« 旅の話(9) ブルージュ | トップページ | お詫び。 »

2008年8月20日 (水)

白雪姫の事実


ほんと、しょーもない日記です。すみません。


 
 
朝、ベッドでごろごろしながら、半分まどろみながら

ふと白雪姫のおはなしを思い出しました。

毒りんごで死んだ白雪姫に王子様がキスすると、

姫の口から毒りんごが飛び出て、姫生還。

そんな非科学的なお話、子供心にありえない、と

思ったこともあったわけですが。

 

毒りんごを食べて、毒性のショック状態になって、気絶した姫。

これを小人たちは死んでしまった、と思い込むわけですね。

(医者が死亡確認をしてないようですし)

そこに王子様がやってきて、姫にキス。

しかし、この王子の口のあまりの臭さに、姫は嘔吐。

そう、王子の口が臭い、息が臭いならば、納得のいく話。

 
 
 
 
そっかー。ステキな王子様も、口が臭い、という欠点が。

見た目や家柄や人柄だけではわからない、

つきあってみて、結婚してみて初めて「ありえない」

と思うこと、って必ずあるのだよ、と、

我々に説いてくれてる物語なのです。


だよね。


« 旅の話(9) ブルージュ | トップページ | お詫び。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/23113766

この記事へのトラックバック一覧です: 白雪姫の事実:

« 旅の話(9) ブルージュ | トップページ | お詫び。 »