« KIKO | トップページ | NPO法人という制度 »

2011年2月 3日 (木)

フシメ。

恵方巻、方位磁石が見当たらず、

自己分析で食べ始めるも、途中で方角間違いに気づき、

ああ、でも食べ終わるまで喋れないのよね。

ジェスチャーで、「そっちじゃない!もっとあっち!」って。

なんだかヘンだけど美味しい節分でした(自画自賛)

ああ、節分あけて、もう立春なんですね~。

吐く息が見えなくなる日が待ち遠しい!

 
 
 

先日、義母から写メが届きました。

10月に閉店した店 はその後、買い手が見つかり売却。

買い手の方がそこで新しい商売をされるようで、

一度更地にして準備をするらしく、

38年の思い出がつまったお店がとうとう、

110125_082901

更地になっちゃった!

 
 

義母は日常的にここの前を通るので、

更地になる前、解体工事のお知らせの貼紙を見て、

「私の筆跡じゃない貼紙に切なくなった」と言ってました。

長年、催しや臨時休業など、義母の字だけで書かれてたから。

そして解体工事が始まって、とうとう更地に。

もう手放したから仕方ないんだけど、

手放したことを実感して、なんとも言えない気分みたい。

「これから新しい建物が建ってしまえば、

きっと吹っ切れるはず」、ともうしばらく店での思い出を

噛み締めているようです。


 

私はいつもと変わらない、普通の日々ですが、

義両親にとっては新しい人生の節目、なんですよね。

私の友人たちにも、結婚・もうすぐ出産、転職など、

新しい人生の節目を向かえている方が複数います。

のらりくらりとここで変わらず料理したり裁縫したり

PCに向かっていたりする自分も、

ちょっとだけ変わりたくもある、変えたくもある、

そんな気分の節分の夜なのでした。

 

« KIKO | トップページ | NPO法人という制度 »

コメント

土地は売れたらあっという間なんやね。
38年は長いね。
歴史の1ページって感じ。
ほんと、お疲れ様でした。

うちもダンナの実家、売りに出してるけど、ぜーんぜん見向きもされんよ。
たぶん、うちの実家も売りに出しても同じやろな。
税金ばっかり払いよるよ。

投稿: めい | 2011年2月 4日 (金) 08時37分

>めいさん
実は店を閉める前から売りにだしてたと。
売れたら店をやめよう、って。
結局売れるまで4年くらいかかったとよ。
途中、値下げしたりして、売れるまで粘って。
店先に「売ります」とかはさすがに書いてなかったけど、
いざ売れて、ご近所に報告にまわったら隣が
「え!売りにだしてたの?知ってたらうちが買いたかった!」
って言ってたみたい。
たつお兄の実家も買い手が見つかるといいね!

投稿: masami | 2011年2月 4日 (金) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KIKO | トップページ | NPO法人という制度 »