« Dichiarazione Ospitalità (客人届け) | トップページ | 春休み(その2) »

2010年4月14日 (水)

春休み(その1)

前回の日記で、日本からお客さまが、

と書いたきり、長々と更新してませんでした。

はい、遊びほうけて体力消耗しておりまして、

更新する余裕がありませんでしたー。

と、いうことでまとめてその間の話を。

 

【1日目】

29日に到着予定だった友人Mayuたん。

が!機材トラブルによりドイツに連れて行かれ、

(ご想像どおり、アリタリア機・・・・笑)

1日遅れの30日に到着しました。

ミラノの街での彼女の最初の感想は、なんと!

「動物園のニオイがする・・・・。」

ぎゃー!すっかり私、マヒしてて感じなかったー。

そりゃ、あれだけ犬の糞が落ちてれば、ねえ。

なんだか自分のマヒした嗅覚にショックだわ。

と、いうかマヒしてなきゃ暮らしていけないか・・・笑

Mayuたんからのお土産いっぱーい。

0330

この日は結局午後から大雨が降り、雷が鳴り、

ほとんど家に引きこもって過ごしたものの、

夕食時には雨もあがり、近所のピッツェリアへ。

いつも満員御礼の美味しいピッツェリアで、

久々(夫とは10年ぶり)の再会に乾杯♪

0330_3

【2日目】

夫の仕事が休みになったので、3人でクレモナへ。

大好きなクレモナ。

Afe1

お天気がとってもいいので、

ポー川のほとりまで、お散歩です。

3a91

あまりにキモチのいいお天気で、3人おおはしゃぎ。

Imgp0018

とうとう得意のステップまで!!

9b26

え?誰ですか?「痛すぎるアラフォー」って言ってんのは。

否定はしません(笑)

お昼をお店でいただき・・・

(私はポルチーニのスープを)

Imgp0021

 

クレモナ名物、高~い塔へ!!

(※私以外の2名は高所恐怖症です)

9f9e

ビビりながらも、景色のよさに酔いしれるポーズの2人。

(2人とも、しっかり柵を握っているところがカワイイ)

Photo_2

 

そしてクレモナの締めは、やはりバイオリンの工房。

Mayuたんはバイオリンを弾くので、ぜひ案内せねば、と

以前から懇意にしていただいてるマルコ・ノッリ氏の工房へ。

Dsc04797

工房の香りって、なんと落ち着くんでしょう~。

マルコ氏もいつもと変わらず明るく歓迎してくださり、

「そのエプロン素敵ですねー」

と言ったら「欲しい?」とあっさり譲ってくださり、

(夫にいわせれば、私がたかっているようだった、とか)

他オリジナルグッズいただいたり、

工房でアペリティーヴォを催してくださったり、

と、毎回毎回、楽しませてくださるステキなマエストロ。

 

 

あー、やっぱりクレモナ大好きだー。

福岡人にミラノは都会すぎる。

クレモナが一番しっくりなじむ気がする!

ステキな一日でした。

春休み、続きの話はまた。

« Dichiarazione Ospitalità (客人届け) | トップページ | 春休み(その2) »

コメント

ほんと、クレモナ楽しかったです。どこも楽しかったですが、やっぱり訪れた街の中でクレモナが一番好きです。

連れて行っていただき、本当にありがとうございました!

投稿: Mayu | 2010年4月15日 (木) 00時13分

>Mayuたん
ありがとう!
私はクレモナ人ではないけれど、
クレモナをそう言っていただけると本当に嬉しい!
街も川も人も、とっても素敵なところだもんね~。

投稿: masami | 2010年4月15日 (木) 00時19分

クレモナいいな~
娘がバイオリンをやっているので連れて行ってやりたいな~
皆さんアラフォー?見えない感じがします。
ほっそりしているし!

投稿: blu | 2010年4月15日 (木) 06時03分

>bluさん
お嬢さん、バイオリンを弾いてらっしゃるんですね。
ぜひぜひ一度クレモナをご覧いただきたいです。
今回案内した友人も、弾き手ではありますが、バイオリンの構造や、歴史には驚くことも多々あったようで、楽しんでもらえました。
ちなみに、私(豚)、夫(カッパ)がアラフォーで、友人(アヒル)がアラサーです。

投稿: masami | 2010年4月15日 (木) 14時57分

あぁ、今回も憧れのクレモナー。
同じ北イタリアなのに日帰りが厳しい電車のダイヤが。(涙)
バイオリンに興味無いダンナを説得したいので、この超楽しそうなブログを見せて熱く語ろうと思います!

あ、でも工房って一般観光客の見学はやはり駄目なのでしょうか?

それにしてもmasamiさん、足細っ!
私の腕みたいー。憧れです。

投稿: batanosuke- | 2010年4月16日 (金) 20時33分

クレモナ!!!

6月にこの街に行けるんですね〜。
あ〜、本当に嬉しいです♪
masamiさんに感謝、感謝です!!!

私もポー川のほとりでスキップします♪
暑くてスキップどころじゃないでしょうか!?(笑)

皆さんの笑顔が豚さんやカッパさんやアヒルさんから
透けて見えるように楽しそうです〜!!!

私は、クレモナに行けた感動を
ポー川のほとりで、
イヤミの「シェー」のポーズで表現したいと思います!!!
masamiさん、写真のシャッターを押して下さいね(笑)

投稿: peko | 2010年4月17日 (土) 06時36分

私も今度連れてってよぉ~クレモナ!!
行ってみたいなぁ~
あのステップ、ひょっとして私も得意かも(苦笑)とんねるずのノリさんがよくやってたやつ?
痛いアラフォーも2人でやれば、大丈夫じゃね?
(*≧m≦*)ププッ

投稿: SOLE | 2010年4月17日 (土) 09時12分

>batanosukeさん
あ~、たしかに、ヴェネツィアからだと
ちょっと微妙な距離ですよねえ。

工房、割とどこでも見せてくださいますよ~。
今回も、マルコさんの工房に行く途中、近くの別の工房で働く日本人の方が私たちに気づき、工房の窓から顔を出してくださって、「いつでもいらしてくださいね~」って。
たまたまそちらの工房、そのときは来客中で、すぐにお邪魔できなかったのですが、窓越しにいろいろ話をしてくださって、とてもかんじのよい女性でした。
クレモナって、私の独断ではありますが、私の知る限りのイタリアの街で、いちばん人々が暖かくて、日本人気質に近い方が多い気がします。
ほんと、必ず一度行っていただきたい!

投稿: masami | 2010年4月18日 (日) 00時16分

>pekoちゃん
はいはい、もちろんシェー写真、撮りますよ~。
ついでに、三脚も持っていくんで、三人でシェーする??

私、毎年数回、クレモナに行ってて、特別その都度なにか刺激がある、というわけではないんだけど、毎回同じ表情の街が迎えてくれて、ということが嬉しいのかな。
福岡が恋しくなったらクレモナ行ってリラックス。
なので、日本からそうやって、クレモナに想いをはせてくれているpekoちゃんの、そのわくわくがとってもとっても嬉しいです。
6月、楽しみだな~。

投稿: masami | 2010年4月18日 (日) 00時22分

>SOLEちん
まじ?このステップ、のりさんがやってたのかな?
昔、ドロボーを追っかけるおまわりさん(イメージ、赤塚不二夫の描くおまわりさん)のイメージで知人がステージで演じたときに使ってたステップで(笑)
ステップに一目ぼれしちゃって以来、よくやってんの。
一緒にそのうちポー川で練習しようよ。
(ほとんど人がいないので、なんでもできる・・・笑)

投稿: masami | 2010年4月18日 (日) 00時26分

わかります、日本からお友達が来ちゃうと、めっちゃテンションあがりますよね~!!楽しそう~。ほんとmasamiさん足細くて羨ましいですわー!私なんかもうスカート履けませんもん・・・。
クレモナ、ボローニャからは日帰りキツそうですけど、いつか行ってみたいですー!

投稿: chola | 2010年4月20日 (火) 09時32分

>cholaさん

ありがとう~。
細くはないんですが、細そうに見せるよう、
細く見える丈のものを買ったり・・・苦労してます。
ふくらはぎが立派なので、足首が細く見えるとか。
あはは、微妙でしょー。

逆にボローニャっていろんなところへのアクセス拠点だから、便利だろうなーと思います。
クレモナ、静かなところなので、現実逃避にはもってこいの場所なんですよ~(笑)

投稿: masami | 2010年4月21日 (水) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dichiarazione Ospitalità (客人届け) | トップページ | 春休み(その2) »