« 2009夏・北欧(4) エーテボリ~オスロ | トップページ | 2009夏・北欧(2) ストックホルム~エーランド島  »

2009年7月19日 (日)

2009夏・北欧(3) エーランド島~エーテボリ

《3日目》

Photo

早朝、朝一番のバスで島の南端方面へ行くことに。

自転車が一番島を廻るのにはいい、的な情報を

ネットから拾ってたものの、レンタサイクル店は

9時ごろからしか開かないだろう、との話なので、

時間が限られてる私達はバスでひとまず南を目指す。


ホテルの朝食サービスの前に出るので、

前夜に買い込んでおいたもので朝食。

これはダンナの朝ごはん。

Photo_3

ニシンの酢漬けサンド。

私は食べられないけど、美味しいらしい。

 
 
で、限られた時間。

この島、ホントは週単位で滞在するようなトコロらしい。

私達のように1泊と半日、なんてありえないらしい。

出発前の情報収集で、この点も困難を極めた。

少なくても数日滞在、っていう情報ばかりなんだもんね。

短い時間しかないなら行くべきではないのかも。

でも、行ってみたい。

中途半端になること覚悟で決断した島行きでした。

 

 

11時半には島を出るバスに乗らねばならない。

ホテルを7時前に出て、始発に乗る。

南の農業地区は古くからのその風景が世界遺産らしい。

都会を離れ、時代を離れた旅を味わうため、

どうしてもそこに行きたかった。

バスの時刻表を見ると、南の地区に滞在できるのは

1時間半ほど。み、短い・・・。

で、乗り込んだバス。

Mörbylångaから、南のGrönhögenという集落へのバス。

片道44sek(530円くらい)。

 
 

バスからの眺め~。

Photo_2


やばい~。

美しすぎる~!!!

 
 


と、風景満喫しつつ、そろそろ終点のGrönhögenなので

再度、戻りのバスの時間を確認しておこう、と

時刻表(各バスに路線ごとの時刻表冊子完備!)を見ると

なななななな~~~~~んとっ!!!

戻りに乗るつもりだった1時間半後のバスが無いっ!!!

どうやら曜日を間違えてみてたらしく・・・

終点到着4分後の同じバスによる折り返しに乗らねば

その後3時間半はバスが無い~。

と、次予約してる長距離バスに乗れなくなる~~。

 
 

 

南の集落、滞在時間4分で同じバスに乗り込みまちた(泣)

未練がましく、「これ逃すと3時間半後なのよね・・・」と

肩を落とす私達に往路と同じ運転手さんが

「戻りの運賃はいいから、さあお乗りなさい。」

と優しい言葉!!!

うっそ~~ん。びっくり。

違う涙がにじんでしまいました。

Img_2832
 
でも、バスの中からの景色だけでも大満喫。

優しさに触れて2倍満喫。

島の集落の入り口には、各家の郵便受けが

設置されてて、かわいかったー。

555d
 
 

 

で、そんなこんななわけで、朝8時前。

早くもMörbylångaの街に戻ってきてしまい・・・

すると昨夜22時頃は確かにの空き地だった野原が、

いつの間にかこんなことに!

552d 


この日の夜、ここでサーカスがあるらしく、

どうやら昨夜遅くにサーカス団が到着してたんですねー。

奥のほうには出演者の動物達も。

557d
 

これはラクダ。

あと、ヤギ・ラマ・馬がいました。

馬以外は、サーカスっぽくない・・・・。

どんな芸をするんだろ・・・気になるけど見れない(笑)

この動物達、簡単な即席の柵で囲われてはいるものの、

どんだけ近寄っても、サーカス団の人は何も言わないので、

しばしふれあい牧場のような状態を楽しみました。

ラマLOVEのダンナ、テンション急上昇。


動物と戯れていると、そろそろ9時近い。

自転車を借りに行こう~、とホテルに戻り、

レンタルの店の場所を確認。

でも「この先すぐのred big bildingにある」とのこと。

えー、redはともかく、bigな建物なんてあったけー??

とさまよって、やっと見つけたのがこちら。

Redbig_bild


うーん・・・・た、たしかにこの辺りでは大きい、のかも。

が、やはり長期滞在の多い島。

2時間だけ借りたい、などというケチな料金形態はなかった。

最低が1日レンタル・・・・で、80sek(約1000円)、

えービミョーだなあ。2人で2000円、なので断念。

料金交渉にもまったく応じてくれなかった。

ダメもとで、近所の八百屋兼自転車修理屋のおばちゃんに

「自転車貸して」と頼んだけど、やはりダメだったー。

54fe

ちなみにこの八百屋さん、野菜と果物買ったけど、

とっても安かったです。

 
仕方なく、時間のあるかぎり、散歩することに。

歩かなきゃ足を止めないであろう風景を満喫しよう、と。

はい、こちら、自己満足の1枚(笑)

Photo_4


島の地図やインフォ発見。

エーランド、って「Öland」って書くんですねー。

Map


 
 


結局滞在中、滞在後と、

読み方のわからなかった街。

Welcome

 
 

この散歩中、庭の草刈りをしてるおじさんと世間話して、

その数十分後、おじさんが車で私達の横にきて、

「案内してあげようか」と。

時間があればお願いしたかったー。

でも、本当に優しいです、みんな。

感動しまくってる私の横で、夫が「今のダレ?」って・・・

えー、さっき自分が主に喋ってた相手じゃん!!

優しくしてくれたのに、なんて薄情な観光客っ!

おじさん、すみません、ありがとうございました。


と、異例の短い滞在ではありましたが、

こんな暖かい気持ちで島を後にできる幸せ。

やっぱりゆっくり、のんびりしたい場所でした。

再び6キロの橋で本土に戻ります。

Photo_5


さようなら~、エーランド島ぉぉぉ~。


 
 

カルマルを後にして、バスでエーテボリへ。

途中乗り換えのためイェンシェピングという街で下車。

16:25着予定、16:50発のエーテボリ行きに乗り換えのため

最初のバスが遅れて到着したらどうしよう・・・と不安。

が、イェンシェピング到着時、ターミナルの時計を見上げて

超驚いた!!!

Photo_6

す、すごい!時間通り!!

(※大げさかもしれませんが、

私、"時間通り"とはほど遠い国の住人です)
 


余裕で乗り換え、ランランラン♪

Photo_7


          ↑
乗り換えだけなのに、島の南の街の滞在より長く、

25分間もの滞在をしてしまったイェンシェピング。

 
 


もちろん時間通りにエーテボリにも到着し、

スウェーデン最後の夜、スウェーデンらしい食事で締めよう、

と、意気込んでのレストラン探し。

が、カフェっぽい店が多くて、なかなか困難。

飛び込んだ店でダンナはエビまみれ。

Photo_8

たぶん、100匹以上乗ってました。
 
  

私は、魚の卵チックなものを頼んだものの、

サワークリームが重くて、全部食べられなかった。

Photo_9

食べたいスウェーデン料理じゃなかったけど・・・

明日また探そうね、ということで長い1日が終了。


 
 

ところで、毎日のように飲んでたのがこれ。

Yoggi1_2


Yoggiという飲むヨーグルト。

どでかい1リットルサイズのほうだけになぜか「mini」の表記。

それはさておき、飲むヨーグルト、というよりは

どろんどろんで、食べるヨーグルトを無理やり飲んでる、

という感覚でばりばり美味しかった。

小さいほうがコンビニで18sek(約220円)くらい。

スーパーだともっと安かった。

 


あと、スウェーデンのスーパーあちこちで

プロモーション強化商品(?)だったこのチョコ。

944d


まったく期待せず、なんとなく1枚だけ購入。

帰宅後、食べたら、ほんと、美味しかった。

チョコの中に、フリーズドライいちごがたくさん入ってて、

食感がプチプチしゃりしゃりしてて、たまりません。

もっと買ってくるんだった・・・と今更後悔。

IKEAに売ってないかな~。

こちらも1枚18sekくらいでした。


« 2009夏・北欧(4) エーテボリ~オスロ | トップページ | 2009夏・北欧(2) ストックホルム~エーランド島  »

コメント

いいですねー!!
イタリアとは全然違う、風景、食べ物、人々。
ポストの集落すてきー。
そこの人々の生活に想いを馳せてしまいました。
そして大量のエビ。あぁ、海老マニアにはたまりません。

北欧、とっても行ってみたい!
これ見てますます行きたくなりました。
英語もできないワタシですが、人も優しそうだしいつか私も行ってみますね。

投稿: batanosuke- | 2009年7月22日 (水) 20時29分

ざっと、読んだわ☆
写真が美しいわ~☆
センスよすぎ!私は、写真が苦手やんね・・・
やっぱ、このチョコに食いつきたいです☆

投稿: のりこ | 2009年7月23日 (木) 16時06分

>batanosuke
北欧、ほんと癒されますよー。
帰ってきて、家の周りのイタリアらしいいつもの喧騒や
車のクラクションの音に、急に現実に引き戻され、
翌日、熱出しましたもん(爆)
人の優しさは本当に涙モノでした。
なんか、自分も他人に優しくなろう・・・って心から
改心させられるようなかんじで(笑)
現実に疲れたら、ぜひぜひご家族で北欧ですよ!!!
大量のエビが待ってます。

投稿: masami | 2009年7月23日 (木) 22時38分

>のりこ
あはは、美しい風景写真はほとんどダンナの作品でーす。
ダンナがのりこのコメント見て、大喜びしてるよ。
(プロのくせに単純)
チョコ、これ日本で出したら確実に大ヒットするよ。
本気で日本に売り込もうかと思ったー。

投稿: masami | 2009年7月23日 (木) 22時56分

バスの運転手さん、素敵ですね。

ヨーグルトとチョコが、おいしそう!食べて(飲んで?)みたいです。

投稿: Mayu | 2009年7月23日 (木) 23時59分

>Mayuたん
毎回、旅にでるとこの運転手さんみたく、懐の深い人に
とてもお世話になってるかも。毎回感動です。
そうそう、ヨーグルトは「カレーを飲む」という感覚に
似ていたような気がするよ(爆)

投稿: masami | 2009年7月24日 (金) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009夏・北欧(4) エーテボリ~オスロ | トップページ | 2009夏・北欧(2) ストックホルム~エーランド島  »