« うきうき日曜、そして・・・。 | トップページ | 夏の終わりのおやつタイム »

2009年8月28日 (金)

無謀な休日@チンクエテッレ

そろそろバカンスから戻る人たちが多い時期。

ピークは過ぎたので、そう人も多くないだろう、と

チンクエテッレに行ってきました。

mappa di cinqueterre

Dc14

イタリアの長靴の形でいうと、足の付け根の前の部分にジェノバ。

その少~し下の腿のトコロの海岸線がチンクエテッレ。

美しい自然の岩の侵食によってできた海岸線に

5つの小さな街が点在していている、世界遺産の地です。

5つの街々は全9キロの遊歩道で歩いてめぐることができます。

と、いうわけで・・・

無謀な私たちは「9キロ全部歩いてみよう~!」を決行。

しかも日帰りの旅で(笑)

ダンナは5年ぶりのチンクエテッレ、私は初めて。

ちなみにダンナ、前回は1区間電車移動してます。

っていうか、それが普通かと。

何人か、チンクエテッレに行ってきた、という方のブログを見ると

途中電車移動したり、船移動したり、バス移動したり、

途中の村でゆっくりまったりしながら過ごすのがスタンダード。

ミラノから日帰りで、制限時間6時間で全行程徒歩で巡るなんて、

そんなんアホです、たぶん(爆)

なんていうか、40歳を目前にして、無茶をしたい年頃なのね。

やっぱポルトフィーノあたりでゆっくりする?

と提案するダンナを押し切り、チンクエテッレハイキング、強行。

 
モンテロッソという街に電車が到着したのが11時ごろ。

monterosso

Photo

モンテロッソからの海の景色を堪能しつつ、即ハイキング開始。

 

が、開始から10分もたたないうちに後悔・・・。

思いのほか、直射日光が強く(当然だ・・・)、日陰が少ない。

アップダウンが多いとは聞いてたけど、いやはやここまでとは。

もういきなり出発直後から泣きそう・・・。

2つ目の街ヴェルナッツァまでは1時間半強、

たぶん一番きつい区間。

でも景色も表情豊かな区間。

il percorso fra monterosso e vernazza

Photo_2
A

皆さん暑さのあまり、露出しまくり。

il percorso fra monterosso e vernazza


12b

重ね着の私ってすんごいアホ?

次の街が見えたときには本気で涙でそうでした。

prossimo paesino Vernazza

12c

あああー、休憩できるー。

冷たい飲み物おぉぉぉー!!!

 

と、気力(欲望?)だけで2つ目のヴェルナッツァにたどり着き、

お昼ごは~ん!!!

が、暑さと疲労のあまり、哀しいかな食欲が・・・・ナイ。

美味しそうな魚介類のメニューが立ち並ぶ中、

私のチョイスは

insalata

Bc29

サラダ、と水・・・・・。

これすらいっぱいいっぱいで食べきり、

でもそれなりに体力回復。

すると、不思議なもんで、あんなにもう歩くのイヤだったのに、

次も歩く気満々になってしまい・・・・

ずんずん歩き始めてしまったのでした。

 
 
ちなみに出発時間は14時ごろ。

一日で一番暑い時間だ、ってことを忘れてました(涙)

坂道キツイのと、肌がジリジリするのとで、

もう写真撮る余裕なし。

戻るに戻れない、これまた悪夢の1時間半。

到着したらグラニータ(フラッペ)食べるぞー。

絶対今日はこれ、痩せてるぞー。

と言い聞かせつつ、3つ目の街コルニリア。

Corniglia

F7cb

グラニ~タ♪グラニ~タ♪

と、チェントロのお店に駆け込むと、

いや、もう一区間がんばってからグラニータにしよう!

と、大人な自分の理性が働き、水分補給だけで小休止。

残りは割りと楽な区間(byダンナ)とのことで、

街の間を走るミニバスを断腸の思いで見送り、

張り切って4つ目の街、マナローラへ向けて出発。

この区間は多少のアップダウンはあるものの、

それまでに比べて距離も短いし、

なんといっても水の色がキレイ。

途中の岩場で泳いだり、日光浴したりする人もいて、

込み合う街のビーチより断然いい!

自分が泳ぐなら(泳げないけど)ココだ!!なんて。

il mare di mentre Corniglia e Manarola

34a

 
この区間は歩いて大正解。

ただし、日陰はうんと少なかったので、

相変わらず肌ジリジリ・・・。

こりゃもう、帰ったら顔、シートマスクしなくては!

あれ?家にシートマスクの買い置きあったっけ?

と、体力より、お肌が気になる区間。

1時間かからずにマナローラに到着。

Manarola

A060

ここまでくれば5つ目のリオマッジョーレまでは

ほとんど平坦な道、しかも部分的に屋根もあるし、

距離もうんと短い、とのことだったので

グラニータはゴール地点で食べるぞー、と

またまたおあずけ。

私って、なんて自分イジメが大好きなんでしょう(涙)

 
 
残す区間は「via DELL'AMORE (愛の道)」という名で、

どんなにロマンチックなんだろー、と思いきや、

落書きカップルの思い出がめいっぱい詰まった道。

via DELL'AMORE

45a

途中、サボテンの葉に、2人のイニシャル形の傷をつけてる

バカップルを見つけたので、ダンナが

「それはよくないよ!」

と声をかけたけど、シカトされましたねー(怒)

まあ、そんな愛の道だったりしたわけでした。

insegno di via DELL'AMORE

45c

il mare di Riomaggiore

45b

ようやくゴール。

リオマッジョーレで念願のグラニータを満喫し、

少し街を散歩し、17時22分発のミラノ行きに間に合いました。

 

リオマッジョーレの駅は海岸線の岩場にあるので、

ホームの半分以上が岩の中。

binario di Riomaggiore

Photo_3

岩の外のホームからは

海~!と、海を眺める人々。

la gente vedeva il mare sul binario

2

そんなこんなで脚ガクガク。

ミラノに到着したら、まともに歩けなくなってた私でした

皆さん、日帰りチンクエテッレの全徒歩コース、

真似しないように。

私は二度とこんなトコ、歩きません(←きっぱり)

日傘で完全ガードしていたこの夏。

最後の最後に焼けまくってしまって

肩&首すじがエライことになってます。

ちなみに色白でなかなか焼けないダンナもこの通り。

braccio di mio marito

Imgp0036

私はこの数倍、焼けてます。

 
 

あ・・・体重はさっぱり変わってませんでした。

黒くなった分、すこし細く見える、かも??

 
 
 

« うきうき日曜、そして・・・。 | トップページ | 夏の終わりのおやつタイム »

コメント

お疲れ~!
私は先日、エディルネから自転車でギリシャ国境越えしてきた!こちらはラクチンでした~。
私がソコ行く時、付き合ってね~( ´艸`)ムププ

投稿: トルコちゃん | 2009年8月30日 (日) 20時59分

う~ん、さすがにパワフルだよ!!
40前とは、思えないよ~☆
でも、暑い中歩き続けて、あの風景に会った時は、どんなんか、感動したやろう??
・・・って入れてたら、どんなにの、どんが丼ってでてきてうけてしまった!!
やっぱり、あたしのパソコン君、そうなっちゃう~?(笑)

投稿: のりこ | 2009年8月31日 (月) 04時12分

>トルコちゃん
ほほー。チャリで国境越えできるんだー。
おもしろそー。そっちの場合、言葉とか、国境できっかり分かれてるんかなー?
えーと、ここにトルコちゃんが行く場合、あたしは遊歩道の入り口にお見送りして、ゴールまで電車で先回り、でいい?

投稿: masami | 2009年9月 1日 (火) 19時32分

>のりこ
そりゃー、丼くらい感動したか、っていうと、
丼くらいか、って口ではなかなか言い表せん(爆)
っつか、ほんと、その変換、のりこらしい~、
と大爆笑したよーん。

ちなみにこの遊歩道、40前のアタシはヘロヘロだったけど、けっこうシルバー間近な人も歩いててビックリよ。あたしはもうコリゴリ。

投稿: masami | 2009年9月 1日 (火) 19時34分

こんにちは。はじめてコメントさせて頂きます。私も40歳目前なのですが、この夏に主人と用事でラヴェンナに行ったとき、気分が良くなり海岸で遊び、その後、サンマリノ共和国で小バカンスをしてきたのですが、お天気も良くお空に近いためか、三つの塔を登った翌日から露出していた部分は真っ赤に焼けてしまい、顔は悲惨になって...、只今自宅で毎日水分栄養補給パックしてます...。ミラノに10年近く住んでましたが、結婚して春からクレモナ付近のものすごい田舎での生活が始まりました。今は完全主婦をしていますのでお料理の面でも共感できることばかりでとても楽しく読ませてもらってます。教えてもらうこともたくさんで助かってます。ではまた~。

投稿: sana | 2009年9月10日 (木) 13時13分

>sanaさん
はじめまして!コメントありがとうございます!
もしかすると私たち同級生チームかも、ですね(笑)
サンマリノの塔、炎天下で全部制覇なんてすごいです!
ほんと、イタリアの熟年女性の、焼き重ねられてきた肌を見るたび、日焼けが恐ろしくなりますよねー。私もパックがんばります!!
クレモナ付近の田舎なんて、羨ましいです。
かなり憧れてしまいます!
今後とも、よろしくおねがいします。

投稿: masami | 2009年9月10日 (木) 19時13分

はじめまして!ヴェルナッツァの写真を探していて、こちらのブログにたどり着きました。
私は、東京ディズニーシーの紹介ページを作成していて、モチーフになったヴェルナッツァの写真を探していたんです。
そこで、お願いなのですが、こちらのページにupされている写真を1枚、私のサイトに利用させていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: popo | 2010年6月28日 (月) 18時27分

>popoさん
コメントありがとうございます。
こちらの設定と、確認ミスのため、せっかくいただいたコメントが反映されず、ご心配おかけしました。申し訳ありません。

ディズニーシーの紹介ページ!ステキですね!
実は私たち夫婦、入籍した翌日ディズニーシーへ行き、当時あったアトラクション(S.S.コロンビア号の)に参加して踊った思い出がありまーす。
写真、もちろんOKです。
他にもあると思いますので必要ならばおっしゃってください。
そっかー、あの場所がモデルなんですねー。

投稿: masami | 2010年7月12日 (月) 19時06分

こんにちは。チンクエ・テッレの写真を探していて、こちらのブログにたどり着きました。

私は、旅サポという今度オープンする旅サイトで「チンクエ・テッレとは?」の原稿に使う写真を探しています。
そこで、お願いなのですが、こちらのページにupされている写真で料理と人が大きく写っていない以外の写真を原稿に使わせていただけませんでしょうか?

出典URLとブログ名のご紹介を本文写真近くに明記いたします。

よろしくお願いします。

投稿: クラッツ | 2014年6月28日 (土) 07時36分

>クラッツさん

ご連絡、ありがとうございます。
新しくオープンする旅サイト、楽しみですね。
私もいつも旅をするときにはいろんな旅サイトを参考にさせていただいています。
クラッツさんのサイトで、沢山の方の旅の参考にしていただけるのならば
それは私にとっても嬉しいことです。
ぜひお使いください。
チンクエテッレのページが公開されたときには
また改めてご一報いただけると嬉しいです。

投稿: masami | 2014年6月29日 (日) 14時58分

こんばんは。やっと公開されました。
http://activo.campus-web.jp/tabisapo/2887
写真はフリーのサイトから引っ張ってきましたが
原稿はこのサイトを参考に書きました。
いろいろありがとうございました。

投稿: クラッツ | 2014年10月14日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うきうき日曜、そして・・・。 | トップページ | 夏の終わりのおやつタイム »