« イタリアで抗生物質 | トップページ | 絵心やら、言い間違いやら。 »

2011年9月 4日 (日)

ブックカバー。

子供の頃、読書は大好きだったのですが、

成長とともに、自宅でゆっくり読書をする、なんて機会は

ほどんどなくなりました。

いまは家では音楽聴いたり、映像をなんとなく観たり、

家事などの作業と同時進行できることをしてしまいます。

と、なると、読書は外出先で、ということに。

外出の際は必ず本を最低一冊はバッグに入れています。

バス待ち、電車待ち、友人待ちなどのときや移動中に

ちまちまと読んでいる、という感じになってしまうので、

1冊を読みきるのに日数がかかります。

そんなわけで、私にはブックカバーが必需品なわけですが。


 
 

これは日本の文庫本サイズの皮革製ブックカバー。

フィレンツェのお土産屋さんなどに売ってます。
Imgp0003

10年ほど使ってるものなので、端のほうがちょいボロに。

でも、とっても気に入ってます。

 
 
 

文庫本じゃない本には、出先で見つけた包装紙などで。
Imgp0004_copy

水色の花柄(ヒトデ柄?)はお気に入りの紙で、

紙ながら5年くらい使ってるので、ボロボロですが。

あと、旅先のツーリストインフォやホテルで無料でもらった

地図なんかも、ブックカバーに化けることがあります。

街の中で地図を広げてるといかにも迷子の観光客で

カモられそうな気がするけど地図柄の本なら大丈夫かも。

なにしろタダですしねえ。

 
 
 

先日、友人から大量に譲っていただいた文庫本があるので

今年の秋はコレを使おうかな、と余り布で手作りに挑戦。

Imgp0002_copy  



つい先日、日本からご旅行でいらした、とあるご家族と、

1日ご一緒させていただいたのですが、ご家族皆さん、

とっても知識&経験豊富で、グローバル。

大学生の息子さんたちも、それぞれの世界観や考えを持ち、

刺激的な本当に楽しい一日でした。

いや~、私のカラカラ脳みそ、フル回転(汗)。

日本に帰ったら、またぜひお会いしたいな、と思うので、

読書の秋に知識吸収しまくって備えなくては。




« イタリアで抗生物質 | トップページ | 絵心やら、言い間違いやら。 »

コメント

masamiさんがイタリア語教室の教科書にも
とっても素敵な柄のカバーされてたことが
すごく印象深いんです♪

私なんとなくあの教科書が苦手で
ほとんど開かないから、カバーもしていないのに
すんごいまだピカピカにきれいです(笑)

頂いたイタリアーノ版あられちゃんにもすごいかわいい
マーブル模様のカバーでダブル感激しました!

投稿: peko | 2011年9月 5日 (月) 12時38分

>pekoちゃん
私もあの教科書キライだったー。
キライだからこそ、せめて表紙だけでもお気に入りに、
という感じ・・・かも。
それでもほとんど使わなかったけど。
(レオちゃん、教科書全然使わなかったよね?)

漫画の本でも、小洒落たカバーつけると、
ちょっと知的に見えてる気がして、恥ずかしくないもんね。
知的な本をほとんど持ってないような、私の
猿知恵なのでござーる。

投稿: masami | 2011年9月 6日 (火) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアで抗生物質 | トップページ | 絵心やら、言い間違いやら。 »