« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

21世紀になってもう10年。

キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!2011年。

 

皆様、あけましておめでとうございます。

あっと言う間の2010年でした。

というか、タイトルにもありますが、

「さようなら20世紀」ってついこの間じゃなかった?

って感じなんですが・・・はあ、もう10年ですか。

  
 

その10年前の話。

「さようなら20世紀!こんにちは21世紀!」の瞬間のことを

私はたぶん一生忘れない、という衝撃の年越しをしました。 

船に乗ってたんです。たしか北九州から大阪へ向かって。

個室で、窓越しに夜空や海を眺めながら

同僚Aちゃんとふたりでお喋りしてました。

そろそろ年越すし、年越したらすぐ寝ようか、と話し、

寝る準備を始めたんですね。

Aちゃんがトイレに行くため個室を出たので、

深く暗い海の景色と夜空を眺めながら、着替え。

と、上半身、あられもない姿になったとき、ふと、

窓越しに誰かと目が合ったんです。

え・・・・(汗)

しまった・・・窓の外は一般に開放されてるデッキだった!

窓の外では熟年ご夫婦がこの非常事態に固まっておられ。

少し置いて、ご夫婦の奥様がご主人の腕をひっぱり

逃げるようにどこかへ移動してくださりました。

部屋の灯りをつけたまま、カーテン開けたまま、

上半身オープンで窓際で固まったままだった私(涙)

ほんと、恥ずかしすぎる21世紀の幕開けでした。

てか、そのご夫婦にしても、21世紀の幕開けに

ひどいもの見せられちゃってお気の毒。

 
 
 

そっかー、あれから10年かあ。

そう考えると、自分をとりまく環境とか、

自分の生活とか、すごく変りましたね。

自分自身は・・・あまり変ってない気がする(笑)

海外に暮らすようになってから、むしろ変らないように、

と心がけてるような自分もいます。

海外かぶれとか、思われたくないし思いたくないし。

そんなわけで、2011年も変らず、

垢抜けない雰囲気丸出しでミラノを闊歩する予定。

だけど姿勢だけは気をつけるんだ♪

これ、今年の目標ね。 

2011年、「美しい姿勢と笑顔と言葉遣い」を心がけ、

キレイなオトナになりたいと思ってます。

今年もおつきあい、よろしくおねがいします。

 


 

| コメント (6)

2010年12月30日 (木)

出会いと再会の1年

2010年も早いもので最終日。

今年はお正月に義姉ベビーが生まれたのを皮切りに

新しい出会いと、懐かしい再会に溢れた1年でした。

ほぼ毎月のペースで友人の誰かがミラノを訪ねてくれて

お土産ごっそりいただき、楽しい時間を過ごしまくり。

Kawaさん&昌子さん、Mayuたん、nanaちゃん&nanaママ、

Mikoぽん、pekoちゃん&海ちゃん、Kojiさん&Risaさん、

りこぴん&ふーちゃん、Tさんご夫妻、

それから今月は私の帰省と重なり会えなかったけどCicaさん。

1年のあいだにこんなに沢山の友人が。

日本にいるときより日本人の友達多いかも??

幸せモノだなあ、とつくづく思います。

どうもありがとうございました。

 
 
 

この中にはネットで知り合い、そして初対面をミラノで、

という方々も含まれていたんですが、

そのほかにも、在ミラノの日本人友達などもできました。

 
 

そして12月には3年ぶりに日本へ帰省。

3年ぶりに肉親や親しい人々にも会えたし、

充実いっぱい、幸せいっぱいでした。

今回、会えなかった人々、次回ぜひ会ってくださいませ。



 

なので、私にとって「出会い&再会」の2010年でしたが、

なんといっても忘れられない再会の話がひとつ。

私の再会ではないんですが、友人の再会話。

十数年、所在も生死すらもわからなかった弟さんと

今年の夏にとうとう再会できた、というもの。

姉さん肌の彼女、きっとカラリとした明るさの奥に

常に行方知れずの弟さんへの想いがあったことかと。

同じく弟をもつ長女として、ずっと気がかりでした。

ご両親が残念ながら他界され、しかしそれを機に

弟さんの行方がわかった、という小説のような話。

報告を受けたときはもう私までPCの前で号泣でした。

このお正月は姉弟水入らずで過ごすのかなあ、

なーんて考えると、それだけで目頭が熱くなります。

 
 

さあ。来年はどんな出会いや再会があるでしょう。

そしてどんな年になるでしょう。

私を取り巻く多くの皆様、今年1年大変お世話になりました。

おかげさまで笑顔で1年を締めくくることができます。

来年はまた、お互いにもっと笑顔を増やしましょう。

よいお年を。

0617_cremona_65   








| コメント (8)

2010年12月29日 (水)

街はまだまだクリスマス!

日本はもうすっかり新年を迎えるぞモード、でしょうね。

商店街が一年で一番ザワザワしてる季節かなあ。

お正月飾りやお餅があちこちで売られてる感じ?

想像してたらまた日本が恋しくなってしまいましたー。

 

さて、こちらは、というと・・・

ずっと降りつづけていた雨が、今週やっとあがり、

やっと街歩きを楽しもうか、という気分になりました。

昨日、今日とあちこち出歩いてます。

今日は運河地区のほうへ。

008

平日の昼間のこの運河、静かでホント、大好きです。

先月りこぴん たちと行ったときは残念ながら水路がカラカラ。

水一滴もない状態でしたが、今日はこんなに。

水面に映るアンティークな建物も風情あり。


 

イタリアはまだまだクリスマスの装飾はそのまま。

1月6日まではこのままでしょう。

サンタさんも、ツリーもそのまま。

005

昨日はチェントロで人間のサンタクロースに会いましたよ。

クリスマス終わったら、すぐお正月ムード、っていう国で

生まれ育ったせいなのか、なんだか新年を迎える実感が

いまだまったくありません、私。

Twitterでさっき日本在住の方が「もう12月30日だ!」と

つぶやいてるのを見て「えええ??」と超焦った(笑)

ま、のんびり新年をお迎えするとします。

 

 

オマケ写真。
004

 ツリー型のクッキーを飾ったお店。

とっても癒されました。

こんな素敵なショーウィンドウ探しに、また散歩に行かねば。


 


| コメント (2)

2010年12月26日 (日)

チョコ抜き

「血管にチョコレートが流れてる人」を名乗って数十年。

チョコ常備は当然。

食事代わりにチョコでもOK。

1日でも欠かすとたぶん生きていけないかも。

そんなふうに生きてきました。

 
 

しかーし!

お年のせいなんでしょうか。

ここ最近、まさかのチョコ疲れ。

クリスマス前、あちこちでチョコをもらい、

自分で買ったやつと併せて、せっせと食べ、

冷え込む日にはどろんどろんのチョコラータを飲み。

その結果・・・いやー、チョコに疲れる日がくるとはね。



きっと一時的なものですのでね、

たぶん3日ほどチョコ断ちすれば元通り、

血管にチョコが流れ始めるでしょう。


 
 

チョコって中毒性がある、とかいう話なので

絶対飽きるってことはない、って思ってました。

けどやっぱ飽きるもんは飽きる。

白いごはんにはチョコも勝てない、ってとこだーね。

 
 
 

そんなわけで、2~3日チョコ抜きしてます。

お正月までにチョコ体質を取り戻そう。

| コメント (0)

2010年12月25日 (土)

クリスマス、静かな街

どんなクリスマスをお過ごしでしたでしょうか。

私と同年代の方々たちのなかには、

サンタさんとしての任務随行した、という方も多数かな。

我が家は、まあ、毎年ながら、地味クリスマス。

一応ドルチェでも作るかなあ~、どうしようかな~、

などと、24日の昼過ぎになって、やっとぼんやり考え始め、

考えてる最中にダンナがケーキ片手に帰宅したので

今年はドルチェ作りもせずにのんびり♪

なんとなく冬の曲やクリスマスソングを聴き入りつつ、

グダグダと過ごしました。毎年のことですが(笑)

ここ数年はクリスマスといえばミュージカル「RENT」の

ナンバーを聴くことが多いかな。

イタリアにいるのに、アメリカの音楽でごめんなさい。

 

グダグダすぎて、イブの夕食は、いつもと同じようなモノを

クリスマスの絵柄の大皿に盛り合わせました、的な。
006

 

お年頃的に、すでにあまり量多くは食べきれないので、

前菜盛り合わせとパスタ、そしてメインディッシュ無し。

それでも十分お腹いっぱいでケーキは25日の朝食に。

008

せっかくなので、朝からキャンドル(笑)

 

25日は、というとたぶん1年で一番街が静かな日。

田舎モノなので、こういう静かな日にこそ、

外に出歩きたくなるっていうものです。

そうだなー、雰囲気としては日本の元旦の朝に似てるかも。

ほら。
009

010


 

ドゥオモにも入ってきました。

この時期の教会でのお楽しみはプレゼピオ。

キリスト誕生の様子のミニチュアセット、ですね。

これがミラノのドゥオモのプレゼピオ。
012

中央奥の小屋の中でキリストが誕生してます。


 

それからせっかくなので、スカラ広場に行き、

現在無料公開中のティツィアーノの「鏡の前の女」 を鑑賞。

ルーブル美術館から来たこの作品、人数区切って入場させ、

絵の前でガイドさんによる説明もあるんです。

500年も前の名作。

こういう形で無料で見られる、っていうところがいい。
013

いろんな分野でダメダメ共和国なイタリアですが、

芸術分野に関しての理解や関心は大人なんですよね~。



と、いつもより格段に静かな街を歩き、

ガラガラな地下鉄で帰宅し、

また自宅で地味に乾杯し。

今年も静かにクリスマスが過ぎようとしています。

また来年まで、静かな街よ~再見♪

| コメント (2)

2010年12月23日 (木)

クリスマス直前@チェントロ

そういえば、クリスマスシーズンに入ってから、

イルミネーションの施されたチェントロ(中心街)に

行ってなかったなあ・・・と気がつき、昨日出かけてきました。

とはいえ、雨模様のどんより空。

でも、やはりこの時期の露店を今年も見てまわりたい!

何を買いたいでもないんですけどねー。

82ee

売ってるものはほぼ毎年同じ・・・と、わかっちゃいるけど、

こういうお店って、なぜか新鮮な気分で見れますねー。

そして楽しい!


伝統的なお菓子屋のお店。
003

クリスマスの飾りのお店。
006

008

アンティークっぽいアクセサリーのお店。
007


クリスマスの飾りは、集め始めるとキリがないので、

毎年1個ずつ、という買い方をしてます。

昨日はこの露店のあと、デパート「リナシェンテ」へ。

クリスマス直前とあって、すでにリナシェンテでは

クリスマスの飾りものがバーゲン価格。

50%~70%オフで、とってもお得!

が、ひとつに絞りきれず・・・。

近日中に今年の1個をもう一度探しにいきたいと思います。

(近日中って・・・もうクリスマスになっちゃうよ!!)


009

 

北イタリア地方、クリスマスの週末までずっとこんな天気みたい。

今朝は遠出をしよう、と早起きをし、

おにぎりを持って早朝家を出たものの、

雨が思ったより強かったので、アパートの門を出ずに

中庭止まりで自宅に引き返しました。

温かいチョコラータでも飲んで、ゆっくり過ごすとます。

 

みなさま、よいクリスマスを!

Buon Natale!

| コメント (4)

2010年12月19日 (日)

たこやき特訓中

今日は父の命日でした。

もう9年。

9年前、まだ真新しい納骨堂に眠った父。

「どうぞ、好きな場所を選んでください。」

と言われたあの納骨堂も、

先日訪れたときはすでに満室間近。

9年の時の長さを目の当たりにした1シーンでした。

 
 
 

今回、実家からこちらに持ってきたのがコレ。

004

たこ焼き器。

イマドキの電気のものではなく、コンロに置く鉄板状のもの。

粒も最近のたこ焼きのものより小さめ。

私が幼稚園くらいのころだったか、

父が買ってきて、これでよくたこ焼きを作ってくれて。

ただ、父の作るたこ焼きにはたこが入っておらず、

代わりに父と私が大好きなお漬物が入ってたり。

普段、母の家事を手伝う父ではありませんでしたが、

こういう遊びゴコロのあることは好きでした。

そんな父との思い出のつまった鉄板。

あの頃の父の年齢をとっくに超えたムスメは四苦八苦。

これは記念すべき第一作目。
005

一応、タコ入りで作ってみました(笑)

まだまだブサイク。(かつお節で隠す!)

トモダチから「キムチやモッツァレラ入りもいけるらしい」

との情報もいただいたので、腕を上げたら挑戦してみよう!



たこ焼き、ねえ・・・。

4~5年前、たまたま新聞かなにかでお祭りのテキ屋の

単発バイト募集を見つけまして。

未知の世界、好奇心旺盛、お祭り大好き。

もうわくわくしちゃって、申し込みました。

人手が足りないから他の友達にも声をかけて、と言われ、

躊躇する友人を半ば強引に連れ出してお祭り会場へ。

希望も経験有無も聞かれずに振り分けられ、

私はジュース屋さん、友人はたこ焼き屋台へ。

私が楽チンすぎるジュース売りをしている間、

友人はたこ焼きの猛特訓をさせられ、

一人でたこ焼き屋台を任されていた、と帰りに聞いて爆笑!

お客さんが来そうにないときも、具の入ってないものを

ひたすら焼き続け、捨て続け、だったそうです。

常に焼いてないと、購買欲をそそらないから、とか。

たぶん1日で彼女は数千個を焼いたんじゃないでしょうか。

1日終わったころにはすっかりプロのたこ焼き職人(笑)

あんときゃごめんね、Kさん。

でも特技が1個増えたね。履歴書には書けん特技やけど。

 

たかだか9個のたこ焼きに四苦八苦しながら、

その友人の、屋台での即席プロ根性を想像し、

(お互いの屋台が離れていたので、その姿は見てませんが)

フフフッ、と笑いがこみあげてしまった・・・。

いや、だからごめん、ってー(笑)

お祭り会場の裏側をいろいろ垣間見ることができ、

もうテキ屋のバイトはしない、と2人で誓いました。



話戻して、たこ焼き器。

これで私が持つ父の形見は2個。

もう1つはデジカメで、父が闘病中に買ったものなので

購入からかれこれ10年。

イマドキこんなディスプレイが小さくて、分厚いタイプって

ないでしょう~??っていうカメラですけどね。

父の亡くなったあと、母が使ってましたが、

ある日、急に動かなくなってしまいました。

で、母は買い替え。

でもなぜか私が手に取ると動き始めたので、譲り受け、

以来ずっと愛用しています。

闘病中に買ったカメラだけに、あまり遠出できなかったから、

きっと「海外に行きたいよ!」ってカメラが思ったのかな。

まだまだ、私の生活や旅行に同行してもらおうと思ってます。

天国の父が、カメラのレンズ越しに見えるものを

見ててくれるような気がするのでね。



お父さん、上手にたこ焼きが焼けるようになったら、

このカメラで撮って見せてあげるからね。

| コメント (6)

2010年12月17日 (金)

脱・引きこもり宣言

002

朝から雪景色のミラノ。

写真は今朝の我が家の玄関前の手すり。

少し落ちてた雪の粒が、ちゃんと星型してたので。




寒いの、ホント苦手です。

冬生まれ。

私が生まれた日も雪だった、とか。

この世に生まれた瞬間に、

この世の寒さにオギャー、と泣いた、

かどうかは覚えてませんが。

 
 
 

寒いの苦手だけど、冬の景色は好き。

雪景色とか、イルミネーションとか。

でもウィンタースポーツは全然だめ。

ミラノ市内の公園に野外スケートリンクができてました。

野外のスケートリンク・・・・。

生涯で1度だけ、スケート靴を履いたことがありますが

中央をブンブン滑るちびっ子たちにビビり、

結局端っこで手すり掃除をしてた、という。

スノボも2度ほど挑戦しましたが、同じく断念。

雪景色は窓の中から楽しむ、と誓いました。


 

昨日の霜もキレイだったな。

011

街中、地面も車も木も、

シロップでコーティングしたみたい。


 
 

今年はやっと、念願の長靴を買ったので、

雪の日もちょこちょこ外出してみようかな。

次回の雪の日から・・・ということで(苦笑)








| コメント (2)

2010年12月16日 (木)

地元にて

なんだかんだと日本滞在中の出来事をだらだらと

日々綴ってますが、そろそろ最終回。

福岡県の実家にも帰ったので、地元でのことなど。


 

うちの祖母2人、それぞれ老人介護施設にいます。

父方88歳、母方102歳。

102歳・・・リアルに百歳超えてる人と会うのって初めて(笑)

それが自分の大好きな婆ちゃんで嬉しい限りです。

ただね、やっぱり年が年なので、記憶がね。

母や伯母たち、いわゆる婆ちゃんの娘たちの

順番(長女~四女)がわかんなかったり。

なので孫を見てもピンとこないのは仕方ない。

そもそも自分が百歳超えてるなんて夢にも思ってないし。

話を合わせようと、誰だかよくわかんない来客(私)を

気遣ってくれる婆ちゃんの手を握れただけで幸せです。

子供のころから、どれだけ婆ちゃんのあの手に

支えられ、励まされてきたか。だからね。

婆ちゃん、愛してるよ。

018



祖母も、だけど、もちろん母にも。

弟が家を出て、父が亡くなり、私が嫁ぎ。

4人だった家族、母一人なので、寂しいと思います。

私もこんなに遠方に嫁ぐとは思ってもなかったし、

この家を出るときは本当に辛かったなあ。

おかげさまで母はほぼ毎日スポーツジムなどに通い、

多くの友人にも恵まれ、伯母たちも近くにいるので

退屈することはないようですが。

今回、タイミングよく弟も仕事の都合で帰省することになり

久々に家族3人集うことができました。

3人集まるのって、4年ぶりくらいなのかな。


 

その弟なのですが、仕事、というのが画家でして。

今回、地元での個展のために帰ってました。

弟の絵をちゃんと見に行くのは初めて。

037    

弟がこうしてプロの画家になれて、本当に嬉しい。

なにより天国の父が喜んでいるだろうな、と。

姉バカでお恥ずかしいのですが、本当に可愛い弟で、

自由奔放なこのダメ姉を持ちながら、

よくぞ正直者に育ってくれた、といつも自慢に思ってます。

まあ、弟も私とは違う方向に自由奔放ではありますが。


 

こんなかんじで地元ではできるかぎり身内との時間を

大切にしたかったため、友人たちとのアポは入れず。

今年ミラノに会いにきてくれた友人たちにのみ、

連絡して会ってもらいました。

nanaちゃん、ファミレスと温泉に連れてってくれてありがとう。

pekoちゃん、ミスドとモスに付き合ってくれてありがとう。

連絡できなかった皆さん、

わざわざ連絡くださったのに

時間を作れずに会えなかった皆さん、

本当にすみませんでした。

 
 
 

そんなわけで、3年ぶりの帰省。

免許の更新しようと思ってたけど、期限まで2年あるし、

今回は更新せずに、次回帰省するための

理由として免許はそのまま持ち帰ることにしました。

地元を離れるとき、いろんな想いから涙がでましたが

戻れる場所があることに感謝しなくちゃですね。

さっ。がんばろー。




| コメント (4)

2010年12月14日 (火)

食べたり飲んだり@日本

日本に帰る人がいると、

「美味しいものいっぱい食べておいでよ~」

なんてセリフがお見送りの定番なわけです。

私もそのセリフ、何度となく使ってます。

今回も帰省の際に若干の体重増加を見込んで

-2キロ目標にダイエットっぽいことをしたものの

さっぱり体重計の針はピクリとも動かず。

もういいや、と日本に飛びました。


 
 

そんな私が初日にまず駆け込んだのが

タリーズコーヒー。

しかもアメリカーノ、って普通じゃん(笑)

スタバのないイタリアで、たまにスタバもどきカフェに行き、

アメリカーノを飲んでますがね。

どーこか違う。

だって、普通のバールでアメリカーノ注文すると、

エスプレッソを大量の湯で薄めたヤツだし。

味、違う、っつーの。

日本でエスプレッソ飲んでがっかりするくらいの違いっぷり。

あ、お互い様か。

スタバもどきカフェでもたまに

「アメリカーノですと、エスプレッソを薄めたものと、

ドリップしたものがあるけど、どっちがいい?」って

聞かれたりするんです。ほんとに。

エスプレッソはそれはそれで美味しくて好きだけどね。

そんなわけで日本ではあちこちでコーヒー飲んでました。

タリーズコーヒー、ミスタードーナツ、シアトルズベストコーヒー、

そしてスターバックス。

 

日本にいるぞ、と実感する、膨らんだ財布・日本の携帯・Suica。

065

どこでもアホのようにアメリカン飲んでました。

でもミスドで「アメリカンコーヒー」って注文したら、

アメリカンは無くなってて、ブレンドになってるのね。

あんなでっかいマグカップに入ってるくせに。

ドーナツ屋さんなのに。まあいいや。

味の違いはわかんないけど、当然おかわりしました。

ちなみにドーナツはシンプルにハニーディップ。

昔から変わらず一番好きなヤツを。

あと、モスバーガーの秋冬限定「クラムチャウダー」。

これは外せません。 

具、けっこう入ってるけど沈んでマス。

031

だってモスには秋冬しか、このためにしか行かないほど

モスのクラムチャウダーが好きなんです。

たしか10月1日からのメニューなので、若かりし頃、

9月30日の深夜、モス近くにスタンバイして、

0時ぴったりになってすぐ注文したら、さすがに早過ぎた、

なーんてこともあったっけな。



あと、ファミレス行きました。

昔、海外在住の友人夫婦が日本に帰ってきて、

福岡まで来てくれたんで美味しいところに連れて行こう、

と思いきや、この友人夫婦がロイホの前で足を止め

猛烈にファミレスに入りたくなった、と言うので入り、

大はしゃぎしてたのを不思議な気分で眺めてましたが

ああ、なるほど。

ファミレスが恋しい感覚、いまになって理解できました。



美容師さんがローソンのプレミアムロールケーキと

エクレアは絶対食べたほうがいい、と言ってたので

この2つも空港で時間潰してるときに購入。

なるほど、これが噂のコンビニスイーツか、と味わいました。

 

これはやたら見かけたけど、敢えて素通り(苦笑)
062

あとはほとんど家ゴハン。

唯一外食らしい外食は昨日書いた、東京の焼肉屋さんくらい。

焼肉屋で焼肉以外のモノだけを食べる、みたいな(笑)

家ゴハン、白飯に明太子、海苔、漬物・・・。

普通のトースト、しゃきしゃきのキュウリ。

そんな普通が嬉しいのでした。

三度のゴハンが美味しくて、間食を忘れていたため

帰省中にまさかの2キロ減。

2キロ減った分、スーツケースあと2キロ重くなってもいいよ、

なんてルール、作って欲しい・・・とか言いながら

イタリアに戻りました。

 

戻ってきたら、意外とあれもこれも食べてない!

と気がついて若干の後悔も。

イチゴのショートケーキとか、

たこ焼きとか、

九州醤油味のポテチとか、

ラーメンとか、うどんとか。

うーん・・・それは次の楽しみに取っておきましょう。

いまは、せっかく減った2キロを維持すべく、

友人からいただいた中国&台湾のお土産の

痩せるお茶&美人になるお茶を

ぐびぐび飲んでおります(笑)



夫に土産に、と東京のグルメ雑誌をあげたところ

生唾飲み込みながら、写真に見入ってます。

でも私、絶対次回も家ゴハン&コーヒー&コンビニ希望。

海鮮丼もお肉も、ひとりで行ってねー、と。

(ご存知かと思いますが、私ほぼベジなので。)

私は、次は1日くらい三食ケーキ、とかもいいな(笑)

そんなわけで気の利いたグルメ写真は皆無です。

ごめんなさいねー。

| コメント (2)

2010年12月13日 (月)

人情商店街にて

日本帰省中、東京では主人の実家に滞在。

度々書いてますが、実家は商店街のお寿司屋さんでした。

今回、義父の体調不良により閉店し、

その店を売却することになったため、店の片付けや

義父のお見舞いなどをしつつ過ごしてました。

家では「商店街の人気者おばちゃん」の義母とふたり、

同じ部屋に枕を並べ(笑)、まったり生活。


さて、さすが商店街婦人部の元宴会部長だけあって、

義母パワーはすごい。

そのパワーにあやかって、私まで商店街の皆さんに

ここに嫁いで以来、ずっと可愛がってもらってます。

まず、帰省翌日、イタリア土産を持って、挨拶まわり。

すると八百屋さんからみかんとバナナをいただき、

酒屋さんから梅干をいただきました。

 

その夜、夫家族が昔から行きつけている近所の

焼肉屋さんに叔父夫妻から招待され行くと、

焼肉屋のママから大量のキムチとカクテキをいただき。

これが信じられない美味しさ!

私、けっこうな回数韓国に行ってますが、

そのぶん含めても、ここのキムチは世界一。

JR駒込駅東口から徒歩1分「太平」というお店です。

お肉を食べれない私のために、ママが筑前煮や

シーフード、野菜などをたっぷり準備してくださってたのも

ほんと、ありがたい話です。



翌日は店の不用品処分市を。

お寿司屋さんグッズや、食器などを店頭に並べ

「無料です。ご自由にお持ちください。」と。

025

これも大盛況で、朝から暗くなるまで、

お店の食器はほとんどなくなりました。

業務用仕様のものを同じ商店街の魚屋さんに、

と持って行くと、魚屋さんから大量のお惣菜、

しかも、2人で食べきれないほどのカニまで!

そのうえ魚屋さん、「九州のお母さんに」と、

うちの実家の母にまでお土産をくださいました。

別の八百屋さんからもバナナや剥き栗をいただき。

こういう商店街の人と人との交流が

サラリーマン家庭で育った私に経験のなかったこと。、

毎回毎回、感動しっぱなしです。


 

この話、もしかすると以前どこかに書いたかもですが

数年前のある夜、店を手伝っていたときに、

郵便配達の方がバイクを押しながらやってきて

「ガソリンが無くなってバイクが走らないんですが

近くにこの時間やってるスタンドありますか?」と。

義父いわく、近くにはないそうで、

この配達員さんに自分のバイクのキーと

ガソリンを入れる容器を渡し、

「うちのバイクでガソリンを買いに行くといいよ。」と。

初対面の人にバイクをポンと貸したんです。

すごい!ほんとびっくりしました。

その後、彼はたびたびお菓子などを持ってきて

義両親に声をかけてくださっていたんだとか。

自分が「東京」に持っていたイメージが完全に

ぶっ壊れたエピソードです。

  

今回私の日本滞在終盤、

またご近所に挨拶すると、八百屋さんがいちごを

黙って手渡してくれました。

ここのお野菜やフルーツ、本当にいいものなんですよ。

怖そうな顔のご主人が、こういう粋なことをしてくれる。

しかも、そのあと義母が私の好きな生椎茸を買いに

行ったら、私のためにと、すごく安くしてくれたそうで。

099  

でっかい生椎茸いっぱい~♪

これは焼いてポン酢醤油で。
102

私はウーロン茶、義母はビール♪

この椎茸、すっごく美味しかった!!

あんまり美味しかったので、ミラノにひとつ持って帰ることに。

一番大きな椎茸をいただき、自宅に帰宅した夜は

もちろんメインディッシュは椎茸グリル♪

こちら、その大きな椎茸、東京~ミラノの写真。

Photo
  義母@東京      私@東京      ダンナ@ミラノ

地元九州でもたくさんの知人友人からいただきものをし、

持ちきれないほどの(持ったけど・・笑)荷物をかかえて、

イタリアに帰国しましたが、

荷物の量というよりは、たくさんの方々の真心とか、

お気遣いとか、そういうものが本当に沁みて

つくづく感謝をしています。


お店を閉めて、商店街に通うことがなくなるのは

ちょっと寂しいですが、でも帰省したら必ず行きますよ!

021



| コメント (6)

お化粧と女子力

日本からミラノに帰ってきました。

早速の時差ぼけ。

早朝目が覚めて、夜20時ごろには眠くて眠くて。

しかーし!

お風呂沸かすの忘れてて、まだ寝られないので

目をこすりつつ書いてます。


 

地元で、たまたま1時間余り、ぽっかり空いたので

少し街中をプラプラしてみました。

すると可愛らしい若い女性が声をかけてきたんです。

聞くと、彼女はヘアメイクの学校の生徒さん。

ビフォー・アフターという企画で100人を変身させる、という

課題があるんだとか。

「メイクさせていただけませんか?」

普段街頭で声を掛けられる系には反応しない私ですが、

なんだか面白そうなのと、この学生さんが可愛かったのとで

メイクしていただくことにしましたよ。

 
 

少し移動して学校に到着。

035


まず、そのまんまの「ビフォー写真」を撮影してもらい・・。

そしてお化粧がずらりと並んだ鏡の前に。

029

こういうところに座るのはどれくらいぶりだろうね。

誰かにお化粧してもらう、ってわくわくします。

 
 

声を掛けてくれた学生さんTちゃんと鏡越しショット。

030

 

お喋りしてるあいだに手際よく仕上げてくださいました。

そのあと「アフター写真」の撮影。

これがなかなか可愛い仕上がりで!(←自分で言うなー)

ちなみにこれはそのちょっとあと、

キレイにしてもらった姿でミスドランチの図。

Photo

お化粧はナチュラル。(って、顔隠しちゃ見えないけど・・・)

髪はくるんくるん

誰かにお化粧をしてもらう、ってなんだろうなー、

とっても幸せなものですよね。

Tちゃん、ありがとう♪


日本に帰るちょっと前に、久々ピアスつけようかな、

なーんて気分になり、今回の帰省でもピアスゲット。

思えば「久々に」とかいうレベルではないくらいに

つけてない時期が長くなってしまったかも。

不思議なものでピアスつけてるだけで、女子力が

ちょっと高まる気がしますね。

そんなこんなで化粧とピアスで女子力あげるぞ。


と、日本って洋服も靴もなにもかも、

可愛いものがたくさん街に溢れてて、最強。

日本、いいなー。







 

| コメント (4)

2010年12月 6日 (月)

スターフライヤーと羽田

いま、実家で日本を大満喫しています。

昨日は温泉のある大きなお風呂にも行きました。

ん~~~~!やっぱり日本サイコー♪

 

前半が終わったので、ちょっと更新を。

今回、主人の実家のある東京から、

私の実家のある福岡県北九州市まで、

スターフライヤーという航空会社を初利用。

2006年の就航当時から、すごく興味があったんです。

黒い機体、全シートが黒の革張り、

女性CAさんの制服が黒のパンツスーツ、

と、他の格安航空会社とは雰囲気が違うのかな、と。

で、2か月前の予約受付開始時期に早期割引の

片道11,500円でネット予約をしてみました。

安いですよね~。

でも、ネット予約のとき、予約番号を控え忘れ、

しかも、予約確認メールとか来ない(予約画面には

メールアドレス記入欄がない)ので、ちょっと不安に。


 

搭乗当日、羽田にはかなり早めに到着しました。

(国際線ターミナルを見学したかったので!)

予約時に使用したクレジットカードを自動チェックイン機に

差し込んだら、それだけでOK。予約番号は不要。

出発の3時間近く前にチェックインも、荷物預けも

すべてスムーズに終わってしまいました。よかった♪


 

さて、その機内。

Imgp0024

・・・、こんなんじゃわかんない、ってね(苦笑)

でも、全席モニター付いてるし、

ヘッドレスト付きのシートでゆったりだし、なかなか快適。

ドリンクサービスも、なんとコーヒーにはチョコ付き!

私は期間限定の「クリスマスコーヒー」という、

マシュマロトッピングのコーヒーをいただきました。

Imgp0026

こちらも美味しいチョコ付き。

もちろん、無料です。

チョコ1粒って、今時嬉しい心配りですよね。

マシュマロは・・・私には甘かったかな(苦笑)

でも美味しく、嬉しく、いただきました。


 

モニターの番組も10個くらいありました。

私は全く興味のない番組を敢えて選択。

Imgp0025

日本に帰ってきてるのに、なぜだかフェラーリの

工場のドキュメンタリー番組(笑)

でも、これがかなり面白かった!

フェラーリ博物館に行く前に見ておきたかった番組でした。

ちなみにこのモニターはタッチパネル式。

使いやすかったです。

CAさんも感じがよく、パンツスーツがさわやかで

かっこよかったですよ。

スターフライヤー、また使いたい、と思いました。



 

さて。

最初にちょこっと書きましたが、搭乗前に

羽田の国際線にも行ってみました。

国内線第2~国内線第1~国際線~と、

無料バスが巡回しています。

いまはまだ見物客ですごく混み合ってますが。

国内線第1から国際線は5分くらいかな。

私の地元の福岡空港国際線ターミナルより

ちょっと大きいかな~?という感じ。

なるほど、東京の国際線にしては規模が・・という

酷評も一部あったというのも、まあ理解できます。

出発ロビー。
Imgp0022

出発ロビーの上の階に上がると・・・
11

 

そしてこれがその先にある、話題の江戸の町並み。
14

13_2

 

和のお店ばかりかと思いきや、けっこう洋の店も。

ここはイタリアン。
15

 

見学者も多く、店はどこも激混みだったので、早めに退散。

その上の階に上がってみました。

上の階には広大な展望デッキが。

Imgp0017

無料だし、とにかく広いし(写真で見えてる部分は半分ほど)、

くつろげる椅子などもあり、ここはなかなかいい。

家族連れや、手をつないだカップルが多かったです。

 
 

このフロアーにはプラネタリウムもありました。

500円とのことですが、列ができるほどの人気。

20

ここもデートにいいですよね~、

って、並んでる人、女性ばかりだけど(笑) 

 

 

この空港ターミナルも、いつか旅客として利用する日が

私にももしかしてあるかも、ですね。

次回訪問はその機会になるかな。

Imgp0023

 

 

さ、日本滞在の後半も、有意義に過ごしますよ!

明日は弟も大阪から帰省してくるので、

超めずらしく家族でおうちごはん、の予定です。

| コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »