« 2009夏・北欧(3) エーランド島~エーテボリ | トップページ | 2009夏・北欧(1) ストックホルム »

2009年7月19日 (日)

2009夏・北欧(2) ストックホルム~エーランド島 

≪2日目≫

Map


お昼前にはカルマル行きのバスに乗るので、

宿を早朝に出発して駅へ。

と、早朝すぎるせいか、地下鉄の改札は無人。

定期券など、チケットの種類によっては自動改札だけど、

1回ずつのチケットは有人改札を通ることになってるのに。

仕方ないのでそのままスルー・・・。

ってか、1回分のチケット高いのに・・・。

せっかく買ったのに・・・・。

頼むからちゃんと見てよ!!という気分。

無人の改札ノーチェックで通っただけなのに、

なんかすごく損した気分になる小市民。


 
 
ストックホルムはさすが首都・・・とはいえ、

早朝すぎて街の中、ガラ~ン。

人気のない通りで、ライオン君に癒される。

Db7d

どんだけ早く出てきてんだ?って。

一応、ここが一番の商店街通りらしい・・・面影なし(苦笑)

 


その後旧市街「ガムラスタン」へ。

当然ながら、さらにガラ~ン。

Img_2567

街はやはり人がいなければ活気がないので、

海辺のほうに移動。

海はやはり静かに眺める、に限りますのでね。

旅の仲間たちのスリーショット。

78bc

その後、王宮で朝8時の衛兵交替を。

(狙ったわけでなく、偶然行き当たっただけ・・笑)

6958

なにげに小走りで参上&撤退する衛兵さんたちが

ちょっと可愛い交替式でしたー。

あと、王宮の馬の抜き絵の看板がかわいかった。

Db8c
 
 


また海辺のほうに戻って、橋を渡って、市庁舎へ。

中庭から旧市街のほうを眺め、しばし休憩タイム。

Db3a
5eec
 
 

ようやく朝9時をすぎたので、街が賑わうまであと少し、

海辺を散歩しつつ、旧市街を再び目指す。

すると目の前にかわいい親子が。

ちょっと離れたところから盗撮。

Db4b_2

実はお願いして正面からも撮らせいただいたけど、

後姿のほうが可愛いかった。

(顔も超可愛いかったけど、雰囲気的に後姿が可愛い)

本日の私の一目ぼれピープルでした。

 
 


旧市街、少しお店が開きはじめ、

観光客がちらほらと歩き始めましたよ。

キャンディー屋さんはカラフル!

Dbde
 
 


カラフルといえば、コンタクト屋さんのポスター。

カラコン・・・・ってか柄コン、っていうんでしょーか。

Dbef

と、そんなこんなで、街が活気付いてきたところで

タイムリミット。そろそろ出発なのでした。

いざ、エーランド島へ続く街、カルマルへ。

 
 
途中、ロッタちゃんの作者、リンドグレーンの街、

ヴィンメルビーの近くを通ります。

故郷の近く、に興奮気味のバムセに

右折したらヴィンメルビー、って看板見せ、

無情にもバスは直進(笑)

Img_2720

ヴィンメルビーにはリンドグレーンのテーマパークとか

あるようなので、時間があれば行きたかったけど、

やはりメインはピッピらしい。

ストックホルムでもピッピグッズは沢山みかけたけど、

ロッタのものは見かけなかったなあ。

少々がっかり、のロッタファン夫婦、とバムセ。

 
 


ストックホルムから6時間弱、でカルマル到着。

カルマルのバスターミナル。

Db6b

ターミナルも隣の鉄道駅も、こじんまり。

まずツーリストインフォに行き、エーランド島への足確認。

これが実は出発前にどんだけがんばってもわからなかった。

カルマルから島へは6キロの橋で渡る、とあるものの、

バスがあるのか、鉄道なのか、歩けるのか、チャリは??

実際、確認すると路線バスが1時間に数本あった。

島の観光拠点の町はボリホルムという島の北側。

私達は限られた時間でどうしても南側に行きたくて、

南の町「Mörbylånga」(←読み方不明)を目指すことに。

ちなみに出発前に、喉から手が出るほどほしかった、

島内交通及びカルマルの路線バスのサイトはこちら。

KLT

バスのチケットは車内で買えます。

カルマルからMörbylångaは片道ひとり36sek(約430円)。


で、こういう交通機関のことがまったく事前にわからず、

この日だけは宿を手配してなかった私達。

行き当たりばったりでMörbylångaに到着したはいいけど、

周囲はガラ~ン。寂しげなところ。

散歩中のおじさん2人組を捕まえ、ホテルの場所を聞く。

が、1件目、「今日は満室ですよ~」と、あっさり玉砕。

他を探すものの見当たらず、手当たり次第に聞きまくり。

夏とはいえ、北欧。夜はかなり寒い。

ここで野宿は絶対ムリ。

少なくとも、せめて私だけは・・・という気分(笑)

で、やっと見つけた2件目。

「ラッキーだったわね。はい、最後の1部屋のキーよ。」

やったーーーーーー!!!

フロントのおばちゃんが女神に見えたーーーー!!

人生初の野宿、経験せずに済みました。


荷物を置いて、買出し&街ブラへ。

レストランなど、ほとんどないところなので、

夕食はホテルで自炊することにしたのでした。

買い物の後、遠回りして海辺へ出ることに。

すると、なななーんと、まさにちょうどサンセットの時間。

しかも超美しい!!!

ああ、苦労してここまで来た甲斐があったわー。

早朝からの疲れがふっとぶ夕日の美しさ。


3d03
Db7b


こうしてエーランド島での夜は更けていったのでした。

ベッドで寝られる幸せをかみしめつつ・・・・。


さて。しめくくり。

この日1日で見かけ王冠たち。

(実は王冠マニアだったりします)


Photo

« 2009夏・北欧(3) エーランド島~エーテボリ | トップページ | 2009夏・北欧(1) ストックホルム »

コメント

お帰りなさい。スウェーデンで避暑、いいなー。お伴に大勢連れて行ったんですね。ライオン(?)に食われかけてるカッパちゃんに大笑いしました。
エーランド島、素敵。北欧の海は夏でもグレーがかってて、ひっそり静かに波打ってるイメージがあるけどどうでしたか?
masamiさんご夫婦はロッタファンなんですね。私はピッピが大好きなのです(写真のかわいい親子がなんとなくピッピみたい)が、何より彼女たちを生みだした「アナーキーな(笑)」リンドグレーンさんを大いに尊敬してます。テーマパークまであるなんて!いつか行かなくては!

投稿: ねる | 2009年7月22日 (水) 00時01分

>ねるさん
スウェーデンで避暑・・・いい響きですよねー(笑)
実際は「スウェーデンで夏の強化合宿」という感じ。
とにかく体力勝負が恒例の夏休みです。
お伴軍団はみな、わが夫のお世話係として必須です(爆)
実はカッパ2匹はクレモナにも毎回同行してまーす。
今回、お天気が不安定で、まる1日晴れてる、ということがなかったので、海はブルーではありませんでした。いつもなのかな??
リンドグレーンワールド、一度は行ってみたいですよねえ。
またリベンジ・・・バムセ連れて、いつになるか挑戦しようかな。
リンドグレーンワールドのサイト
http://www.astridlindgrensworld.com/pages/startsida_2009.asp?Lang=eng&sida=Ettan&language=en

投稿: masami | 2009年7月22日 (水) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009夏・北欧(3) エーランド島~エーテボリ | トップページ | 2009夏・北欧(1) ストックホルム »