« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

東京下町紀行(浅草)

下町紀行最終回です。

東京人の夫が「浅草に行ったことがない」とのことで、

浅草方面に行くことにしました。

外国人や地方人にとっては定番の町だけど、

意外と東京の人は行かないのかもね。

 
 
 

浅草に行く前に、上野に寄り道。
Imgp0071

わ~!実は私、今回がアメ横デビューでした。

 

少し歩くとこんな碑が。
Imgp0072

 
 

さて、浅草・・・の前に、かっぱ橋道具街に寄りました。

Imgp0078

業務用から家庭用まで、キッチン用品がずら~り。

普段からキッチン用品のお店を覗くのが大好きなので

普通にテンションがあがります♪

いろいろ持って帰れないのが残念。

 
 

クッキーの型がいっぱい!
Imgp0082


業務用?昔話に出てきそうなかまど。
Imgp0085

 
 

商店街の軒下の看板が、妙に可愛い。
Imgp0083


 

ところで、このかっぱ橋。

その名の通り、かっぱ伝説があるらしい。

商店街近くのお寺にはこんな場所も。
Imgp0087

商店街には金ぴかカッパの河太郎(地面にも注目)。
Photo


 

エコ運動のキャッチコピーもカッパ目線。 
Imgp0098

 
 

かっぱ橋を楽しんだあとは、いよいよ浅草寺。
Imgp0106

が、ここまで寄り道しすぎて、仲見世はほぼ閉店する時間。

ならば、吾妻橋からアレを見よう!
Imgp0113  

浅草寺の境内からスカイツリーを見上げるのはミスマッチだけど、

これはなかなか面白い景色ですね。


 

下町めぐりの締めは・・・

Photo

お好み焼き&もんじゃ♪

 

結婚するまでは、東京には冷たいイメージを持ってました。

昔は仕事で行ってたものの、すぐに福岡が恋しくなる!

そんな、どちらかといえばあまり好きではない街でした。

でも、まだまだ昔ながらの人情が沢山残ってることを、

身をもって感じることができる街なんですよね。

今では主人の実家に帰って、ご近所に挨拶回りをするのが、

妙に楽しみのひとつでもあります。

今回の下町めぐり観光を通して、ますます東京の魅力を

再発見できたのが嬉しいいな。








| コメント (5)

2011年6月28日 (火)

東京下町紀行(柴又)

大好きな寅さんに会いに、柴又へ行ってきました。

早速!駅前で寅さんと待ち合わせ(笑)
Imgp0032

ねえねえ寅ちゃん、まずはどこに連れてってくれるの?

 

やっぱ、ここでしょ!
Imgp0068

 

で、当然コレでしょ!
Imgp0034

 

ここ、とらやさんは「男はつらいよ」の1作~4作の

ロケが行われたお店(以降は撮影所セットを使用)。

映画を見ながら一度食べてみたい、と夢に見たお団子!

やっとこの瞬間が訪れましたな。

予想を超える草団子の美味しさに、ニヤリ。

ちなみに団子を作って売ってたのは、

おいちゃんでもおばちゃんでもなく、お兄さんお姉さん。



お団子のあとは、帝釈天へ。
Imgp0038

源公が掃除してたのはこの辺か??などと考えつつ、

境内をぶらぶら。御前様がいまにも現れそう。

参道の商店街は想像より小さくて、

帝釈天は想像より広かったんだな。

映画のシーンと現実の風景がつながる瞬間って、

なんとも言えない、大好きな瞬間。

 
 

帝釈天の裏手には寅さん記念館 が。

ここには、5作目以降に使用したくるまやのセットが

移設されてたり、寅さんの衣装、寅さんのカバンなど、

寅さんワールドと昭和がいっぱい。

 

くるまやの居間から店への眺め。
Imgp0044

 

寅さんのカバンの中!
Imgp0054_2  

 

中庭にある、石製のカバンと帽子。
Imgp058_3


男子トイレのマークが寅さん!
Imgp0060_2

 

自販機にも、こっそり寅さんグッズが隠れていたり。
Imgp0061

ともかく、寅さんファン必見、の記念館でした。


お昼はやっぱり、参道のとらやにていただきましたが、

すっかり改築してしまったとらやさんの店内の一部、

当時のオリジナルのまま、という場所もあってプチ興奮。

映画の「くるまや」は団子屋さん色が強かったけど、

実際、いまの「とらや」はお食事処の店先で団子売ってる、

という感じかな。

 

ところで、義父は大昔、渥美清さんと電話で話したらしい。

ラジオの企画だかなんだからしいけど。

寅さんが好きすぎて、勢いで渥美さんに、

「娘が生まれたら”あつこ”、息子なら”あつし”にする」

と宣言しちゃったんだとか。

残念ながら、わずかに先を越した親族に、”あつし”を

先取りされて、叶わなかったらしいけど。

最近は家で寅さんのDVDをバリバリ観てるそうな。



さて。私はお昼の後も、寅さんの時代を感じつつ、

柴又ぶ~らぶらして、下町情緒を楽しみました。

Imgp0069

日焼けのなすびはなかったけれど、

きゅうり丸ごとの浅漬け、サイコーだったー。


 

| コメント (6)

2011年6月27日 (月)

東京下町紀行(巣鴨・駒込)

1週間ほど、ネット遮断生活を送りまして、

昨日九州の実家に戻って参りました。

滞在してたのはたしかに首都東京だけど、

今回は特に昭和の香りを堪能できる場所を

主に楽しんできました。


おばあちゃんの原宿、巣鴨!
Imgp0129

ここ、巣鴨地蔵通り商店街は毎回必ず歩く散歩コース。

この日(6月24日)は縁日で、人も出店も多く、

いつもの散歩とはまた違う景色でしたよ。

ちなみに毎月4日・14日・24日が縁日。

 

ザ・昭和!な金魚屋さん。
Imgp0132
暑~い日でしたが、この金魚たちを見てると、涼めます。

巣鴨って、「おばあちゃんの原宿」というキャッチフレーズが

あまりに有名ではありますが、私世代でも十分に楽しめる、

そんな商店街かな、と思いますよ。

ほんと、大好き!

 
 

巣鴨のお隣、駒込にも、こんな味わいある公園が。
Imgp0152

 

なんだか懐かしカワイイ石碑。
Imgp0150


こんな昭和な公園もあれば、災害時の設備がばっちり整った、

新しくてキレイで広々した公園もあり、

これまたお気に入りスポットになりました。

リハビリ中の義父の、散歩コースなんだそうです。
Imgp0121

芝生の上で裸足で遊ぶ幼子を眺めながら、ふと、

福島の子供たちがこうして裸足で遊べる日は、

果たして戻るんだろうか・・・などと考えてしまいました。

まったく、庭もよく見渡せないような上座敷に座って

足の引っ張り合いをしてる場合じゃない、っつーの!

と、叫んだところで、この国の上座敷は防音完備なんだろな。


東京下町紀行、もうちょっと続きます。

| コメント (0)

2011年6月19日 (日)

大濠公園&明太子パスタ

夫が6年ぶりに日本に帰ってきて、

九州にも上陸したので、福岡を案内しました。

大雨の日~、なんですけどね。

天神で所用を済ませ、大濠公園へGO。

公園好きとしては、外せない場所です。

Imgp0008

学生時代はここを走ったり、散歩したり。

クラスメイトたちとお花見もしたなー。



 

大濠公園近くの有名パスタ屋さん「らるきい」。
Imgp0013

有名、と言いつつ、実は知りませんでした。

王さんなど、ホークス関係の方々御用達なんですってね。

ユニホームやボールなどが飾られてました。

Imgp0012


 

もちろん、イタリアでは食べられないあのパスタを!
Imgp0011
明太子と青ジソ!


東京でも今は明太子パスタを食べることはできるけど、

東京の明太子パスタと福岡の明太子パスタは

全然レベルが違います!!

ホントよ!

福岡はどこのお店も、明太子パスタのレベルが高い。

生の明太子をぜいたくに使った感じ、これ重要。

 
 

いかんいかん。

福岡人は明太子とかラーメンを語りだすと、止まりません。

このあたりで自重。

さて、これから東京に行ってきます。

1週間の予定ですが、東京の実家ではネットができないので

ブログも、メールも、しばらくドロンしますので、よろしく。

| コメント (4)

2011年6月18日 (土)

ところてん

涼しげな食べ物、ローカロリー、満足感。

と、いえばやはり「ところてん」。

数年前に購入したテングサが大量に残ってたので

(賞味期限って、いつなんだろう・・・汗)

今回の滞在中はところてん作りを度々やってます。


水に洗ったテングサを入れ、ぐつぐつ20分ほど。
Imgp0002_2


テングサを濾して容器に入れて冷ますだけ。
Imgp0003_2


 

か~んたん!

おいしい~!

本当は煮込むとき、酢を入れるらしいのですが、

うちでは母の希望で酢は入れずに作ります。


 
 

冷蔵庫でしっかり冷ましたら、

ところてん突きでちゅるり~ん♪

Imgp0001_3

夫が「ところてんは嫌いだ」と言うので、

日本滞在中にところてんを飽きるほど食べますよ。







| コメント (1)

2011年6月16日 (木)

こくらインフォメーション

先日、閉店セール中のトルコショップに行った際、

同じフロアに「こくらインフォメーション」というのを発見。

小倉の観光案内所かなにかかと思いきや、

海外旅行のガイドブックがずらりと並んでたので、

ちょっと入ってみました。


写真、ブレちゃいましたが、地球の歩き方がほぼ全巻。
Imgp0001

他にも・・・ 

いろんな言語の辞書
Imgp0003

英語・中国語・韓国語を学ぶ人向けの雑誌や書籍。
Imgp0004

日本語を学ぶ外国人向けのテキストや書籍。
Imgp0002

英語の一般書籍(小説など)。
Imgp0010


英語の各国ガイドブック、ほぼ全世界制覇ぶん。
Imgp0005

これらの書籍は、貸し出しも行ってるんだそう。


 

その上、なんと!

英字新聞・韓国語新聞・中国語新聞のバックナンバー。
Imgp0006
Imgp0008

これら新聞は「ご自由にお持ち帰りください」って!


イタリア語学習者向けのものがないのは残念でしたが

(学習者人数が少ないから仕方ないけど)

いろんな情報がここでは揃ってました。

 

 

北九州市八幡東区にある、国際交流センターの分館、

とのことなんですが、私なんかは八幡より小倉のほうが

行く機会が多くて便利だし、

パスポートセンターや、旅行用品グッズの店の並びに

こんなガイドブック充実の場所があると、便利ですよね。

でも、意外と目立たないので、うっかり見過ごしがち。

図書館ほど、人の出入りが激しくないので、

ガイドブックはほとんど出払ってることも少なそうだし、

なかなか穴場なのではないでしょうか。

Imgp0012

インフォメーションのお姉さんに聞いたところ、

ここにこういう施設があることがあまり知られてなく、

利用者はとっても少ないようです。

英語などの外国語を格安で教えてくれる、というような

掲示板の貼り紙もあったりして。

もし、次回以降、実家ベースに海外旅行に出かける際、

ここを利用するのもいいな、と思ってます。


| コメント (8)

2011年6月15日 (水)

買い物@トルコショップ

以前、日本に住んでた頃に知り合って、

仲良くさせていただいてたトルコ人さんの雑貨屋さんが

あと数日で閉店と知り、バタバタと出かけてきました。

そういえば、いつもお喋りだけで、

このお店で買い物をしたことがなかったな、と思いつつ

最後だから何か買おう、と。

Imgp0015

閉店セール中なので、30%オフとか、50%オフとか、

お買い得品目白押しなのですが、

素敵な陶器やガラスや絨毯はイタリアに持って帰るのは

ちょっと難しいですもんね。

なので、小物をいろいろ見てました。



 

いろいろ考えて、これをチョイス。

Imgp0017
Imgp0018_2

写真や絵、本など、立てかけるもの。

(ちなみにこの本は私の数年来のお気に入り、

「ティファニーのテーブルマナー」。)

 
 

あと、こんな小物を。

Imgp0019_2

コロコロミニポーチと

コロコロローラー携帯用(笑)

コロコロするぞー。


 
 

このお店、 アートチューリップは6月19日までとのこと。

小倉のAIM2階、パスポートセンターのあるフロアです。

閉店セールに興味がある方は、大急ぎでどうぞー。


 

| コメント (0)

2011年6月14日 (火)

三つ子の魂・・。

相変わらず、実家なので、ついつい夜中にいろいろと

自分の部屋でガラクタ探しをして遊んでしまいます。

学生時代のノートとか面白かった。

あまり真面目に勉強してないのですが、

なぜか、強く魅かれた「法学」の授業。

遺産相続と離婚協議の部分だけ、ノートを残してる自分(笑)

なぜなんだ??

将来ドロドロしたときに役に立てようと思ったんでしょうかね。

 
 
 

昨夜は小1から高3までの通知表も発掘。

Imgp0002

 

先生が書いてることが、そっくりそのまま今に当てはまる。

小学校2年
Imgp0003_2
いつも友達がきまっているようですが、誰とでも

つき合えるように、友達のわを広げたいと思います。 

自分から人間関係の輪を広げることに億劫になりがちな自分。

人の好き嫌いがはっきりしてるのは、この頃からだったのね。
 
 

小学校4年 
Imgp0004_2  
人がよすぎ。

・・・って(爆)子供のくせに、なんなんでしょうねー。

人がよいというよりは、お節介で世話焼きな子でした。

大人になって、そういう仕事(サービス業各種いろいろ)を

して、散々「善い人」の仮面をかぶってきたので、

いまはプライベートではあまり善い人ではないかも。

その点は反省すべき点ですね。

ほどほど、中間を目指さねば。

 

中学1年1学期
11

中学1年2学期
12

2学期に期待されたことを、2学期も裏切った、的な?

自分で言うのもなんですが、中学時代までは自分のこと、

そんなに勉強できない、とは思ってなかったんですけどね。

(そもそも、その自覚のなさが問題??)

学習態度を反省しろ、って・・・いったい私、どういう??

真面目に学校行って、真面目に授業受けてたはずなのに。

妙に気になりますね、これは。

しかし、そっくりそのまま、イタリア語を勉強する今の自分の

耳が痛いような言葉です。

| コメント (2)

2011年6月10日 (金)

チェリー味が好き。

イオンの中の、輸入食品店にて久々に購入。

Imgp0003

日本に住んでたころ、よく遊びに行ってたトルコ雑貨屋さん

いつもごちそうになってたソフトキャンディー。

とっても気にいって、自分でも買ってきて、

欠かさず自宅に常備してました。

そして今回、やっぱりまた買ってしまった・・・・。

でも、ソフトキャンディーって、やっぱり歯科治療中は

ちょっと食べづらかったりしますねー。

ちなみに私は特にチェリー味が好き。

チェリー味って、ちょっと青梅っぽい味だよね。



 

チェリー味といえば、ちょっと前に友人に教えてもらった、

このtictacイタリア統一150周年記念バージョン。

Tictac

この中の赤いのがチェリー味。

好きなチェリーをどういう配分で食べるかが悩むところ。

食べたい衝動を抑えつつ、最後まで残すべきか、

バランスよく、3回に1回程度はチェリーを食べるのか。

いや、もう本気で真剣に考えてます(笑)

150周年記念じゃなく、普通のtictacで1箱全部チェリー、

ってヤツを買ったんですけどね、色が白だからでしょうか

なんかチェリー味としての主張が弱いような気が。

ちょっと違う気がして残念な気が。

色は関係ないんじゃないか?いや、関係大アリなのか?

同じメーカーの、同じ味なので、大差はないんだろうけど、

味わいに視覚って重要だ、と改めて思い知るのでした。
 

| コメント (4)

2011年6月 8日 (水)

博多駅の屋上にて。

母校へ行った日、ちょっと時間があったので、

博多駅の探索をちょこっと。

月曜日の午前中、ということもあってか、

さほどの混雑もなく、ぷ~らぷらできましたよ。

屋上庭園がなかなかいい、と聞き、屋上へ。

あ!汽車ポッポ!

Imgp0005

椅子に座って、ぽけ~、っとしながら汽車を見てると、

ちびっこだけじゃないんですね。

おじいちゃん・おばあちゃんの団体さんが乗車してました。

ちょっとカワイイ。

 

 

屋上からの見晴らしもサイコー♪

真夏はちょっと辛いかな。

でも、椅子・テーブルの休憩所は屋根付きでしたよ。

風通しがいいときはいいですね。

下のお店で買ってきた美味しいお持ち帰りフードを

屋上で食べてる人も多かったし、こういう場っていいですよね。

 
 

鉄道神社、ってなんだろう~。

Imgp0004

参道のお店をチラチラ見ながら進んでいくと、

小さな祠のある広場に。

その広場の真ん中に、こーんなカワイイ九州が。
Imgp0006

いや~ん!カワイイよお~♪

お顔が見たい!

Imgp0007

な、なんだか迫力のあるお顔なのね・・・!

その一生懸命なお顔をもっとアップで、

下から煽って撮りたいな!と下から撮ったら・・・・・

やだ~!!!

Imgp0008

きゃー!ごめんなさいっ!!

 
 

屋上にはかわいいドッグランもありました。
Imgp0009

だ~れもいない。

なかなか日ごろ混雑してる博多駅に、わんちゃん連れてきて、

って、躊躇しますもんね。

けど、こういうスペースがあるのは、なごみますね。


 
 

さて、そろそろ時間、と下に降りつつエレベーター前に行くと

自分の姿が映るモニターがEVホールにあったりして。

お~い!!

Imgp0010

モニター背景の色がいろいろ変わったり、

イラストや光が出てきて、ちょっと嬉しい自分撮りコーナー。

 

まだまだ楽しいスポットがたくさんありそうな博多駅。

続きの探索は次回の帰省時かなあ。

広い世代が遊べる駅って、なんかいいな。

| コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

マンデルのエクレア

母校に行ったら、ぜひ寄りたい、と思ったのが、

マンデルというケーキ屋さん。
Imgp0025

実は以前、このブログにも書いたことがあります。

「エクレア食べたい!!」

もう20年以上食べていない、懐かしいあのエクレア。

高校時代、初めてここのエクレアを食べた瞬間の

「美味しい~~!」の記憶はいまも鮮明です。

早く行かなきゃ売り切れちゃう、と思いつつも、

場所がちょこっと変わったようで、探すのに少々手間取り、

やっと到着です。

 
 

あった~♪
Imgp0023

真ん中の段の手前、ラップがかかっているのがそのエクレア。

やはり懐かしいこの味を求めて、遠方からも求めに来る方が

多いのだとか。感動の再会です。

いろんなものの材料がこれだけ値上がりしてるのに、

このエクレア、当時と10円しか変わらず、今は60円。

嬉しすぎる価格ですね。

帰宅後食べるぶんと、帰りに歩きながら食べるぶんを買い、

るんるん♪と帰宅してエクレア三昧してます。


ちょっと小ぶりなので、いくつでも食べられる♪ 
Imgp0001


黄色くて、美味しいカスタードたっぷり♪
Imgp0002


ごちそうさまでした。

次の帰省のときにも、まだ元気にお店を続けてください。


マンデル洋菓子店
住所:福岡市城南区鳥飼5-2-39(地図)
TEL:(092)831-2735
営業時間:9:00~20:00(土祝日は18:00まで)
定休日:日曜日
駐車場:あり(店舗前)

| コメント (8)

2011年6月 6日 (月)

母校を訪ねて。

今回の帰国で、絶対に行く、と決めていた母校の女子高。

部活の顧問の先生や、現役の子たち、

汗を流した場所、新しくなったという校舎やその周辺、

そしてもろもろの想い出の場所をぜひ訪ねたい!と。



 

数年前から地下鉄で近くまで行けるようになったけれど

あえて当時通学につかってたのと同じバスで。

早く着きそうなので、1つ前の停留所で下車し、寄り道。

短大時代、私のいままでの人生で唯一のひとり暮らしを

経験した想い出深いアパートの場所へ。

まずびっくりしたのが、数年前に開通した地下鉄の新しい駅が

私の住んでた一角のほんとうにすぐそばに出来ていて、

周囲にマンションが増えていたこと。

当時すでに築数年経ってたし、あれから20年以上、

もうあんな木造アパートなんてないかもなあ・・・と思ってると、

あった!!!!

Imgp0012

この柵のサビっぷり!!!

年月を感じます。

私の部屋はこの2階手前の角部屋。

感激と懐かしさいっぱいで見上げている間じゅう、

どうやら妙な熱視線を出してしまっていたようで、

現在の住民さんがササッとカーテンと閉めました(笑)



 

そこから歩いて、短大へ。
Imgp0014

奥の茶色の背の高い校舎は、私の卒業と同時に完成。

なのでまったく思い入れのない一部分でして、

なのに、当時は新しく、見栄えがいいからか、卒業アルバムに

ど~んと載ってたので、ずっと違和感を感じてました。

でも、いざ自分が母校を撮ろうとカメラを向けたとき、

なぜか思い入れのないあの校舎を入れちゃうんだな。

見栄っ張りなのね。ちょっとでも母校を立派に撮りたーい。

 
 
 

そこからさらに住宅街を通り抜け、高校へ。

噂には聞いていたけれど、当時のおもかげのまったくない、

立派な校舎がドーンとありました。
Imgp0022

うきゃ~、キレイ~!

建て替えて見違えるので、母校という感じがしません。

で、いきなりまさかの迷子に・・・。

玄関が分からず、生徒の下足箱のある出入り口から入り、

なぜか自分の靴を手にもち、キョロキョロ・・・。

すっかり不審人物。

そこに声をかけてくださった女性の先生が。

恩師に会いに来た卒業生、という旨を伝えると、

恩師の所在を確認してくだり、スリッパを貸してくださって。

優しいなあ~。嬉しさでニヤケて、不審度UP。

残念ながら恩師は早退して不在でしたが、

「せっかくですし、新校舎を案内しましょうか?」

えええ~、いいんですか??ぜひっ!

とお願いし、学校見学。

ステキな学校になってました!

 
 

音楽室
Imgp0015
ちょっとしたミニコンサートなんかができそうな空間。

 

調理実習の師範室
Imgp0019
調理実習に力を入れている学校なので、昔から

調理実習室に隣接した、階段教室でまず講義があり、

その後実習、という流れでした。

さすが、現代は前方に大きなモニターがあり、

先生の手元がアップで見ることができるんだそうです。


 
 

学食前の・・・
Imgp0018
ええええ~!「放課後スイーツ」って!

どれでも100円て!!

学食では放課後ソフトクリーム食べてる子たちが数人。

これは・・・・・高校生に戻りたくなるじゃないかー!

女子高っぽくて、ステキな響き、「放課後スイーツ」!

ちなみに私が高校時代に好きだった30円のコロッケは

いまは40円だそうですよ。

 
 
 

初対面のその女性の先生に案内していただきつつ、

お喋りしていたところ、ななな~んと、私とその先生が

同じ短大の同級生だということが発覚!

共通の友人の話などで盛り上がりつつ、

新校舎を堪能いたしました。

先生に教えていただいた、可愛い記念品を売店でGET!
Imgp0026
母校の制服を着たキティーちゃん!

当時とは制服がちょっとデザインが違うけど、

いいんです、いいんです!

母校の校章(パッケージ左上のお花マーク)大好き!

同級生のF先生、本当にご親切にありがとうございました。

 
 
 

新しい校舎、あ~、私もこんな高校で勉強したかったわ、

なんて言いながら、教室よりもうんと思い出深い体育館へ。

ここは昔のまま。変わってないですね~。
Imgp0021


この奥のほうで、我が後輩たちが練習をしてる、とのこと。

帰りにちょこっと見学を、と寄らせていただきました。

彼女らを見てると、昔の自分を見てるようで、

恥ずかしくもあり、嬉しくもあり、胸がいっぱいに。

すると、部活の指導のために若い先生がいらしたので

挨拶をし、昨年初めて行われた部活の同窓会に、

海外在住故に来れなかったことがとても残念で、話すと、

若い先生が驚きの一言。

「もしかして・・・masami姉ちゃんですか?」

え?

茫然としていると、若い先生が名乗ってくださいました。

なんと、私が短大時代、まだ2歳半の彼女と出会って、

彼女が小学校に上がる頃まで、ちょくちょく会っていた、

そんなよく知る、元ちびっこだったのでした。

いまはすっかり大人になって、しかも母校の教員とは!

大感激&時の流れ。

自分はさほど変わってなかったつもりだけど、

確実に年を重ねてきたことをつくづく悟りました。

生徒の中にも、別の恩師の娘さんや、

私の1級上の先輩の娘さんなどもいたりして。

 
 
 

久々に、思い切って母校を訪ねてよかった。

恩師に会えなかったのは残念ですが、

また次に機会を作って会いに行こう、という気になりました。

改めて、この学校に行ってよかった、この学校が好き、

と思った日だったのでした。

Imgp0017


最後に。

疎遠になってた母校に足を向けるきっかけをくれた、

C先輩 に大感謝。ありがとうございました♪

| コメント (6)

2011年6月 3日 (金)

運転免許証の期限前更新

今日は運転免許の更新に行ってきました。

まだ期限までは1年半あるんですが、

1年半先までに、また帰省できるかどうか、

帰省したとしても前回のようにバタバタだったら、

と、考えて、今回初めて期限前更新をしたのです。



 

実は前回の更新時、期限前更新について、

尋ねていたんですが、そのときに

「更新期間内に海外にいる、という証拠になる、

ビザなどを提示していただければいつでも更新できます」

と聞いていました。

それと、日本に住民票がない海外在住者は

「一時帰省先の証明のために実家の家族の一筆が必要」、

という話をチラリと聞いたことがあったので、

帰省前にいろいろと調べておきました。

 
 

帰省先(実家など)の証明に関しては、埼玉県警のサイトに

詳しく載っています。

埼玉県警 免許更新Q&A  (←Q18参照)

私は埼玉県とは関係ないけど、テキトー共和国イタリアとは

違い、日本はそこまで自治体による違いは少ないだろう、と

参考にさせてもらいました。



試験場ではまず受付で事情を話し、申込書を出してもらい、

必要事項を記入後、そのまま指定された窓口へ。

その窓口で事情を話し、「理由書」なるものを作る、とのこと。

用紙に更新期間に日本にいない旨を記入し、

住所・氏名・捺印をします。

結局、今回はビザも滞在許可書も、母に捺印してもらった

一時帰国先の居住証明も、まったく必要なく。

印鑑が必要だということは把握してなかったのですが

たまたま銀行に用があったので、銀行印を持っててセーフ。

現在の免許期間の違反歴を確認してもらい、

書類を受け取ります。

あとは普通の流れで、更新料を払い、目の検査、

受付、写真、講習、受領。

理由書は5分ほどで出してもらえるので、

普通の免許更新とほとんど変わらない所要時間でした。



 

私の場合、1月生まれなので、5年免許とはいえ、

期限前の更新なので2016年の誕生日(の1カ月後)、

ということで、実質4年半ということになるわけです。

「期限前更新は期間が短くなる」と言われていたので

てっきり3年になっちゃうんだと思ってたら、なるほど、

4年半先まであるのなら全然余裕ですよね~。

運転はもう何年(何十年?)もしてないけど、

免許証って、身分を証明するツールとして一番便利。

余裕を持って更新したいですよね。

 
 

ということで、今回特別に必要だったのは印鑑だけ。

これは更新する場所によって多少相違があると思います。

次回ももし期限前更新をする際も、念のため、

パスポートや滞在許可書など持参すると思います。

この期限前更新、海外在住者だけでなく、他の事情でも

可能なので、更新期間内に更新に行けるかどうか

微妙な方にはぜひともおススメです。

 

 

にしても・・・周囲を見渡し、

「このひとたち、みんな5月~7月生まれの人なんだ。

1月生まれなんて私だけなんだろうな~。」

と考えて、ちょっと孤独感を味わったりしちゃってね。





 

| コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

婆ちゃんと。

婆ちゃんの住む施設に、会いにいきました。

婆ちゃんは102歳。

病気はほとんどしたことないけど、

さすがに高齢なので、車いす生活。

記憶もかなり遠くなってしまい、

自分の娘たち(私の母や伯母たち)以外は

ちょっとわからなくなっています。

孫たちのことは、たぶんまだとっても小さい子供たち、

と思ってる・・・かもね。

自分自身のことも、施設で最高齢だとは夢にも思ってない。

でもいくつになっても、可愛い婆ちゃんです。

私を孫だと認識できなくても、

それでも婆ちゃんの顔を見て、手を握って、

一緒に笑えるだけ幸せ。

Imgp0001

この婆ちゃん、私が子供のころはプロレス番組が好きで、

実はプロレスなんてどうでもよくて、流血シーンが大好き。

どうやらそれは今でも変わってないようで、

たまたまこのとき、TVでサスペンスやってて、

興味なさげにしてたくせに、急に私をつついて

「ほら!見て!」

はい、流血殺人シーンでした~。

どんな102歳だよ!?

 

会うたびに、元気をもらって、

また会えるうちに帰省しなきゃ、と思うのでした。

明治の女はやっぱスゴイね。

| コメント (4)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »