« お寿司屋さんの嫁 | トップページ | ジェノバとボッカダッセ  »

2010年10月23日 (土)

母国語で話す

先日、ちょっとした女子会を、とあるカフェで実施。

日本人3名とタイ人2名。


今回の女子会、目的はタイ人の2名を引き合わせること。

我々日本人のようなコミュニティもなく、

そもそも在住者数からして全然少ないタイ人。

同じような境遇・・・イタリアに嫁ぐなどして住んでるタイ人、

と出会う機会がほとんどなく、

イタリアに住んでこの数年、この国に、

母国語で話ができる友人がいなかった彼女ら。

たまたま私たち日本人同士がつながってて、

そのまた友達、という関係にそれぞれ、

同じ境遇のタイ女性がいたため、

引き合わせてみようよ、ということに。

ちょっとしたお節介な話なんですけどね。


なんというか、お見合いをセッティングした仲人のように

ドキドキしちゃう日本人チームと、

それ以上にドキドキだったであろうタイ人2名。

でも、すんなり打ち解け、仲良くなったようでした。

途中「お!携帯番号交換してる!」とか「メアドも!」とか

そわそわする仲人たち(笑)

仲良くなって、なにより私たちのお節介を喜んでくれて、

本当によかったです。



私なんてね、家には日本人の夫がいて、

隣人も日本人で、

毎週顔を合わせるような日本人の友人も複数いて、

なんて贅沢なんだろう、と改めて思います。

タイ人の友人はここ2年来の親友ですが、

やはり日本人同士にしかわかりえない微妙な話や

微妙な価値観・感覚というものもあり、

どんなに仲良くなろうとも、やはり日本人の友人とは

話す内容が違っちゃうわけです。

彼女にもそういう母国の価値観や感覚を共にし、

母国語で話せる友人をみつけてあげたかった。

なので、この2名が仲良くなってくれて本当に嬉しい。


この女子会の途中、またまた別の日本人の友人らが

偶然このカフェにやってきて、急遽飛び入り参加。

そしてこの飛び入りの友人の知り合いにも

同じ境遇のタイ人女子がいる、とのこと。

そのうちまた、人数増やして女子会を開催するかもね。

タノシミです。

カフェの一角、完全占拠してたアジア女子7名。

かなり楽しい時間でした。


改めて、母国語でバカ話ができる友人らに感謝をした日でした。

みんな、ありがとう~♪

そして、お見合いの世話が趣味みたいなおばちゃんらは

こういう気分をいちいち味わって病み付きになるのかー、と

妙に納得した時間でもありました(笑)

« お寿司屋さんの嫁 | トップページ | ジェノバとボッカダッセ  »

コメント

素敵なお話ですね!
たしかに、国の違う親友も大事だけども、同じ国同士の微妙な会話って確かにあると思います。

全然話は変わりますが、フィリピン帰りの私にとって、今の日本は、寒いです(T_T) タイからイタリアも、相当寒いでしょうね。

投稿: Mayu | 2010年10月23日 (土) 02時19分

こんにちは。
はじめてコメントします!
(Twitterでは交流させていただいてますが)

じーんときちゃいました。
なぜか自分をタイのお友達に置きかえて読みながらウルウルsweat02
きっと、彼女たちのこれからのイタリア生活がより心強くますます楽しくなると思います。

masamiさんたちの優しい心遣いに感動です。

投稿: akika | 2010年10月23日 (土) 07時12分

>Mayuたん

ほんと、私にしてみれば外国人の配偶者と暮らしてる、というだけで国際結婚組の方々、すごいなー、と思います。
うちなんて日本語同士でも通じないこといっぱいあるのにね(笑)

タイ人の彼女はもともとやはり冬服を持ってなかったそうで、イタリアに移り住んでから徐々に買い揃えています。初年度は大変だったとか。
大人になって初めて体験する冬の暮らし、ってどんなんだろうねえ。
Mayuたんも風邪引かぬよう。北米はもっと寒いのでは?

投稿: masami | 2010年10月23日 (土) 18時46分

>akikaさん
いつもtwitterでお世話になってます♪
こちらにもコメントありがとう~!
ブログやツイッターなど、周囲に日本語で交流できるお友達がいない、という日本人の方もたくさんいらっしゃる中、自分は本当に恵まれてるなあとつくづく思います。
タイ人の彼女は自分から「タイ語で話せる友人がいなくて寂しい」とか、口に出すことは一切なくて、でも上記のような日本人の方のブログなどを見ながら、母国語で話せる相手がいないって、かなり寂しいものなんだろうな、と思い。
まだ出会ったばかりのこのふたりですが、今後なんでも話せるような仲になってくれると嬉しいですよね。

ちなみにこのお見合いの仲人仲間は、akikaさんtwitterでおなじみのSOLEちんでした♪

投稿: masami | 2010年10月23日 (土) 18時54分

Dの笑顔が何よりも嬉しかったねー♥
本当に嬉しそうだった。
彼女を見てて母国語で話せる環境にあるうちらってすっごく恵まれているんだなぁって再確認したよねー。
Dもこれから母国語での微妙なニュアンス話が出来るようになるね。ほんとよかったぁー!

投稿: SOLE | 2010年10月23日 (土) 19時18分

ほんとに、楽しそうでしたね~☆
母国語で話せる友人は本当に貴重ですよね。
あらためて、私も1年前までそういう存在がおらず苦しんでた事を思い出しました・・・。ありがたや、ありがたや・・・。

私のクラスのタイ人の子にも声かけてみます!
たぶん年齢も近い気がするので・・・。
気が合うといいのですけれど・・・。

投稿: hiromi | 2010年10月23日 (土) 21時28分

そうそう!外国人の友人もとても大事だけど、深いポイントが微妙に違ったりしますものね。
私もこっちで日本人の友人ってありがたいなぁとしみじみしちゃいます。
タイの方達良かったですね!

↓一時帰国されるのですね。
それにしてもご主人もそのご両親も素敵ですね。
なんだか涙が出てきましたよ。
良い帰国になりますように!

投稿: batanosuke- | 2010年10月23日 (土) 22時14分

>SOLEちん
ほんとねー。
最初からかなり自然に会話が弾んでたもんね。
うちらも日本人にしかできない「昭和トーク」とかが多いから、彼女たち世代は違えど、そういうお話で盛り上がったりしてほしいよね。

私は実はあまり社交的ではないほうなので、
SOLEちんのような友人がいてくれることで、
友人の枠が広がって、本当に楽しくさせてもらってます。改めてSOLEちんにはほんとに感謝しまくりんぐです。
今後ともよろしくねー。

投稿: masami | 2010年10月23日 (土) 23時14分

>hiromiちゃん
私、2年前にミラノで通ってた語学学校に日本人が少なくて、いつもクラスで日本人ひとりでね。そこで知り合ったのがDちゃんでした。
今思えば、あの環境も勉強になったけど、
やはりストレス溜まったり、寂しかったり。
今以上に引きこもりでした(笑)
お互い、ミラノで日本人のお友達ができて、ほんとうに嬉しいことですね。

そのタイ人女子の方、もしhiromiちゃんと気が合うようならば、きっと彼女たちにも大丈夫でしょう。hiromiちゃんのGOサインが出てから、また日泰女子会を計画しましょう♪
年齢近いとなおさら、同世代トークとかできて楽しいだろうね~。

投稿: masami | 2010年10月23日 (土) 23時21分

>batanosukeさん
いろんな国の方と仲良くなって、その国のことをいろいろ知ることができる、というのも本当に楽しいけれど、やはりどうしても国民性と違いとか、習慣とか、説明を要するものがあるとしたら、そこを避けた話題しか話さないですもんね。
日本にいるときと変わらない自分を維持できてるのって、友人らのおかげかな、と思います。楽しいし。

義両親、本当に私は恵まれてると思います。
いつか私も姑のようになりたい、と思っているんですが、一発芸など各種ギャグを含めて、まだまだ彼女の足元にも及びません(笑)
帰国の折には芸を盗んでこよう、と思います。

投稿: masami | 2010年10月23日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お寿司屋さんの嫁 | トップページ | ジェノバとボッカダッセ  »