« ミラノ観光 | トップページ | 旅の話(8) ブリュッセル »

2008年8月10日 (日)

執念の追いかけっこ

今日の昼、友人と約束をしてたので、

トラムで出かけよう~、っと、停留所へ。

けっこうギリギリの時間だったので間に合うかなー、と思ってると

5分ほどでトラムが来た。おお、時間ぴったりに着くかも。
 
 

乗ろうと思ったドアから、お婆ちゃんがゆっくり降りてきたので、

別の扉に移動したら、扉が開いてない。

しかたないので、またお婆ちゃんが降りてきた扉へ戻る。

乗ろうとした瞬間、目の前で、嫌がらせのように扉が閉まった。

はあ?

と思って、運転士のいる一番前の扉に行き、

手に持ってた日傘で扉をコンコン叩いた。

すると、

ゴォ~dash

走り出しやがった。

シカト?シカトでしょ。わざとでしょ?

降りてきたお婆ちゃんと顔を見合わせ、「ありえないわよね」

と、目と目で確認。

 
 

さて、約束してる友人は、というと、

仕事で訪伊しているため、時間に制約があって、

私に次のトラムを待つ余裕はない。

ってか、今に見てろよ、さっきのトラム。

運転士の顔はしっかり覚えた。

大急ぎで地下鉄駅へ移動。

なんとグッドタイミングで地下鉄が来て、飛び乗れた。

 
 
 
で、約束の場所到着。

実は約束の場所の目の前にはトラムで着くはずだった停留所があり、

その停留所の真下には地下鉄の駅、という構図。

地下から猛ダッシュで駆け上がってくると、やった、間に合った。

そこにはさっきのシカト運転士のトラム。

ナナメ45度で、すんごい怖い顔で睨み続けながら

トラムの運転席前の横断歩道を渡ってやった。

どうせこれくらいのことで懲りるような人じゃないんだろうけど。


 

そんなわけで、怒りを主張し、

約束にも間に合い、

日本からの友人との楽しいひとときを過ごし、

日本の味もお土産にいただき、

笑いながらこの出来事を友人に話すと

「たくましいよねえ~」って。

さらに長期にわたってイタリア人に鍛えられたダンナからは

「ドア叩いたくらいじゃ足りないよ。石でもぶつけなきゃ。」

石って・・・・それはどうなんだ?

せめてコンコンじゃなく、ゴンゴン叩くくらいにレベルアップしようかな。


Mちゃん、お土産ありがと~♪

たくましく、あつかましくなっても、友達辞めないでね。

002_2

« ミラノ観光 | トップページ | 旅の話(8) ブリュッセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/22909771

この記事へのトラックバック一覧です: 執念の追いかけっこ:

« ミラノ観光 | トップページ | 旅の話(8) ブリュッセル »