« 亀とか美術とかの春 | トップページ | ファブリーズ »

2011年3月 9日 (水)

6度目の正直

昨日3月8日は「世界女性の日」でした。

日本では独自にホワイトデーが盛り上がってるため、

3月8日って全然有名じゃなくて、訳されかたもさまざま。

「世界」の代わりに「国際」とか、

「女性」の代わりに「婦人」とか、

「日」の代わりに「デー」とか、

テキトーに入れ替えて、好きなように呼んでる感じ?



 

それはさておき、

この日のイタリアは、女性に贈るためのミモザの花束で

花屋さんや、駅付近(花売りが多数)は黄色が溢れます。

つまり、この日は、ご亭主がたがどこへ行こうが、

「嫁にミモザを買って帰れよ。」

という無言の圧力で溢れているわけです。

 
 
 

が、その圧力に屈することなく、我が夫は過去5回、

すべてスルーしてきたんです。

私が黄色の花が大好きだ、ということを知りながら。

さすがにこちらも期待するのは虚しいので、諦めました。

で、今年は自分が女友達にプレゼントすることに。

花って、もらうのはもちろん大好きなんですが、

贈るのも大好きなので、ま、いいかな、と。

たまたまこの日に友人宅にお邪魔することになってたので

近所の花屋さんで1束購入。

彼女のご主人が買って帰るであろう花束よりも

ゴージャスだったりするとマズいので、一番小さなものを。

で、花持って電車に乗って。
Imgp0017_2

花束持っててくてく歩いて。
Imgp0019

小さくても、花束を持って歩くのって嬉しいんですよね。

時々、香りを楽しんだりしつつ。

とってもウキウキします。

 
 

友人はとっても喜んでくれ、

彼女の家で一緒にパン作りをしたのですが、

完成後に、なぜかパンとミモザの花を持たされ、

写真を撮ってくれました・・・(爆)

残念ながら、彼女のカメラだったので、手元にないけど。

 
 

そんなこんなでミモザの花を楽しんだ日の夜、

なんと、なんと、6度目にして初めて!

夫がミモザの花束を持って帰宅。

「買って帰らないと、また怒られる、と思って。」

って・・・・怒るって、ねえ(笑)

皮肉まじりにボヤくだけでしょ。

そんなわけで、6年目にしてまた一歩成長した夫でした。

ありがとうございました。

Imgp0034

 

毎年この花を見てると、春なんだな、と毎年実感します。

今年は家にいながら眺められて嬉しいな。

 

« 亀とか美術とかの春 | トップページ | ファブリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀とか美術とかの春 | トップページ | ファブリーズ »