« 30年 | トップページ | 白雪姫の事実 »

2008年8月17日 (日)

旅の話(9) ブルージュ

ベルギーの首都、ブリュッセルからの日帰り観光といえば、

ブルージュが一番ポピュラーではないでしょか。

この日は週末、ということで、なんとなんと、国鉄のチケット、

半額くらいで買えてしまいましたー。すばらしい!

JRの割引券、日本でもあるけど、外国人にはちょっと

わかりづらい気がするんです。

ベルギーでは窓口で「ブルージュまで2人」って言ったら、

「戻りはいつ?」って聞かれて、勝手に割引チケットに

してくれちゃいました。おお親切!


 
 
 
で、ブルージュ。

鉄道で行くのは初めて。

あいにくの雨の中、傘をさして町歩き。

駅から旧市街、意外と近いようでぐるりと回りこむので

ちょっと距離あったかもー。


461

 
持ってる街地図は一枚だけ。

先日、アントワープのホテルでもらってきたやつ。

それを見てると、町外れに風車が数台あるらしい。

実はこの旅で、風車には苦い経験をした直後。

 

オランダからベルギーに入る途中、

オランダの世界遺産、キンデルダイクの風車群を見よう、と

最寄の鉄道駅で列車を降り、キンデルダイク行きのバス乗り場へ。

駅の売店の人と、同じバス会社の運転士に聞いたので

間違いないよね、と、人気の無い停留所でバスを待つこと

・・・・・・え~・・・・、かれこれ1時間・・・って、えええ~~~?

時刻表には30分に1本、と書いてある。

おかしい。うん、絶対におかしいよ。なんで???

同じバスを待ってたであろう人は諦めてどこかに行ってしまった。

しかたなく、また別のバスの運転士に尋ねると、

「キンデルダイク行きだけが、今日はストライキなんだ」

うっそ~ん(泣)

いくらなんでもひどすぎる。

世界遺産だ、っつーの。

外国人がはるばる観に訪れる、っつーの。

ストとかしてんじゃねーよっ。

するんなら、バス停に貼り紙しとけー!

結局、ここでの時間のロスのため、

ロッテルダムまで戻って船で行こうにも、

最終の船に間に合わず。

ロッテルダムの港をがっくり肩を落として後にした。

 
 
 
 
で、その2日後ですよ。

ベルギーの風車でも、この際いいし。

世界遺産の風車じゃなくても別にもういいもん。

(ブルージュ歴史地区、として街並み全体は世界遺産)

行こう~、行こう~、風車へGO~!!!

 
 
 
で、やってきたーっ!


505

おおおお~。

ハウステンボスの風車より、でっかいどー。

おまけに、中に入れる!登れるぞー!

中からの眺め~。

487
 
 
 
 
ほんと、街の中心から15分くらい歩いたとこなんだけど、

ほとんど観光客のいない、静かなところで風車満喫。

 
 
 
 
そろそろお腹へったねー、と中心に戻り、

おやつのような昼ごはん。


541


おやつパンケーキと、食事パンケーキ、2種類が

あるんだけど、入った店はおやつパンケーキだけの店。

ま、いいかー、とたっぷりスイーツ堪能でした。

 
 
このあとも街をウロウロして

(中心あたりの観光客多いあたりを)

おっ、そろそろブリュッセルに戻ろうか、と・・・・

駅に向かってダ~ッシュ!!

え?え?なんでダッシュ~?

なにかに呼び寄せられ、取り付かれたように走るダンナ。

ありえなーい。

個人旅行でこんなに走るなんてー。

あたしら犯罪者か?ってくらい走った。

 


ま、そんな感じで、息途切れ途切れにブリュッセル行きの

列車に乗った私たちなんですけどね。

ブリュッセル着いたら、駅前、すんごいことになってました。

きっと、このパワーがダンナを呼び寄せたのね・・・って。

ま、その話は次回・・・近いうちに。


 
 
 
※ブルージュとはカンケーないですが、キンデルダイクに行くなら
  ロッテルダムから船がいいと思います。
  ロッテルダム駅のツーリストインフォで時刻表もらえる。
  観光局のHPで見た最寄り駅からのバス路線は
  今回のようなストは稀かもしれないけど、この駅前、
  ほんとうに淋しいところで、しかも無人駅。
  「え?ここから世界遺産にバスなんて出てるの・・・?」
  と、不安な気分にさせられる&時間つぶすところも無いデス。


   
 


« 30年 | トップページ | 白雪姫の事実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/23055448

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の話(9) ブルージュ:

« 30年 | トップページ | 白雪姫の事実 »