« 充電@クレモナ | トップページ | お城と広場と天井と »

2008年12月 5日 (金)

ミラノ中央駅の・・・

006


クレモナからの帰りの話。

クレモナの駅は小さな駅で、切符売り場の窓口は2つだけ。

なので、駅に早めに行って、窓口の列に並びました。

余裕もって行った上に、当然のように

「ミラノ行き・・・遅延5分」の表示。

余裕で、「切符売り場のこの時計、いいよねー」と、

写真撮ったりしながらゴキゲンで並んでました。が・・・、

 
 

私達の1つ前に並んでた女性がとにかく時間がかかる。

どうやら列車の時間と空席を窓口で調べてもらい、

納得いかず、いろんなパターンで調べさせてるけど、

やっぱり納得いかず、ゴネまくっているらしい・・・。

さすがに時間が近づいてきて、ヤバいかなー、と思いつつ、

でも、チケットの自販機は「停止中」と書かれてるし、

もう1つの窓口もゴネてるお客さんがいて、列が長くなってるし。

ダンナが窓口ににじりよってアピールするも、

ゴネてる女性も窓口の係員も、シカト。

えー、時間ないんですけど、ウチら。

とかボヤいてると、5分遅延のはずの列車が

5分も遅延せずにホームに入ってくる音!!!!

ぎゃー!もうっ!!

と2人してホームに走り、車掌を捕まえ事情説明。

「大丈夫だ。車内で切符代を払えるから。

ただし、1人5ユーロ追加になるけどね。」

なんだそりゃー。

仕方ないので、一応乗ってから、再度車掌に事情説明。

「自分らは20分以上も前の人が終わるのを待ってた。

切符買える時間に駅にいたのに。券売機も使えなかった。

なのに、追加料金はおかしくないか?」と、ダンナ。

「でも、決まりだからね。」

と運賃+2人分の追加料金10ユーロを請求する車掌。

 
 
 
クレモナ~ミラノ間の運賃って5ユーロ55セント。

運賃と追加料金がほぼ同額、ってことは2倍の運賃。

いくらのチケットでも、車内での販売は一律+5ユーロらしい。

「え~、そんなの理不尽だっ!ありえない!

駅で買えなかったのは国鉄側の責任だろ!」と怒る夫に

「でも、切符持ってない場合の罰金より安いからいいじゃないか」

と、まったく理にかなってない言葉を投げて、

きっちりお金召集して行きやがった車掌。

ほんと、イタリアの国鉄って、いつもいつも理不尽。

 

 
おつりがちゃんと出てこない券売機。

あれで、いままでいくら持っていかれたことか。

トイレ使用料金の高い駅。

時間通りに動かなかったり、度々のストで、予定を狂わされる。

などなど・・・・。

 

現在、びっくりするほど美しい駅に生まれ変わりつつある、

ミラノ中央駅の修復工事。

ミラノに着いてから、その磨きなおされた床石や、

塗りなおされた駅舎の扉を見つつ、

「今まで払ってきた理不尽なお金、この床石1枚分くらいかな」

と、グチってしまうのでした。

ミラノ中央駅、沢山の人々の悔しさが沢山こめられたお金で

着々と立派になってますのでねー。どうぞお楽しみに。


« 充電@クレモナ | トップページ | お城と広場と天井と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23159/25950317

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ中央駅の・・・:

« 充電@クレモナ | トップページ | お城と広場と天井と »