« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月 7日 (日)

民謡葬

先日の義父逝去の記事後、沢山の皆様から

メッセージをいただき、本当にありがとうございました。

葬儀も無事終え、怪獣のような甥と姪も自宅に帰り、

ようやく穏やかさを取り戻しました。

さて、今回、義父を一風変わった「民謡葬」というお葬式で

見送ることができましたので、そのお葬式の話などを。

 
 
 

実は、「葬式にはお坊さんを呼ばずにお経なしで」、と

家族(義母・義姉夫婦・私たち夫婦)で1ヶ月ほど前に決め、

義母と私で、何社かの葬儀社に相談に行っていました。

義父の実家の宗派の仏式ですべきか否か、悩みましたが、

義父らしく、義父が喜ぶような式にしたいよね、と。

 
 

さて、まず無宗教葬を行うに当たっての問題は、

「お経・お焼香の代わりになにをやって時間を埋めるか」

ということと、

「親族がそれで納得するのか?」

この2点になるだろうと思います。

お焼香の代わりには、献花や献灯というのが一般的のよう。

私たちは献花を選びました。

ただし、一般的には「お葬式=焼香」という習慣が根強いし、

無宗教葬といっても仏教を拒絶しているわけでもなかったので、

通夜・葬儀とも、開式前や後には皆さんにお焼香を自由にして

いただけるように、祭壇前に焼香セットを置いてもらいました。


 
 

親戚の理解、については、義父が亡くなる10日ほど前に、

本家に相談したところ、反対をくらってしまい、再度家族で相談。

それでもやはり義父らしく、無宗教葬で、と決定したことを、

義父逝去の日に病院に集まってくださった本家や親族たちに

報告し、頭を下げ、無宗教で行うことの理解を求めました。

 
 
 

と、実はこの時点では「無宗教葬」とは決めていたものの、

主軸になるコンセプトがなく、手探り状態。

決めていたのは

●会場の一角に、「故人の愛用品展示コーナー」を設ける。

●故人の好きだった音楽をBGMにする。

●メッセージカードと回収箱を置き、会葬者に書いていただき
  最後にお棺に収める。

●ご友人など、ゆかりの深い方に弔事をいただく。

●焼香の代わりに献花をする。

●孫が「じいちゃんへ」という手紙を書き、朗読。

と、これぐらい。

ところが、義父が生前熱心に習っていた民謡教室の先生に

訃報を伝えた後に、どんどん「民謡葬」への骨組みができ、

●「献奏」と称して、故人の唄声を会場に流し、
  その唄をBGMに会葬者が順番に献花をする。

●民謡の大会で着用していた着物の展示。

●民謡のお師匠から、故人の民謡にかける情熱などを
  弔事として話していただく。

●民謡のお師匠・お仲間による生唄で、出棺。

という内容を盛り込むことができました。

民謡のお師匠やお仲間あっての民謡葬です。

故人の唄声が会場にひびき、そして、仲間たちの唄に

最後は見送られていく、なかなか素敵な式でしたよ。


愛用品展示スペース
100_3180_3  

出棺のときの、生唄「お立ち酒」は、本当に鳥肌立つほど

静けさの中に響いて、言葉にならないほどよかったです。

ビデオに撮ることができなかったことが心残り。


 
 

無宗教葬は賛否両論あるかもしれません。

お経で成仏を願うとか、そういうものよりもまず、

うちの父を、皆さん忘れないであげてね、という式。

私たち家族の、父への最後の我儘満載の式でした。

この式にして本当によかったね、と家族皆、大満足です。

これから無宗教葬を、と考える方がいらっしゃたら、そのとき

ちょこっとでも参考になれば、と思い、記事にしてみました。

| コメント (8)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »