« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月28日 (土)

可愛すぎるラッテリア

ぶらぶら、時間つぶしをしてるところで、

超可愛いラッテリアに遭遇。

ラッテリア、って牛乳屋さん、って意味ですね。

牛乳って、苦手なので、普段は気にも留めませんが、

ここは気になって気になって。

015_2

一度通り過ぎようとしたものの、

やっぱり戻って入ってみた~。

000 

店内にディスプレイされてる駄菓子(売り物)と、

古い可愛い缶に、もう夢中~。可愛すぎる!!

「店内の写真1枚だけ、撮っていいですか?」

と頼みつつ、すんごいいっぱい撮ってしまった(笑)

013

カフェを1杯飲んで、パスタを1袋買ってきました。

カフェ、すっごく美味しかったー。

普通にカフェ飲みに、また行きたい!

パスタはたぶん今夜。たのしみ!
 

 
 
味も、店内も、かなり気に入ってしまったので、

日本から友人が来たら、一緒に行こう!と決めました。

遊びにおいでー。

005

| コメント (6)

2009年3月26日 (木)

検札しちゃうぞ

イタリアの市内バスやトラムのシステム。

かなり効率悪いと思います。

 

チケットはタバコ屋さんや地下鉄の駅などで購入。

これ、ミラノの場合1枚1ユーロです。

基本的に車内では買えません。

(最近、券売機搭載車両もほんの一部あり。

 でも、車内券売機だと1.5ユーロ、と割高。)

で、乗車したら車内にある刻印機でチケットに刻印。

押された時間から75分間はバス・トラムは乗り放題です。

地下鉄も1区間だけなら同じチケットで乗れます。

 
あら、どこが効率悪いのよ。

便利じゃん。


ま、乗り放題とか、同じチケットであれこれ乗れる、とかはね。

料金も安いですよね。うん。

お客側から見ると、便利なシステムだと思います。

会社としてはどうなんだろう、と。

刻印したチケットを持ってるかどうか、検札する係は

すべての車両にいるわけではありません。

抜き打ちで出没します。

私の場合、定期券なのですが、月に50回以上は

乗車してると思います。

それで二ヶ月に一度、検札係が車両に乗り合わせるか、

まったく見ないか、くらいの割合です。

ね、なかなかの低確率でしょう?

当然、ズルする人(無賃乗車)も多いです。

運悪く、検札係が乗り込んできて、バレると罰金。

身分証なども控えられるようです。

でも、数ヶ月に1度しか会わないんなら、

1ヶ月分の定期代よりちょこっと高い程度の罰金を

数ヶ月に1度払うほうがたしかにお得。

そういう人を見つけて罰金を取る検札係は3人1組くらいで

仕事してます。逃さず対象者を捕獲するために(笑)

 
常々、他の国の、とりわけ日本の常識で考えると、

曖昧なチケットのシステムじゃなくて、

運転士がチケットを確認する、とか、確実に料金を徴収できる

システムを作るほうが効率いいんじゃないかな、と思います。

だって、3人1組でしょ。

それが毎日何組、市内で検札してんのか知らないけど、

人件費、きっとすごいんじゃない?

罰金全部、人件費に持ってかれるでしょう?

でも、雇用契約の事情で、彼らの仕事を奪えない、

という理由(言い訳?)もあるらしく・・・・(苦笑)

おそらく、現役検札係全員がリタイヤするまでは

システム変わらないのかもしれないです。

ま、たしかに検札係は年配者が多い気が・・・。


 
先週末はどうやら検札強化デーだったようで、

すごい数の検札係をみかけました。

とあるバス停ではこんな感じ。

006


紺色の帽子の人たち、みんな検札係です。

お客さんより多い(笑)

ここが終点、っていう路線もあるし、

このバス停、降りる人が多いので、

降りてきた人をもれなく捕獲して検札してるわけです。

無賃乗車がばれちゃった残念な人もけっこういたみたい。

人件費の元が取れたかどうかは・・・・微妙(爆)


 

ちなみにこの日、私はバスとトラムに合計4回乗りましたが

車内でも、停留所でも、一度も検札されませんでした。

やっぱり効率悪いよねー。

| コメント (0)

2009年3月24日 (火)

日本人って・・・。

タイ人の友人からこんな話を聞きました。

彼女の住むアパートにはひとり、

日本人女性が住んでるそうです。

イタリア人男性と結婚しており、小さな子供がいる方だそうで、

アパートでよく顔を合わせるのでいつも友人は

「ボンジョルノ」

と挨拶するそうですが、

返事が返ってきたためしがないそうです。

とても哀しそうに

「日本人にもそういう人がいるのね・・・」

と言ってました。

 
「いまの日本は残念ながらそういう人が多くて、

近所に住む人の顔も知らない、っていう人も少なくないよ。

友人には感じよくても、近所づきあいに関しては

閉鎖的な傾向があるかなー。」

と、答えました。
 
 


「私にはちょっとそういうの理解できないわ。」

と、彼女はますます悩んでしまったので、

「島国だもの。」

と言うと大笑いしてましたけどね。

でも、挨拶されたら返しましょうよ。

それ、最低限のマナーでしょうがよ。

 
 
 
で、私もつい先日の話を彼女にしました。
 
 


ダンナと2人で散歩してたら、

日本人観光客の若夫婦が地図をくるくる回しながら、

「あっち?いや、こっち?いやいや、そっち?」

みたいな、どこから見ても迷子状態で立ってたので

「お困りですか?どちらに行かれますか?」

と声をかけたら、

「いえ、だいじょうぶです。」

と、ばっさり拒否されました。

おいおい、どー見ても迷子だったでしょうが。

「駅はそこを左でまっすぐですよ。」

と、一応めげずに言ってあげると

「ですよね。」

ですよね、って・・・・・(笑)

わかんなくもないけどね。

海外で、自分達だけで歩きたいのに、

日本人が登場しちゃマズいのはわかってるけどね。

なんだかなー、と。


と、いう話をタイ人の彼女にしたら、

「なんだか、島国っていうので、もうなんでも理解できる」

と、閉鎖的なニッポン人の一面をすでに悟っておられました。

でも、最後に

「私、アパートであの日本人女性に会っても、

私からはもう挨拶しないと思うわ。」

と言われたのが、当然なことなんだけど、

ご近所相手かまわず挨拶しちゃう日本人としては

ちょっと哀しかったのでした。

| コメント (6)

2009年3月21日 (土)

駆け込む気にもならないホーム

ミラノの地下鉄の話です。

ミラノには一般的な市内公共交通機関を運行する

「ATM」という会社の地下鉄が3路線と、

それとは別に、イタリア国鉄が運行する、

「パッサンテ」と呼ばれる路線があります。

今日はそのパッサンテの話。


 
郊外まで続くこの路線は、一般の国鉄同様、

路線になどによって、車両の長さが全然違います。

そのため、長い車両に合わせてホームが作られているためか

やったらめったらホームが長~~い。

003

写真ではわかりづらいかと思いますが、

ホームから改札への階段+エスカレーターが

多いところだとこのように6~7個も。


 

さて、このように長~いホーム。

長~い列車のときはまあ、ぴったりサイズなんですが、

たいていやってくるのは短いサイズの列車。

停車位置って決まってるのかどうなのか・・・

ホームの端に先頭車両を合わせて停まることが多い。

すると、どうなるか、というと、

001


この写真、前方の赤い光、あれが車両の最後部。

どれくらいの距離があるか。

ホームに階段7箇所くらいあるのに、列車の位置と

被ってるのは2箇所だけ、みたいな感じですよ。


この駅のように、改札が駅の両端のみ、というところでは

ホームに下りた瞬間に列車が入ってきても、

停車位置がこんな遠く離れたとこだと間に合いません。

ってか、走る気にもならない!

(走る気にもならなかったので立ち止まって写真撮った・・笑)

死ぬ気で走れば間に合うとは思いますけどね~。

私のようなお年頃には無理だー。

でも本数の少ない行き先への列車とかだと、

やっぱり死ぬ気で走ってる人も見かけます。


早めに駅に着いてホームの中央あたりで待ってても、

中央より先に列車が停まるので、列車追いかけないとならない。

だからといって先頭付近で待ってると、

そういうときに限って中央に列車を停止させる運転士で、

中央まで走らないと!!みたいな。

列車の停車位置、決まってないのかしらねー、と思います。

個人的には中央に統一して欲しいんですが。


 
 

そんなことを考えながら中央よりやや前方にホームを歩いてると

次の列車が到着しました。乗り込む前にもう1枚。

列車最後部からさらに後ろのホームを。

004


この後ろのホームで待ってた人々はもれなく、

列車入線時に前方に一斉に走ります(笑)

あまり慌てて走ってる人を見ることのないミラノで

慌てて走ってる人々の姿を見ることのできる、

数少ないポイントなのです。


| コメント (4)

2009年3月17日 (火)

平日お昼の公園

昨日、お昼時の公園にお弁当を持っていきました。

お天気があまりに良かったのと、

もろもろの事情(苦笑)がありまして。


007
 

ビジネスマンのような方がけっこうお散歩してたり、

幼稚園のピクニックとか、

ひなたぼっこしながらパニーノ、とか

そういう人がけっこういました。

私達も場所を決め、ベンチにお弁当を広げ、

「いっただきまーす」

003


なかなか地元の方々が好奇の目で通り過ぎます(笑)

日本の公園でインド人がカレー食べてるとか、

日本の公園でイタリア人がパスタ食べてるとか、

そんな感じなんですかねえ。

「マンマ見て!あの人たち、こんなところで日本食!」

ってなかんじ???

 
食後はお散歩。

水辺で鳥や魚を見ながら、しばし癒されました。

008

実は、午前中、イラッとくることがあって、

(ダンナ、実は休みだったのに、担当者がそれをダンナに

伝え忘れてて、通常通りお弁当持って出勤したあとで、

「今日キミは休みだよ」と別のスタッフから聞かされたらしい)

ダンナ以上に、担当者に対してとんがった気分だった私ですが、

お弁当リニューアルして、公園行って、

おかげでま~るい気分で帰宅しました。


 
 
お花がもっと咲いたら、また公園ランチしたいなあ。

| コメント (12)

2009年3月12日 (木)

春だから~

ここんとこまた天気よくって、すっかり春めいてます。

で、暖かくなると毎年、前髪を切ります。

なんとなく(笑)

いつもはオールバック・・・いや、ポンパドール風にしてます。

ま、私がやるとポンパドールって響きとは異なる気が・・・。

前髪上げて、そのぶん身長高くみせよう、と思いきや、

顔がでかく見えちゃうんですけど~~~!って状態です。
 
 


で、暖かくなると、髪をポニーテールとか、

アップしちゃうことも多いので、それに合わせて若々しく(!)、

前髪を切ってみたりするわけですよ。

とはいえ、前髪に強いクセがあるので、

面倒になっちゃって上げちゃうことも多いんですけどね。


 
さて、今年もいよいよ、な感じなので、昨晩前髪を切りました。

はい、セルフカットですよ。

夜、ダンナが寝静まってから切りました。


 
 
 
今日の昼間、友人に会うとすぐ

「あ!髪切ったのね!いいじゃない。」

と言ってもらえました。

すぐに気づいてもらえるのは嬉しいですねー。

 

前髪切ってからまもなく24時間ですが、

ダンナはまったく気づきもせず、今夜も眠りにつきました。

いつもそうなんだよね。

バッサリ短く切っても、なかなか気づかない。

ま、いいんですよ。

私は私で、勝手に鏡見ながら春に浸りますんでね。
 
 
 


| コメント (2)

2009年3月11日 (水)

エクレア食べたい!!

日本の友人に聞くところによると、

島田紳助がTVで某コンビニのエクレアを絶賛したところ
 
売り切れ続出の大人気、なんだそうですね。

実はここ数ヶ月、エクレアがすんごい食べたい、と思ってて、

そんなときにこの話を聞いたので、そろそろガマンの限界(笑)

そんなら買ってきて食えよ、ってねー・・・(苦笑)


 
 
こちらでも探せば日本のエクレアに近いもの、あるでしょう。

なければ作ればいいだけのこと。(←簡単そうに言ってみる)

でも~!違うの~~!!!

私がこよなく愛する、というか忘れられないエクレアがあって、

それがどうしても食べたくなっちゃったんです!


 

高3のとき、父が転勤して家族が引っ越したのを機に、

私は高校の寮に入ったんですが、その寮で食べたエクレア!

毎回試験前には寮生に夜食がわりのおやつが支給されて、

いつも寮生が楽しみにしてたのが、寮近くのお店のエクレア。

これが小ぶりながらヤバうまなのです。

在学中は支給されるぶんだけしか食べられませんでしたが、

卒業したら、バイトして、大人食いしてやる~、と(笑)

寮時代の友人と卒業後に集まる際には必ず買ってきたもんです。

 
と、なつかしさのあまり、ネットで検索してみたら、

きゃー!まだあのお店、あるじゃないですかー!!!

しかも!エクレア値段そのまま(私の記憶が正しければ)

なんとなんと、エクレアいまでも1個50円ですって。

もう~、本気で食べたくなりました。

今年は絶対に帰省して、福岡空港着いたらその足で

エクレア買いに行ってやるー!!


世界あちこちでいろんなスイーツを食べてきましたが、

私の中ではあのエクレアに勝るものはいまんとこ皆無です。

さあ!皆さん、いますぐ福岡に行きましょ~!

お店のみなさん、お店をこれからもずっと続けてくださいね!

で、私が買いに行くのを待っててね。


気になるそのお店はコチラ
   ↓ ↓
マンデル洋菓子店
福岡市城南区鳥飼5-2-39


| コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

侍、そして友だち。

今日はやっと晴れました!

かなり暖かくなったので、コートを軽いものに替え~♪

久々に洗濯物も外干しし~♪

なんと!夕方には乾いてました!!

やっぱり太陽っていいですね。太陽パワー吸収(笑)

・・ま、紫外線はno grazieですけどね~。

 
さて、そんなミラノでいま、「侍(SAMURAI)展」があってて

昨日、午後から天気も落ち着いたので夕方行ってみました。

こちら会場の入り口。

001


そうです。これは甲冑展なのです~。

けっこうな数(数えてない・・・確認もしてない・・・)の甲冑が

なかなか格好良く展示されてました。

洋風建築の中、西洋画の前に飾られる日本の甲冑。

不思議な光景ながら、日本の美意識の高さを実感。


 
 
そこで気になったのは、

すごく無防備に展示してあること。

抱きつこうと思えば、抱きつけるし、触れるし、

普通に仕切りもなにもなく、展示してあります。

ほとんどが360度どの角度からも見られるように。

「触るな」とかも書いてない。

い、いいのか・・・?

でも、見る側も大人ですからねー。触りませんよ。

正直な話、リアルな傷とかが甲冑についてて、

触ったり撮影したりしたら呪われる・・・と、ビビってた私(笑)

 


ただし、出口手前の、最後の部屋だけは展示品の前に

ロープ張ってあって、近寄るな、触るな的な展示が。

なんだと思います???なんと・・・・!
 
 

 
 

Z


なぜ甲冑展に・・・(爆)

でも、このロボたち、よぉーくご覧ください。

なんとなく戦国武将の甲冑がモチーフになってる!?

うーん、いままでそう結びつけたことはなかったなあ。

ちなみにこちらのロボ、ミラノの某ヲタ系ショップの出展(笑)

日本マニアにはヲタさんたちも多いので、大喜びでしょう。
 
 
  

ま、そんなんでプチ日本体験。

いやー、日本の工芸って美しい!

日本人でよかった!

「侍(SAMURAI)展」はドゥオモ隣の王宮で開催中。

8ユーロながら、満足できる内容でした。

 
 * * * * * * * * * *


さて、快晴の今日は、朝からうっきうき。

実は友人のMちゃんが久々に出張でミラノに。

久々だし、いろいろおつかい頼んでたし。

Mちゃんは年に数回、ミラノにきますが、

昨年もこんにゃく手作りセットやら、お弁当グッズやら、

筍、浅漬けの素、あくまきなどなど、

いろいろ気の利くチョイスで私を大喜びさせてくれます。

去年もそのたびブログで発表してきましたっけ(笑)

そのMちゃんから今回の密輸品お土産。

まずはnatasha姉さんがわざわざ私のため取り寄せてくれ、

出発前夜にMちゃんに届けて預けてくれた雑穀。

010

こういうバランスよく、美味しい雑穀ブレンドなんてないので、

普段は白米に玄米混ぜる程度なんですけどね。

これはさすがに美味しい。


006


奥のほうのお弁当グッズシリーズは、

お料理上手の主婦友、meiさんからの差し入れ。

す、すごい・・・。日本のお弁当グッズって、すごすぎる、

芸が細かい、というか、とにかくすごい。

なにげにプチカルチャーショック。

使いこなせるようにがんばろう~。
 
 

手前のMちゃんチョイスの品もすごいでしょ。

私が頼んだものはタワシと種とこんにゃく粉だけだったのに、

こんなに沢山!!


そして・・・何と言っても、今回の目玉。

Mちゃんチョイスの泥んこセット(笑)

007

ごぼう、レンコン・サトイモ・ゴーヤー。

ちょっともう、道の駅状態ですね。

泥付きですよ!泥付き!

こんなものをはるばる密輸持ってきてくれる友人、

すばらしい、の一言につきます!!!

natashaさん、meiさん、Mちゃん、

ほんとうにありがとう~。

そして、いただきます(笑)

 

今日の夕飯より。

001_2

雑穀米とゴボウサラダ。

ゴボウはケチケチ使うため、人参多目です(爆)


こんな重たいものを持ってきてくれた優しいMちゃんを

お嫁さんにしたい方、ぜひコメントください!

私が独身だったら嫁にしたかったぞ・・・。


 
いつも思いますが、たくさんの友人・家族に支のおかげで

こうして異国でもなに不自由なく暮らせるんですよね。

大事にしなくちゃー、と思います。

| コメント (2)

2009年3月 5日 (木)

ミステリーツアー

 
今週に入ってからグダグダな悪天候が続いてます。

外につられて私もグダグダ。

で、更新ずっとサボってしまってました。

 

 
 
さて、タイトルのミステリーツアー。

いわゆる「行き先ナイショの旅」。

日本では新聞にミステリーツアーの募集広告が載ると

行き先に関するヒントを読みながら予想をするのが

けっこう好きだったりしました。

だいたいわかりやすいヒントだったりもするけど(笑)

そっか、飛行機乗るときにどうせバレちゃいますもんね。

  
 

さて、良い天気だった週末の話、今更アップ(笑)

ダンナが休みだったので「どこか行こうか~」と。

どこか、ってどこ?ま、考えといて。

私ちょっと出かけてくるから。と、私は午前中単独外出。

用事を済ませ帰宅したら靴を脱ぐ間もなく

「さ、出かけるぞ!!」とダンナ着替えてお待ちかね。

「ど、どこへ?」と聞く間もなく、連行され・・・(苦笑)

結局、到着するまでナイショ、ってことに。

おお、これぞプライベート・ミステリーツアー(笑)


 
 
中央駅、チケット買うダンナから離れて待ち、

列車の行き先を見ないように、下を向いてホームまで。

車内放送?イタリア国鉄の鈍行列車にはないない(笑)

で、列車に揺られること1時間弱くらい(?)

山の見える街に到着~。

ここはどこだ??? 


Img_2119 


湖!!!

ミラノの北、レッコ(Lecco)でした~。

湖きれい~。静か~。

と、景色を満喫したいところですが、まずは胃袋(笑)

なにやら近くの会社員さんっぽい人で賑わう、

湖畔のピッツェリアに入ってみました。

005

ほうれんそうが豪快にのったピッツア。

1ドリンク+カフェ付きで8ユーロ♪安っ!!

 
 

お腹も膨れ、お散歩開始。

Img_2114

Img_2126


あ~、やはり水辺は癒されます。

空気の流れとか、匂いとか、色、全然違います。

いい気分でほわ~、っと歩いてるとふとどきものがっ!!

Img_2139
(うちのダンナが盗撮!!)


 
これはいかんだろ~!!!

っつーか、こんな目立つところで!っていう所でした。

ま、「見せしめの刑」ってことで(笑)


 

あーだのこーだの言いながら、夕暮れ時まで散歩。

ちょこっと郊外に行くだけでリフレッシュ。

なかなかいい休日の過ごし方でありました。


Img_2171


今週末、やっとまた晴れそうですよ。

 

| コメント (4)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »