« 150歳のイタリア。 | トップページ | 祝・納豆100回 »

2011年3月20日 (日)

ミラノのチェントロにて

Imgp0002

久々にミラノのチェントロ(中心街)に出ました。

もともと人ごみが苦手なのに加えて、

日本の地震以降はあまり賑やかなところに行く気が起こらず、

などなどの理由から、チェントロへは1ヶ月以上ごぶさた。

今日は夕方、このドゥオモにて、

日本の震災の犠牲者、被災者、また命をかけた復旧活動などへ

祈りを捧げるミサが行われる、とのことで出かけました。

国民の多くがカトリックというわけでもない日本に対して、

こうして大々的に、しかもドゥオモでミサ、とは有難いです。

在留邦人、観光などで訪れてる邦人など、多くの日本人とともに

とても沢山の、イタリア人をはじめとする様々な国の方が

日本に向けて祈ってくださいました。

日が暮れてくる時間、教会の中はとても冷え込んで、

「避難所の方々って、こんな寒さに24時間耐えてるんだ・・」

とか、考えてしまいました。

 

飢え・寒さ・燃料・原発・住むところ・仕事・お金・・・、

切実な問題が山積みの被災地と、被災者の方々。

せめて、せめて、早く、分断されたご家族同士、

お互い居場所だけでもわかりますように。

行方不明のご家族との再会が、もしかしたら、

最悪の結果で、という方も少なくないでしょうが、

それでも、とにかく家族みんなの、愛する人々の、

消息がわかり、前に向かって進み始められますように。

と、私はそんなことを考えながらミサの会場にいました。


 
 

ミサが終わるころにはとっぷり日が暮れ、

ステンドグラスが、逆に中から外に、美しく照らされてました。

暗い時間、教会内である程度の照明があるときじゃないと、

こういうの見られないんですよね。

初めて見ました。すごくキレイ・・・!

Imgp0012

ついでに、ガレリアの中央の天井も、

イタリア150周年バージョンでキレイ!
Dscf9151

Imgp0003

節電、節電、節電。

過度な照明に違和感や嫌悪感を抱いてしまうこの頃でしたが、

今夜のこのドゥオモとガレリアの照明には、正直癒されました。

 
 
 

ミラノからのみんなの祈りと、癒しの光が、

わずかでも、日本に届きますように。

« 150歳のイタリア。 | トップページ | 祝・納豆100回 »

コメント

夜のドゥオモも美しいねshine

こんなすばらしいところで日本のために祈りが捧げられたことに心から感謝しています。感動しています。

昨日80歳のおばあさんと孫の16歳の男の子が9日ぶりに救出されたことも、ふたりのがんばりと
多くのひとの尽力と世界の人々の祈りのおかげたと思う。
きっとまだ救出される人はいると信じています。

投稿: akika | 2011年3月21日 (月) 05時03分

>akikaさん
ミラノのドゥオモ、ここに住む前から、何度も何度も
見る度に、美しさにうっとるするけど、
この夜の、外からステンドグラスが見える眺めは格別。
ミサの最中、教会の中でお焼香みたいなのもあって
(参列者が多くて全員に機会はなかったけど)
煙が上へ上へ・・・幻想的でキレイでした。
なんかその煙と天井を見ながら、日本を想ってました。

そう!そのおばあさんとお孫さんのニュース!
イタリアでもTVで紹介してたよ!
1人じゃなくて、2人だからこそ、っていうのもあるだろうし、いろんな意味で感激しました。
このおふたりは、被災者・救助活動者・見守る私たちなどにとっての「希望」だよね!

投稿: masami | 2011年3月22日 (火) 01時13分

このドゥオモでミサがあったとは聞いていました。
とてもありがたい事ですね。
こういう活動でイタリアの多くの人に、より日本への支持に繋がってくれると嬉しいですね。

私も祈っています。今回の出来事で苦しんでいる人達に。
そして原発の収束を願っています。
どんな宗教であれ、人間の幸せや苦しみに対して祈る心は同じですね。
ありがとうドゥオモ。

投稿: batanosuke- | 2011年3月22日 (火) 20時20分

癒されました。
本当に癒されました。
ありがとう。

投稿: なた~しゃ | 2011年3月22日 (火) 23時23分

>batanosukeさん
募金と祈ることくらいしかできない私たちには
こうして、同じ想いで祈る人たちがこんなにいるんだ、
ってことを実感できた、いい機会でした。
ミサの開始前、会場の係員のイタリア人の方々が
我々日本人参列者に、とても親切に誘導してくださり
なんかホロリときました。
ああ、私たちのためのミサなんだな、と。

原発の問題は、問題解決とともに、いまこそちゃんと日本が向き合わねばならないことですね。
私も、原発は日本には安全が約束されるのならば
仕方ないものなんだ、と長年思い込んできました。
でも、国民一同、これを機にちゃんと学んで、自分の考えを持ち、述べるときなのでしょうね。

不謹慎だけど・・・batanosukeさんのコメントの
最後の一行を「ドゥオモありがとう」とついつい
うっかり読んでしまいましたー。あは。

投稿: masami | 2011年3月22日 (火) 23時36分

>なた~しゃさん
ありがとうございます。
日本国民皆、非被災者であっても、ついつい
気分が落ち込みがちではありますが、
まずは非被災者の私たちから、
元気を出して、お財布出して、食べて、買って、
経済を回していかなきゃならんのだ、
引きこもってちゃいかんのだ!と思いました。
うちらが東北の方々のぶんまで、日本を引っ張らねば!
がんばりましょう!元気だしていきましょう!

投稿: masami | 2011年3月22日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150歳のイタリア。 | トップページ | 祝・納豆100回 »