« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

愛の逃避行

002


あるとき、この標識が目にとまりました。

ちょっと駆け落ちチックじゃないですか~?

逃避行カップルのミートポイント・・・なわけないか(笑)

ありえないと思いつつも想像が広がってしまいます~。


 
その後、他のところで同じような看板を見つけて

この看板の意味がわかりました。


007


「スクールバスの停留所」でした。

 
 

なーんだ。

逃避行カップルではなく登下校中の生徒たち、だったのね。

たしかに男性のほうの絵は半ズボンだし!

知らないほうが妄想ワールドを楽しめたなー(笑)

 
 

 

| コメント (2)

2009年2月23日 (月)

カーニバル@ヴェローナ

週末、ヴェローナに出かけてきました。

ヴェローナ、あのロミオとジュリエットの街です。
 


イタリア各都市、カーニバル真っ只中。

ヴェローナの駅からチェントロに歩く途中、

パレードのスタート地点で待機中のパレード隊発見。

001

 
 
え~、ご存知のかたも、そうでないかたも、

私は若かりしころバトントワラーでして、地元の「博多どんたく」

などでは毎年のようにパレードに参加しておりました。

イタリアにバトントワラーがいることは知ってましたが

(世界選手権の常連国です・・・一応。

 ちなみに日本は世界のトップクラスなのです~)

イタリアでバトントワラーを見たことのなかった私は興奮。

駆け寄って「写真を一緒にお願いしま~す。」

095


どーぞどーぞ、と、真ん中に導かれ、

お姉さんたち整列してニッコリポーズ。

おおお~!と、思ったら、やはりイタリアのバトンチームではなく、

美女大国で有名な、あの、ベラルーシの美女軍団であった。

だよね、だよね、イタリア人、こんな(笑)じゃないし。

 


 
それから場所を移動して、パレードコースにスタンバイ。

ちなみにこちら、警察の先導車。

100

すでに気合を入れられてますね~(笑)

 
さて、パレード。

最初はサンバサークルの皆さん。

016

このサンバチームが通り過ぎて、次のパレード隊も通過。

そのとき・・・・・

「うそ~!もうみんな行っちゃったの?まじ?

え~、お喋りしてたら遅れちゃった~ん!!!」

と、スタッフの誘導で仲間を追いかける遅刻サンバコンビ。

021

あ~、これぞイタリア人・・・・(笑)


参加者の衣装を見るのが楽しみのカーニバル。

老若男女、ワンちゃんまでもいろいろ工夫してます。

098 024
103 037

パレードの鼓笛隊の小太鼓お兄さんから突然、

バチを持たされましたよ!!!

030

おお~、小太鼓なんて何年ぶり~。

これまたちょっと興奮!!

もちろんバトントワラーも見ましたよ!

今度は正真正銘、イタリア人のバトントワラーたち。

027


演技が始まると、皆真剣で笑顔が消えます(苦笑)

かなり、必死に、怖い顔で、グダグダに踊ってました。

私のほうがうまいぞ、絶対(笑)

  

 
日本ではパレード参加してた立場だったので、

観客として見る機会は少なかったんですが、

あー、やっぱりまたパレード参加したくなっちゃいますね。

来年は日本からバトン持ってこようかな~、なんてね。


ミラノのカーニバルより、アットホームな雰囲気で、

でも、豪華で、よかったですよ。


パレードを見てた小さなジュリエット。

101_2



やっぱり、大都会ミラノより、大きすぎないヴェローナが

私には合ってるような気がします。

| コメント (5)

2009年2月22日 (日)

どっしりコシヒカリ

毎年この季節恒例のお客様が日本から到着!

なんと、なんと、なんと、

お土産たっぷり、どっしり(笑)


002


おおおおおお~~~っっ!!!

コシヒカリだっ!

生まれて初めて実物を見たかも!

いや、ほんとに、ほんとに(笑)

 
 


私の大好物「チョコレート効果」2箱!

2箱ってとこが重要。

惜しみなく、早速1箱開けて食べ始めました。

いただいて10分以内(爆)

さすが、奥様チョイスのお土産、ビンゴです。

参りました。

 
 

kawaさん&Cicaさん、ありがとう!!

これでまた、ひとまわり成長した私になれそうです(笑)

| コメント (8)

2009年2月19日 (木)

勝手にランチパック

001_4903110070313_3

これ!ヤマサキのランチパック~!

大好き!!

写真はたまごサラダですが、本当はツナマヨ一筋です。

日本にいるときは、ツナマヨが買えるスーパー・コンビニは

すべて把握してましたもんね~。

週に1~2度は必ず食べてたと思います。

 
  

イタリアではサンドイッチというと、薄い食パンのものより

いわゆる「パニーノ」が一般的ですが、

食パンのサンドイッチ「トラメッツィーノ」も売ってるんですよ。

でも、ランチパックには及びませんね~。

パンの柔らかさも違うし、中味の絶妙な量と味、

そしてなんといっても食べやすい!!!

四辺が閉じられてるので、片手で食べても中味がこぼれない。

ま、「便利」が良しとされないこの国じゃ、意味ないんでしょうが。


日本ではランチパックを自宅で作るグッズなども売られてるとか。

いつでも食べれていいなー、とかなり羨ましがってたら、
 
最近、某SNSのコミュでランチパックを自宅で作る方法を

教わってしまいました!

なんと使う器具は「箸1本」だけ。

(1) 1枚のパンに具を載せる。
    四辺の端からそれぞれ1.5センチくらいは空けておく。

(2) もう1枚パンをその上にかぶせる。

(3) 辺の際にお箸を押し付けてコロコロ~を四辺に行う。

(4) 2枚一緒に裏返して、裏からもコロコロ~。

これで完成です!!おおお手軽。

005

コロコロはあんまり力を入れすぎるとパンの端が切れます。

程よい力加減が必要です。(ま、これは経験で身につける・・・)

ちなみに昨日のランチパックはにんじんマヨ。

Lunch


今日は王道のツナマヨ+オニオン&ルッコラを作りました。

(ツナマヨに心が躍るあまり、写真は撮れませんでした・・笑)


春が来たら、自作ランチパック持って、公園ランチしようかな。

春の楽しみがひとつ増えました。


| コメント (4)

2009年2月17日 (火)

鯖の押し寿司

003

初めて「しめ鯖」を作ってみました。

そのしめ鯖を使って押し寿司。

 


実は週末、市場に行ったらサバが大安売り。

これは買い!!ダンナはサバが大好きなんです。

こちらの市場ではお魚は値段がkg単位でつけられてます。

私はサバが好きではないので、我が家の鯖人口は1名のみ。

なので普段から2~3匹ずつしか買いません。

この日も「おじさん、3匹くださいな」と言って、

3匹だけ測ってもらいました。3匹で750g弱。

するとおじさん、750gだといくらになるのか、計算できずに悩み始め

店の女将さんに尋ねてみるものの、忙しい中、荒っぽい女将さんに

一蹴され、ひとり測りをいじって計算方法を考えはじめました。

「あの~、なんなら1キロ買いますよ。」

と、言うとおじさん大喜び!

結局計5匹買ってきてしまいました。

 
 
 
うーん、5匹はさすがに多いので、全部塩鯖、ってわけにも・・・。

で、塩鯖としめ鯖にすることに。

しめ鯖って簡単なんですねー。知らなかった。

こんなんで喜んでもらえるなら、もっと早くに着手すればよかった。


 
さて、押し寿司。

日本に比べると小ぶりの鯖が一般的なので、

身の幅がお寿司サイズに合わず・・・・つぎはぎ(笑)

でも、意外と身が厚かったので満足度はなかなかだったようです。

また作ろう~。

 


ちなみに私の最近のお気に入りは、鯖寿司の隣の

「海老天巻き」でーす。かなりハマってます。

私、海老も嫌いなのに、フライや天ぷらなど、揚げちゃうとOK。

むしろ好物!しかもこれ、巻きやすい!

ぜひお試しください。

| コメント (8)

2009年2月11日 (水)

クエストゥーラの召集日でした。

「1年待ってやっと警察に滞在許可書の手続きに召集された」

という記事を書きましたが、今日がその招集日でした。

召集時間は朝8時、と記載されていたものの、

以前別の手続きで同じ警察(家の近所の警察)に行った際、

朝8時の開門に備え、早くから外国人が列を作っていたので、

アポがあるとはいえ、ちょっと不安で20分前に行きました。

が、今回はまったく列なかったです~(笑)

8時前に門の前にいた外国人は私含めて3人だけ。

あとの二人は別の手続きのための出頭だったので、

滞在許可書の手続きで8時に召集されてたのは私だけ。

時間通りでよかったようです~。


 
いや・・・・ここはイタリア。

8時の召集なのに、8時すぎても担当の警官が来てない。

ちょっと心配になって、通りかかった警官に尋ねよう、と

「すみません~」

と声をかけるもシカト。

聞こえなかったか?思い、追いかけ、再度耳元20センチから

「すみません」

と声をかけるも、一瞥すらなく、シ・カ・ト(怒)

ああ、久々にクエストゥーラに来たけど、ヤツら、相変わらずです!


 
そのあと、別の警官に確認し、「大丈夫、ここで待ってるように」と

言われ、ちょっと安心して待つこと30分!

8時半すぎにやっと担当警官の準備が整い、呼ばれたー。

なら8時に召集とかしないでよ、って感じ。

軽くムッとしながらオフィスへ。

「身なりをきちんとしてるほうが、嫌がらせ的な態度を受けにくい」

と思った私はきちんと化粧して(え?私の年齢ならば当然・・・?)

小奇麗にして出頭し、オフィスに入る瞬間に上品マダムに変身。

担当警官は私1人に対して2人も。

2人とも頭悪そうだけど性格は良さそうな警官でした。


ひとまず必要書類の提出。

事前に何を持って来い、みたいな案内がなかったので、

なんとなく揃えて行ったけど、それで間に合いホッ。

書類チェックしてる警官にそれとなく気になってることを質問。

「あのー、この滞在許可書って期限はいつまでですか?」

すると彼は

「知らない」

即答でした・・・。

「あの、私初回申請なので、期限は1年なんですよね。

1年以上前に申請したからどうなるのか気になってるんです。」

「うーん、期限のことはここじゃわからないよ。」

ちっ。

「もし可能ならば、次の更新の書類も準備してるので、

期限更新したものを作ってもらえませんか?」

「無理だよ、それは受け取れない。」


あ~。

今日は書類を出して、指紋や手形を取って、

受け取りはさらにきっかり2ヵ月後。

どういうことになってるやら・・・ですね。


以前のように早朝から並ぶ必要はなく、

ゆったりとした個室のオフィスでのんびり手続きできるので

快適といえば快適なんですけどねー。

いちいち更新にお金がけっこうかかるし、発給までの年月と

待たされ続けるストレス考えると、喜べないシステムです。

外国人として滞在する以上、仕方ない、受け入れなければ。

バカバカしい方法でも従わざるをえない立場なんですよね。


| コメント (4)

2009年2月10日 (火)

コスメティックバイオレンス

003


ミラノの化粧品屋さんが何者かに荒されたそうです。
 
 
 

 
 
うそです(笑)

あるお店の、コスメお試しコーナーの日常風景です。

この店には数箇所のお試しコーナーがありますが、

どれもこんなカンジです。

ちなみに撮影したのは午前中です。


要するに、開店時に事前にチェックしない。

営業中も知らん振り。

閉店時?こんなの整理すると閉店と同時に帰れないわ!

だってだって、これはメーカーが設置してるやつで、

うちら店のモノじゃないんですもん。知らな~い。

って、カンジでしょ。

 
 
 
それにしてもヒドい。

店だけじゃなく、お試しコーナーを使う側のモラルも。

キレイに化粧して飾ってても、こんなふうに公共のものは

ぐしゃぐしゃにしてしまっちゃダメじゃん。


 
 
外はゴミだらけ、でも家の中はピカピカな、イタリア人らしい、

といえばそうなんですけどね・・・。


| コメント (2)

2009年2月 8日 (日)

おうちカフェ

ず~っと前にここで紹介した、我が家のエスプレッソマシーン。
「マッキネッタ」と言われる直火式のやつで、
ずっと愛用してたんですが、先月カラ炊きしちゃって、
取っ手などのゴム部分が溶けてしまいました。
そういう部品のバラ売りもあるにはあるんですが、
ゴムの溶けた匂いと、コーヒーの焦げた匂いで
本体もなんかもう・・・・微妙・・・。

実は年末、ちょくちょくブログにお邪魔させていただいてる
batanosukeさんのブログで知って以来、気になってたものが。
普通のマッキネッタより、バールのカフェに近いものが
直火式でも淹れられる、って~。欲しい!
実はこっそり年末のうちにお店に下見に行ってました(笑)
これを気に、同じものを買うことに。

それがコレ。

003

bialetti社のブリッカ(brikka)というマッキネッタ。
お店で見たときにびっくりしたのが、
2杯用なのに、4杯用ほどの大きさ!え~なんで?
これ、表示間違ってないよね?と半信半疑で購入(笑)
実際に使ってみると納得でした。

010

実はこのブリッカ、表面にこんなふうにアワアワが
乗っかるんですよ~。バールのカフェみたい!
で、口ざわりもクリーミー。おいちー。
で、この泡を吹き出すために、真ん中にでっかいポッチ(?)
が付いてまして、ここからブッシュ~ッとすんごい音とともに
泡が吹き出すのです。
そのために本体のこの大きさが必要らしい・・・たぶんね。

マッキネッタって、新品のうちはあまり美味しくない。
新品の、備品の匂い、っつーか・・・ねえ。
イタリア人はこれを絶対に洗わずに使い続ける人も多いとか。
そういえば、昔間借りしてた家庭でも洗ってなかったなあ。
使わせてもらおうと思って開けたものの、あまりの汚さ(!)に
断念しましたさー。
うちも買ってから2週間くらいで、味が安定してきました。
いいマッキネッタを教えてくださってbatanosukeさんありがとう!

 

| コメント (2)

2009年2月 3日 (火)

はんてん

002_2

ちょっと形がヘンだけど、作ってみました。

ダンナが部屋着の上に羽織る手ごろなものを

今シーズンのバーゲンで買おう、と言ってたものの、

なかなか気にいるものにめぐりあえず、

「もういいや~。いらない~。」

と、バーゲン開始早々に断念してたので。

家ではPCの前に座ってることがほとんどのオタク亭主。

こういう上着はやっぱり日本特有なんですよねー。


とはいえ、和裁のプロとか、ちゃんと習っておられる方が見たら

かなり絶叫しそうな・・・・寸法も裁断も、すべてテキトー(笑)

さすがに和裁の本はここじゃ手に入らないし、

綿入れ工程が複雑だからか、ネットでも作り方がヒットしないので、

自己流で無計画につくりました。おそるべしO型。

しかも、日本のような、シート状の真綿が見つからず、

でも化繊はちょっと抵抗があったので、クッションの真綿を利用。

細切れの綿を内布にびっちり縫い付けて装着・・・・(苦笑)

さすがに綿を縫い付ける作業だけは、もう二度としたくないです。

あー、めんどくせー。

 
でも!

面倒な作業の甲斐あって、かな~り、あったかい。

ダンナも気に入ってくれました。

これで春までオタクライフも充実、です(笑)

| コメント (6)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »