« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月24日 (月)

大失敗2連発

あ~、やってしまいました。

 
まず昨夜の失敗。

日本と違い、お風呂はシャワーだけで済ます土地柄。

うちもバスタブは一応あるものの、

ホテルのバスルームみたいな造りなので、

シャワーしか普段は使いません。

が、昨日、ブログにも書いたとおり、冷え込んできたのと、

昼間、お風呂の大掃除をしたのと、

いただきもので使う機会のまったくない入浴剤があるのとで、

「たまには温泉気分でお湯溜めて、まったりしようかな」と。

入浴剤「別府の湯」で超まったり満喫バスタイム。
 
 

 
あ~、気持ちよかった、と、最後に髪洗って・・・

あれ?

なんと、シャワーからお湯が出なーい!!!

そうなんです。お湯タンクの容量が小さいため、

バスタブにお湯溜めると、もうお湯なんて残ってない!

寒いのに~、冷たい~(涙)

せっかく温まったのに、最後は水シャワーなんて・・・・。

  

ヨーロッパはこのおお湯タンク問題多発。

以前、2人でルームシェアしてる友人が

「お湯がなくなるから、続けてシャワー浴びれない」

と、言ってましたしね。

うちも夜は私、朝が主人、という具合にシャワー使います。

ホテルでも、よくお湯が出なくなるのは、こういうこと。

たぶん、もううちのバスタブにお湯溜めることはないかも。

 
 
 
そして、今日の失敗。

昼過ぎにスーパーに買出しに行ったら、

レジにとても愛想のよい店員さんがいました。

イタリアで愛想のよい店員さんに会えるって、

福引で2等賞当てるくらいの確率なので、とても嬉しい。

このスーパー、そういう店員さんが2人もいるので、大好き。

(あとの人は普通のスーパー同様、恐ろしく無愛想)

 
 
 
さて、その店員さんのレジに並び、「ボンジョルノ」って挨拶され、

すっかりゴキゲンの私は、終始ニコニコ笑いながら会計を済ませ、

帰宅したのです。

帰宅した後、なにげに鏡見たらなんとっ!口の周りが黒い。

実はお昼にイカスミのパスタ食べて、そのまま出かけたんですね。

悪い予感がして、ニーッっと笑ってみると、やはり・・・歯も黒い。

こんな口でニコニコ笑っていたとは、恐ろしい・・・。

日本のお歯黒文化・・・・、と思っててくれたらいいけど(笑)


 
 

 
 
 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

寒っ

週末から急に温度が下がって、すっかり冬っぽくなりました。

聞くところによると日本もかなり冷え込んでるそうですねー。

 
そこで、引きこもってちくちく手縫いでこんなもの作ってみました。

じゃーん。


011


スモック(笑)

割烹着が好きなんですよ、ワタクシ。

私の母校は調理実習用と掃除用の2着の割烹着を

全校生徒が所持しておりまして、

特に掃除用なんて毎日必ず着用するわけです。

これがね、サザエさんのフネさんが着てるような、あの割烹着。

最初は「え~、アタシたちまだ15歳なのに・・・」と思ってたけど

3年生ともなると、愛着たっぷり。

卒業前にはみんなで割烹着で写真を撮りました。

割烹着は私の青春のシンボル(笑)

 
 
 


そんなわけで、専業主婦になった今こそ、

再び割烹着を欲っするようになったわけです。

とはいえ、あんな割烹着、ミラノで売ってるわけもなく。

先週布地を買ってきて、ちくちくお針仕事したわけです。

そしたら割烹着のつもりがスモックになって、

おまけにスモックのくせに袖口フリフリしてる、みたいな(苦笑)


 
 
さて、さっき初めて袖を通して、炊事をしたのですが、

セーターやカーディガン着てるので、下がモコモコ。

これ以上太ったら、このスモックが着られなくなります!!

やばい、こりゃダイエットせねば・・・

と、思ってる矢先、隣人に「鍋しましょう」と誘われ、

ホイホイ参加して、たっぷり食べました。


012

013

あ~、温まる。

せめて消化を促す(?)ように、とプーアール茶持参で、

ぐびぐび飲みながら、食べたので、大丈夫・・・かな。

いまのところ、まだスモック着られてます。

もう1着作るつもりなので、そっちは少し幅広にしちゃおう。


| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

冷蔵庫掃除

ふぅ~、やっといま、冷蔵庫掃除が終了しました。

冷凍庫の霜、月に一度は除去するんですけどね、

頑固に凍ってしまった霜や、取りづらい場所まではしないので、

今回は気合を入れて、全ての霜を除去しよう、と。

ちなみに前回の全霜撤去は今年1月、そろそろ1年です。


 
 
このプロジェクトのため、昨日のうちに冷蔵庫をカラにし、

電源をオフにしておきました。

それだけではまだまだ甘い、ということで、

昨夜の夕食(鍋物)の残り、鍋が熱いうちに冷蔵庫に。

この鍋を温めなおすこと昨夜から今日にかけて3~4回。

およそ電源オフから約24時間後、やっといい感じに。


 
 
分厚く残ってる霜をすりこぎで叩くと、

ドスン、と気持ちいいくらいに霜が割れ落ちました。

あまりに立派な霜だったので、記念撮影(笑)


001


 
あまりの重さに、持ってるほうの腕、ぷるぷるしてました。

あ~、冷凍庫が広い・・・・。


 
 
 
それにしても、冷蔵庫の霜って、なんなんですかね?

食品の水分?

こんなに水分蒸発するようなもの入れてないぞー。

 
 

さ、この週末はカラの冷蔵庫に食品を補充すべく、

またまたスーパー&市場通いになりそうです。

では、よい週末を。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

卸売り市場

今日はミラノの卸売り市場に行ってきました。

土曜日の午前中のみ、一般人も買い物できる、っていうんで。

前々から気にはなってたんだけど、土曜の午前中って、

ウダウダ過ごしてるうちにすぐお昼になっちゃうもんねー。

 
 

まずお肉をチラッと見て

(ごめんなさい、ベジなのでお肉興味ない・・・)

それから花市場のほうへ。

屋内、すごいいい香り~、全部花屋さん!(←当然だ・・・)

003

 

店先でお花を眺めていると、花屋のおじさんが

お花の名前、いろいろと教えてくれました。

一気にいろいろ教えてもらったので忘れちゃいましたが(笑)

004
 
 

ミラノの夜のレストランや街角でお花を売り歩く彼らも

たくさんお花を仕入れに来てました。

おそらく、土曜の夜が一番いい状態のお花。

金曜の夜、彼らからお花買っちゃうと、すぐしおれちゃうかも。

ミラノの女性の皆さん、お花買ってもらうなら、土曜の夜です。

 
 
 
 
それから隣のお魚市場へ。

019

 
やはりお魚市場は活気があります。

ミラノって金曜日にお魚が入荷されるので、

土曜日はとっても新鮮。

人も多いし、店の人も威勢がいい。

主人の実家の向かいの魚屋さんを思い出してしまった。

(超威勢がいい奥さんがいる)

魚屋のおじさんたら「ちょっと待って、俺らの写真撮ってけ」

って、お客さんいっぱい待たせてるのに、のんきにポーズ(笑)

007

 
 
それから道挟んで反対側の野菜市場へ。

その入り口にこんなプレート発見。

008

 
ミラノと大阪は姉妹都市なんですが、市場までもが姉妹市場!

ちなみに私の弟は大阪におりまして、姉弟で姉妹都市に在住中。

これはさっそく弟にも知らせねば!!

 
 
さて、野菜市場。

さすがに一番広くて、一番混んでましたね。

気合の入った買い物してる人が多かった。

たぶん飲食店の人もいたんじゃないかな。

怖いくらいに安くて、「ぎゃー!たった2ユーロだって!!」

とか言いながら歩きました。

026

 
なんていうか・・・アタリマエだけど、全部箱買いなんですよね。

安くて新鮮だけど、うちみたいな家庭ではさすがに・・・。

例えばこのブロッコリー、1箱2ユーロ。

011

 
近所の人たちと一緒に行って、共同購入とかするとよさそう。

(とか言いつつ、面倒なので、そこまでしないんだろうけど)

 
 
 
 
結局、魚屋さんでエビを買っただけ(主人はエビ星人)。

お花も買えばよかったなー。

意外と近かったので、またきっと行きます。

 
 
 
 
そろそろ帰ろう、と市場の出口付近で見かけたご婦人。

ねえ、それ買いすぎだってば(笑)

013

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

歯科・・・その後

今日は歯科で、抜いたところをその後どうするか、を

外科医と相談、の日でした。

抜いてくれたスレンダーな女医さんではなく、

がっちりした、アメフト系の外科医と、でした。

 
  

抜いたところをどうするか、は一般的には

インプラントという人工の歯根埋め込み手術か、

前後の歯と一緒になったブリッジといわれる差し歯か、です。

日本ではインプラントはまだ保険がきかないので、30万円くらい。

ブリッジだと保険がきくけど、保険だと3本まとめてギンギラ銀歯。

今回の場合、割と手前の位置の歯なので、保険外希望する部位。

保険外だと、歯科によって違うけど、15万~20万くらい、かな。

ちなみに去年、別の乳歯の寿命が尽きたときは、日本の歯科で

ブリッジ13万円ほど、とお手ごろ料金で可能でした。

 


さて、イタリア。

ここはどんな歯科治療も保険外です。

先週アシスタントの子にこっそり、「インプラントっていくらくらい?」

って聞いてみたら「1000ユーロ(約13万円)くらいよ」、と。

だったら、前後の歯を削らなくてもいいし、ずっと使えるし、

インプラントのほうがいいじゃないかー、安いじゃないかー、と

実はこっちでインプラントやる気満々でいました。


 


今日、改めてインプラントの明細書を作ってもらいました。

すると、2160ユーロ(28万円くらい)だって!

え~、ちょっと待ってー。話が違うじゃん。

いきなりその明細見てたら、そっか、って思っただろうけど、

「1000ユーロくらいよ。」って言われてたせいで超高額に感じる。

私いま、働いてないから払えないよー、と試しに言ってみたら、

200ユーロ近くディスカウントしてくれました(笑)

いい歯科だと思います。が、この歯科、カードが使えないんですよ。

日本の私の口座から払おうにも、不便。

それに、いまたまたま円高なので日本と同じくらいの額なわけで、

場合によっては日本より割高。

そう考えると、日本で施術してもらうほうがいいなー、なんて。

ブリッジでも試算してもらったけど、やはりインプラントと同じくらい。

だったらやっぱり日本でやります、と帰ってきちゃいました。

まあ、インプラントの手術に対するビビリもあったんですけどね。

(だって、歯茎切開して、アゴの骨にドリルで穴あけるんですよ!

局所麻酔だから、意識しっかりしてるんですよっ!!!)

  

 
まあ、とりあえず、痛みは治まったし、

次に日本に帰ったときに、いつもの歯科にかけこんで、

相談してみようと思います。

今週末、もう一回この歯科に抜糸に行くんですが、

ちょっぴり気まずいですよねえ・・・(苦笑)


今回、初診は無料、抜歯52ユーロ(約7千円)、

で、逃亡するので、歯科としては赤字患者なわけです。

歯のクリーニングも無料でやってくれる、ということでしたが、

それはもう受けられそうにない雰囲気でした(笑)

 
 

 


| コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

歯を抜きまして・・・


2時間前に歯医者で歯を抜きました。

ラスト1本しか残ってなかった乳歯ちゃん。

さすがにここまで長年にわたって働かされるとは

乳歯も予想外だったようで、かなり負担も大きく、

周りの永久歯たちと同じように働くことが困難になり、

根っこの先が炎症を起こしてしまったのでした。

虫歯ってわけじゃないんだから残せないかなあ・・・

と、軽く抵抗したものの、炎症の痛みに突き上げられて、

抜くしかない、と覚悟を決めたわけです、ハイ(涙)

 
 
 
さて、イタリアの歯科、初体験。

ってか、数年前に付き添いできて、

そのまま流れで歯科助手をしたことはあったけど。

(日本で歯科助手してが時代があったので)

あのときは、ドクターがあまりにカッコよかったので、

(竹野内豊似のイタリア人)

「私、助手やらせていただきますっ!」

と、押しかけ助手をしたんです~。

幸い、そのドクター、他に助手をつける気配がなかったので。

ウハハ。

 
 
 
今回は、そのドクターの歯科ではなく(ってか、そこの住所なくした)

自宅の近所の歯科で、女医さんに抜いてもらったんだけど、

いや~、なんていうか、彼女も助手をあまり使わなかった。

ちょっと手荒い気もしたけど、麻酔も抜歯も縫合も、

サクサクサクサク、ひとりでやっちゃいました。

助手はドクターに言われるがままに縫合用の針と糸の準備とか。

「すげ~、ひとりでやってる~。でも荒っぽい~。」

と、驚きと恐怖のあまり、口が渇き、唾液もあまり出ず、

たぶん彼女もバキューム要らずで楽だったんでしょうけど・・・。


とりあえず、初診~抜歯~抜糸と歯石除去までは日本とそんなに

大きく変わらない治療費で済みました。

ここから・・・抜いたところをどうするのか、ブリッジorインプラント、

ここからがドキドキ。いったいいくらかかるんだろう~。

ああ、なぜだか存在しなかったここの永久歯が、ひょっこり生える、

なーんてことが奇跡的に起こればいいんですけどねー。ありえない。

 
 
 
イタリアでの歯科の話、また方針など決まったら報告しますねー。

あいたたたた・・・(←麻酔がそろそろ切れはじめました)

| コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

すしの日

昨日、11月1日は「すしの日」なんだそうな。

ダンナが朝、出勤前にそう言って出かけました。

てっきり、ただ寿司が食べたくて、

暗黙の「寿司が食いたいぞサイン」か、と思っちゃったよ。

だって、全然ゴロあわせとかじゃないし、

聞いたことなかったし。

(※私はナマモノが嫌いなので、寿司に興味がないのです)
 


暇つぶしに確認。

ネットで検索すると、おお、どうやら本当らしい。

由来はいろいろあるらしい。

歌舞伎の演目の中で、登場人物が武家の身分を捨てて

寿司屋に転職した日だとか?

収穫の秋だから、収穫祭の意味も兼ねて、とか?

そんなところだそうですよ。へえ~。


 


日本のお寿司屋さんにも確認してみた。

「最近はすしの日の宣伝あんまりしてないからね~。

それでも今日は忙しかったよ。」

(都内、某庶民派寿司店Kの店主談・・・笑)


 
と、いうことで、私もすしの日にのっかってみた。


004_2

ネタ、サーモンだけでごめんねー(爆)

ほとんど細巻でごめんねー。

私、ナマモノ食べないから、いろいろ魚を買っても、ねえ。

ちなみに、寿司桶の奥に見えるのはたくあん。

先日我が家に来てくれた、ダンナの友人Kちゃんのお土産。


 
 
最近はこっちの、どこのスーパー行っても寿司コーナーがあって、

いろいろな寿司パックが大人気。

そのうち刺身の盛り合わせなんていうのもできないかな。

我が家、月に一度はお寿司作るけど、いつもサーモン。

だって本当にラクなんだもん。

(稀にマグロもあったりするけど・・・年に2回くらい・・・笑)
 

ま、私はそんなのなくても、カッパと納豆があれば幸せ。

たくあん、お新香巻にすればよかったかなあ・・・。


 
 


| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »