« ミラノ映画祭(2) | トップページ | 南仏の葡萄など。 »

2011年9月16日 (金)

ミラノ映画祭(3)

相変わらず、毎日の映画祭通い、がんばってます。

今日はその内容などについて。

私のお目当ては主に短編映画コンテスト。

ミラノ映画祭で人気のある分野です。

 
 
 

私が短編映画を特に好き好んで観る理由は明確で、

(1)セリフが少ないものが多くて言葉抜きで楽しめる。

(2)ハズレ作品でも我慢して見られる程度の上映時間。

(3)短い時間にセンスが凝縮されたアタリ作品は爽快。

恥ずかしながら、字幕(イタリア語・英語)のスピードに

読むのが追いつかなくて。

ちなみに字幕、こんな感じです。

Photo

セリフが英語ではない映画は、画面の中に英語字幕。

そして画面の外側、上か下かにイタリア語字幕。

イタリア語を読んだり、英語を読んだり、読みやすいほうを。

イタリア映画には字幕はつかないか、

もしくは英語字幕のみがつくものも、たまに。

 

また、まったく下調べせずに観に行くことが多いので、

長編のハズレ作品にあたって、終始睡眠、ということも。

長編、今回の映画祭ではいまのところ5本見ましたが、

1本目は字幕を読みきれず、途中で諦めて寝ちゃったし、

2本目はつまんなくて寝ちゃったし、

3本目は面白かったけど、

4本目はつまらなすぎて途中で退席。

5本目、退屈な映画で、開始10分後には夢の中。

と、こんな具合なので、やっぱり短編がいいな、と。

 

短編は、というと、5本を1グループとして、

A~Kまで11グループの上映が期間中3度ずつあります。

いま約6割観てるので、できれば全作品制覇したくなり、

あとの4割もなんとか都合をつけるつもりです。

今日は日本の「Shikasha」という、カンヌでも上映されたという

短編作品の上映を観てきました。



上映会場の出口付近にある、投票BOX。
Imgp0025

観客が、チップを好きな作品のBOXに入れる仕組み。


映画祭ではこのコンテストの他に、

ワークショップや、ラボ、コンテスト参加作以外の上映、

さまざまやってます。

今年は「羊たちの沈黙」などで知られるジョナサン・デミ監督の

特集をやっていて、監督がミラノに来ているようです。



数年ぶりの映画漬けライフ。

当たり外れはありますが、なかなか充実の日々です。

最終日の18日まで、あと数日。

何作観られるかわかりませんが、がんばりまーす♪

« ミラノ映画祭(2) | トップページ | 南仏の葡萄など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラノ映画祭(2) | トップページ | 南仏の葡萄など。 »