« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

おもちゃ箱みたいな工房

日本からやってきた友人pekoちゃん。

以前、私がクレモナのポー川のほとりで過ごした日の

「ポー川のほとり」 という日記を読んでくれて、

そこでリンク貼ってた「川の流れはバイオリンの音」 という

30年前の、クレモナが舞台のドラマの世界観に、

pekoちゃんも魅せられてしまい、今回の旅では絶対クレモナへ、

と前々から計画していたのでした。

  

 

このドラマを撮影当時、クレモナでコーディネートされ、

助監督としても大活躍、なんと、俳優として出演もされた、

という、このドラマの重要人物が石井髙先生

在クレモナ40年の熟練バイオリン職人であり、

魅力溢れる私の憧れの人。

0617_cremona_11

在クレモナのねるさん からご縁をいただき、

石井先生と知り合えたのがちょうど2年前。

皇太子様の使っておられるヴィオラを作った職人さん。

以来、本来は雲の上の、偉大な方であるはずなのに、

ひとりの友人としてお付き合いくださり、

いやもう、ほんと、私の自慢のボーイフレンドなのです。



そんなわけで、せっかくクレモナに、ドラマのロケ地を

訪ねて、あの世界観を体感しよう~、というこの旅、

もし可能なら、石井先生にちょっとでも会えないかな、と思い

先生に連絡をしてみたら、ななななーんと、

「いいよいいよ。その日は1日あけておくよ。
で、僕がロケ地めぐりに案内するよ。」

と、信じられない、夢のような提案をしてくださいました!

浮かれて小躍りする私と、

仕事があるため行けない、と地団駄踏む夫。

ごめんね、亭主よ。

そんなわけで、pekoちゃんイタリア滞在の最終日に、

pekoちゃんと、在フィレンツェのEちゃんと、ねるさんと、

4人でクレモナの石井先生の工房を訪ねてきましたよ。



 

が。この日の天気はあいにくの雨。

しかも、クレモナの駅着いたら、豪雨だし(泣)

傘があっても駅舎から外に出られないくらいすごい!

しばし雨脚が弱まるのを待ち、タクシー争奪戦開始。

駅なのになかなか来ないタクシーと、

その順番を奪い合う客・・・。

なんとタクシーに乗れたのはクレモナ到着から1時間後。



そんなこんなで石井先生との2年ぶりの再会。

外は雨だし、まずは工房でお喋り。

熱心に聞き入るpekoちゃん。

Photo


いろいろドラマについて質問してたら、

「当時の台本あるよ」と台本を見せてくださいました。

pekoちゃん、ドラマのお気に入りの一言をメモメモ。

Photo_2


先生の工房では話がとぎれることがありません。

「これ、何ですか?」

と聞かずにはいられないものがあちこちにたくさんあって、

ひとつ尋ねると、そこから話がどんどん広がっていって。

石井ワールドにぐいぐい引き込まれ・・・・

ついつい調子にのってしまい、こんな写真を。

Photo_3

石井先生のヴィオラを弾かせていただいてます!!!

なーーーんちって(笑)

弾けないので、なんちって写真撮らせてもらってまーす。



作業台の上には、現在製作中の楽器が。

最高の材料と、最高の技術によって生み出され、

いずれ名器として何百年も生き続けるであろうチェロ。
Photo_4

その最高の技術とは・・・・

これ?!

Photo_5

ぷぷぷ、

最終的な出来栄えにまったく影響のないところを

ちょこっとずつ、豆カンナ体験させていただいたのでした。

けど、最高の作品を汚しちゃ大変!!と皆緊張し・・・

かなりビビリながら削ってます(笑)

あつかましくも、「記念に削った木屑をください!」

なんてお願いをして、採取中。
Photo_6


いずれ、「あの石井髙の名器の木屑」として

子孫が大騒ぎすることになるであろう、我が家宝の木屑。

003


そろそろ雨もあがったし、外にでようかー、と

出かける準備をしてたら、カメラ棚が目に留まった。

0617_cremona_29

 

かつて先生はクレモナで一般人としてカメラを持っていた、

唯一の市民だったらしく、カメラマンとしても大活躍。

そんな懐かしい時代のパートナーを愛でる先生は

少年のような表情をされていました。

0617_cremona_30


 

この石井先生、かつてクレモナを訪れたという、

日本の天正少年使節団が日本に持ち帰った楽器の研究をされ、

それらを復元した、という偉業を成し遂げたことでも有名です。

004

だけど、喋っていると、目線を同じにしてくれて、

全然偉そうじゃなくて、ユーモアたっぷりで面白くて、

いつも夢があって、パワーをたくさん振りまいてくれるひと。

先生の工房は、その先生の人柄がにじみ出る、

いつまでいても飽きない、楽しいところ。



雨があがり、外へ繰り出した私たちのクレモナ旅の続きは

また後日書きますね。

| コメント (4)

2010年6月21日 (月)

ミラノとヴィジェーバノ

2週間前、日本から友人のpekoちゃんがやってきました。

3年ほど前、日本のイタリア語講座で出会い、

あまりに可愛い女子だったので私から声をかけ、

トモダチになってもらった人なのです。フフフ。


早朝ミラノに到着したpekoちゃんと、一緒に朝カフェデート♪

004

細い身体なのに、ガッツリお土産を持ってきてくれ・・・
007

きゃー、どうしましょう、こんなにいっぱい!

(ほとんど私のお腹に納まる予定・・・笑)



と、2週間前はこんな感じで2時間ほど、一緒に過ごし、

pekoちゃんはフィレンツェへひとり、旅立ってしまったのでした。

そしてそれから約1週間後、またミラノへ。

フィレンツェ在住Eちゃん(共通の友人)も一緒にきてくれました。

 

ところでこのところ1週間、お天気がイマイチで、

しかも6月後半だというのに肌寒い!!

春物をしまった後だというのにー。

ミラノ到着後、風邪のためホテルで寝込んだpekoちゃんを残し、

私とEちゃん、無情にも美味しいランチを2人だけで。

お店は先月、ミラノのステ奥SOLEちん に教えてもらった

Cozzeria にて。美味しくて安くてサービス最高。

6c12


 

その翌日、pekoちゃん復活。

で、ミラノのポルタ・ジェノバ駅から列車で40分、

ヴィジェーバノ(Vigevano)という街へ。

フィレンツェ在住Eちゃんは靴職人さんのもと、修行中の身。

靴に関して、かな~り勉強熱心なEちゃん。

このヴィジェーバノには靴博物館があり、ぜひそこへ!!

と、いうことで、在ミラノの私の友人、タイ人のDちゃんも誘い、

女子4人、カタコトイタリア語会話プチ旅してきました。

 
 

靴博物館(Museo della Calzatura)はお城の中。

中はこんな感じ。

最初に目に入ってきたのがなーんとこの棚、

靴ジャパン!

0616vigevano_museo_2_2

他には、ローマ法王の靴とか、

0616vigevano_museo_7

笑える靴とか、

0616vigevano_museo_5

カワイイ靴とか、

0616vigevano_museo_8

キラキラヒールとか、

0616vigevano_museo_10

各種有名ブランドの靴もいろいろ、昔のから今のまで、

たくさんあって、これ、女子にはかなーり楽しい博物館。

 

 

その後、お城の塔に登り、広場と街を眺めました。

オシャレーなドゥカーレ広場。

0616vigevano_torre1

覗きバージョン(笑)。

0616vigevano_torre_9

テラスから塔を見上げると、どでかい時計の針が真上で、

なんだか風にグラグラ揺れて、ちとスリル(笑)

0616vigevano_torre_6

その後、お城の中の通路を散歩したりしましたよ。

0616vigevano_castello1

 

午前中だけのプチ旅ヴィジェーバノ、

なかなか楽しゅうございました。

ミラノに戻り、お昼は前日Eちゃんと2人でガツガツ食べた、

同じ店でランチを4人でガツガツ(笑)

そしてお天気イマイチながらも、ミラノの市内散策、と、

楽しい1日を過ごしました。

 

0616_milano_duomo

 

今回の旅のため、数年前からイタリア語を勉強してたpekoちゃん。

タイ人Dちゃんとのイタリア語会話もなかなか頑張って、

楽しんでもらえました。よかったね♪

pekoちゃん、Eちゃんとの休日続編はまた後日。

| コメント (4)

2010年6月14日 (月)

GW☆ フィレンツェ(2)工房編

nanaちゃん&nanaママと一緒のGW日記、

今回が完結編です。

さて。フィレンツェ。

在フィレンツェの友人が以前、フィレンツェ名物の

マーブル紙作り体験をした、と聞いていたため、

その友人を通じて予約を入れてもらってました。

 

まず工房に行くと、絵の具で服が汚れないように、と

作業用の上着を貸していただき、装着。

それから行程の説明を受けます。(イタリア語)

先生はとっても親切で優しい女性、フランチェスカさん。

で、そのフランチェスカ先生が見本を見せてくれます。

0505_14

糊のような成分のモノを水に溶かした液に、

絵の具を落とし、竹串などで模様に流れをつけます。

0505_15_2

液の上に模様ができたら、ここに紙を載せるだけ。

不思議と紙に模様がキレイに写ります。

と、いうことで~、早速実践!

0505_25

めちゃめちゃ真剣(笑)

かな~り無口!

 

で、私の第1作目が完成。

Photo_2

頭の中でイメージして色を落とすものの、

出来上がると思ってたのと違ってたりするし、

絵の具を落とす量で色の濃さが決まるので、

何枚かやっていかないと感覚がつかめません。

 

コチラ、nanaちゃんの第1作目。

Photo_3

 

模様もマーブルっぽい模様だけでなく、

途中からだんだん遊び心が芽生えてきます。

こんな風に、絵の具をポトンと落として水玉をつくり、

竹串でハート型にしていったりね。

Photo

 

この日は我々3人を含む5名がマーブル紙作りに挑戦し、

終盤になると5人それぞれな紙がズラリ。

Photo_5

これをフランチェスカ先生がせっせとドライヤーで

乾かしてくださいます。

この段階では乾かしても表面がボコボコ。

帰宅後にアイロンをかけると、表面がサラリと平らに。

 

ひととおり紙作りが終わったら、応用編レッスン。

紙のサイズを測って、切って、糊付けして、鉛筆に巻いて。

Photo_6

帰宅後、すぐに巻けるものはないか、家中探索(笑)

で、シャチハタもマーブル紙でデコってみました。

046

シャチハタのほうは、写真ではわかりにくいけど、

マーブル紙の上から透明のマニキュアでコーティング。

(若干ラメ入りのものを使用)

なかなかいい感じに仕上がりましたよん♪

この調子でコーティングできそうなもの、探し中。

 

マーブル紙、ってよくお土産のお店で見かけたけど、

実際作ってみて、色、柄、どちらも同じものは2つとない、

ということがよ~くわかりました。

そういうの、っていいね。

イタリアの伝統工芸って、どうしてこんなにステキかな。

改めてじわじわしみじみ、いい経験でした。

フランチェスカ先生、ありがとうございます。

工房を紹介してくださったYちゃん、Eちゃん、ありがとう。

そしてなにより、フィレンツェに行くきっかけをくださり、

一緒にこの工房に付き合ってくださったnanaちゃん母娘、

本当にありがとう。

たくさんのありがとう、を感じる楽しい時間でした。

F

| コメント (6)

2010年6月11日 (金)

GW☆ フィレンツェ(1)

さて、いまさらGWネタ、まだ続きます。

nanaちゃんと、nanaママと3人でのフィレンツェ旅。

今回は初めて、この新しいユーロスターで!

Photo

うぉおお、なかなかカッコイイではないですか。

車内では早速nanaちゃんの朝食準備が開始。

パンと~、モッツァレラと~、トマト~、ハムで♪

Photo_2

座席で朝食済ませたあとは車内探検かねて、BAR車両へ。
Photo_3

と、遊んでるうちにあっという間にフィレンツェ。

なんと2時間かからないんですねー。早いな。

 

まずは駅からプラプラドゥオモを目指す。

久々のフィレンツェ、私の一番のお気に入りはやはり、

ドゥオモのクーポラの内側!

最後にフィレンツェ行ったのは5年くらい前かな。

あのときは真下までは行けなかったと思うけど、

今回初めて真下から贅沢な眺めを堪能。

まぶしすぎる~。

Duomo

 

それから再び街ブラしたり、お土産見たりして。

ヴェッキオ橋で見かけたドゥオモモデルの傘。

実際これ持って歩くツーリストとすれ違ったら

なにげに可愛かった~。

Photo_4

 

そう!

傘、っていえば。この日は残念ながらの雨。

ただ、途中すごい土砂降りになった時間は

nanaちゃん母子はウフィツィ美術館鑑賞中だったため、

セーフでした。よかったー。

 

ウフッツィまで観光し終わったら、いよいよお昼。

フィレンツェで食事といえば、やはりコレでしょう~。

じゃじゃ~ん♪

F_bistecca

フィレンツェ風ステーキ(2人前)

nanaちゃんとママにしっかり堪能していただきました。

が、やはり女子2人では食べきれず、

お店に頼んでお持ち帰りしましたよ。

(夜、我が夫の胃袋に納まりました)

私はこちらのベジメニュー。(これも美味しかった!)

F_pranzo_veg

 

さて、食後はいよいよ楽しみにしてた工房訪問。

と、長くなるので、それはまた次回。

 

夕方のミケランジェロ広場で、

ダヴィデくんと同じポーズのnanaちゃん。

Photo_6

と、ここまで小雨だったのが、この写真撮ってるうちに

少しずつ空が明るくなってきました。

そしてミケランジェロ広場を去ろうとしたそのとき!!

おおおー。

Photo_5

雨の中、フィレンツェを訪れた私たちへの

お土産のような大きな大きな虹。

 

 

広場から降りてきて、列車の時間までブラブラ散歩して、

途中アルノ川のほとりのカフェにて休憩。

Photo_7

が、このカフェ。

すんごく店員の態度がイヤだった。

押し付けがましいというか、やたら高圧的に

「何食べるの?早く決めてよ!早く!」と。

オーダーせずに出ちゃおうかと思ったけど、

歩き疲れてることもあり、そのままそこで一息。

すると!!ぼったくりカフェでしたっ!

ホットチョコ(6.80ユーロ)

ジェラート2玉盛(10.80ユーロ)

ミネラルウォーター500mlペットボトル(2.80ユーロ)

シチリア風のお菓子(5.80ユーロ)

上の写真の内容で合計26.20ユーロ(約2900円)って!

はあああ??

自分がついていながら、こんな態度悪く、

その上値段最悪なお店に・・・ゴメンナサイ(泣)

Photo_8


 

と、そんなこんななフィレンツェ旅。

最後のカフェがなければ、最高だったなあ・・。

(いつまでもくよくよする私)

 

最後に、しっとり和風美人nanaちゃんの、

フィレンツェのお土産やさんでのおちゃめ写真。

F

 

そうそう、この旅から1ヶ月くらいしか経ってないのに、

この旅の私、厚めのコート着てますねー。

寒かったなー。

いま、すんごい真夏の格好してんのが嘘のようです。

 

| コメント (4)

2010年6月 5日 (土)

GW☆ヴェネツィア

おっとっと・・・。

GWの日記、今更・・・なんだこれ。

なんだかんだで更新をサボってましたが、

さすがにGWから1ヶ月経ってしまったことに気づき、

重い腰を上げてみましたよ。



さて。

日本から遊びに来てくれたnanaちゃんとnanaマンマ。

せっかくなのでヴェネツィアに日帰りで行こう~、と。

しかーし、今年のGW,ずっとイマイチな天候続き。

私はnanaちゃん来る前から天気予報と火山灰ニュース、

毎日穴があくほどしつこく見てましたが・・・・・

ミラノはGW中毎日、意地悪な天気ばかり。

そんな中ですが、ヴェネツィアへ向かいましたよ。

 
 

列車の中からの景色も天気はイマイチどんより・・・。

が!!!

ヴェネツィア着いて、ヴァポレット(水上バス)に乗って

サンマルコ広場に到着すると!

じゃ~ん。

Photo

な~んと、まさかの青空&太陽!!

そんなわけで、午前中はこの鐘楼に登ったり

(鐘楼からのすんばらしい眺めはコチラ

サンマルコ寺院に入ったり。

 

お昼すぎにはすっかり暑くなってしまったヴェネツィア。

サンマルコ広場の鳩たちも水浴び~。

Photo_2 

お天気よくてすっかりテンションUPのウチラ。
Photo_3

 

が、テンションとお腹は比例せず、

腹ペコなのでお昼ゴハ~ン。

Photo_5

 

ところでヴェネツィアのレストランって、

観光地価格だとか、観光客価格だとか言われてるけど、

(そもそも材料輸送大変だから、ってのもあるだろうけど)

でもお客(イタリア人か外人か)によって食事代が違うとか、

そういう噂もあちこちで聞くわけです。

そういうの嫌なので、あえて、店の前におすすめメニューの

でっかい看板(金額明記)があるところに入りましたよ。

 

お腹も膨れたので、ウィンドウショッピング&お散歩タイム。

リアルト橋近辺のお土産屋さん、ほとんど全部見て、

あーだこーだ言いながらガシガシ歩いてランチ消化。


お土産屋さんの店先で罰ゲームみたいになってるピノッキオ。
Photo_4

と、なんだかな。

この続きの写真、載せようと思って探したのに、

そのあと駅に着くとこまで見当たらないので、

あれ??と思いきや・・・

そうでした。3人でガラス屋さんで小物選びに夢中になって

あっちの店に寄り~、こっちの店に寄り~、と

結局買い物モードで駅まで歩いたんでした。

歩きすぎてすっかりヘタレて、ジェラート食べてたんでした。

 

前回行ったときは景色重視のお散歩旅。

今回は買い物しながらお散歩旅。

1ヶ月経たないうちに2度ヴェネツィアに行ったけど、

一緒に行く相手が変わると、また過ごし方も違ったりして

飽きる、ってことはナイですねー。

ヴェネツィア、やっぱりいいなー。

 

さて。

帰りの駅でnanaちゃん、列車のチケットに刻印の画。
Photo_6

イタリアで列車旅をされる方、これは忘れちゃダメですよ。

で、刻印機から出したあと、必ず切符を確認しましょう。

日付と時間、ちゃんと印刷されてるかな。

というのも、どこの駅でも刻印機、壊れてるものが多いのです。

ガチャンと刻印の音はするけどインク切れのもあります。

音がしたから大丈夫、と思ってると、車内で車掌から

「刻印されてない。罰金5ユーロ払え。」

と迫られます。キャー!逃れられません。

先日、別の機会で立ち寄ったある駅がそうでした。

ガチャンと音がするのに刻印されてない、という機械が2台。

妙に車内で刻印なくて罰金払わされてる人が多かった気が。

なんと理不尽な!!!

その理不尽な皆さんと罰金で、早く刻印機直せよ、と言いたい。

 

イタリア国鉄、他にもこんな落とし穴が。

この日、ではないんですが、

後日nanaちゃん母子と行ったフィレンツェからの帰路。

ミラノ行きの列車があるはずホームには

「ナポリ発 ミラノ行き」

の列車が停まっているじゃないかー。

うーん。

ホームの表示を信じるか。

列車の表示を信じるか。

ミラノに帰るつもりが、次の停車駅がローマ、とか

シャレにもならないわけで。

そんなギャンブラーな私たちではないので、

車掌に確認して乗り込みましたよ。

ミラノに到着してからもう一度車体みたけど

やっぱりそのまんまの表示だったな。

Photo_7

恐るべし。イタリア国鉄。

皆さん、自分自身だけを信じて、楽しく快適な旅を。



そんなわけで、nanaちゃん母子と行ったフィレンツェ編、

近日UP予定・・・たぶん(笑)

| コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »