« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

ペタペタスタンプ。

蚤の市で見つけた古いスタンプセット。

Imgp0004

右上の小さなスタンプ台はガビガビだったので、

買ってきた当日は試し押しができず、我慢我慢。

 

で、今日スタンプ台を買ってきて、試し押しを。

Imgp0009_copy

ライン用の連続模様もいいけど、

シダの葉っぽい模様がお気に入り。

花柄はお饅頭の焼印っぽいね。



スタンプ台を買うついでに少し散歩を。

40度前後の酷暑続きだったミラノですが、

週末には暑さも湿度も落ち着き、過ごしやすくなりました。

並木道なんてすでに秋模様。
Imgp0007

とはいえ、太陽はまだまだ強くってジリジリ照りつけ、

日なたは夏、日陰は秋、という感じでしょうか。

Imgp0008_copy

もうちょっと涼しくなったらいいな。

| コメント (0)

2011年8月25日 (木)

8月25日、晴天、海。

今年も8月25日がきました。

もう18年になるでしょうか、学生時代の友人の命日です。

ひとりで海を見に行こうとして、途中で事故に遭った、

とご家族から伺ってます。

きっと当日はいい天気で、空がきれいで、

急に海が見たくなったんだろうな、と思います。


 
 

学生時代の友人らとは、卒業後バラバラになったりで、

ほとんど連絡を取っておらず、当時は携帯もメールも

まだまだ浸透してなかったので、私が知ったのは

1年近く経ってから、でした。

以後毎年、当時からの共通の友人Sと女子ふたりで、

彼のお墓参りに行くようにしました。

お互いに8月25日は絶対に職場に休暇を申請して。

私がイタリアに来るまで、9年間続きました。

こんな私なので、おそらくこのお墓参りがなければ、

Sとはそのまま、今では連絡を取ることもなくなっていたかも。


 
 

お墓は海の見える丘の上。

あの日に友人が見に行こうとしてた場所。

お墓参りに行ってた9年間、絶対に8月25日はいい天気で、

海辺で毎年写真を撮ったり、学生時代からのお気に入りの

場所をめぐって、お気に入りのお店でランチを食べたりして、

毎年、同じコースをめぐる日、として本当に楽しみでした。

公共交通機関ではちょっと不便な場所で、

それを知らず、初めて行ったときは、路線バスの運転士さんが

終点の営業所から休憩時間を利用して、自分の乗用車で

霊園の入り口まで送って行ってくれた、という。

翌年からレンタカーで行くようにしましたが、

あのときの運転士さんの親切には本当に感激したものです。



 

そしてランチは 「英」 (はな)というパスタ屋さんで。

高校生のときに先輩に連れて行ってもらって、感動した店。

住宅地で場所がちょっとわかりにくいのですが、

どんだけ迷っても、絶対ここに食べに行きます。

いまも、イタリアに住んでいながらときどき英のパスタを

思い出して、食べたくなるんですよねえ。



いまは、私がこんなにも遠くにきてしまい、

毎年8月25日を一緒に過ごした友人も県外在住。

一緒に過ごせなくて、すごく寂しいのですが、

こうして毎年、海や学生時代に過ごした界隈、味を

思い出さずにはいられない、大切な日なんですよね。



天国から見守ってくれているであろう友人Mくんと、

毎年私と一緒に過ごしてくれた友人Sに、改めて感謝。

あとでSにはメールを送ろうと思います。

お互い、それぞれの場所で同じ思いで8月25日を、と。

福岡は、今年もいい天気なんでしょうか。

きっと、海の色がきれいな日なのではないでしょうか。

2011年8月23日 (火)

レゴ

日本に帰ってたときの話、

書くつもりだったことをそのまま放置、というのが

いくつかあるので、ときどき忘備録として書こうと思います。

 
 
 

東京にて友人宅にお邪魔した際、

友人の息子(5歳)Kくんとレゴで遊ぼう、ということに。

私の子供時代は積み木やシンプルなブロックだったので

現在のレゴ事情なども知らず、Kくんの主導権でレゴ遊び。

いろいろ教えてもらいましたよ。

Imgp0147

こんな複雑で多種多様なパーツをくっつけて遊ぶなんて、

めちゃめちゃ楽しいじゃないかーーーー!!

途中、レゴ遊びに飽きてTVを見始めるKくんだったけど、

その間、私はひとりで夢中になって街づくり。

(友人夫婦+うちの夫の大人チームはお喋り中でした)


薄っぺらいけど、妙にムキになって作った2階建ての家。
Imgp0146

この作品をがんばったおかげで、Kくんから一人前と

認めていただきました。ハハハ。

また次回も彼とレゴで遊びたいなあ、と思ってるんですが

何年後だろう・・・そのころになると私なんかと遊んでくれないか。

などと切なくなりながら、今回2人でがんばってつくった街を

見下ろす私なのでした。

Imgp0148

なぜいまさら、このときのことを思い出したのかというと、

「子供もいない40代主婦にしては仮面ライダーに詳しい」

と、自負してる私なのに、こともあろうか、現在放送中の

オーズは見てなくて、Kくんに小バカにされたのです。

悔しくって悔しくって、ミラノに戻って、1話から見始めました。

さっきやっと、先日放送があった47話までを見終え、

残すところ来週日曜の最終回と映画だけに。

いまならKくんと互角に仮面ライダートークができたのに。

最終回が楽しみです。

| コメント (2)

2011年8月21日 (日)

Arona アローナ

体感温度(という温度が、気温の他に表示されます)が

ここ数日40度前後、という酷暑続きです。

アスファルトの照り返しなどによる温度を総合して、

という感じの温度なのかな、と勝手に解釈していますが。

ちなみに今日は体感温度43度ですって!



そんな真夏日の休日。

涼しげな風景(=水辺)が見たい、と思い立ち、

マッジョーレ湖畔の町、アローナに行ってきました。

ミラノから列車でちょうど1時間です。

Imgp0034

同じマッジョーレ湖畔の町、ストレーザに比べるとマイナーで

規模も小さめの町、といったところでしょうか。

人ごみが嫌いなので、コモなどの有名なリゾートとも違い、

少数の人々がゆっくり湖畔を散歩してるような、

静かな町で、安心しました。

 
 
 

駅前すぐに湖、幅広い遊歩道と公園が。
Imgp0005

 

遊覧船なのか、島に渡る船なのか、プライベート用なのか、

大中小さまざまな桟橋が並んでいました。
Imgp0009

 

少し進むと、遊歩道の雰囲気がちょっと変わります。
Imgp0015
 

このあたり、ベンチがいくつも木の下に設置されていて、

日陰でのんびり、湖を眺めるのに最適でした。

ん~、癒される。
Imgp0017


 

そこから先にはさらにこんな涼しげな道も。
Imgp0027


 

と、街の先に、気になる崖っぷち発見。
Imgp0028_2

下から見上げる限り、崖の上が公園になってるようだったので、

登り口まで行ってみたら、閉まっていて残念!

(高いところが苦手なあの人は、ホッとしてましたww)



派手さはないけど、静かでこじんまりしたAronaの街も、

ゆったりプチ散歩にはいいところかも。

建物の色もちょっとカワイイ。
Imgp0030_2

ちょっと洒落たカフェやレストランなども沢山ありました。
Imgp0033


なんとなく、涼めたかな~、というかんじ。

ただし、往復とも、この暑さで列車にエアコンがないのは

なかなかの苦難。日本じゃ暴動だろうな。


 
 

【おまけ】

この日、ワンピースにゆるめのベルト、帽子、という姿の私。

この姿で水辺に立ってると、大好きな映画の彼女の気分。
1992thelover

こんな立ち方だったっけ、と、妄想しながら立っていた・・・
Arona

我に返って振り向くと、

「あー、いまの裕次郎ポーズ、もう一回やって。」

だってさ。

裕次郎じゃねーよ。
Yujiro_2

| コメント (2)

2011年8月19日 (金)

家電の自販機

最近、どんどんリニューアルされてるミラノ中央駅で

家電の自販機 をみつけました。

Imgp0040_2

家電量販店のMedia Worldというお店の自販機。

店舗は駅には入ってなさそうなのですが、

地下街にこの自販機が置いてあるんです。

 
 
 

どんな商品があるのか、というと、
Imgp0041

スマートフォン、MP3プレーヤー、ヘッドホン、

ゲーム機、ゲームソフト、デジカメ、シェーバー、

ドライヤー、電動ハブラシ、などなど。

駅なので、やはり旅の必需品などが主ですね。

お値段も、店舗の売り出し価格と連動してるようです。

 
 
 

一昔前は、イタリアで自販機なんてあまり見かけなかった気が。

窃盗の多い国だから、日本のように自販機は増えないだろう、

とずっと思ってました。

ところが、ここ数年、自販機はすごい勢いで増えてます。

自販機の種類も多種多様。

イタリアもちょっとづつ進化してるってことなんですね。



| コメント (2)

2011年8月17日 (水)

メガネの収納

うちのダンナはメガネ男子でして、

メガネを複数本所有しています。

その日の気分などでメガネを着替えるので、

どのメガネも現役で活躍しており、

選びやすい・取り出しやすいように、と

透明ポケット付の壁掛けのようなものを使ってました。

が、それも増えていくメガネに対応できなくなり・・・。

哀川翔さんのように、メガネ専用収納ケース付家具を

持てるほどの家でもないし、どうしたもんかな。

探してみたけど、イマイチそれっぽい商品もないんだな。

世のメガネっ子たちはいったいどうしてるんだろう。

 
 

そこで、暑さのあまり引きこもったある日のこと、

家にある布と、そのポケット付壁掛けを合体させて、

メガネ収納壁掛けをパワーアップさせました。

Imgp0007

これであと8本は増えても大丈夫。

戸棚の中に、カーテンのように吊るしたので、

戸棚の中のものを取り出すときはスライドさせればOK。


私は視力がいいので、メガネはいままでサングラス程度。 

昨日、同級生と「そろそろ老眼鏡かも」っていうトーク。

老眼鏡かあ・・・。年齢的にはそろそろなのかな。

今の視力をキープすべく、目を気遣わねば。

そんなわけで、今からPC閉じて、散歩に行ってきます!

| コメント (6)

2011年8月16日 (火)

寝苦しい夜のお供に。

先週あたりから、また暑さがぶり返したミラノ。

なかなか寝苦しい夜が戻ってきました。



 

さて、先日ミラノに遊びに来てくれた友人が、

「以前イタリアでもらったジェルが良かったから買いたい。」

と言うので、どんなジェルか尋ねたところ、

脚の疲れを取る、脚用ジェルとのこと。

メンソールのように、塗ったところがスゥ~っとして、

寝苦しい夜も、脚が快適なんだとか。

そういえば、うちの母が旅先などで脚が疲れると、

夜寝るときに「冷えぴたシート」を額でなくふくらはぎに貼って、

朝起きると脚がずいぶん楽になった、と言ってたなあ。

で、友人とふたりでジェル探し。


彼女が以前使った商品とまったく同じメーカーのものでは

なさそうなのですが、どうやらこれが一番近そう。

Imgp0005
6.90ユーロなり。スーパーで売ってました。


決め手はこのイラスト。
Imgp0008
とにかく冷んやりさせてくれそう!


で、さっそく2晩使ってます。

たしかに塗った部分が冷えピタシートを貼ったっぽい感覚。

スーッっとして、冷んやり感じます。

メンソール入りとのことですが、メンソールの香りはせず、

比較的柔らかい香りだと思います。

買ったその日に、脚がいい感じだったので、

昨晩は肩や首元にも塗ってみました。

かなりスーっとして、気持ちいい!

とっても快適に眠りにつくことができました。

ただし、冷んやり感は朝までは持続しませんので、

私のように、一度寝ちゃえば朝まで何があろうと絶対に

目を覚まさない人にはうってつけですね。

いいモノを手に入れました♪







| コメント (4)

2011年8月15日 (月)

トルコみやげ

イスタンブール在住の友人、トルコちゃん が、

ミラノに遊びに来てくれました。

かれこれ5年ぶりくらいの再会、だったでしょうか。

昔から彼女同様、私もトルコが大好きで、

日本でトルコちゃんと同僚時代には一緒に

トルコ旅行をしたことも。

その後、私は縁あって(?)イタリアへ。

トルコちゃんは大好きなトルコへ移住。

いまはトルコの旅行会社でがんばってます。



 

そのトルコちゃんからのトルコ土産~!

トルコ食品いろいろ!
Photo_2
トルコ料理は世界三大料理のひとつ。

にしてはあまりメジャーではないけど、

個人的にはフランス料理よりも、中華よりも、一番好き。

そのトルコのスープミックスは嬉しいなあ。



それから、私が好きなメブラーナの旋舞のお皿セット!
Photo

コレ、すてき!

使うのもったいないよ!

絵皿として飾っちゃおう、と思ったけれど、

トルコちゃんのイチオシで、早速食卓デビュー。

たいらげた後に、この絵が見られるのが嬉しい!

ちなみに、トルコに行って実際に見た旋舞はこちら。
7_124
なんとも神秘的な美しい儀式です。



そしてこれはびっくり土産。

「ラマザンピデ」
Photo_3

いま、トルコは断食月「ラマザン」真っ只中。

そのラマザン中限定のパンなんだそうです。

なんと空港に向かう途中、焼きたてを買ってきてくれた、と。

写真で見るとわかりづらいけど、すごくでっかい。

うちの大皿に置いたら・・・皿から360℃はみ出た!

これをトルコ人家庭では数枚ペロリと食べちゃうそうな。

うちはこの1枚を、もらった日に3人で食べ、

翌日に焼きなおして2人で食べ、

それでも余ったぶんをいまから1人で食べます。

すごいなー。

食感は普通のパンとデニッシュの中間くらい。

お味はゴマがなぜか黒胡椒っぽい風味を漂わせ、絶妙。

トマト系のお料理に、べらぼうに合う気がする。



 

沢山のお土産をいただき、トルコの話を聞き、いますぐに、

大好きなトルコに遊びに行きたくなっちゃった私でした。

お腹の底から楽しかった休日でした。

トルコちゃん、ありがとう~。



| コメント (0)

2011年8月10日 (水)

トイミシン

これといって立派な趣味もないので、

「趣味は?」と聞かれるとそのつど答えが違うのですが。

ときどき「縫い物」と答えています。

昔から手でちくちく縫うことが圧倒的に多いのは、

「ミシン準備するのが面倒だから」というO型っぽい理由。

結局いま、ミラノのうちではミシンを持っていません。

 
 

とはいえ、時々、ミシン欲しいなあ、と思うことも。

持ってて使うかどうか、はさておき、

(やっぱり出すの面倒くさーい、と放置しそうな・・・)

ミシンを所持していたい、という裁縫好きの欲望ゆえ。

そんな使うかどうかもわからないものは、買えません。

でも、蚤の市で、ちっちゃなミシンを見て立ち止まり、

いじってたら、ちゃんと動くので、妙に欲しくなりました。

で、買っちゃっいました♪

Imgp0010a_9
ペダルは接触が悪くて、修理しないと使えないので、と

そのぶん安くしてもらいました~。

ペダル使わなくてもスイッチで動かせるのでOK。

手と比較すると、ミシンの大きさ、わかるかな。

Imgp0010a_8

ちっちゃ!

ホントに縫えるのかねー、と半信半疑。

帰宅後、格闘開始です。

かなり古いものだと思われ、フタはあるけど説明書なし。

おもちゃ仕様なので、上糸だけで縫うタイプ。

って、上糸だけで縫うミシンが存在することを知らず、

下糸を入れるところをあちこち、30分くらい探しましたよ。

ネットで調べ、トイミシンには上糸だけで縫うタイプが

けっこう多い、と知り、一安心して試し縫い。

って!縫えないし!!

うっそーん(涙) ←泣くほどの金額のものではないけど。

それから、内部の部品をいじることさらに30分。

古いものなので、一部の部品がちょっと曲がってたみたい。

試行錯誤の末、縫えました!

Imgp0010a_5

縫えた喜びというより、

「へえ~、ホントに上糸だけで縫えるもんなんだ」と感心。

縫い目を裏から見ると、チェーン状に仕上がるんですね。

7

所詮おもちゃなので、分厚いもの、複雑なものは無理ですが、

おもちゃのくせに、本当にちゃんと縫える、ってとこが、

なんとも可愛いなあ、と思うのでした。

| コメント (6)

2011年8月 9日 (火)

夏の風物詩、というか・・・。

Imgp0061_2

薄着の季節、ブラ紐がうっかり出ちゃうのは恥ずかしい。

今は見えてもいいようなオシャレ紐もあるし、

まあ、いろんなタイプがあるとはいえ、

日本ではありえない級のうっかりが多発です。


 

なぜ白のチューブトップの下にその色の普通のブラ?
Imgp0059


 

こちらのご婦人も、がっつり出てます。
Imgp0002


一緒にいる彼氏さんは、注意しないんですかね??
Photo


うっかり出ちゃわないように、こんなに気を使ってる自分が

アホらしく思えてしまいます~。

とはいえ、やはり日本女性としては、うっかりは阻止せねば。



って、こんな写真を盗撮してる自分、いいのか??

残暑厳しい季節ですが、皆さんも気をつけましょう。


| コメント (4)

2011年8月 8日 (月)

いとうあさこ方式

ミラノでもいまじゃ年中、メルカート(市場)とか、

アジア食材のお店とか、たまにスーパーなどで、

大根が買えるんですよね。

以前は夏場にはあまりなかったような気がするけど、

ここ数年は年中割りと大きい大根が買える気がします。

でも、葉っぱはほとんど切り落とされてます。

大根葉、美味しいのになあ・・・。



 

最近、黄金伝説の1万円生活でいとうあさこが大根から

大根葉を栽培する技を披露してました。

こりゃいける!と早速真似してみましたよ。

じゃん♪

Imgp0026_2

水を張ったお皿に、大根の上部を少し残して切ったものを置き、

明るいところに置いておきました。

ぐいぐい水を吸ってくれて2週間、これくらいに成長。

Imgp0002_2

とっても元気で、緑が濃くて美味しそう!

TVではいとうさん、2週間で食べてましたが、

とってもいい感じに伸びてるのでついつい欲がでてしまい、

それからさらに放置してみました。

そしたらこれ以上は伸びずに、萎びてきちゃったよ!!

やっぱり2週間がちょうど食べごろってことなんでしょう。

欲張りすぎちゃいかん、ということですね。 


 

今日の夜、味噌汁の具になる予定。

久々の大根葉のお味噌汁、楽しみです。


| コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

靴のストレッチャー

日本で買い物してきた中で、一番気に入ったのがこれ。

Imgp0096

けっこう立派な外反母趾の足を持つ身としては、

靴選びは難しくって。

しかも、ヨーロッパの靴って一般的に幅がちょっと狭め。

そもそも私のサイズ22.5cmは、こちらの靴屋さんでは

あまり沢山種類を置いておらず。

こちらでは22.5cmは「35」というサイズになるのですが、

子供靴は36くらいまでが一般的で、種類も豊富なため、

こちらで必要に迫られれば子供靴売り場に頼ってます。

 

とはいえ、やはり外反母趾・横幅問題は残るわけで。

これ、ずーっと欲しかったんです。

もちろん、イタリアにも売ってますが、

急ぐものではないし、とずっと見送ってました。

日本に一時帰国した折、通販で下着などを購入した際、

あと千円くらいの買い物で送料が無料になるようなので、

千円くらいで何かないかな~、と物色しててこれを発見。

1300円くらいだったと思います。

これ、左右どちらにでも使えますし、

白いでっぱりは場所を替えられます。

横幅だけでなく、縦も伸ばせます。

Imgp0095

(ちなみに写真の靴は大人の靴屋さんで買いました・・笑)

この状態で最低2日放置。

じわじわ伸ばしてくれてて、確かに広がってました。

ミラノの自宅に戻ってから、すでに3足の伸ばしが完了。

こりゃー、楽しい。

いい買い物をしました。

靴のお悩みがある方には、とってもオススメです!

| コメント (4)

2011年8月 2日 (火)

ピサ Pisa

サン・ジミニャーノからポッジボンシの駅に戻り、

午後の列車でピサへ。

夏のトスカーナ、といえば「ひまわり畑」が有名ですが、

今年のひまわりシーズンはすでに終盤のようす。

線路沿いに、それはそれは沢山のひまわり畑があるものの、

ほとんど大きな花をつけた状態で首を下に向けてました。

Img_5505a_2


そして、うまくひまわり写真が撮れないままに、ピサ中央駅到着。
Imgp0062

 

駅からショッピングストリートを通って、斜塔へ向かいます。

ピサの市街地を歩くなんて初めて。

高速道路~斜塔のあるドゥオモ広場しか知らなかったので、

ピサの市街地なんて想像もできてませんでした。

ドゥオモ広場以外はこれといって賑わう場所もない、と

なんとなくイメージしてたんですが、賑わってる商店街が続きます。

Imgp0086

Imgp0085

途中、ショーウィンドウに和服アレンジのドレスを発見。
Imgp0063
襟の合わせが逆、とか、突っ込んじゃいけないんだろうな。

でもキニナル~~。

 

大きな川(アルノ川)、キレイ!
Imgp0084

ドゥオモ広場まで、駅から20分ほど歩いたかな。

いいお散歩コースでした。

Imgp0073
う~ん、やはり良い斜めっぷり!

塔をいろんな角度から眺め、写真を沢山撮りました。

斜塔周辺、といえば、へんなポーズの人々が名物。
Imgp0071

Imgp0072

 

こんな人たちまで!
Imgp0070

 

傾く塔を支えるポーズが定番、ってわけですが、

うちらはヘソ曲がりなので・・・

 

ムムム~!もっと傾けてやるーっっ!!、のポーズ。
Imgp0067_copy

アチョーーーッ!!
Img_5531a

いい年してアホです。


 

とにもかくにも、うちらの攻撃にも屈することなく、

ピサの斜塔はほどよい角度をキープし続けております。

写真と買い物と休憩で1時間ちょっとぶらぶらしたのかな。

夜の列車で深夜のミラノに戻ってきました。

まだまだトスカーナは行きたいところが沢山あるので、

こういうプチ旅行、機会があったらまた決行したいと思います。



| コメント (2)

2011年8月 1日 (月)

サン・ジミニャーノ San Gimignano

週末、トスカーナに弾丸旅行してきました。

金曜日の夕方、ダンナが仕事から帰ってすぐに出発。

夕方の列車でピサに向かい、ピサのB&Bに1泊。

翌土曜日の朝、ピサから列車とバスを乗り継ぎ、

世界遺産、サン・ジミニャーノの街へ。



 

サン・ジミニャーノは約7年ぶりですが、

公共交通機関で行くのは初めて。

ピサから列車でポッジボンシPoggibonsiまで、

(途中エンポリEmpoli乗り換え)1時間半弱、€5.90。

Imgp0058

駅の売店でバスチケット(€1.95)を買い、駅前の乗り場から

バスに乗って、20分ほどでサン・ジミニャーノ到着。

 

 

城壁でぐるりと囲まれた、中世の塔の街。

城壁の中を散歩し、眺めのいいところへ。

城壁の外、どこから眺めても「これぞトスカーナ!」というような

丘陵地帯と、オリーブの木々、青い空。

Img_5408a

それだけに、お城の展望台は人が途切れることなく、賑やか。

ここじゃ人の出入りが多すぎて、ゆっくり景色を堪能できないので

人がほとんど行かなさそうな展望台へ。

わーい、展望台独り占め!!

Img_5449_copy

 

街の塔も一望でき。

Img_5446a

城壁の外側の景色も満喫し。

Imgp0015

 

このあたりで、標高332mみたいです。
Imgp0024_copy

 

景色をひととおり目に焼きつけ、街歩き再開。

 

こんな秘密めいた道とか。
Img_5455a

 

トスカーナの太陽でカラリと乾かされていく大量の(笑)洗濯物。
Imgp0031

 

美味しそう(?)な石鹸屋さん。
Imgp0033

 

あと、やっぱりこんな食品店が多いですね。
Img_5456a_2
ワイン・パスタ・ハム・サラミ・パスタソース・チーズなどの店。

 

あと、このあたりで有名な伝統菓子のパンフォルテ。
Img_5457
いろんなナッツやドライフルーツが蜂蜜入りの生地で

ぎゅーっっと凝縮された、食べ応えのあるお菓子です。

ちょっとクセがあるけれど、このチョココーティングのなら

食べやすいと思います。

断面をよく見ると、本当にいろんなモノがぎゅーっっと

詰まってるのがよくわかります。
Imgp0036

歩きながら食べちゃったけど、苦めのコーヒーと一緒に

食べると、とっても合います。


 

そして、トスカーナといえば、やはりこの木。
Img_5419_copy

実がつき始めたオリーブの木です。
Imgp0014

イタリア料理には欠かせないですもんね。

立派に育つんだよ~、と収穫は冬の始まりごろですな。

 
 

そろそろお昼だけど、さっき腹持ちのいいパンフォルテを

食べたばかりから、あまりお腹は減っていないよねえ、と、

お昼はこんなかんじに。
Imgp0051

普段はお酒はぜんぜん飲まないのですが、

せっかくここまできたので、名物ワインなども飲まねば。

と、エノテカにて景色を楽しみながらちびりちびり。

このエノテカ、城壁沿いの遊歩道にあって、

こんなかんじで見晴らし最高でした。
Imgp0056

 

このバカンスの時期、そして週末。

メインストリートや広場はすごい数の観光客で賑わってましたが

ちょっと外れると、比較的のんびりです。

のんびり、トスカーナの味と、緑と、空を堪能したランチでした。



Imgp0054

| コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »