« 2009夏・北欧(6)スタヴァンゲル~プレーケストーレン | トップページ | 2009夏・北欧(4) エーテボリ~オスロ »

2009年7月19日 (日)

2009夏・北欧(5) オスロ~スタヴァンゲル

≪5日目≫
Photo_16


昨日に引き続き、オスロ市内半日観光。

いつもより少し余裕があるので、

やっと宿での朝食にありつけました(嬉涙)
Photo_28

たらこペースト(手前のオレンジ色の)、初体験。

うーん・・・私には濃すぎて微妙。 
 

まずは駅にて次世代コインロッカー(?)に荷物を置き。

ちなみにこちら、駅前広場。

Photo_17

写真左側の、上にらせん階段がついてる、茶色の建物が

観光・交通案内所。

ここでバスやトラムなどのチケットも買えます。

もちろん市内マップももらえます。

(案内所の後方の建物が駅舎です)


 
 
私達はここから12番のトラムでヴィーゲラン公園へ。

世界中の観光客が集まる、観光スポットです。

当然ながらイタリア語や日本語も飛び交ってます。

ここで有名なのは、無数の像。

人生のいろんな場面を像にしてて、

これがなかなか面白いです。

で、写真で遊んでみました。

 
 

A
B
Photo_18
Photo_19
Photo_20
Photo_21
Photo_22

以上。ヴィーゲラン公園ダイジェストでした。

最近、平成仮面ライダーシリーズにハマってますが、

私自身はこういうの作る才能は全くないことが

伺いしれてしまいます。

オスロ市民の皆様失礼しました。


ここから再び街中心へはお散歩しながら。

公園の出入り口にある風見鶏ならぬ、「風見人」
Photo_23
 
 

オスロの信号は赤が2段、が一般的。

なんで??
Photo_25

この後ろの家の2階の窓のでかいこと。

写真じゃわかりづらいけど、すごくでかかった。

 
 
 
途中で見かけたレトロなおうち。
Photo_24

うーん、落書きが残念。

 

市内あちこちにあったカフェ&食材店。
Photo_26

カルツォーネ、カップチーノ、とイタリアンかと思いきや、

寿司お持ち帰り、みたいな(笑)

 

トラムの線路の合間に噴水??
Photo_27

水が出るタイミング、失敗とかないのかな。


 
 
で、港まで戻ってきました。
Photo_29 
 


引き続き、駅前までお散歩。

散髪屋さん、こちらは紅白2色。
Photo_31

 
 


ラメ三菱マークがイカしてるご婦人。
Photo_32

 
 


駅はもうすぐ!
Photo_33


 
 

と、ざっと2日目の市内観光を追えたのでした。

午後からはスタヴァンゲル目指して大移動。

なななななーんと、

バスで約10時間です。

でも、片道バスにこだわったのは、やはり車窓の景色。

これはどうしても譲れません。


バスターミナルにやってきたバスはこれ。
Photo_34

キター!!!2階建てバス!!

そして、2階の最前列ゲット!!(自由席)

パノラマの眺めで10時間。

かなり良いです、これ。

正面、こんな感じ。
Photo_35

 


で、10時間、左右こんな感じ。
Photo_36
 


車内で寝ることもなく、

こんなに10時間が短く思えるなんて!という感じ。

到着23時近く、夕暮れもまた良し。
Photo_37

 

ちなみにバス会社はLavprisekspressen

途中30分休憩が1回。

車内トイレ、狭いけど快適。

コーヒー・紅茶無料飲み放題。

冷たいドリンク自販機あり。

しかも!

週末料金なんでしょーか。

私達の乗った日が異様に安く・・・

通常399nok(約6000円)が、なんと半額。

この旅一番の楽しい移動でした。

 


で、スタヴァンゲル。

到着後、予約してるホテルの案内を参考に、

なんとか路線バスに乗り、最寄バス停へ。

で、ホテルの住所に行くと・・・・無いっ!

ホテルなんて一件も無い!

あるのはどでかい大学病院と一般民家。

2度3度確認し、やはりないので、電話。

「病院と同じドアから入ってください。」

えー、なんですかそれ。

巨大な病院の敷地内、ってことですか?

「敷地内、ではなく、同じドアです。」

ますます意味不明。

人気のない深夜の病院敷地内をしばしさまよう・・・

なんか怖すぎるし、怪しすぎるんですけど。

仕方なく、唯一人影が見える救急センターへ。

で、そこで病院の場所を聞くと、なんと

「僕が車でご案内しましょう。どうぞ。」と、これ。 


Photo_38

えええええ!

く、車って・・・それですか???

深夜に大はしゃぎ、の中年迷子夫婦(爆)

車内ではこんな感じ~!
112f

無事、真夜中のホテルに救急車で搬送されたのでした(笑)

ここ、なんと、大学病院のメインビルの半分が

ホテルだったんですねー。ありえなくない??

なので、同じ病院のスタッフ、ということで、

救急車を出してくれたんでしょうが。


また、北欧の人の優しさに触れた1日でした。


 
 

« 2009夏・北欧(6)スタヴァンゲル~プレーケストーレン | トップページ | 2009夏・北欧(4) エーテボリ~オスロ »

コメント

夏のスカンジナビアは美しいですね。
私もずっと前、1ヶ月程滞在した事があります。
白夜で朝の3時ぐらいには目が覚めてしまいました。
睡眠不足になりました。

投稿: frombangkok | 2009年7月24日 (金) 16時55分

>frombangkokさん
1ヶ月の滞在!羨ましいですー!
1週間でも、ほんと、寝不足でクラクラだったので、
1ヶ月もいたら・・・あはは、でも羨ましい!
そういえば昔、夏のノルウェーで、時間を忘れ、夕方気分で
飲んでたら、丑三つ時で、ホテル締め出されちゃってた、
なんてこともありましたー。時間の感覚わかんなくなりますね。

投稿: masami | 2009年7月24日 (金) 21時38分

2階のバスからの景色、写真で見てもかなり美しいですね。それを実際に見れたら、私も興奮しまくると思います。
救急車で送ってもらうってすごい!!!
それに、同じ敷地内を車で移動する程広いのですね。

投稿: Mayu | 2009年7月26日 (日) 01時43分

>Mayuたん
このバス、この日はかなり乗客少なくて、
後半はずっと2階最前列、全4席をダンナが行ったりきたりしながら景色を楽しんでました。とってもゼータク!
大学病院、なかなか広かったでーす。
あとで写真みるとそうでもないけど、あの瞬間は救急のお兄さん、かなりかっこよく見えてしまい、テンションあがりまくりました(笑)

投稿: masami | 2009年7月26日 (日) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009夏・北欧(6)スタヴァンゲル~プレーケストーレン | トップページ | 2009夏・北欧(4) エーテボリ~オスロ »