« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

お散歩@Varese(ヴァレーゼ)

「知~らない街を、歩いてみ~た~い~♪」byジェリー藤尾

ということで(ご存知ないヤングの皆さん、ごめんなさい)、

せっかくいい天気なので、ミラノから列車で1時間少々、

ヴァレーゼという街へ、街歩きに出かけました。


どういう見どころがある街なのか、下調べせずに行ったので、

いつものように、行き当たりばったりに街の中心地っぽいほうへ。

商店街を少し歩くと、とっても美しい鐘楼が。
Imgp0006

鐘楼も素敵だったけど、この手前のお店の街灯が

さらに私好みの素敵なデザインでした♪


そしてこの教会前にはこんな天井のあるアーケードが。

Imgp0007

これ、わかります??

12星座の絵の天井なんですよ~。

当然、自分の星座の絵を探しますわな。

えーと、水瓶座、水瓶座・・・・

えええ??うっそ~ん!
Imgp0009_2

なんと、我が水瓶座はマッパのオヤジ・・・。

(隣の魚座は愛嬌あるのに~!、と敢えて比較画像)



 

気を取り直して、散歩継続!

と、いっても、出発が遅かったので、商店街エリアを

うろうろしてたくらいなんですが・・・。

でも、綺麗に整備されて、素敵な商店街でした。

古い商店の建物も、うまく溶け込んで、映画村チック。
Imgp0010
(昼休みどきなので、人が歩いてません・・・)

燒き栗屋さんも、仕込み中。
Imgp0011

そろそろ疲れたから帰ろうかな、という頃(16時ごろ)に

商店はやっと昼休みを終え、人でごった返してました。

 
 

商店街をうろうろしたけど・・・買い物は、いちご1パック。

いちごの名産地?いやいや、違うし(笑)

たまたま通りかかったスーパーでいちごが美味しそうで。

さ、夜はいちごを使ったドルチェを食べましょ~♪

次回ヴァレーゼに行く機会があれば、ちょっと先の湖まで、

足を伸ばしたいな、と思います。

| コメント (2)

2011年2月24日 (木)

ごつん

うちのアパートの前の通り。

最近よく停まってる車の縦列駐車がすごい。

Imgp0024

路上の駐車スペースに停めるのは一般的なことなので、

限られたスペース、こういう停めかたの車は珍しくないけど。

この車、前後にゆとりがあっても、ほぼ毎日この停め方。

なにかのコダワリなんだろーか・・・・??

 
 
 

ペーパードライバー歴22年の私としては、

ただただ、その縦列駐車技術に感心するのみです。

 
  

というか、日本に引き上げる日がきたら、

どこか田舎で運転の練習して、

脱・ペーパードライバーしたいなあ。

以前は冗談半分言ってたけど、

年々、老いていく親たちを見てると、

次第に現実味を帯びてきます。



当時、「卒業生の事故率市内ワースト1」と囁かれてた、

自動車学校卒、の不器用な私・・・・。

うーん・・・私、大丈夫なんでしょうかね。

| コメント (4)

2011年2月22日 (火)

ゾロ目ハンター

やった!撮影成功♪
Imgp0006_2

ゾロ目って、なんだか気になりますね~。
数年前、11月11日11時11分を撮って、
友人mikoぽんに送ったら、
わざわざ家族や親戚に見せびらかしてくれて、
身内みんなで大喜びしてくださった、とか。
ああ、みんなゾロ目が好きなのね~。

 

車のナンバープレートとか、
スーパーの買い物の合計金額とか、
何気にふとゾロ目に気づくと、
ハッピーな予感がするのはなぜでしょう。

 

あ・・・。
たしか香港では「8888」のナンバープレートが
高級車よりも高い超高額で売買された、とか聞いたっけ。
やっぱりゾロ目ってハッピーアイテムなんでしょうね。

 

ゾロ目と関係ないけど、
今日、中華街で見かけた、ほんわか癒し系のチャリ。
Imgp0004

 

さ、気分上げて、笑顔でいきましょう。

| コメント (2)

2011年2月20日 (日)

おむすび

あまりに天気がよかったので、

おむすび持ってでかけました。

とはいえ、寝坊しちゃったので、遠出はできず、

ミラノ市内お馴染みの、ナヴィリオ運河地区へ。

う~ん、いい天気。
Imgp0012

運河沿いの道には外のテーブル席で食事をする人が

沢山いたんですが、なんとすでに半袖の人も!!

確かに暖かいけど、そこまで暖かくは・・・(笑)

 
 

さて、おむすび、どこで食べましょう~、と少し散歩して・・・

ここに決定!
Imgp0007

今日のナヴィリオ、水量は少ないながらも、

この辺りにはお魚も泳いでました。

Imgp0010

お魚見ながら食べる、明太子おにぎり。

うま~っ。

久々に日光を身体にたくさん吸い込みました♪
Imgp0014

| コメント (2)

2011年2月16日 (水)

心配性

人って、消耗品の買い置きをまんべんなくするタイプと

無くなったときに買えばいいでしょ、ってタイプ、

この2パターンがあるようです。

私はおおざっぱなO型のくせに前者。

本当はシンプルな生活がしたいけど、買い置きないと不安。

ティッシュ、シャンプー、洗剤、スポンジ、化粧品、電球、

下着、裁縫道具、文房具などなど、一通り予備をストック。

なかでも、大量ストックしているものがこれ。

Imgp0020

ぜ~んぶ私の歯ブラシ!

この16年ほどは残り10本を切ると不安になるように。

16年前は歯科に勤務してました。

ちなみに現在のストック38本。

日本の歯科グッズ通販サイトで買ってます。

昨年、残りが10を切り、友人に持ってきてもらったのと、

帰省の際に自分で持ってきたのと。

歯ブラシがいっぱいあると、幸せな気分になります。



 

イタリア、なかなかヘッドの小さい歯ブラシが見つからないので。

このサイズと、このブラシのほどよい硬さは譲れません。

冒険しようとはまったく思いません。

主人には「小さすぎる」と不評ですけどね。

(だから私ひとりでこれ全部使います。)

20年前、勤務先の会社の歯科検診で衛生士さんから

「あなたにはこの大きさがいいですよ。」って言われて以来、

頑なにこのサイズしか使ってません。単純でしょ。

歯ブラシや歯のこと、もっと知りたくて歯科に転職までして。

 
 
 

さて、先日お惣菜パンを習って以来、

今度はうちでどんなお惣菜パンを作ろうか、

って、そんなんばかり考えております♪

今日はコロッケパンとたこやきパン。

Pane

たこやきパン、ばりうま~。

パン(粉モノ)の中にたこ焼き(粉モノ)、って・・・ねえ。


 

さ。いまから歯磨きして、また小麦粉買いに行っちゃお♪


 
 


 

| コメント (2)

2011年2月13日 (日)

パルコ・ランブロ Parco Lambro

お天気が良くて暖かかったので、

オヤツを持って公園へ行くことに。

どうせ行くなら、行ったことのない公園に行きたいな、

ということで、ミラノ市の東の端っこにあるランブロ公園へ。


 

ランブロ公園ってのは、ランブロ川の一部が流れていて、

市内で川といえば普段、ナヴィリオ運河しか思いつかないので

「川~!!!!」と大興奮!!

ランブロ川と私の分身。

Imgp0042

こんな豪快なトコロも。

名づけて「ミラノのナイアガラ」(←規模小っちゃ!)
Imgp0072

公園には小山があったので、頂上を目指すことに。

途中、斜面には春がいっぱい。
Imgp0046

木を見上げると、枝には芽吹きが。
Imgp0058
Imgp0064

あ~、春だなあ♪(いやいや、まだ2月だ、って!!)

小山から見下ろすと、ヤング(←死語)たちのスケボー場が。
Imgp0049

静かな公園の中、ここだけがとっても賑やか。

駅前の広場でやってる子も多いけど、

あれは通行人の邪魔なので、

こういう場所がもっとあちこちあればいいのにね。

おうちでゲーム、ってヤングが多い中、

外でこんな風に遊ぶヤングたち、可愛いと思うんですよ。


 

さ。頂上の広場に到着。

オヤツ♪オヤツ♪

Imgp0069

こういう素敵なお天気の日のために

大切にしまっておいたハッピーターン♪

なんやかんやで花より団子な私でした。

オヤツのお供はこの景色ね。
Imgp0068

この公園ですごい銀杏の宝庫みたいな場所発見しました。

路上と違って、掃除もされず、踏みつけもされず、

そして当然誰も拾わず、でごろごろ落ちてました。

知ってれば袋持って来たのに~~~!!

これはまた近日中に袋持って行かねばね。




| コメント (6)

2011年2月10日 (木)

コネコネ

友人宅にお呼ばれしてきました。

最近可愛いわんちゃんを迎えた、とのことで

わんちゃんコネコネさせてもらいに行ってきました。

Imgp0030

キッチンでブラッドくんのごはん準備中。

我々の真ん中で「なにしてるの?ボクのごはん??」

と目で訴えるブラッドくん。

 
 
 

余談ですが、ブラッド、といえばブラピ。

ブラピといえば、昔、「インタビューウィズバンパイア」を観に行って

そこで私はブラピに一目惚れ。

彼の作品をかたっぱしから観た時期もあり、

海外出張中に宿泊先のエレベーターでブラピと出会う、という

妄想を日々描きつつ、仕事をしていた時代もありましたっけ。

今日は久々十数年ぶりに「ブラッド!」と声に出しつつ、

そんな叶わぬ大昔の妄想を思い出しておりました。

 

そしてもうひとつのコネコネ修行もさせていただき・・・


コネコネしたのは・・・お惣菜ぱん!
Imgp0029  

ああ、日本のパンだ・・・・(感涙)



ところで、合間合間にガールズトークとなるわけですが、

その際にいただいたのがこちら。
Imgp0025

私たちのために、作ってくださったのだそう。

こういうのをサラリと作っちゃうところが素敵だなあ。

ちょっと憧れちゃいますね。

ご主人、幸せモノだわー。(←しかも奥様、とっても美人)

私も、ちょっとは近づけるように素敵オーラを浴びなければ。

と、切に思った昼下がりなのでした。

ごちそうさま♪








 

| コメント (8)

2011年2月 9日 (水)

ベランダ復活

うちには狭い狭いベランダが1箇所あります。

どれくらい狭いか、というと、

私はギリギリ寝られるかもしれないけど寝返りは不可能。

なので、プランターや植木鉢を置くと足の踏み場なし。

プランターや鉢には春から秋にかけ、

食べられるものを植えてるので、ベランダっていうか

小さな畑、っていうか・・・素敵度ゼロ。


  

毎年、秋の終わりには、枯れてしまった野菜の根を抜き、

プランターや鉢など洗い、ベランダ掃除をするんですが、

この冬はついついサボってしまい、枯れ果てたみじめな

プランターや鉢が冷たい風に吹かれてました。

もはやみじめすぎて毎日見てみぬフリ。

 
 
 

ここ数日はぽかぽか陽気だし、

チューリップの球根を友人にいただいてきたので

エイッと気合を入れ、ベランダの扉を開けてみました。

枯れた残骸を片付け、土を移し、鉢を洗い、ベランダ掃除。

あー、やっとスッキリ。

で、チューリップを植えてみましたよ。

すでにちょっぴり芽が出てきてるのもあります。

Imgp0018  

普段、野菜ばかり植えてしまうので(←食いしん坊)、

お花ってこういう機会がないとなかなか植えなくて。

おーい、楽しみだぞ~♪

Imgp0019

3色のチューリップ、春には無事咲きますように。

 
 

でもね、うちのベランダ、なんかヘンなんですよ。

植えてるものがちょいちょい季節を間違うの。

朝顔が12月まで咲きつづけたり、

大葉が11月末まで繁ってたかと思うと、

花も実もつけずにパッタリ枯れたり。

同じ苗をお隣さんが育てたものは花も実もつけるのに。

チューリップ、どんなことになるんだろう・・・。

お花が咲いたらまた報告します。

 

土いじりをしてると、春が近いような気がしてきます。

今年は少し、野菜を減らして花を増やそうかな、

な~んて気分にもなってきましたよ。



| コメント (2)

2011年2月 8日 (火)

石井高先生@長崎

福岡在住の友人pekoちゃんからメールをいただきました。

石井高先生に会うため長崎に行ってきたとのこと。

pekoちゃんは昨年、イタリアに遊びに来てくれた際に、

私の大好きな街、クレモナに一緒に行った友人です。

彼女はたぶん、その1度のクレモナ訪問で、

私以上にクレモナ好きになっちゃった人なんです。

pekoちゃんとのクレモナ旅(1) (石井先生の工房編)
pekoちゃんとのクレモナ旅(2) (川や街の景色など、編)

 

クレモナ在住バイオリン職人の石井高先生は

今年の1月半ばから2月半ばまで、長崎歴史文化博物館

で工房を構え、日々バイオリンの修復などを行っておられ、

先日2月6日には同館にてトークコンサートが行われました。

Photo

Photo_2

クレモナの工房の石井先生しか知らない私にとって、

機会があればぜひぜひ1度は見てみたい、

壇上でスポットライトに当たる石井先生。

こんな気持ちを知るpekoちゃんがトークコンサートの様子を

とっても詳しく書いて送ってくれたのです。

ありがとう~~。

 

 

当日、会場は席が足りないほどの大盛況だったそう。

私は石井先生と仲良くさせてもらってますが、

バイオリンに関してはまったくの素人。

クレモナでの縁がなければ石井先生を知ることも、

バイオリンに興味を持つこともなかったでしょう。

なのでどれくらい人が集まるものか、

さっぱり予想もつかなかったんです。

皇太子さまや愛子さまの楽器を作っておられ、

有名なアーティストの方などにも先生のファンは多い。

そういうビッグネームの方々にも、私なんかにも、

対等に接してくださってる、というのが先生の魅力。

誰が相手でも無邪気な少年のよう。

先生のファンは私の想像以上に沢山いるんでしょうね。

 

トークコンサートではバイオリニスト瀬崎明日香さん

石井先生の楽器を演奏されたとのこと。

先生の深い思い入れのある作品のエピソードなども

いろいろ盛り込まれて、とっても楽しかったそうです。

石井先生のストラディバリの話、すごいんです。

普通の人が絶対にできないようなネタをお持ちなので。

 

pekoちゃんは私のために、どこでもドアがあればいいのに、

と思いながら話に聞き入っていたんだとか(笑)

嬉しいなあ。

石井先生、もしもバイオリン作りに飽きたら、

どこでもドアを作ってくれないかなあ。

 

トークコンサートのあと、pekoちゃんが先生に挨拶したら

「博物館内に構えてる工房の写真を撮って、

masamiさんに送ってあげたらどう?」

と先生が言ってくださったって!

Img_4029

Img_4031

石井先生、お忙しいところありがとうございました。

pekoちゃんのおかげで、どこでもドアはなくても

私も長崎に行った気分になれました♪

 

さあ、長崎の皆さん!

まだ石井高の工房に行ってないぞ、という方は、

あと1週間、博物館の工房で先生に会えますよ。

楽しい時間をお約束します。

やっぱりどこでもドアが欲しい、私なのでした。


 

 

| コメント (4)

2011年2月 5日 (土)

NPO法人という制度

NPO法人って、いまけっこう沢山あるんですよね。

「NPO法人」=特定非営利活動法人

私、てっきり利益を追求しない法人なのか、と

浅はかにも思い込んでました。

けど、違うんですね。

NPO法人が儲けることは全然OK。

けど、その儲けは事業に還元しなきゃならない、とのこと。

会社は儲けを出資者(株主など)や社員に分配するけど

NPO法人はそれができない、ということ。

もちろん、その法人で働く構成員であれば働いた報酬は

受け取れるそうです。まあ、それは当然か。

 
 

実は、某”黒い”NPO法人について調べてまして。

なかなか胡散臭いNPO法人で、自治体への苦情や

消費生活センターへの相談も過去にある。

創始者は身辺にトラブルが絶えない人で、

家族や関係法人を次々破産手続きさせ、

いまの代表(=たぶん愛人)宅を事務所にし、

NPO法人という仮面をかぶって高額商品の営業活動。

え??非営利活動法人なのに営業すんの??

って思ったら、なるほど、NPOも儲けOK、という。

 
 

問題はその儲けの話なんですが。

知人がその黒いNPOについての情報開示のため、

認可元官庁を訪れた際、儲けについての質問をしたそう。

NPO法人が利益を得て、

経費を引いてなお余った利益は次の事業のため計上される。

ただし、それがいくらとか、本当に計上されたかどうか、

ということは特に確認などはされていない。

もし、その法人が解散する場合、余ったままの利益は

別の団体などに譲渡される、けどそれを確認はされない。

 
 

要するに非営利活動法人が利益を得たあと、

その利益をどうしてるのかチェックする機能はまったくない。

自己申告にお任せ、というわけです。

そのNPOの場合、以前は「事務管理費」など経費として

諸々の名目で親会社に多額の支払いをしてました。

この親会社は当時から裁判沙汰にもなっている、

とっても怪しく、いい加減な会社だったんですが、

裁判で支払い命令が下った途端、自己破産。

関連会社も問題の度に次々破産させ、経営者は逃避。

その分子のNPO法人だけが営業中。


 

ところで、このNPOの収入源の一部なんですが、

NPOってことで自治体からの援助を受けやすい。

かつては毎年援助を数十万単位でもらってました。

しかもNPOってことで、この団体が催すイベントは

なんだかクリーンなイメージを抱かれてしまい、

一般市民が信用して参加しちゃう。

その結果、苦情があがる。

NPOという看板を掲げて、最近は福祉業界にも

ガンガン営業をしてるみたい。

福祉業界の方が迷惑がってました(笑)


 
 

もちろん、ちゃんとした善のNPO団体は沢山あります。

NPO法人という看板の裏側が善か悪か、嘘か真かを

一般人が見抜くというのは、容易ではありません。

なんのための認可制なんだろ、とつくづく思います。

認可元は認可したあとは放置。

認可の取り消しにはけっこう面倒なステップがあるみたい。

ってことは認可取り消しなんてする気ない??

NPO法とかあるみたいだけど、これって守られてるかどうか

認可後はだれかが審査してるの?

真面目に面倒な法を守ってる団体に対して

認可後は無視して好き勝手にやってるNPOが存在する。

一般市民のための認可なのか、

当該団体のための認可なのか、

NPOの制度をちょっと疑問に思ってしまったのでした。

 

そんなわけでね、「NPO法人」という名だけで安心せず、

個人個人で必ず中味を見極めましょう、って話。

ネットがこれだけ広まったいま、胡散臭い団体は

大抵ネット界のどこかで話題になってるし。

自分で確認しておかないと、法は守ってくれないのが現実。

| コメント (6)

2011年2月 3日 (木)

フシメ。

恵方巻、方位磁石が見当たらず、

自己分析で食べ始めるも、途中で方角間違いに気づき、

ああ、でも食べ終わるまで喋れないのよね。

ジェスチャーで、「そっちじゃない!もっとあっち!」って。

なんだかヘンだけど美味しい節分でした(自画自賛)

ああ、節分あけて、もう立春なんですね~。

吐く息が見えなくなる日が待ち遠しい!

 
 
 

先日、義母から写メが届きました。

10月に閉店した店 はその後、買い手が見つかり売却。

買い手の方がそこで新しい商売をされるようで、

一度更地にして準備をするらしく、

38年の思い出がつまったお店がとうとう、

110125_082901

更地になっちゃった!

 
 

義母は日常的にここの前を通るので、

更地になる前、解体工事のお知らせの貼紙を見て、

「私の筆跡じゃない貼紙に切なくなった」と言ってました。

長年、催しや臨時休業など、義母の字だけで書かれてたから。

そして解体工事が始まって、とうとう更地に。

もう手放したから仕方ないんだけど、

手放したことを実感して、なんとも言えない気分みたい。

「これから新しい建物が建ってしまえば、

きっと吹っ切れるはず」、ともうしばらく店での思い出を

噛み締めているようです。


 

私はいつもと変わらない、普通の日々ですが、

義両親にとっては新しい人生の節目、なんですよね。

私の友人たちにも、結婚・もうすぐ出産、転職など、

新しい人生の節目を向かえている方が複数います。

のらりくらりとここで変わらず料理したり裁縫したり

PCに向かっていたりする自分も、

ちょっとだけ変わりたくもある、変えたくもある、

そんな気分の節分の夜なのでした。

 

| コメント (2)

2011年2月 1日 (火)

KIKO

散歩しつつ、KIKO に立ち寄りました。

KIKOはここ数年、イタリアで人気のお手頃コスメの店。

ミラノ発のお店らしいですね。

ミラノに数店舗、他、イタリア国内いろんな街にあります。

いままでは肌に直接付けるものは冒険せず、

マニキュアくらいしか試してませんでしたが、

これまで使ってたファンデーションのケースが壊れ、

残量も少なくなってきたので、

この機にファンデーションを買ってみることに。

ついでに半額になってた口紅もゲット。
Imgp0008_2

【ファンデーション FIX WET & DRY10g】
         12.50euro(約1400円)→9.90euro(約1110円)
【口紅 CREAMY 3ml 】
          5.90euro(約660円)→3.00euro(約340円)

安っ!!

そうなんです。安すぎて、心配になって戸惑う、ってパターン。

値引き前の定価でも十分安い!


 

このシリーズのファンデーションは6色ありました。

イタリア女子は夏場はみんな松崎しげるになっちゃうので

濃いほうの2色は無視。

薄いほうの2色は、けっして色白ではない私には・・・。

その昔、入社試験の面接で「キミ、日焼け?地黒?」

という失礼な異例の質問をされた私ですのでね。

というわけで中間色のうちの1つを買いました。

 
 

もともと、あまり濃い化粧は好きではなく、

できればファンデーションもしたくない派なので、

失礼になっちゃいかん、という時以外あまり塗りません。

(オトモダチの皆さん、いつも見苦しくてごめんなさい。)

いかにも塗ってる、という感じは好きではないので、

顔中央のそばかすが少々バレにくくなる程度でOKです。


 

このファンデーション、かなり軽い感じで、

塗ってる感じがしないし、

匂いも全然化粧臭くないし、さわやかです。

そばかす隠すにはもうひとつ薄い色でもよかったかな。

 
 

ちなみにKIKO、けっこういろんな商品が今バーゲン価格。

KIKOが気になってる方は、いまがチャレンジ時かも♪

お店はオープンな感じで入りやすいし、

店員さんもイタリアにしては愛想いいので、

観光客の方もお買い物しやすいかもしれないですね。

 

 

ちなみに・・・「キミ、日焼け?地黒?」の質問には正直に

「地黒ってほどじゃないですが、色白でもありません。

夏はけっこう外にいたので日焼けもしてます。」

と答えましたとさ。

色白、憧れますね。

| コメント (4)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »