« 水槽はよく確認しましょう | トップページ | 頭の体操中 »

2008年10月 1日 (水)

100年

今日、うちのばあちゃんの100歳の誕生日。

孫全員が「おばあちゃん子」だし、

親族からも、親族以外の他人からも、とにかく愛されてるばあちゃんで、

ほんと、長生きしてくれてありがとう、って思ってる。


 
 


でも、100年生きる、って大変なことなのかも。

親・兄弟・夫・子供・友人。

ばあちゃんは長生きしてるぶん、誰よりも多くの愛する人々を見送った。

愛の深いばあちゃんにはそれはそれは辛かったはず。


 
 
 
 
私の父が6年前に他界して、

ばあちゃんは自分の末娘(私の母)が気がかりとなった。

ばあちゃんは今も、私が母と2人で暮らしてる、と思ってる。

私が結婚するとき、ダンナの手を握って、喜んでくれたのに、

その記憶はまったくないみたい。

ばあちゃんは痴呆ではない。

たぶん、あまりに辛い現実をたくさん乗り越えてきたから、

孫の遅い結婚はすごく嬉しかったけど、でも、

末娘がひとりぼっちになっちゃう現実を見なくていいように、

私の結婚に関する記憶を封印したんだ、って思ってる。

そうやって、自分の心のバランスを取ってるんだ、って思う。

 
 

 
100年生きる。

すごいことなんだよね。

ばあちゃん、いつもありがとう。

そして、大好き。

おめでとう。
 


200810011714

« 水槽はよく確認しましょう | トップページ | 頭の体操中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/24163654

この記事へのトラックバック一覧です: 100年:

« 水槽はよく確認しましょう | トップページ | 頭の体操中 »