« 日本人って・・・。 | トップページ | 可愛すぎるラッテリア »

2009年3月26日 (木)

検札しちゃうぞ

イタリアの市内バスやトラムのシステム。

かなり効率悪いと思います。

 

チケットはタバコ屋さんや地下鉄の駅などで購入。

これ、ミラノの場合1枚1ユーロです。

基本的に車内では買えません。

(最近、券売機搭載車両もほんの一部あり。

 でも、車内券売機だと1.5ユーロ、と割高。)

で、乗車したら車内にある刻印機でチケットに刻印。

押された時間から75分間はバス・トラムは乗り放題です。

地下鉄も1区間だけなら同じチケットで乗れます。

 
あら、どこが効率悪いのよ。

便利じゃん。


ま、乗り放題とか、同じチケットであれこれ乗れる、とかはね。

料金も安いですよね。うん。

お客側から見ると、便利なシステムだと思います。

会社としてはどうなんだろう、と。

刻印したチケットを持ってるかどうか、検札する係は

すべての車両にいるわけではありません。

抜き打ちで出没します。

私の場合、定期券なのですが、月に50回以上は

乗車してると思います。

それで二ヶ月に一度、検札係が車両に乗り合わせるか、

まったく見ないか、くらいの割合です。

ね、なかなかの低確率でしょう?

当然、ズルする人(無賃乗車)も多いです。

運悪く、検札係が乗り込んできて、バレると罰金。

身分証なども控えられるようです。

でも、数ヶ月に1度しか会わないんなら、

1ヶ月分の定期代よりちょこっと高い程度の罰金を

数ヶ月に1度払うほうがたしかにお得。

そういう人を見つけて罰金を取る検札係は3人1組くらいで

仕事してます。逃さず対象者を捕獲するために(笑)

 
常々、他の国の、とりわけ日本の常識で考えると、

曖昧なチケットのシステムじゃなくて、

運転士がチケットを確認する、とか、確実に料金を徴収できる

システムを作るほうが効率いいんじゃないかな、と思います。

だって、3人1組でしょ。

それが毎日何組、市内で検札してんのか知らないけど、

人件費、きっとすごいんじゃない?

罰金全部、人件費に持ってかれるでしょう?

でも、雇用契約の事情で、彼らの仕事を奪えない、

という理由(言い訳?)もあるらしく・・・・(苦笑)

おそらく、現役検札係全員がリタイヤするまでは

システム変わらないのかもしれないです。

ま、たしかに検札係は年配者が多い気が・・・。


 
先週末はどうやら検札強化デーだったようで、

すごい数の検札係をみかけました。

とあるバス停ではこんな感じ。

006


紺色の帽子の人たち、みんな検札係です。

お客さんより多い(笑)

ここが終点、っていう路線もあるし、

このバス停、降りる人が多いので、

降りてきた人をもれなく捕獲して検札してるわけです。

無賃乗車がばれちゃった残念な人もけっこういたみたい。

人件費の元が取れたかどうかは・・・・微妙(爆)


 

ちなみにこの日、私はバスとトラムに合計4回乗りましたが

車内でも、停留所でも、一度も検札されませんでした。

やっぱり効率悪いよねー。

« 日本人って・・・。 | トップページ | 可愛すぎるラッテリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人って・・・。 | トップページ | 可愛すぎるラッテリア »