« 回数券・・・。 | トップページ | 庶民な平日。 »

2011年10月 2日 (日)

トリノ☆映画博物館

日帰りでトリノに行ってきました。

前回はトリノ五輪の直前だったので5年半ぶりです。

そして、5年半前と同じく、国立映画博物館へ。

Imgp0075
Museo Nazionale del Cinema 国立映画博物館(英・伊)

トリノのシンボルタワーでもある美しい塔、

Mole Antonelliana モーレ・アントネッリアーナ。

この建物の内部全体が映画博物館なんです。

この博物館、私は2度目ですが、本当に飽きない!

今まで行った、世界各国の各種博物館のなかでも、

特に大好きな博物館です。

 
 

内部、撮影禁止なので、写真で紹介できないのが残念。

塔の内側は大きな大きな、それはそれは美しい吹き抜け。

その周囲、壁回り内側にある螺旋状通路からの眺めは

本当にため息がでます。

 
 

具体的には、映像技術の歴史コーナー(古い映写機など)、

国内外の超有名な映画に関連するゆかりの品展示、

ポスター展示、セットめぐりなどなど。

面白かったのが、合成映像で遊んじゃおうコーナー。

指定された場所に立つor座ると、スクリーン内には

自分の姿がさまざまな背景に合成されて映し出されます。

たとえば小型飛行機のパイロット、宇宙飛行士、

崖から落っこちていく人などなど。

背景の動きに合わせてこちらも演技するのですが、

宇宙船に乗って宇宙戦争してる演技は困難で心残り。

次回、いつかまたリベンジに行こうと思ってます(笑)



 

セットめぐりも楽しい~。

洒落た洋風の家、西部劇の酒場、怪しげなベッドルーム、

便座がいっぱい並んだ部屋??、実験室のような部屋など。

他にも一般家庭の年代別モデルリビングの展示コーナー。



 

今回は博物館に3時間以上いたので、脚が疲れましたが、

建物中央の吹き抜けになってる広大なフロアには

横たわってリラックスできるソファが沢山設置されていて、

まったりしながらこの博物館のステキな内部を見渡したり、

スクリーンに映し出される映像を見たりしながら休めます。

博物館なのに、テーマパークのアトラクションの中に

いるような気分になるんです。

とっても贅沢な空間の使い方を感じます。



ところで、このモーレ・アントネッリアーナという建物、

167mの高さで、この博物館は「世界で一番高い博物館」

と言われているんだとか。

塔の上部には展望台もあり、クーポラの吹き抜け真ん中、

透明のエレベーターでぐ~んと天井に吸い込まれるように

昇っていくことができます。

展望台からはトリノの街並み、山並みが一望できますよ。


 

博物館の入り口近くには世界のいろいろな言語で

「国立映画博物館」と書かれた壁があります。

ちゃんと日本語も!

Img_5821

そして、ここに自国の言語が見当たらなかった人は・・・
Img_5822_copy

自分で手書き!(写真右下・・・トルコ語かな?)

落書き反対な私ですが、これはちょっと可愛くてナイス!

世界中の老若男女が楽しめる博物館だと思います。

トリノへ足を伸ばす旅行客はまだまだ少ないのですが、

ミラノより美しい街だし、こんな素晴らしいところがあるし、

食べ物は美味しいし、オススメの街ですよ!



博物館を満喫したあとは、市街地をぶらぶら。

王宮の前のカステッロ広場。
Torino_24

今年、イタリア統一150周年の記念の年で、

トリノは統一直後のイタリアの首都だった街なので、

今年は関連のイベントが多いようです。

 
 

150周年イベントとは関係あるのかないのか、

広場のナイキショップの前ではまさかの光景が。

Torino_22

本気で走ってます(笑)!

必死に走ってるのにカメラを向けると、

笑って応えてくれてありがとう~!



7月並の季節はずれの暑さがまだまだ続くイタリア。
Torino_23

 

博物館に夢中になりすぎてお昼を食べ損ないましたが、

暑さのあまり、食事よりはジェラートを、と、

広場近くのジェラテリアにて、豆乳アイスを。

Torino_25

こんなふうにオヤツを昼食にするの、けっこう好き♡



 

実は、5年半前に映画博物館以外をあまり見てないので

他のところをいろいろ観たいな、と思ってたんですが、

やっぱり映画博物館が好きで、居心地いいんですよねえ。

5年半前より、一段と楽しい内容になってたし!

きっと、次にトリノへ行く機会があっても、

映画博物館で長居しちゃうんだろうなー。

ディズニーランドみたいなものですね、私にとっては。

皆様も機会があったら、ぜひ!

Img_5816
※一枚目の写真(ヘップバーンの写真の後ろに塔)は

 売店で見たポストカードのアングルの真似。

 必死に真似ようとして、だんご虫みたいになってます。




« 回数券・・・。 | トップページ | 庶民な平日。 »

コメント

手書きのは・・・Σ(;・∀・)
間違いなく、トルコ語でした。「博物館」と書かれてましたわ。
いい根性してますね、ヤッパリ。

投稿: トルコちゃん | 2011年10月 3日 (月) 13時17分

>トルコちゃん
おお、やはり!
どこかで見た字で、なんかこのクスッっとこみ上げる笑い、
こりゃどうもトルコっぽいなあ、と直感したもんww
しかも、微妙に目立たない、ってところがまた、
くすぐられる、っちゃんね。

投稿: masami | 2011年10月 3日 (月) 21時29分

ため息っ!な最初の写真の美しさ。
美しい塔に青空!
このポスター!?はオードリーよね!?
と思ったら、やっぱり最後の写真で
分かって嬉しいです。

『合成映像で遊んじゃおうコーナー』
なんて楽しそうなのっ!
すごいはしゃいでしまいそう!!!
あー、そこはトリノでしたね...(遠い目)

masamiさんおかげでまた
イタリアの行きたいところノートに
書く場所が増えました♪

た、貯まらないイタリア貯金...(苦笑)
地道、地道とつぶやきます(笑)


投稿: peko | 2011年10月 4日 (火) 10時32分

>pekoちゃん
了解~!pekoちゃんが来たら行く場所リストに加えます!
っていうか、その頃、どんだけ長いリストになってるんだ??

なんかね、昔の女優さんたちの写真を見ながら、
整形手術なんてなかったであろう時代の女優さんらの
素の美しさに惚れ惚れしたの。
特にマリリン・モンローはやっぱりキレイ!!

さあさあ、円高のうちに早くいらっしゃいませ。


投稿: masami | 2011年10月 6日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回数券・・・。 | トップページ | 庶民な平日。 »