« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月29日 (月)

ローカロリー的。

004

写真左奥から、砂糖不使用のココアビスケット、

40%カロリーオフのケチャップとマヨネーズ、

30%脂肪カットのクリームチーズとパイシート。

 
 

最近、このシリーズにハマってます。

安くてローカロリーで、味も悪くない。

ただ、ものによりけり。

このシリーズのモッツァレラはダメでした。

 

いつも買ってきて、並べて、

「お~、なかなかカロリーカット」

と、満足げに眺めてますが、

ビスケットやクリームチーズ、パイシート、

ここまでしてデザート食うか??

自問自答しつつ、やはりまた次回も買うのです。

| コメント (10)

2010年3月23日 (火)

かかとの角質。

毎日肌の老化乾燥との闘いの日々ですが、

私はなんといっても足の裏が悩み。

遺伝のせい、というのもあるんでしょう。

母の姉妹たち(私の伯母たち)も皆、足裏にごっつい角質。

遺伝では抵抗のしようがありませんが、

日本にいるときはこんなにヒドくなかったはず。

とにかく、今はあまりに足裏、特にかかとがバサバサ。

荒い紙やすりが足裏にくっついてるかのよう。

足裏用のヤスリで角質を落とすと、一時的には大丈夫。

でも、翌日にはまたザラザラ。

足裏、削りすぎて確実に身長が低くなってる模様。

これじゃあ、アジア定番の足裏マッサージとかもムリ。

とても人様に、家族にさえも見せたくない足裏。



 

で、イタリアにも足裏の角質対策グッズがいくつかあり、

一か八か、ワラにもすがる思いで足裏用クリーム購入。
011

パッケージ写真、使用前と使用1週間後。

なかなか気合の入った角質写真。

これが1週間でこんなになるのか半信半疑。

しかも「3日で結果がでる」みたいなキャッチコピー。

うーむ、疑わしい。

が、このクリームがセール中でちょっと安かったので。

どうかな、と疑いつつも、ワラにすがった、という。


早速使用してみました。

毎晩お風呂のあとに足裏に塗りこみ、

靴下を履いて寝ます。

寝るのに靴下が気持ち悪いという人はムリですね。

私は全然OK。むしろ寒がり。

すると・・・なんと・・・

使用3日後にはあきらかに違う!

なにこれ~?すごいかも。

いま10日ほど使ってますが、かなりすべすべ。

もう手放せない!

すべすべになったので一度やめようかな。

でもやめるの怖い。

でもやめても、また塗れば3日後には・・・。

即効性がある、というのはいいですね。


角質でお悩みで、なおかつイタリアにいるアナタ!

これ、買いですよ。誇大広告ではなかったです。

お値段6ユーロ弱くらいで、スーパーにありますよ。




| コメント (10)

2010年3月22日 (月)

テキトーに東京都。

1週間ほど前に新しく更新した滞在許可書を

無事に手にした、というのはすでに書きましたが、

今日はその続きのお話。


滞在許可書は警察で発給してもらいます。

住民登録は市役所。

滞在許可書が新しくなると、住民登録に記載してある

滞在許可書情報を変更してもらわないとならないので

市役所にその手続きに行くことになってます。

まあ、やんなくてもなにも言われないし

どうせ相互の横の連携が取れてないだろうから、

問題がそうそう起こるとも思えませんが。

別件で市役所に行ったりしたときに

「あら?更新してないからやっときましょうね。」

みたいな程度で大丈夫かもしれません。

私の周囲はその程度でOKでした。いまのところ。



一応、何事もお勉強だし、暇な時間はいっぱいあるし、

市役所のあるチェントロに野暮用で行くついでに、と

市役所に寄ってみました。

受付で言うと番号札と申請書をくれます。

待ち時間にそれを記入してるとまたもや出生地が。



昨年住民登録の際、私はこの出生地に振り回されました。

出生地と本籍地と住民登録

私の滞在許可書は出生地「東京」となってます。

ホントは東京は本籍地。

生まれたのは福岡県北九州市。

でも成り行き上、こうなってしまいました。

(詳しくは上のリンク先の記事にて)

住民登録の際も身分証明書発給の際も、

「北九州は東京の一部である」

とハッタリ倒してなんとか切り抜けました。

というか、他に方法もなく、

県庁の職員にこの方法を薦められましたしね(苦笑)



しかーし!今回のこの滞在許可書更新後の

この申請フォーム、しっかりと

「出生地:○○市(区) ○○州(都道府県) ○○国」

と明記しなければならず、口頭だけのハッタリ、

というわかにもいかず~。どうしよう。

うちの夫のときも、友人のときも、

こんな申請フォームなかったのにー。



そこで思い切って書いてみました。

012

「東京都 北九州市」

役所のコンピューターには私の戸籍データが

「福岡県 北九州市」

と書かれてるはずなので、超ドキドキですよ。

帰ろうかと思いました。まじで。

でも、どうなるか半分興味もあり、がんばってみた(笑)



で、結果はこの書面で無事切り抜けました

なんか言われたら

「東京は州の名前で、日本の住所には州名は通常

記載されないことになっている。」

と言う気満々で身構えてました。



ちなみにこの手続きには、滞在許可書のコピー(裏・表)

を1部提出するのみで、数分で終わります。

| コメント (4)

2010年3月13日 (土)

53日

更新の申請中だった滞在許可書、

今日が受領日でした。

これでまた当分、安泰に暮らせます。



ところで、前回の滞在許可書は申請から受領までが

なんと1年3ヶ月もかかりました。

(でも有効期限は申請日から起算・・・ってオイッ!)

前にも何度か書いてますが、ここで再度手順を確認。

(1)郵便局にある申請書に記入、必要書類を入れ、
  郵便局のAMICO窓口から申請書送付。
  このとき支払い57.5ユーロ+印紙14.62ユーロ。

(2) 警察の招集日に出頭し、手続き。

(3) 警察で滞在許可書を受領。

の3ステップがあります。

前回は(1)のあと、(2)の召集日が決まるまで1年。

そこからその招集日当日まで1ヶ月待ち、

(2)から2ヵ月後に(3)受領、という流れでした。

この間、海外渡航にも制限があるので、何かと不便。



が!今回は大幅に短縮されてました。

タイトルの53日とは、今回(1)の申請から、

(3)の受領までにかかった日数。

1年以上の短縮ですよ~(涙)

約450日が53日ですよ~~(高笑)すごい進歩!

(1)の時点で郵便局で(2)の予約をオンラインで決定し、

約2週間後の予約をもらいました。

(2)から(3)の期間も1ヶ月ちょっと。

他国から見ればそれでもかなりの長期間なんですが(苦笑)

でも、イタリアとしてはまずまず、ではないでしょうか。

ちなみにずっと以前のように中央警察に早朝から並んで

郵便局通さずに申請、も一応可能のようですね。

それだとICチップの入ったカード型許可書ではなく、

昔のA4サイズの紙の滞在許可書となるため、

カードの電子処理にあたるお金を徴収されない分、

安いんだとか・・・そしてたぶん、そんなに日数かからない。

(友人はたしか即日発行してもらってましたし)



すごい早朝から何時間も待って安く早く受領がいいか、

お金かかるけど、並ばず、2ヶ月たらずの受領がいいか。

人それぞれなんでしょうね。

私はもう外に早朝から並んで「整理券もうないよ」

と追い返されたりするあのミジメな申請よりは、

2ヶ月足らずならノンストレス、後者を取ります。

まあ、あんな立派なカードの許可書である意味が、

いまのところまだ活かされてないのは理不尽ですが(笑)

また今後もイタリアが学習してくれますように。

  

以上、ごく最近のミラノのペルメッソ事情でした。

| コメント (8)

2010年3月11日 (木)

スプレムータの自販機

003
 

スプレムータとは、生絞りオレンジジュース、なんですが、

近所の駅のホームにその自販機があります。

生のオレンジがぎっしりつまってる。

これ、使ったことないんだけど、お金入れたら、

オレンジが絞る機械に落っこちてきて、

ぎゅーっと絞られる仕組みっぽい。

1.5ユーロ。普通のバールより安いから、

スプレムータ好きな人にはいいのかも・・・?

でも、私は使う勇気はないなあ。

使ってるひと、まだ見たことない・・・。

でも大丈夫。

オレンジ、じっくり見たけど腐ってないんで(笑)

しかも、実の中が赤い、ブラッドオレンジですよ。

好きな方、誰か試してみて、

感想聞かせて欲しいなー。

| コメント (6)

2010年3月 9日 (火)

ウロコの夢

002

Bianchetti(ビアンケッティ)・・・イワシの稚魚

以前から気になっていたんですよね。

ダンナがシラス好きなもので。

シラスと同じイワシの稚魚なら作れるじゃん?と。

しかし素通りを繰り返してました。

最近、いただきものの日本のシラスを夫に与えたところ

すごいテンションのあがりっぷりに降参し、

とうとう買ってみることにしたのでした。

ちなみにこの写真の量(おたまで軽く1すくい)で

4ユーロちょっと(約500円)。


さ。

帰宅して、ザルで洗って、

沸かしたお湯に塩入れて、

お魚たちをさっと茹で、

キッチンペーパー敷いたザルで湯を切り、

ベランダで日光浴。

おお、それなりに香りがっ!

・・・見た目はちょっとどうなんだ、って感じですが。

003


さて、お待ちかねの朝食どき。

自信満々で夫に食べさせたら・・・あれ?反応イマイチ。

え~??

匂いを嗅ぐと、あの干したての匂いはどこへやら。

すっかり無臭になってます。

干し時間が短かったかな、とその朝もう一度干す。

でも冬場はうちのベランダ、日照時間1日1時間。

やはり不完全な状態で日陰になってしまって。

しかもその翌日から天候イマイチ、日照時間ゼロ。

あまり喜ばれることのないまま、

無臭&無風味シラスは残り半分となりました。

 

もうきっと買わないだろうなー・・・。

と、いうのもですね、日光問題以外にも1つ面倒が。

大きさからしてこの子たちのものではないと思うけど、

とにかく大量のウロコが混じってるんです。

水で洗ったとき、ザルの底にいっぱいくっついてる。

茹でた鍋の内側にもくっついてる。

乾かすザルの上にも。

お魚と同じくらいの大きさなので、

このウロコ取り除くのは、最終的に1枚1枚手作業。

食べれないものか、と思って試してみたら、

やっぱ食べるもんじゃないなー、というかんじ。

(噛み切れない)

とにかくウロコの夢を見そうでした。



もっと日光に当てられて、美味しくできるのならば、

ウロコと格闘くらいがんばれるんですが、

微妙なものしか作れない環境なので、

たぶんこれが最初で最後の自作シラスです。

| コメント (6)

2010年3月 6日 (土)

掃除機パック譲ります

棚の整理をしてたら、

開封してない掃除機パック発見。

マルチタイプの10枚入り。

 

棚の奥につっこんでたので、

パッケージはちょっとヨレヨレ・・・・。

002

以前、こちらで使ってた掃除機に対応するパックが

なかなか見つからなかったため

(スーパーで買った激安品だったので

聞いたこともないメーカーの掃除機だった・・・)

合いそうなヤツを日本で買ってきてたのです。

昨年掃除機を買い替え、もう必要なくなったので。

 

どなたかミラノ・ミラノ近郊の方、

ミラノ市内での受け渡しが可能な方、

または直接私と知り合いの方や、

いつか会えたらそのときに、という方、

いつまででもキープしておきますので

先着1名様、お譲りしたいと思います。


パック本体はこんな感じ。
004_2


マルチタイプと言っても、日本の掃除機に対してのマルチ。

イタリアで売ってるものに合うかどうかわかりませんが、

私が以前使ってたものは、点線以外の部分をも

ザクザク切って、無理やり形合わせて使ってました(笑)


もしご希望の方いらしたら、コメント欄でご連絡を。

コメント入れていただく際にメールアドレス入れてください。

(ご記入のアドレスは表示されない設定になってますので)


「譲ります」みたいな掲示板、いろんなサイトで見かけますが、

なんせ譲るものがコレだけ、っていうセコい書き込みは

見たことないんで、恥ずかしくって書き込みできず(苦笑)

かといって、捨てるのももったいないかな、と。


受け渡しはミラノ市内であればどこででも~。

引き取り手が決まったら、記事削除します♪

| コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

最後の晩餐の予約が・・・。(3/3再追記あり)

チケット取り扱い会社が替わって、

その予約に際してのゴタゴタ騒動

あれからもう半年になります。

あれから特にその後の状況を知る機会もなく、

いまは落ち着いてるのかどうなのかわかりませんが。


さて。

日本の友人がGWにこちらに旅行にくることになりました。

初めてのミラノ。ぜひ最後の晩餐は観ておきたい、

との希望により、予約を引き受けたのが今年のはじめ。

まず予約サイト(英・伊) を開いてみたところ、

なんと当月分しか予約てきない。

5月の予約は5月1日からしかサイトで予約できない仕組み。

そんなー。

友人は5月1日にミラノに来るのにー!

出発当日まで予約できない、ってこと~~?



それからしばらく様子を伺っていたところ、

ある日、同じサイトで2ヶ月後の予約まで可能になってた。

あー、よかった。

これで3月になったらすぐ予約入れられる!

と一安心して、今日(3月1日)を迎えました。



ところが!

サイトを開くと、また3月ぶんだけしか予約できない。

また元に戻ってる!なんでー。

しかも、3月1日の夕方現在、3月末までの1ヶ月間の

チケットは残り5枚、って・・・。

かなり3月になった瞬間に予約がバタバタ入った様子。

これでは限られた滞在中、しかも5月のあたまに、

予約を入れられる可能性は極めて低い。

しかも、あの去年のゴタゴタ以降、個人客からの

チケット予約を代行していた旅行会社は手を引いてるし。



それで、電話予約センター に電話してみました。

以下、オペレーターとのやりとりです。

私「5月○日のチケットを予約したいのですが」

オペ「5月の予約はまだ受け付けてません。」

私「いつから予約できますか」

オペ「私にはわかりません。
      ネットで予約してください。」

私「ネット見ましたが、3月分しかできませんよ」

オペ「ええ、その通りです。
   5月のは5月になればサイトで予約できます。」

私「でも、それでは遅いので電話してるんですが。」

オペ「ええ、それはわかります。
   たぶん、毎日サイトをチェックしてたら、
   5月の予約が早めに出来る日があるかも。
   前倒し予約が出来る日と出来ない日があるので。」

どうやらこれから毎日、予約サイトをチェックしろ、と。

でも、もしかすると本当に5月1日まで予約できないかも、と。

関心度があまりに高い世界遺産なだけに、

この予約システム、どうにかしてほしいですね。

もしかしたら、まとめて早めに予約押さえて、

転売する業者がいたりして、それでこういう対策してるのか。

真実はわかりませんが、一般の観光客にはなかなか難しい。



さ。

この記事書いてる間に、残り5枚だった3月のチケット、

残り3枚になってます。

あ~、もうドキドキです。

【追記】

この記事アップしたあとも、しつこくサイトチェックしてます。

残り3枚だったチケットが、いまなぜだか増え、

数百枚が予約可能になってます。

う~ん、ますます不思議。

サイトチェックしつづけろ、ってことですね(苦笑)

【再追記】

大騒ぎした割には、さっきサイトに行くと

5月の予約が可能になっており、無事予約できました。

昼間や夕方見たときはダメだったのに。

同じ日でも時間によって変わるのか・・・??謎。

それとも、責任者がこのブログ、読んだかな(笑)

いずれにせよ、ご心配おかけしました。

| コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »