« 賃上げ。 | トップページ | ブックカバー。 »

2011年9月 3日 (土)

イタリアで抗生物質

10数年くらい前から、1~2年に一度、

抗生物質を処方してもらうことがあったりして、

念のため、日本で処方してもらった抗生物質の

残りをこちらにも持ってきていたのですが、

なにせ残りなので、そんなに量はないわけで。

日本ではかかりつけお医者さんに症状を述べ、

「というわけで、抗生物質を処方していただけますか」

という感じで、予約も要らずわずか2~3分の診断で

処方箋をもらえていたわけなので、

同じ症状であれば、わざわざイタリアで診察の予約をとり、

処方箋を書いてもらって・・・てのも面倒だなあ、と思ったり。

まあ、そんなこんなで日本から持ってきたわずかな残りを、

保険のような感覚で、持ち続けておりました。

幸い、こちらで抗生物質を飲むこともいままでなかったし。

 

 

しかし、日本からもってきた薬も古くなったころだし、

最近ちょっと必要なことがあったので、ネットで調べたところ、

「イタリアでは処方箋なしで抗生物質が薬局で買える」

という情報と、

「イタリアも抗生物質購入には処方箋が必須」

という情報のいずれもあって、自治体によって違うのか、

どういうことなのか、ちょっと不明なのでした。


 
 

そんな折、たまたま出かけた先の近くで薬局に寄り、

薬剤師に症状を言うと

「そう、じゃあ抗生物質ね。」

と、あっさり売っていただき、飲み方を説明してくれました。

へー、本当に買えるんだ。

と、いうのが数週間前。



その抗生物質を飲んでしまったので、

いざというときに、と自宅最寄の薬局に行ったところ

「抗生物質は処方箋がないと買えないの。

ドクターのところにまず行って、処方箋をもらってきてね。」

と断られました。

ふーん。薬局によって、対応が違うのか??

薬剤師によって違うのか??



 

でもなんとなく、処方箋必須、というのが原則な気がしますね。

ただ、いざというときは、数軒当たってみて、薬剤師に

症状を述べてみたら、もしかすると買えるのかも。

まあ、必要ないに越したことはないんですけどね。



イタリア、お役所も、薬局も、ルールが場所によって、

担当者によって、全然違うのが、難しくもあり、便利でもあり、

ということなんでしょうかね。








« 賃上げ。 | トップページ | ブックカバー。 »

コメント

フィリピンでも、同じようなことがありました。不思議ですね。最終的に買えたからよかったですが。その時は、店員?薬剤師?によるのかな?と思いました。
薬がないと治せないものもあるので、手に入れることができるなら、安心ですよね。

投稿: まゆ | 2011年10月 1日 (土) 02時13分

>まゆたん
ほんと!抗生物質が必要なときって、けっこう緊急なことも多いしね!買える場所があることに感謝だよ!
日本のような規則にがんじがらめな国だとダメだろうけど、
こういうときはこのルーズさもちょっと嬉しいね!

投稿: masami | 2011年10月 1日 (土) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賃上げ。 | トップページ | ブックカバー。 »