« マイラー生活。 | トップページ | 高尾山の紅葉 »

2012年11月10日 (土)

嬉野茶と佐賀の銘菓

嬉野茶、ってご存知でしょうか?

九州人ならきっと誰でも知ってる佐賀県のお茶。

九州三大茶どころといえば、

福岡県の八女(やめ)茶、

佐賀県の嬉野(うれしの)茶、

鹿児島県の知覧(ちらん)茶、

などとよく言われています。

私は福岡県人ですが、全国のお茶で好きなのは、

ダントツに嬉野茶と知覧茶です。

八女茶も美味しいけど、私にはまろやかすぎて甘いので、

日本に帰省するたびに、嬉野茶か知覧茶を

九州でゲットしてミラノに持ち帰ることにしてます。

が、今回は地元九州への滞在はなし。

まだ前回買って帰った知覧茶があるので、いいか、と

思っていたんですけどね、都内に嬉野茶のお店を発見。

バスツアー好きの九州人なら、きっと行ったことがあるはずの、

うれしのお茶ちゃ村が、巣鴨の地蔵通りに。

思わず嬉しくて飛び込んでしまいましたー。

 
 

こーんな感じの、パックの茶葉もいろいろありますが、
Imgp0350_copy


茶葉の量り売りもやってるそうで、これ、すんごい良質なお茶、

もちろん産地直送で、大きな袋の中を覗かせてもらいました。
Imgp0345_copy

このクラスのお茶は、産地でしか普通は出回らないそうで、

茶葉の香りと色で、なるほど納得。

さすがに夕方だったので、本日ぶんは完売でした。
Imgp0354_copy

ちなみに、嬉野の工場直売店とお値段まったく同じって!

 
 

お店の奥さんと少し話をしましたが、佐賀ことばが懐かしい!

ここが東京だってことを忘れてしまうひと時でした。

美味しいお茶と、お茶菓子、どうもごちそうさまでした。



 

そうそう、お茶菓子、といえば、忘れてはなりません。

佐賀県は九州でも有数の菓子どころ。

その昔、長崎街道が佐賀県を通っていたので、

昔から美味しいお菓子がいろいろあるのです。

その中でも、ファンが多いのが小城(おぎ)羊羹。

普通の羊羹と全然違う食感です。

羊羹なのに、周囲がシャリシャリ。

中は普通のねっとり羊羹。

これが深い味の嬉野茶と相性が抜群だったりします。

東京で小城羊羹が買えるとか、考えたこともなく、

店頭で小城羊羹見つけて、思わず迷わず手にしてました。

(11/14追記・・・こちらで購入した小城羊羹は外側シャリシャリ

         ではなく、普通の羊羹タイプでした。) 


佐賀のお菓子コーナー。
Imgp0352_copy



店内にお茶アイスがあるって書いてあって、思い出したのが、

そういえば嬉野の直売店にもソフトクリームコーナーが

めちゃめちゃ人気あって、確かに美味しかったなあ、と。

夏場に東京に来たら、ぜひアイスを、とこっそり決意。


 
 

と、しばし奥さんと懐かしいローカルトークなどをしつつ、

お茶の香りと味を堪能していたら、とっぷり日が暮れてしまい、

急ぎ足で帰宅した、というわけでした。

Imgp0355_copy


お近くにお寄りで、お茶好きの方はぜひ一度飲んでみて!

絶対絶対、美味しいです!!

 
 
 

で、まだ日本にいるのか??ってね。

マイラー生活の成果により、ようやく望ましい墓所と出会え、

近々契約できそう(お寺との面談があるらしく・・・汗)なので、

面談がうまくいくように、と大和撫子モードに切り替え中(笑)

と、そんなこんなな日常です。

« マイラー生活。 | トップページ | 高尾山の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイラー生活。 | トップページ | 高尾山の紅葉 »