« お花屋さん! | トップページ | へんなおじさん? »

2009年12月 3日 (木)

映画「2012」観てきたよ。

水曜日はこちらでも映画が安く見られる日。

日本はレディースデーですが、

こちらは男女とも安く見られます。

上映時間によって値段はまちまちですが、

いまの為替レート(1ユーロ=約130円)だと

割引で600円~800円くらいです。

 

で、タイトル通り「2012」を観てきました。

2012年12月、大きな天災が訪れ、世界が終わる、

その当日を描いたアメリカ映画ですね。

天災のシーンがド迫力で、すごい臨場感を味わえる、

ということで劇場まで行ってきたわけです!

たしかにド迫力。

ディズニーランドのスターツアーズのように、

座席が動いてるわけでもないのに、振動を感じる、

・・・ような気がしました(笑)

この作品のそういう迫力を味わい方にはオススメです。

でも、作品としては私の採点は50点。

50点はその迫力に対しての評価のみですね。

公開中だし、ネタバレは書かないほうがいいと思うので

ざっくりどんなところがダメなのか書くと、

私の大嫌いな「ザ・アメリカ映画」の典型パターン。

最初のほうからもう、笑っちゃうほどありえない。

深刻なシーンなのに、ありえなさすぎて笑っちゃうんです。

予告映像みて単純に予想できる展開そのままでした。

えええー、やっぱりそうくる???みたいな。

なので、単純に迫力のシーンを味わいたい方にはオススメ。

でも、ストーリーとか、深みを味わいたい方には薦めません。

迫力を味わいたい方、遅刻して行かないように。

前半は迫力たっぷり、後半、天災は大規模なのに、

より広範囲の天災を撮ることで規模の大きさを表そう、

としたことが却って裏目にでてしまって

天災が遠くで起こってる感じで臨場感なし。

後半はほんと、つまんない映画でした。

予想通りすぎて後口スッキリな映画です。

私はモヤモヤが残る映画が大好きなので。

これは泣けるシーンもないし、感動シーンもないし、

感情移入がまったくできない作品。

隣でダンナは「ありえねー」とケタケタ笑ってました。




この映画、前評判もよかったし、

けっこう満席に近いかと思いきや、ガラガラでした。

実は公開直後くらいに一度映画館に足を運んだんです。

すると公開直後、賑わうはずの時間帯なのに

「機材故障で上映中止です」

うっそ~ん。

さすがに笑えました。



ところで、これ。

映画のエンディング時の劇場内の写真。

おかしな部分(ツッコミどころ)はどこでしょう(笑)

5b7a

1.すでに全員退出。
  エンドロールが始まった瞬間に皆さんお帰りです。

2.すでに明るい。
  エンドロール途中なのに、照明が点灯。
  これもほぼ毎度のこと。

3.すでに場内清掃終了?
  まだエンドロール途中なのに、
  私達最後までエンドロール見てるのに、
  途中場内清掃(ゴミ拾うだけ)が入りました。
  うちらより前は拾い終わり、
  なぜかうちらから後ろは拾わずに退出。
  うちら観てるのに、前横切るか~??

 

ちなみにこのあと、エンドロール終わってないのに

次の上映時間のチケットを持ったお客さんの

客入れが始まってしまいました・・・・。おいおい。

まあ、余韻にひたるような映画ではなかったので

今日のところは別に気になりませんでした(苦笑)



映画、といえば!

先週、ミラノ郊外で映画音楽のコンサートがあり、

友人が出るので出かけていきました。

これ、本当によかった!

イタリア映画ってほんとうにいい!!

全部観たくなりました。

心に残る映画って、音楽を聴くだけでまた、

その映画の中の世界に旅できちゃうんですよね。

このコンサートでは、音楽に合わせて、

途中の映像や写真をスクリーンに映してくれたのが

これまたすごくよかった。

映像見ながら、生の演奏、生の歌を聴きながら、

どっぷり映画の旅を楽しんできました。

032

このコンサート、ミラノ郊外だったので、

出演する友人から教えてもらわなければ知らなかった!

こういうコンサート、またミラノでもやってくれないかな。

また絶対に行きたい!

と、そんな映画なここ最近なのでした。












    

« お花屋さん! | トップページ | へんなおじさん? »

コメント

2012 どうなのかなーと思っていた
ところでしたー。
なるほど、もう何となく想像出来る感じ!
うむうむ。

先日はありがとう!
嬉しかったです:-)))

投稿: Nozomi | 2009年12月 6日 (日) 17時40分

>Nozomiちゃん

こちらこそ、素敵な時間をありがとう!
あれ以来、うちでは亭主が突然高音で歌い始める、
という現象が起こってます・・・(笑)
ちなみに今日はニューシネマパラダイスの曲だったそうですが、正直なにを歌ってるのか聞き出すまでわかりませんでした・・・。
わかるでしょ(爆)

投稿: masami | 2009年12月 6日 (日) 21時35分

アメリカ映画って大味なのが多いんだよね~
宣伝が派手すぎて、期待して見に行くと残念な結果に終わることがしばしば・・
2012もそんな感じなんだね~。

nozominaさんの歌声、いつか絶対聞きたいなぁ~。映画音楽のコンサートだなんてステキだわ~♡

投稿: SOLE | 2009年12月 8日 (火) 20時56分

>SOLEちん
2012に関しては人それぞれなんだろーけど、
事前に批評とか読みふけってみたところ、けっこうベタほめ派が多かったんで、うちら夫婦がひねくれてるだけだったりするのかも(笑)
というかね、ヨーロッパ映画が好き派にはちょっとムリな映画なのかなー、なんて。
ちなみにハリウッド映画好きのDちゃんの感想は「内容はいいけどキャスティングミス」というものでしたわー(笑)

nozomiちゃんも、映画音楽もサイコーだったよー。イケメンのご主人にもとうとう会えちゃった♪

投稿: masami | 2009年12月 8日 (火) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お花屋さん! | トップページ | へんなおじさん? »