« 夏のオシャレさん大賞 | トップページ | お好み焼き »

2010年9月12日 (日)

ヴェネツィアのゲットー

北イタリア、夏と秋の中間で心地よく、

お出かけしないとモッタイナイ!

と、いうことで、日帰りでヴェネツィアへ。

何度も行っている観光地ながら、

一度も足を踏み入れたことのないユダヤ人居住区、

ゲットー へ行ってみることにしました。


一昨年、ポーランドで訪れたクラクフのゲットーで、

地元の方の親切に触れたり、

ユダヤ料理が大いに気に入ってしまったり、

もちろん、迫害時代に刻み込まれた歴史の跡を

目の当たりにしたり、と貴重な経験をしたので、

「ゲットー」という名の発祥となったという、ヴェネツィアの

ゲットーにも一度行ってみよう、と当時から企んでました。


列車でヴェネツィア到着後、駅から徒歩でゲットーへ。

駅前の道を左に進み、観光客で賑わうLista di Spagna

という道を運河にかかる橋に突き当たるまで進みます。

橋を渡ったところから、ゲットー地区を示す標識が

ヘブライ文字で掲げられています。

標識にしたがい運河沿いを進むとすぐに、

なんとも不気味にも見えるゲットーの入り口が。

017_2  

ここを抜け、道をまっすぐ進むと、お菓子屋さんが!

なんとも美味しそうなので、早速1つ買い・・・

002
(1つ1.50ユーロなり)

その場で立ち食い。
003

私の大好きなアーモンドパウダーの入った、

すこしシットリ感も残しつつ、周りはサクッと、という

確実にヤミツキになりそうなお菓子でした。

いまさらながら、お持ち帰り分も買えばよかった・・・、と後悔。

他にも美味しそうなお菓子、いっぱいありましたよ。


ちょうどこのお菓子をパクつきながら入った広場に、

シナゴーク(ユダヤ教会)があったんですが、

外観が普通のアパートとほとんど区別がつかず、

よくみると上のほうに看板があったり、

人の出入りを厳重に見張ってたり、

ちょっと緊張感のある広場でした。

クラクフのシナゴークの兄ちゃんはユルかったのになあ、

なんてことを考えながら通過。


で、その先にある広場「GHETTO NOVO」へ。

NOVOって書いてあったけど、「Nuovo(新)」って意味。

広場の入り口のところにある標識。

入り口の小さな橋までが「Ghetto vecchio(古ゲットー)」らしい。
008

橋を渡ってGhetto Novo広場に入ります。
009


ここがあのヴェネツィアとは思えないほど、静かで穏やかな広場。
011


広場の一部にはここがゲットーであることを示すかのように

高い塀があり、この壁には迫害を描いたモニュメントも。
006

広場で遊ぶ男の子たちは皆、ユダヤ教の帽子を着用。

大人たちも伝統的な、服装・帽子を身につけていました。

あまり近くで私ごときに撮られるのも申し訳ない気がしたので、

ゲットー近くのお土産屋さんで見つけたガラスの皆さんを。
023

こういう黒装束で、帽子を被り、

こんな白いショールをまとった男性たちがたくさん。

 

つぎはぎのように建て増ししていったような建物とか。
007


ヴェネツィアの中で、こんなに穏やかな場所があるなんてね。

さっきまで歩いてた駅周辺から、ほんの数分なのに。

013

で、ゲットーで、イスラエル料理のランチがある、

と貼り紙があったので、ウハウハでお昼まで時間をつぶし

開店時間にレストランに戻ると・・・・

「今日はお昼の営業はしないよ。」

ガチョーーーーン(谷啓さんに追悼の意をこめて)

テーブルの準備をしてる人がいたので、

もしかすると貸切とかだったのかもしれませんが。

残念。


皆さんもヴェネツィアで人ごみに酔ったら、

ゲットーを訪ねてみるのもいいかもですよ。




と、午後はせっかく映画祭やってるので、とリド島に渡り、

誰も立ってないレッドカーペットを拝み(笑)
032

周辺を徘徊し、
028

027

ちょっと海岸に出てみたり

ガラ~ン・・・
039

映画祭村で売店見たり
040

やっぱ誰もスターには会えないなあ、とボヤきつつ、

本島に戻りました。

ヴェネツィア、人が多すぎる中心部もいいけど、

少ないところの楽しみ方を、今後のためにも研究しようかな。



おまけ。

私の命令で、皆さんの注目を集めてくれた夫。
046

よいこは真似しないでね。


« 夏のオシャレさん大賞 | トップページ | お好み焼き »

コメント

ヴェネツィアにゲットーという居住区があるなんてこと
全く知りませんでした・・・。

観光客で賑わうサンマルコ広場周辺しか
観れませんでした。

また次回のイタリアの旅のときに
穏やかなヴェネツィアも訪れてみたいです。

おまけ。の写真のカッパさん、
これで、片方の手を「ガチョーーーーン」のポーズ
にして頂けたら素晴らしいですね。
(無茶ぶりですねっ^^;)

私も谷啓さんに哀悼の意を込めて、
ミラノのmasamiさんに向かって「ガチョーーーーン」

投稿: peko | 2010年9月13日 (月) 11時18分

どうも ご無沙汰ご無沙汰です
帰国してまる1年がさっと過ぎ去ってしまいました...
でも
来週はヴェニスに出没します
久々の北イタリアを満喫してさっと帰ります

投稿: masa | 2010年9月13日 (月) 18時12分

>masaさん
なんと、もう1年になりますかー。
ほんと、今が一番いい季節ですよ!
日本からならレートもよいし、
美味しいものいっぱい食べてください!

投稿: masami | 2010年9月13日 (月) 23時27分

>pekoちゃん

ごめんなさい、せっかくのコメントの反映がこんなにも遅くなってしまいました。(なぜかスパムに・・・)

ゲットー、ぜひぜひ行きましょう♪
で、私にイスラエル料理のリベンジをさせて(笑)
今回、ヴェネツィアの達人の方のサイトでジェラート屋さん情報もいただき、そこのジェラートにも大満足したので、そこもぜひ!!

くふふ、このカッパ、さすがに片手を離すと耐えられないお年頃なもんで(って、pekoちゃんと同じだっけか??)鍛え直してから再トライさせます。

投稿: masami | 2010年10月 8日 (金) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のオシャレさん大賞 | トップページ | お好み焼き »