« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月29日 (木)

ここ数日のことなど。

ここ数日、ほとんど外で人と会うこともせず、

静かに過ごすことに徹しています。

というのも、3月27日に伯父が他界しました。

伯父には本当に申し訳ないのですが、

今回は葬儀のための帰国はしないことにしたので、

せめて個人的に喪に服することにしよう、と。

 
 

亡くなった伯父は、母の姉である私の伯母の夫。

ですので血のつながりはありません。

私が子供のころから、伯父たちは東京に住んでいたので、

何年かに一度、会う機会があった、という具合です。

それでもうちの母の4姉妹は絆が深い姉妹で、

伯父は隠居後に趣味で始めた家庭菜園で獲れた野菜を

わざわざ九州にいる自分の妻の姉妹3人に毎年送って

くれていました。

40を過ぎ、いいオバちゃんになった私のことを

ずっと幼少時の可愛らしい呼称で読んでくれてました。

昭和の映画かドラマに出てくるような、典型的な頑固オヤジ、

という印象の伯父ですが、孫の話をするときは目を細め、

なんとも言えぬ可愛らしい表情をする人でした。

 

 

私が昨年帰省したときには、入院していていた伯父。

その後一度良くなって退院したものの、

新たに癌が見つかって、再入院した、と聞いていました。

結局、昨年病院で会ったのが最後となりました。

 
 

先週末、伯父が危篤だということで、九州から母たち姉妹などが

上京し、見舞ったときは、容態が持ち直し、母たち(伯父にとっては

義理の妹)や、私の弟(甥っ子)など、日ごろ近くにいない親戚や

孫たちとも会話をすることができたそうです。

容態が危なかったときのことだと思うのですが、伯父いわく、

「誰かが部屋にきていた」のだとか。

伯父の実母はすでに100歳を超えていますが、存命で、

地元九州に住んでおり、ちょうどこのとき母親もインフルエンザに

かかっていたとのこと。

もしかすると、同じときに危険な状態にあった母親の心が

我が息子を励ましにやってきたのでは、と私の母が言ってました。

 

 

週があけ、かけつけた親族が九州に戻って

その2日後に残念ながら伯父は旅立ってしまいました。

数日前に危篤から一時期持ち直したのは、きっと、

親族らと最後の会話をするためだったのかもしれませんね。

その翌日、九州にいる伯父の実母も旅立ちました。

息子の死を聞いていたかどうかはわかりません。

でも、40年程の間、遠く離れた東京に暮らしていた息子と、

一緒に旅立っていったのかな、という気がします。

 

 

今頃親族たちは最後のお別れをしている頃。

伯父の生前の思い出がたくさん語られているはずです。

そこに私は参加はしませんでしたが、

私も、親族のひとりとして、せめてお葬式が終わるまでは

こちらで静かに伯父のこと、伯母のこれからのことなど、

想いにふけりながら、過ごすことにしました。

 

 

そんなわけで、ブログもツイッターもSNSも、

書き込みは控えてますが、元気にしてます。

来週にはまたあちこち顔を出しますのでね。

先日のジェノバ旅の続きがもうちょっとありますが、

週明けてから書くことにします。

それでは、よい週末を。

Imgp0029_copy

伯父の菜園で収穫されたきゅうりとトマト。
昨夏、入院中だった伯父に代わり、伯母が畑仕事初挑戦。
収穫を手伝わせてもらってお昼に食べたときの写真。

| コメント (0)

2012年3月26日 (月)

海だ!ジェノバだ!

すっかり暖かくなったので、海が恋しくなりました。

思えば、日本では海が近くにある街ばかりで育ち、

ひとりゆっくり考えごとをしたいときや、

無心になりたいときは、海へ行き、

堤防に座ってぼんやりしたりしてましたしね。

あと、若かりし90年代ってウォーターフロントが流行り、

なにかとウォーターフロント的な場所に出向いたり。



 

昨年の後半はあまり遠出もしなかったし、

思えば去夏に日本に帰ったとき以来、海を見ていない。

寒い冬の間は極寒の海辺へ行くガッツがなかっただけ

なんですけどね、でもまあ、そろそろ禁断症状。

と、いうことで、海を見にジェノバへ出かけて参りました。



まずはウォーターフロントエリアから。
Imgp0089

平日の朝なので、静かで穏やか。


散歩しながら旧港エリアへ。
Imgp0101

このPORTO ANTICO(旧港)の建物はホールとかお店が

入ってるようでした。

この旧港エリアは主に中型のクルーズ船などが停泊。

メンテナンスなんかもここでするのかな、

重々しい、鉄々しい雰囲気。
Imgp0092

 

船のお腹が開いてる!
Imgp0097_copy

中はどうなっているんだろう・・・、と近寄ると、

モーターボートの車庫でした。
Imgp0095_copy


少し先には作業中の船。

クレーンのような重機を積んでいて、

ゲーセンのクレーンゲームみたいな状態に??
Imgp0099

なにを引き上げるんだろう、とドキドキしながら見てると

泥??
Imgp0098

どうやら海底の泥を別の場所に移動させてるっぽい。



午後からは本命の海へ。

ジェノバに行くたびに毎回立ち寄るボッカダッセ。
Imgp0127

小さな漁港の村ですが、

ここ数年、グッと観光客が増えちゃったようです。

今回は岩の上にたくさんの人が寝転んで肌を焼いたり、

学生たちが岩辺でピクニックをしたりしてました。
Imgp0114

以前は静かな村だったんですけどね、

レストランも増え、ジェラート屋さんには長蛇の列。

ちょっと賑やかな状態になっていました。

うーん、個人的には残念。



 

そこで、あまり人の来ない高台へ移動。

坂道がきついので、日焼け目的の人は上って来ません。
Imgp0118

上ってきて正解。

カップル2組しかおらず、とっても静か。

海の透明度もぐっっと高い!
Imgp0119

この展望台で時間の許す限り、ぼんやり海を眺め、

しっかり充電してきたのでした。

1日でいろんな海を見たけれど、やはりここが一番好き。

また絶対に来よう、と毎回思える充電スポットなのでした。


Imgp0125


| コメント (0)

夏時間・夏空間

日曜日より、サマータイムに切り替わり、

日本との時差は-7時間となりました。

(日本が朝7時とのき、イタリアは深夜0時)

この週末はホント、暖かくって、

午後はちょっと外を歩くと、上着を脱いで、

半袖でもいい、ってくらいの気候に。

 

 

と、いうわけで、時間と同時に、部屋も夏仕様に衣替え。

まず、ドアを外して、暖簾に換えます。

Imgp0079_copy

夏場、エアコンがなくても、ここの扉を暖簾に換えることで

南北の風の通り道ができるため、とっても涼しいのです。

もうひとつ、南北の風の通り道を作る、ということは、

窓を開けっぱなしにすることも多くなる、ということ。

少しでも蚊などの侵入を防がねば。

日本のような、いわゆる網戸が標準装備ではないので、

自分で窓に網を張る家庭がほとんど。

Imgp0076

うっすら、網がかかってるのがわかるかな?

虫の侵入防止にもなるし、

これから4月5月はなんといっても街路樹や公園から

大きな綿帽子が大量に飛んできますしね。

その前に張っておかないと、ベッドの下や、部屋の隅など、

吹き溜まりに大きな綿ボールがごろごろ、ってことに。



 

なにはともあれ、夏に向けての準備って面倒だけど、、

夏好きにはたまらなく嬉しい作業なのでした。

| コメント (0)

2012年3月18日 (日)

花の無い花見。

ここんとこ、街を歩けばあちらこちら花ざかり。

Sanpo

日なたを歩けばぽかぽかするし(時に汗ばむことも)。

これは今こそ花見でしょう!

と、ありあわせをお弁当に詰め込んで公園へ。

 

 

しかーし、たまたま出かけた先の公園には、

これといって花の咲いている樹は見当たらず。

Imgp0083

しかも、さっきまで晴れてたのに、

どんどん雲が広がっていって、肌寒い・・・。

花壇も、ちょうど花の植え替え時期のようで、

掘り起こし作業中で花は無し。

しかたないので、花は見ず(というより、見られず)、

水辺を眺めながらお弁当タイム。

Imgp0084

(手巻寿司セロファンは、実家の寿司屋閉店時に

譲ってもらったもので、現在我が家で絶賛大活躍中)

ちなみに食べながら眺めてる景色、というと・・・

Imgp0086

こんな感じ。

まったく花見じゃなかったし、天気も微妙だったけど、

公園ランチ解禁、ということで。

今年も暑くなる前に、公園ランチにせっせと出かけねば。

さて、お天気崩れて肌寒くなった翌日の今日ですが、

あー、来週のいまごろはサマータイムで暮らしてるんだ、

とか思って、本格的に今日こそは衣替えを、と

重い腰をよっこらしょ、とあげるとします。

| コメント (2)

2012年3月15日 (木)

イタリアのなめこ(追記あり)

最近見つけた「なめこの缶詰」を買ってみました。

Imgp0074

缶の前面にはなめこのイラスト。

脇のほうの説明には「NAMEKO」と書かれてます。

間違いない、これは絶対になめこでしょう!

 

中はこんな感じ。

Imgp0076_copy

よしよし、ちゃんとヌメリがあります。

 

なめこおろし素麺にしてみました。

Imgp0078_copy

 

このまま手を加えずに食べて美味しいのかどうか、

心配だったので、お昼に素麺、ひとりで味見。

ばっちりなめこテイスト!

食感も文句なし。

これは合格、ということで、夜はなめこおろし蕎麦に。

 

 

冷凍のなめこを以前買ったことがあり、

それも普通に美味しかったんですが、

冷凍庫のスペースとか、

おろしそば的な食べ方のように加熱せず食べたいとき、

冷凍よりも缶のほうが手軽でいいし、

我が家では冷凍よりも缶詰のほうを常備しておくことに。

 

 

明日はなめこ汁の予定。楽しみ!


≪追記≫

なめこ汁も美味しくいただきましたが、

この缶詰にはオイルが入ってるので、

汁物に使うときには缶の汁は極力入れないようにするか、

サッと湯通しするほうがいいみたいです。

私は汁を入れないようにフォークで具(なめこ)のみを

すくって入れましたが、それでもちょっと味噌汁の表面に

油揚げ入れたときよりやや多く油が浮きました。

なめこ蕎麦など、具だけをトッピングする場合、

油は さほど気にならない程度でした。

(めんつゆがややオイリーにはなりますが)

| コメント (2)

2012年3月14日 (水)

Vigevanoで充電。

久々に丸一日フリーになる日があったので、

少しのんびり気分転換したいねー、と。

「久々ののんびり」なので、遠出はしません。

できるだけ近場でのんびり、といえば、

Vigevano(ヴィジェーバノ)の街。

小さな街の、中心の、素敵な広場やお城は、

ミラノのように観光客や買い物客でガヤガヤしてないし。

(お昼どきのドゥオモと広場・・・人いなさすぎ?)

0312vigevano_17_copy_2

広場の建築物が素敵なので、昼時はねらい目。

0312vigevano_18_copy

 

また、手ごろな大きさの街は散歩しやすく、

知ってる人に会うこともないので、気を抜いて、

ぼけーっとブラブラあてもなく歩くにはもってこい。

今回ブラブラ中に、大きな公園でとても大きな市場が。

 

0312vigevano_3

公園と、その周囲の道なりに、延々と延びる屋台。

メルカート(市場)好きですが、あまりに規模が大きく、

全部は見られず一部だけ。

 

パニーノ屋さんのサルシッチャ(生ソーセージ)が

めちゃめちゃ豪快な大きさで迫力満点。

0312vigevano_1

このお肉のニオイに、たくさん吸い寄せられてきてました。

0312vigevano_2

 

私たちもお腹が減ったので、軽くピッツァでも食べよう、と

トマトの看板でカジュアルな雰囲気の店へ。

ristorante il pomodoro(レストラン トマト)

0312vigevano_10

トマトのイラストでカジュアルに見えたけど、

中は意外とゴージャスな造りでややビビり・・・

0312vigevano_6

なんか、妙にロココな感じ。

天井までもロココな模様。

0312vigevano_7

そんな、ロココでゴージャスな雰囲気の店で

庶民的にピッツァとサラダを。

0312vigevano_8

内装はゴージャスでしたが、お値段お手ごろで、

美味しいピッツァでした。

 

食べ過ぎたことですし、引き続き食後も散歩を。

そういえば、今回は街のあちこちで、

人が座ってる形のモニュメントを見かけました。

ちょっと猫背なその背中の上には、街の観光マップ。

0312vigevano_19

 

こんなものも見つけました。

もしかして・・・みのむし?

0312vigevano_20

日本のとは、ちょっと違うね。洋風・・・っていうのかな。

 

そんなこんなで散歩をしながら、

そろそろ我々の指定席へ向かいます。

ヴィジェーバノに行くと最後にいつもの公園の、

いつもと同じ席でぼけーっとするのが恒例なのです。

0312vigevano_21

日常の疲れをここにすべて置いてミラノに戻ろうね、と。

 

どこにでもありそうで、

なかなかミラノでは探し出せない、

静かで、穏やかで、ゆっくりできる、場所なのでした。

 

【おまけ】

貫禄たっぷり、ヴィジェーバノの喫煙犬像。

0312vigevano_11_2
 

 

な、わけなくて、水の止まった噴水でした。

0312vigevano_12

 

 

| コメント (2)

2012年3月 9日 (金)

ランドセル

イタリア人の友人、いまランドセルが欲しいらしい。

「あれは小学生が使うものだよ、どうするの?」

と、尋ねたのですが、

日本のあのランドセル、とにかくデザインが素敵なんだそう。

日本でアラフォーのひとが背負ってると、完全にドン引きですがね。

ネットでいろいろ見てると、ランドセルって、欧米人からかなり

ウケがいいモノらしいですね。

たしかに、あんなお洒落なバッグで通学してる子供なんて、

こっちじゃ見たことないですもん。

と、同時に、小さな子供の通学用バッグに数万円、ってのも

かなり衝撃的な金額だ、と書いてる外国人もいました。

逆に日本ではランドセル離れの傾向があるっていうのにね。

やはりランドセルの文化って素敵なんだろうなあ、と

大人になって改めて思い知らされたような気分。


ちなみに私も6年間、ランドセルで通学しました。

小学校にあがる前、ランドセルのCMを見ながらいつも

ランドセルを背負ってる自分を思い描いてて。

今のようにいろんなブランドや多種多様な色・デザインはなく、

私の地元ではランドセルといえば当時、

「おさるのマーク」ブランドか、「うさぎのマーク」ブランドでした。

やはりそこは6歳女児。絶対にうさぎがいい!と思っていて、

うさぎのマークのランドセルを買ってもらったときには

本当に嬉しかったのを覚えてます。

メーカーのマークなんてどうせ表から見えないところだったし、

実際、お世辞にも可愛らしいとは言えないうさぎだったので、

いまとなってはどっちでもいいじゃないか、と思いますが、

6歳児にとってはランドセル選びの最大ポイントだったなあ。

いまの子供は選択肢が多すぎて大変なことでしょう。


さて、ランドセルが欲しくてたまらないイタリア人の友人が、

「ランドセルが欲しい!」とSNSに書き込みしたところ、

彼女の友人のイタリア人たちのコメントが面白かった!

「すっごく可愛い!」

「すてき。これってリュックなの?」

「べらぼうなお値段だね」

などなど。

eBayというオークションサイトにお値打ち品もあるようで、

もしかすると友人、本当に買っちゃうかも??


 

| コメント (2)

2012年3月 4日 (日)

ようやくいろいろと。

先日、我が家ではちょっとした騒ぎが。

「通販で注文した商品が消えた事件」です。

イタリア国内の業者に注文した商品だったので、

イタリアで最も荷物が消えるブラックホールである税関は

通りません。(←そこ重要)

発送後にお店からメールで宅配の伝票番号が届きました。

日本の宅配同様、ネットで追跡ができる番号です。

追跡すると木曜日に届く予定だったので、

朝から一歩も外に出ず、待機。

すると14時ごろ、荷物は届いてないのに、追跡上では

「13:52 手渡し完了。受取人サイン○○○」と表示が。

サインしたのは家にはいないダンナの名前になってます。

そんなアホな!

 


ふと、この宅配業者のいろんな噂が頭にうかびます。

呼び鈴鳴らしても無いのに不在扱いにして荷物を返送するとか、

偽装サインで受け取ったことにして商品は消えるとか、

その他、遅延、誤配、紛失など。

ろくな噂を聞きません。

まず真っ先に考えたのは誤配、そして別の受取人が気づかず

受け取り(もしくは気づいてるのに?)、というケース。

次に、偽装サインで商品が消えちゃうケース。

前者なら、配達ドライバーに連絡が取れれば、誰に渡したのか

はっきりするはず、と宅配業者に電話。

なかなか電話がオペレーターにつながらないので、

帰宅途中のダンナにもかけてもらったところ、

「さあ?近所の人とか、発送元とかに聞いてくれ。

うちじゃわからない、知らない。」

と、言われたのだそう。

ドライバーに連絡も取らない、と言われたらしい。

なんという無責任な。

 

仕方なく、発送元の業者さんに連絡を。

発送元さんが宅配業者に尋ねても進展はないようで、

「クレームを申し立てるのなら、紛失したという証拠が必要」と

難題なお返事が届きました。

失くなった証拠??どうやって??

結局モヤモヤしながら翌日の朝を迎えました。


 


朝、ダンナが出勤しようと下に降りたら、門番さんが

「荷物届いてるよ!」

えええー?

安堵と同時に、なんで翌日まで放置してたの?と。

おそらく、昼までの勤務を終えた門番さんが帰ろうとしたとき、

宅配が届いたのかな、と思います。

いつもは受け取ったらすぐに知らせてくれる門番さんなのに。

ただし、受け取り時間の表示が確実に門番さんの居ない時間、

っていうのが納得いかないけど。

 

うちのアパート、午前中のみ門番さんがいます。

管理人さんのような仕事をしてる人なんですが、

午前中に配達されるモノの多くは、門番さんを介して届きます。

受け取りサインも門番さんがします。

無事に届いたとはいえ、やはりサインについては

ネット上でダンナの名前になってたのは納得がいかない。

門番に渡したのなら、「portinaio(門番)」とかにしてくれないと。

っていうか、宅配の荷物なんかは、受取人が在宅ならば

直接持って来てよー!とつくづく思いました。

いや、持ってくるのが嫌なら、せめて呼び鈴鳴らしてくれたら

受け取りに下まで行くのに!
 

 


宅配業者さんを真っ先に疑ったのは申し訳なかったけど、

本当に日ごろの行いというか、評判が悪すぎる上、

電話の応対や、こういう受け渡しのテキトーさとか、

そういうの、改善してもらわないと。

税関といい、郵便局といい、宅配業者といい、

これほど荷物のやりとりが不安定な先進国があっていいのか、と。

 

かれこれここ3週間ほど、友人も小包が迷子になったりして、

しかも横の連絡がブツブツに分断されまくってて、

さっぱり前進しない様子。

私も2年半ほど前に、日本の友人が送ってくれた郵便物が

ブラックホールに入り、消えて、いまだに届かないし。

郵便のやりとりにこれほどストレスのある国って、ねえ。

まあともかく、今回のうちの場合は、結果オーライ。

お友達のところも早く解決しますように。

お友達のところのトラブル、なかなかパンチが効いてます。

興味ある方は彼女のブログをどうぞ。

Amo l'italia [郵便事情は世界最悪?]


 

それと、1月に私のPCが壊れてしまって、

以来ずっとダンナのネットブックを借りた状態で、

電器屋さんめぐりをして購入を検討してきましたが、

結局ダンナがそのネットブックをくれる、ということに。

ダンナの気が変わらぬうちにさっさと私物化せねば、と、

自分の使いやすいようにあれこれいじってるところです。

自分のPCがないことを理由に、ブログの更新もサボりがちでしたが

お出かけにはいい気候だし、がんばって更新せねば、ですね。


| コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »