« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

エミレーツ航空での帰国

ミラノに戻って1週間近く。

食料の買出し以外、外出できてないためか、

いまだに時差ぼけ。

いろいろと家で消化せねばならない作業が多々あり、

ブログなどを更新するのを後回しにしてますが、

記憶が薄れないうちに、恒例の航空会社ネタを。



今回の長い一時帰国は、7月に義父が危篤状態に、

という知らせを受けたところから始まったので、

その時点で一番早くに、その日のうちに乗れる飛行機、

という視点で選んだのがエミレーツ航空。

かれこれ10年ぶりくらいに利用することになりました。

評判の高い航空会社だし、期待大。


 

ドバイでの乗り継ぎは、往路・復路ともに深夜便でしたが、

ドバイの空港は一晩中お店もターミナルも賑やかで、

キラキラしてて、深夜の乗り継ぎ特有の、あのかったるい、

ダル~い、長~い時間を感じさせないのがとてもいい。

前回、ミラノを朝の7時台に出発する便を利用したら、

免税店がどこも閉まってて、お土産買えなかった、なんて

ほんと、出発便がある時間帯には店、営業しててよ!と

モヤモヤしたあの感じ、ドバイでは絶対にありえません。

深夜のドバイ乗り継ぎ、最高~!


ドバイの空港の両替所の日本語表記(笑)
Imgp0357_copy


 

さて機内。

ミラノ~ドバイ路線は乗務員や機材の当たり外れが

あるようですが、ドバイ~日本路線はよかったです。

映画もかなりの本数あって、もちろんパーソナルなので

途中でトイレ行きたいときには一時停止すりゃいいし、

帰路はなんと成田からドバイまで4本も映画観ましたよ。

(この睡眠不足が時差ぼけを長引かせててる原因かも?)

音楽も「'70-'80Jポップス」や「'90Jポップス」という、

嬉し懐かしいチャンネルがあり、その中から自分で

プレイリストを作成してお気に入りのみを聴くことができ、

とっても楽しい、鼻歌まじりの空旅でした。

 
 
 

ただ、唯一残念だった点・・・。

エミレーツって希望するとカップ麺をいただけるんですよね。

10年ほど前に、何度か搭乗したときには「どん兵衛」だか

「赤いきつね」だか忘れたけど、カップのきつねうどんで、

これが海外帰りの胃袋にはたまらなかったんですよね。

エミレーツといえば、カップうどん、と私の胃袋の記憶に

刷り込まれていたので、今回も食べる気マンマンでした。

が、まったく違う、日本製ではなさそうな、カップラーメンで、

これが全然美味しくないスープでがっかり。

復路もチェックしたらやはりこの美味しくないカップ麺を

搭載してたので、経費削減なのか、変わっちゃったのね。



機内のおやすみタイムに気づいた、素敵なところ。

これ、天井を撮したものですが、わかるかな?
Imgp0354_copy

天井に星空。

まるで本物の星みたいに、大きさもまばらだし、

リアルっぽく瞬いていて、しばらく天井に見とれていました。



ところでね、エミレーツはエコノミークラスでも荷物30kgまで

預かってくれるんですよ。

帰国のたびに荷物の重さを気にする苦労が今回は無し。

ただ復路はオンラインチェックインしてたので、

成田で荷物預けのカウンターに行ったら、機内持ち込みの

手荷物の重量にやたら厳しくて、全部量られて、

「制限の7kgをオーバーしてるので、調整してください」

って、持ち込み手荷物の重量7kg以内をクリアするまで、

スーツケースを預かってもらえませんでした。

スーツケース、もうなにも入らないのにー!

結局、ターミナル内のクロネコヤマトでダンボールを買い、

預けられるものを移し替えるなどして、預ける荷物を1つ

増やして、手荷物7kgをクリア。

オンラインチェックインしたからといって、ギリギリに行き、

結局バタバタしなくてはならなかった、というオチ。



今回、もともと復路を3週間後の日程で予約していたものの、

義父の容体などの理由で、滞在を延ばすこととなり、

予約の数日前に一旦キャンセルしてオープンに。

その後、帰国の目処が立ってから改めて予約をしました。

この再予約のときに100ユーロが必要で、

予約を入れ、100ユーロの入金が確定したのちに、

eチケットが送られてくる、という感じ。

入金はクレジットカードか銀行振込のみ。

ユーロの現金をそこそこ持っていたので尋ねましたが、

エミレーツで直接現金での支払いというのはダメとのこと。




と、まあ、それなりに快適な旅でしたが、

先日、成田から搭乗した日、機材に問題があり、我々を

乗せたまま、駐機したまま整備をしていたところ、

成田空港が閉鎖する23時を過ぎてしまったので

「今日はもう飛べなくなりました」と。

機内食が提供され、我々が食事をする間に、

地上では乗客のホテルの手配などをして、

食後、再入国をして、順番にホテルに振り分けられ、

深夜2時半に成田のホテルの部屋に落ち着きました。

このときのパスポート、再入国のスタンプを見ると、

Imgp0353_copy

「出国中止」

ええー!こんなの初めて見た!

都内の実家を出て、ミラノの我が家に着くまで、延べ48時間。

思わず「南米か!」とひとりツッコミしましたが、

こんなレアスタンプもらえたから、まあいいや。



 

おまけに、成田空港のミールクーポンもらえて、 

軽食やオヤツ、ちゃっかりゲットしましたしね。
Imgp0351_copy

ちなみに、ドバイの空港で長時間の乗り継ぎ時間の際、

ミールクーポンが出るはずなのですが、

今回は、カウンターに長蛇の列だったので、もらわずに

お店めぐりなどをして楽しみました。



機内エンターテインメントと、受託手荷物の重量制限、

この2点はやはりとっても魅力的なので、

きっとまた利用するような気がします。

(カップ麺は持ち込みでww)

| コメント (4)

2012年11月14日 (水)

高尾山の紅葉

今日は義母とふたりで高尾山に行ってきました。

ふたりとも、初高尾山。

よくTV番組のロケなどで見ていたこともあり、

機会があれば一度は行ってみたいなあ、と思ってました。

今日は義父が亡くなって四十九日目にあたる日で、

かといって、法要のようなものはすでに済ませたし、

だったら今日、念願の高尾山に行こうじゃないか!と。



さて高尾山、今日はそれはそれはすごい人。

埼玉県の県民の日で、学校は休校とかで、子供連れ多数。

それに紅葉が見頃の時期、とあって、大賑わい。

圧倒されつつ、紅葉を堪能しました。

Dscn0266

Dscn0267_copy

Dscn0268

Dscn0272

日本の紅葉って何年ぶりでしょう。

人の多さには毎度、参ってしまいますが、

それでも本当に素敵な紅葉を見ることができて大満足。

もちろん、お団子やソフトクリームなども堪能。

日本の秋を大満喫できた一日でした。

歩き疲れと、食べ疲れで、帰りの電車は爆睡(笑)

今夜はゆっくりお湯につかって、ぐっすり寝るとします。

お団子、美味しかったなー・・・。

| コメント (2)

2012年11月10日 (土)

嬉野茶と佐賀の銘菓

嬉野茶、ってご存知でしょうか?

九州人ならきっと誰でも知ってる佐賀県のお茶。

九州三大茶どころといえば、

福岡県の八女(やめ)茶、

佐賀県の嬉野(うれしの)茶、

鹿児島県の知覧(ちらん)茶、

などとよく言われています。

私は福岡県人ですが、全国のお茶で好きなのは、

ダントツに嬉野茶と知覧茶です。

八女茶も美味しいけど、私にはまろやかすぎて甘いので、

日本に帰省するたびに、嬉野茶か知覧茶を

九州でゲットしてミラノに持ち帰ることにしてます。

が、今回は地元九州への滞在はなし。

まだ前回買って帰った知覧茶があるので、いいか、と

思っていたんですけどね、都内に嬉野茶のお店を発見。

バスツアー好きの九州人なら、きっと行ったことがあるはずの、

うれしのお茶ちゃ村が、巣鴨の地蔵通りに。

思わず嬉しくて飛び込んでしまいましたー。

 
 

こーんな感じの、パックの茶葉もいろいろありますが、
Imgp0350_copy


茶葉の量り売りもやってるそうで、これ、すんごい良質なお茶、

もちろん産地直送で、大きな袋の中を覗かせてもらいました。
Imgp0345_copy

このクラスのお茶は、産地でしか普通は出回らないそうで、

茶葉の香りと色で、なるほど納得。

さすがに夕方だったので、本日ぶんは完売でした。
Imgp0354_copy

ちなみに、嬉野の工場直売店とお値段まったく同じって!

 
 

お店の奥さんと少し話をしましたが、佐賀ことばが懐かしい!

ここが東京だってことを忘れてしまうひと時でした。

美味しいお茶と、お茶菓子、どうもごちそうさまでした。



 

そうそう、お茶菓子、といえば、忘れてはなりません。

佐賀県は九州でも有数の菓子どころ。

その昔、長崎街道が佐賀県を通っていたので、

昔から美味しいお菓子がいろいろあるのです。

その中でも、ファンが多いのが小城(おぎ)羊羹。

普通の羊羹と全然違う食感です。

羊羹なのに、周囲がシャリシャリ。

中は普通のねっとり羊羹。

これが深い味の嬉野茶と相性が抜群だったりします。

東京で小城羊羹が買えるとか、考えたこともなく、

店頭で小城羊羹見つけて、思わず迷わず手にしてました。

(11/14追記・・・こちらで購入した小城羊羹は外側シャリシャリ

         ではなく、普通の羊羹タイプでした。) 


佐賀のお菓子コーナー。
Imgp0352_copy



店内にお茶アイスがあるって書いてあって、思い出したのが、

そういえば嬉野の直売店にもソフトクリームコーナーが

めちゃめちゃ人気あって、確かに美味しかったなあ、と。

夏場に東京に来たら、ぜひアイスを、とこっそり決意。


 
 

と、しばし奥さんと懐かしいローカルトークなどをしつつ、

お茶の香りと味を堪能していたら、とっぷり日が暮れてしまい、

急ぎ足で帰宅した、というわけでした。

Imgp0355_copy


お近くにお寄りで、お茶好きの方はぜひ一度飲んでみて!

絶対絶対、美味しいです!!

 
 
 

で、まだ日本にいるのか??ってね。

マイラー生活の成果により、ようやく望ましい墓所と出会え、

近々契約できそう(お寺との面談があるらしく・・・汗)なので、

面談がうまくいくように、と大和撫子モードに切り替え中(笑)

と、そんなこんなな日常です。

| コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

マイラー生活。

更新サボりっぱなしですみません。

相変わらず、日本からの更新です。

葬儀後のさまざまな手続きが一段落し、

忌明けの準備もほとんど整い、

今日は部屋の片付けなどをして過ごしました。

ここ最近は、お散歩日和も多いので、

墓地の見学などに出かけることも多くなってきました。

東京のお墓事情なんて、まるっきり知りませんでしたが、

こんなに土地が希少な場所なのに、納骨堂よりも、

普通のお墓が一般的、ということに驚いたり。

私の地元では納骨堂に入ってる方が周囲に多いので。

どんなスタイルの納骨になるかは、まだ検討中ですが、

じっくり考えて、ゆっくり探そうと、そんな話をしています。

 
 
 

さて、夏に正岡子規のお墓に行ったと書きましたが、

何を隠そう、けっこう墓マイラー的な趣味をもつ私。

お墓めぐりをけっこう楽しんでおります。

 

 

大川橋蔵 (雑司ヶ谷霊園)
Dscn0190

 

小泉八雲 (雑司ヶ谷霊園)
Dscn0192  

 

永井荷風 (雑司ヶ谷霊園)
Dscn0193


東條英機 (雑司ヶ谷霊園・・・遺骨は無いと思うけど)
Dscn0195_2  


江戸屋猫八 (雑司ヶ谷霊園)
Dscn0196


 

金田一京助 (雑司ヶ谷霊園)
Dscn0197


二葉亭四迷 (染井霊園)
Dscn0204


岡倉天心 (染井霊園)
Dscn0205


高村光太郎・智恵子 (染井霊園)
Dscn0207


遠山金四郎景元 (本妙寺)
Dscn0213


芥川龍之介 (慈眼寺)
Dscn0215


谷崎潤一郎  (慈眼寺)
Dscn0216


川上音二郎 (谷中霊園)
Imgp0329_copy


いまのところ、目にとまったのはこれくらい。

あと、現在も存命の富永一郎センセイのお墓。

(すがも平和霊苑)
Dscn0210_2

あるとは知らずに歩いてて、偶然見つけたのでつい、

「富永センセイ!お笑いマンガ道場見てました!!」

とか話しかけちゃったんですが・・・

あはは、存命でいらっしゃるんですよねー(笑)

いまは奥様だけがお眠りになってるとか。

墓石のイラストが懐かしかったんですもん。
Dscn0211


どこの墓地に行っても、けっこう墓マイラーの方々、

時にはグループで来てるマイラーズもいたり。

ブームなんでしょうねえ。

せっかくなので、もうしばらく、マイラー生活を楽しみつつ、

今回の滞在を有意義にしたいと思っています。


マイラーにゃんこ。
Dscn0208

| コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »