« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月25日 (日)

春休み(その4)最終回

Mayuたんの2週間の滞在のうち、

ダンナは2日休みがありました。

1回目の休みはクレモナへ

2回目はレッコへ行ってきました。

 

 
春休み【12日目】レッコ

ミラノから列車に揺られること40分ほど。

この日も好天に恵まれましたー。

眺めよ~し。

251d

 

ひととおり、湖畔でまったりして、お楽しみのランチ♪

お天気がいいので外のテーブルで、

湖を眺めながらいただきました。

私が食べたものは・・・・これ!

71b9

え・・・なんだ、なんだ??

と、包んでる紙を破いたら~・・・

ジャ~ン♪

 

71f8

わ~!海の宝石箱や~!!(←古い??)

お天気よすぎて、食べてる間に日焼けしちゃいそうでしたよ。

すんごい気持ちよかったし、美味しかった~。

 

 

満腹なので、しばし湖畔で休憩。 

7276

この間、3人それぞれにぼんやり過ごしました。

私は湖畔の木々の若葉と、隣のベンチのカップルを見ながら

若いっていいわ~・・・とひたすらつぶやき(笑)

72a6

 

しっかり休んだ後は、しっかり遊べ~、ということで、

公園に移動して・・・

72e5

おいおい。

そこらの子供たちより大はしゃぎしてる30代ふたり。

気が済むまでブランコで遊んだ後はキャッチボール。

7315

ここはイタリア。

サッカーボールで遊ぶ子供は多いけど、

キャッチボールしてる人、ほとんどいません。

なので、我が家、キャッチボールするたび、

注目を集めてしまいます。

それだけに、かなり本気でがんばる(笑)

3人そろって、翌日は筋肉痛だったのでした。

翌日に他の2人と一緒に筋肉痛になった自分に一安心。

 

 

遊びつかれたので、ジェラート食べながら

白鳥たちと戯れました。

が、戯れたのはこのふたり。

さすがに私はクタクタで、座っておりましたー。

 

7345

そんな中、Mayuたんが撮ったミラクルショット!

白鳥のカップル。美しい~。

A676

ひとりヘタれてた私は、というと、

その間、こちらのコンビが気になっておりました。

714b

美しさには程遠い、どえらい違いだわ・・・(笑)

 

 

そんなこんなでMayuたん、

14日間のイタリア滞在を終え、

今日未明より新たな生活を、

なんとフィリピンでスタートさせてます。

いろんな世界を見て、学ぶことって、素晴らしいよね。

がんばれ、Mayuたん。

遊びにきてくれてありがとう。

| コメント (8)

2010年4月23日 (金)

春休み(その3)

Mayuたん滞在も2週目に入り、

やっといい天気続きになりました!

そこで2人でヴェネチア&ヴェローナへ1泊旅行へ。

 

春休み【8日目】 ヴェネツィア

私も5年ぶりのヴェネツィアです。

いつのまにかヴァポレット(水上バス)、高くなっちゃって。

1回券がにゃ~んと6.50ユーロ。

相変わらずのこの高飛車な搾取っぷりに

「あ~、ヴェネツィアに来たのねー。」と実感したりして(笑)

まずはホテルへチェックイン。

ホテルはこの橋の近く。

C0b8

山口県からやってきたMayuたんと、

錦帯橋 に似てる!!」と大盛り上がり。

規模は全然錦帯橋に及ばないんですけどね~。

 

サンマルコ広場では、鐘楼に登ろう!!ということに。

C107

鐘楼(入場8ユーロ)は一気にエレベーターで展望台へ。

気になったのが、このエレベーターのエレベーターボーイ。

どのお客よりも体重が重いこと間違いなし、という

ビッグサイズの男子が腹圧でお客の流れをコントロール。

いや、むしろ普通サイズの人が乗務してたら

あともう1人乗れるでしょうに(笑)

などとツッコミ入れまくったあとの眺めがこちら。

C167_2

実は何度もヴェネツィアには行っておきながら、

塔に登ったのは初めて。

素晴らしい眺めでしたー。

360度、各方向から見渡せるので、2周半した~。

 

で、そのあとも引き続き街ブラ。

リアルト橋行ったり、ジェラート食べたり。

その途中、どうしてもツッこまずにはいられなかったお店。

ななな~んとあの天下の「シャネル」です。

シャネルスーツのマネキンが積み上げたワラの前で、

クワを手に、涼しい顔してたたずんでます。

C197_2

シャネルです。本物です。

チャンネルとか、シャンフルとかじゃなく(笑)

どういうコンセプトのディスプレイなのか・・・・微妙すぎます。

 

さて、細い路地マニアの皆さん、お待たせしました。

アラサーMayuたんが頑張ったベストショット。

C1d6_2  

見事な大文字に拍手です。

 

 

さて、すっかり夕暮れ時になってから

「あれ?もしかしてあっち行けば夕日が見られるんじゃない?」

と、西側の海岸線に向かうと、キレイな夕日が。

で、いまにも融けそうな、真っ赤ででっかい太陽が!!

気づいたときには完全に沈む5秒前、みたいな(泣)

夕日目指してダッシュするも間に合わず、写真に撮れず・・・。

ともかく記念の1枚を、と夕焼け空とコラボ。

C1f6_2

お天気に恵まれて、素晴らしい「ヴェネツィア日和」でした。 

 

翌朝、ヴェネツィアのラグーナに別れを告げるMayuたん。

C089

実は真下にいるムール貝の赤ちゃんに見とれてます。

Dae1_2

 

 

【9日目】 ヴェローナ

ヴェネツィアを後にした一行(・・・って、ウチらふたり)。

ミラノとヴェネツィアの間、ヴェローナに立ち寄りました。

Db31

アディジェ川をのぞむ城、カステルヴェッキオのお散歩。

これまたヴェローナ何度も行ってるクセに

お城の敷地内には初めて入った!

なーんと、とっても雰囲気いい感じではないかー!

かなりこの散歩道は気に入りました。

Dab1

 

それから、忘れちゃいけない人気スポット。

ジュリエットの家へ。

ヴェローナはロミ&ジュリ(←昭和のデュエット歌手みたい)

の舞台の街なので~、一応両家のモデルになった家がある。

ちなみにシェイクスピアはイタリアにいらしたことはないそうで。

ロミオとジュリエットは偉大なるパクリ作品なんだそう。

ジュリエットんちの中庭の、バルコニー下にある、

ジュリエット像。おっぱい触るとハッピーになるとか、

幸せな結婚ができる、とかいう話です。

D9e2

 

そしてもうひとつ。

ヴェローナで超有名なスポット、アレーナ。(入場6ユーロ)

Da12

1800年くらい前のもの。

古代ローマ人たちの娯楽ともいえる興行が行われた。

いわゆるグラディエーターって格闘家たちが猛獣と死闘を

繰り広げたり・・・というアレです。

ローマのコロッセオと同じです。

イタリアではコロッセオについで2番目の大きさ。

近年は夏の野外オペラで世界的に有名です。

夏に向けて、なのか、劇場内の階段席のセッティングが

始められてましたよ。

マッチョな作業員のお兄さんがアレーナに入ってく姿が

大昔のグラディエーターを思わせ、しばし見とれました(笑)

Da81

 

ヴェローナではちょっと変わったパスタを食べました。

「4種類のソースのパスタ」

5139

隣の席の常連さん風イタリア人オヤジ2人組が

二人して食べてるのをみて、真似したんですが。

グリーンピース、トマトソース、肉系2種類。

4つそれぞれの味を楽しむもよし、

トマトソースに他の具を合わせるもよし。

はい、ベジな私は肉系2種は手をつけられず、

ひたすらトマトソースに豆をからめて食べてました(笑)

とはいえ、ここはお店の人も内装もかんじが良くて、

なかなかい郷土料理のトラットリアでしたよ。

パスタ全品8ユーロというのもお手ごろ。

TRATTORIA ARCO DEI GAVI
Corso Cavour 43,Verona




 

| コメント (2)

2010年4月21日 (水)

春休み(その2)

更新サボってまったりしてましたが、

いかんいかん、もうすぐGWがきてしまう!!

(GWにはまた別の友人が来伊予定!)

慌てて春休みの続きを書いてます。

 

さて、3月末から4月頭にかけての数日は

雨と晴れとが1日置きという天気。

晴れた日にはミラノの観光スポットなどに。

A55c

A59c

ドゥオモの屋上に上るのは4回目だと思うのですが、

初めてアルプスが見られました♪

ここから眺めるガッレリアの景色がすごく好き。

 

雨の日には、というと、家でいろんなものを作りました。

一緒にパスタ打ったり、納豆作ったり、

近所のばあちゃんちでトルタ習ったり、

Mayuちゃんお得意のお花作りを習ったり。


近所のばあちゃんのトルタ・・・

以前ばあちゃんからおすそわけいただき、

お礼言いながら「こんど作り方教えて」と

ついつい言っちゃったのがきっかけで、

毎日のように「今作る?明日作る?いつ作る?」と

言われ続けること数週間(笑)

ひとりではおばあちゃんのパワーを受けきれないので

Mayuちゃんがいるときに、と。

材料を持って2件隣のアリーチェばあちゃんちへ。

Def2

卵・冷凍ほうれん草・パイシート・リコッタチーズ。

写真にはないけど粉チーズ(種類はなんでもいいらしい)。

ほうれん草(ブロッコリーでも可)は茹でたものを、とのことで

どんだけ必要かわからず、今回冷凍のものを持参。

「解凍しておいで!」

とドロンジョさまばりの一声に「はは~っ」と自宅で解凍し出直し。

De42

De63

どの写真もブレブレです。

けど、よく見てください。

ブレてるのはばあちゃんだけ。とにかく動きが激しい。

落ち着きがない、っつーか、

外国人にお料理教えるってんでテンションMAX。

でもって大雑把。

私がほうれん草解凍してる間に、Mayuちゃんいわく

パイシートを振り回したり投げたりの大格闘だったとか。

あやうく床にドロップしそうなところをMayuたんナイスキャッチで

無事トルタの型に収まったんだとか・・・。

いつも彼女が使う丸型のと違って、長方形のシートだったので

それが大格闘の原因だったらしい。

次回は○○スーパーで丸型を買いなさい、と数日間言われた。

「粉チーズをちょこっと入れて!」

というのでちょこっと入れたら「もっと!!ああ、ちょこっとよ!」

ちびちびと、ばあさまのOK待ちつつ足してたら

「あああ~~~っ!ちょっと貸してごらんよっ!」

と粉チーズの袋を取り上げられ、ドッヴァ~ッ!

それ・・・・ちょこっとじゃないやん・・・・。

作り方は、ボウルに材料全部入れ、塩を適量足し、

ガツガツ混ぜ、型に敷いたパイシートに入れて焼く。

超シンプルなりに、美味しいトルタが完成~。

Dec2

切り分け中、撮影中、食事中、食後、と

もちろん、何度もばあちゃんの訪問を受けたのでした。

「塩加減はどう??」

「次回は○○スーパーでパイシートを買うのよ!」

「美味しい?」

「○○のパイシート使うと見た目がもっとよくなる」

「夜ダンナに食べさすときの温め方は・・・」

などなど・・・。

やっぱひとりのときじゃなくて良かった・・・。

ご近所でも有名なアリーチェばあちゃんでした。

なんでだか、うざいけど憎めないばあちゃん、

どうもありがとう(笑)

半分は冷凍して、1週間後にいただきました。

 

そして、これがMayuたんお手製のお花。

9cfe

これは日本を出発する前に、わざわざ私へ、と

彼女が作ってきてくれたコサージュとネックレス。

なんと!コサージュは新聞紙から、

ネックレスはティッシュの箱から作ったものらしい!

新聞紙がどうしてこれに・・・・

発想力の乏しい私は想像もできませんでしたので

今回特別にお花作りの講習をしてもらいました。

 

新聞の、この茶色の広告ページから作ってみます!

9d5d

不器用なので、動画は撮らないで~(笑)

と、途中写真だけ撮ってもらいましたよ。

9d7f

で、四苦八苦の末に完成~。

私の初作品!

46cf

・・・て、手前のキレイなのはもちろんMayu先生の作品。

私の処女作はなかな微妙だったので

奥のほうにこっそりぼんやり配置・・・。

ちなみに手前のMayu先生のお花の色、ステキでしょー。

上品な色のお花。

これ新聞紙のどんなページかっていうと、

オヤジの顔写真のどアップでした。

オヤジがこんなに美しく品良く生まれ変われる魔法の花。

こつこつ練習して、そのうち職人メルカートあたりで

こっそり売っちゃうかな(爆)

工作の成績が2だった私がそんなナマイキ言うな、ってね。

そんなこんなで雨の日も、楽しい創作活動で

あっという間に時間が過ぎていったのでした。

春休みシリーズ、もうちょっと続きます。

 

| コメント (6)

2010年4月14日 (水)

春休み(その1)

前回の日記で、日本からお客さまが、

と書いたきり、長々と更新してませんでした。

はい、遊びほうけて体力消耗しておりまして、

更新する余裕がありませんでしたー。

と、いうことでまとめてその間の話を。

 

【1日目】

29日に到着予定だった友人Mayuたん。

が!機材トラブルによりドイツに連れて行かれ、

(ご想像どおり、アリタリア機・・・・笑)

1日遅れの30日に到着しました。

ミラノの街での彼女の最初の感想は、なんと!

「動物園のニオイがする・・・・。」

ぎゃー!すっかり私、マヒしてて感じなかったー。

そりゃ、あれだけ犬の糞が落ちてれば、ねえ。

なんだか自分のマヒした嗅覚にショックだわ。

と、いうかマヒしてなきゃ暮らしていけないか・・・笑

Mayuたんからのお土産いっぱーい。

0330

この日は結局午後から大雨が降り、雷が鳴り、

ほとんど家に引きこもって過ごしたものの、

夕食時には雨もあがり、近所のピッツェリアへ。

いつも満員御礼の美味しいピッツェリアで、

久々(夫とは10年ぶり)の再会に乾杯♪

0330_3

【2日目】

夫の仕事が休みになったので、3人でクレモナへ。

大好きなクレモナ。

Afe1

お天気がとってもいいので、

ポー川のほとりまで、お散歩です。

3a91

あまりにキモチのいいお天気で、3人おおはしゃぎ。

Imgp0018

とうとう得意のステップまで!!

9b26

え?誰ですか?「痛すぎるアラフォー」って言ってんのは。

否定はしません(笑)

お昼をお店でいただき・・・

(私はポルチーニのスープを)

Imgp0021

 

クレモナ名物、高~い塔へ!!

(※私以外の2名は高所恐怖症です)

9f9e

ビビりながらも、景色のよさに酔いしれるポーズの2人。

(2人とも、しっかり柵を握っているところがカワイイ)

Photo_2

 

そしてクレモナの締めは、やはりバイオリンの工房。

Mayuたんはバイオリンを弾くので、ぜひ案内せねば、と

以前から懇意にしていただいてるマルコ・ノッリ氏の工房へ。

Dsc04797

工房の香りって、なんと落ち着くんでしょう~。

マルコ氏もいつもと変わらず明るく歓迎してくださり、

「そのエプロン素敵ですねー」

と言ったら「欲しい?」とあっさり譲ってくださり、

(夫にいわせれば、私がたかっているようだった、とか)

他オリジナルグッズいただいたり、

工房でアペリティーヴォを催してくださったり、

と、毎回毎回、楽しませてくださるステキなマエストロ。

 

 

あー、やっぱりクレモナ大好きだー。

福岡人にミラノは都会すぎる。

クレモナが一番しっくりなじむ気がする!

ステキな一日でした。

春休み、続きの話はまた。

| コメント (12)

2010年4月 1日 (木)

Dichiarazione Ospitalità (客人届け)

Dichiarazione  Ospitalità とは、

外国人を家に宿泊させる際に、警察に届けでること。

一応、きまりでは、到着から48時間以内に届けよ、と。

まあ、その48時間をしっかり調べるとかはないんですが、

要するにホテルに外国人がチェックインする際、

パスポートの提示が必要であるのは、

ホテルがこの届けを警察にするため、とされてます。

一般家庭の場合には家のものが48時間以内に

地域の警察に届けを出すことが義務付けられてます。

おそらく、法的に問題のある外国人の滞在だとか、

「見知らぬ外国人が頻繁に出入りしてて怪しい」という

近所からの通報だとかに対処するためではないか、と。

届けてないから出国時にもめる、とかはありませんが、

通報などで調べられた際に届けをしてないとペナルティが、

ということらしいです。



今回我が家に滞在中の友人は2週間の滞在、と長いし、

万が一届けをしてないことで問題が起きたら、

信用を築いてくれている在ミラノの日本人の方々にも

迷惑がかかってくる話なので、と届けを出しにいきました。

じつはこの申請、自分が客として届けられたことは3度、

自分が届け出をする立場なのは初めて。

【Dichiarazione  Ospitalità 必要書類】

・申請用紙(警察窓口でもらえる)・・3枚(コピー可)
・申請者(家主)の身分証明コピー・・1枚
・滞在者(お客さま)のパスポート写真ページ・・1枚

でした。しかーし、これまた係によって必要書類や

申請書の必要枚数がまちまちなので(笑)

私も申請用紙をもらうとき、必要書類を聞いたら

申請用紙2枚、家主の身分証コピー1枚、

住居の賃貸契約書コピー1枚、

滞在者のパスポートコピー1枚、と言われてました。

でも、身分証として、滞在許可書と一緒に

Carta d'identita(市発行の身分証:住所記載あり)の

コピーをつけたためか、賃貸契約書などは不要でした。



手続き自体は5分ほどで終わりました。

これで安心して2週間、ゆっくりしてもらえます。

書類オリジナルの提示は不要なので、

お客さまは同行しなくても、大丈夫。



その友人からのすさまじい量のお土産。

009

| コメント (8)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »