« 友人来伊と「最後の晩餐」 | トップページ | 日本へ »

2010年11月27日 (土)

私がブログを更新するワケ

韓国・北朝鮮間では緊張が続いてますね。

28日からの米韓合同軍事演習、

実際に北朝鮮がどう動くのか、気になります。



今回の延坪島の爆撃後の映像を見ながら、

今更ながら朝鮮半島は戦争中であることを実感しました。

韓国は日本にいたころに、何度も、公私に渡って行ってましたが

戦争中の国に訪れてたんだなあ、とか思ったり、

その中で、普通に生活している両国の国民って・・・と

「平和ボケ」と揶揄される日本国民としては、

信じがたい状況下で彼らが暮らしてることに愕然。

しかも、こんなに境界線間際の島に

今まであんなに普通に暮らしてたなんて。

で、その民間人が多く住む島の傍で軍が演習なんて。

 

テロも、戦争も、こうして予告なしに突然爆撃が起こるわけで。

それに加えて、天災だって起こり得る。

NYのテロのときも、背筋が凍りましたよね。

かつては仕事で海外に行く機会が多々ありましたが、

やはりこういう事件をニュースで見る度に、

いつどこで自分が巻き込まれてもおかしくはない、と

半ば覚悟のようなものも持ってました。

家族や親しい友人らには、そんなこと言えなかったけど。

 
 

いま、こうして日本の家族や友人たちと離れ、

イタリアに暮らしてますが、ここだって確実に安全とは

自分でも思ってません。

まあそれは次に世界のどこで何が起こるのか、

誰も予測つかないレベルの話ではありますけどね。

ここ数日、韓国のニュースを見ながら、

韓国人の友人らやそのご家族など、

韓国に仕事で行ってるであろう友人など、

彼らが安心して過ごせますようにと願ってます。



昔、ある友人にたまたまメールを返信しそこねたまま、

イタリアに留学しちゃったことがあって。

しばらくぶりにその友人に会ったとき

「あのころ、東南アジアで大きな地震があったから

それに巻き込まれていたんじゃないか、と思ってた。」

と言われてしまい・・・猛省。

そんなふうに心配してくれてたなんて夢にも思わず、

それまで毎日暮らしてましたしね。



今でもメールをすぐに返信せず、

時間をおいて返信することが多いので、

あのときと全く同じメールの返信忘れ、という大失敗を

犯してる可能性もあるかもしれない・・・。

だから、できるかぎりブログを更新しなくては、と。

そう言いつつも更新が滞ったりしてること、

これまたちょっと反省ですね。

ブログとか、Twittereとか、くだらないこと書くけど、

今後もそんな意味をこめて、ときどき書き続けます。



日本の私の大切な人々と、世界にちらばる友人たちの、

安心と平穏を私も祈りつつ。




« 友人来伊と「最後の晩餐」 | トップページ | 日本へ »

コメント

だ~ね~、だ~ね~。
昔は仕事上、世界を駆け回ってて、その仕事を離れても、日本からも離れてしまったワケで。
いろんな人を心配させてるんでしょ~な~。
自分は元気に、普通に暮らしてても、それは知らせない限り、人は知り得ないコトであって。

とりあえず、私は元気です~(゚▽゚*)ニパッ♪

投稿: トルコちゃん | 2010年11月27日 (土) 21時03分

>トルコちゃん
ね~、ほんと久々会った友人に「スマトラ地震に巻き込まれたと思ってた・・・」って言われたときは、もう~。私が悪いんだけどね。
いまもトルコで物騒なことが起こったり、と聞くと、トルコちゃんの安否を気にしつつ、トルコちゃんブログで安堵する、ってかんじ。
とりあえず、元気そうでヨカッタ(笑)
ハイダルパシャ駅の火の粉が飛んできたり、とかで怪我してないことを祈るよー。あの駅、好きだったのに残念。

投稿: masami | 2010年11月29日 (月) 09時21分

そんなに色々な所に行っていたんだね。
それじゃあ世界各地の知り合いの心配もするし、
そして周囲もmasamiさんの事を心配してくれるんですね。

そう、北朝鮮と韓国の事。これは日本の目の前の国の事ですからね。
遠くヨーロッパにいながらずっと心配しています。

ネットで世界各地と連絡がラクになった筈なのに、それに甘えて連絡不精になりがちな私、反省しました。
masamiさんのブログって、面白いのもあるし、でもこういう人の気持ちにすごく優しい記事もあって、すごく好きです。

投稿: batanosuke- | 2010年11月29日 (月) 13時41分

>batanosukeさん
どうもありがとう~、えへ(照)
本当に今回の朝鮮半島の問題、中国・ロシアとの領土をめぐる問題、となんだか日本のご近所さんて・・・という状態でいろいろ心配ですよね。
自分が心配してる以上に、私の親などはその何倍も心配してくれてるんだろうなあ、と思いますが。
そういう身内を思う気持とは無縁の一握りの人々が、戦争を始める人である、ということ、どうなんだ?って思いますよね。

投稿: masami | 2010年11月30日 (火) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友人来伊と「最後の晩餐」 | トップページ | 日本へ »