴェンナ行ったら、ここ、オススメですよ。

ダンテのお墓の近くです。


AL Passatore -RISTORANTE,PIZZERIA-(水曜休み)
 via Guaccimanni76,Ravenna


| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

手のひらを返される

7月に入り、ヨーロッパはバカンスシーズン到来。

私の行きつけのスーパーでも、観光客のヨーロピアンがお買い物。

さて、いつも愚痴ってることですが、

恐ろしい形相で、なぜだか怒りながらレジ操作をする店員の多いイタリア。

今日並んだレジも、かなり恐ろしい形相で、かなり不機嫌なオヤジ店員。

他のレジもみんな機嫌悪そうだったので、どこでもいいや、と・・・。

私の前に並んでいる若い金髪女子は、そのお買い物の商品から

現地在住ではなく、観光客だなー、と見て取れるかんじ。

品のあるかわいいお嬢さんでした。

で、彼女の順番がきたとたん、オヤジがすんごい笑顔になって、

流暢な英語で彼女に話しかけはじめるじゃあ~りませんかっ!


 
「どこからきたの~?」

「ギリシャよ。」

「ほ~!ギリシャか~!」

もう目じりがでれ~ん。

しかも、有料のレジ袋、サービスしてるし。

っつか、この店、英語喋れる人、いたのー???

見慣れぬオヤジの可愛い笑顔に、ただただ口をあけ、

ぽかーん、としてしまうワタシでありました。


そんでもって、彼女の清算が終わって、私の番になった瞬間、

オヤジは当然のようにいつもの仏頂面に戻りやがりました。

なんなんだ、っつーの。ま、笑えとは言わないけどさ。

その変わりようって・・・・・・なんかむかつく。


 
 


| コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

全然悪くない

1ヶ月ほど前から、スーパーや八百屋さんから

ほうれん草が消えた。

いつも常備してた野菜なので、困ったなあー、と思いつつ、

よくよく考えたらほうれん草の旬は冬。

1年中あって当然だと思ってたけど、

真夏のミラノ、無くて当然なんだよねー。

 

もちろん、パック詰め商品や、冷凍食品のほうれん草は

ちゃんとあるので、そっちを買おうかと思ったけど、

せっかくなのだから旬の気分を味わいたいのでやめた。

食べたくなったらいつでも食べられるので無理に買うことはない。

ほうれん草の代わりに、いままで買ったことのない、

別の青菜をいろいろ試してみるのも楽しいかな、と。

 

そんなわけで、いま、ほうれん草のない生活をかれこれ

1ヶ月くらい送ってるけど、まったく困らない。

むしろ、買い物も料理も楽しい。

 

 

いつでも買える野菜から、ちょっと離れてみる生活って、

全然悪くない。むしろ気に入った。

そしてちょっと得した気分になった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »