« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月28日 (木)

弾丸ヴェネツィア。

今日は急遽、日帰り弾丸でヴェネツィアへ。

夫は通常通りお仕事なので、

朝食と弁当を準備し、

夕食の準備に間に合うように帰宅することにしたので

現地滞在時間4時間ほどなんですけどね。

 
 
 

実は懐かしい人に十数年ぶりに会える機会があり。

学生時代にバイト先で知り合い、

その5年後に私が三度目の転職で入った会社で偶然再会。

当時彼女はすでにイタリアを拠点に生活をしたりもしてて、

初めて私がイタリアに仕事で行くことになったとき、

イタリアのいろはを教えてくれたのもその先輩。

十数年ぶりに、かつて住んでいたヴェネツィアに

息子さんとやってくる、とのことで。

イタリアのレクチャーを受けたあのころは、まだ自分が

こんなにも将来イタリアと関わるなんてつゆ知らず。

いろんな想いがめぐり、この機会に絶対に会いたい!と

弾丸旅行を敢行したのでした。


 
 

さて、ヴェネツィア。

先輩親子と私、3人でヴェネツィアぶらぶら散歩。

サンマルコ広場周辺はアクアアルタ(海の水位があがって、

広場が水浸し)で、3人とも靴が濡れ。

ちょっと歩いたあとなので随分乾いたけど、

つま先の方に塩分が付着したままだよ、状態。
0327venezia_7

アクアアルタの写真はありません。

足元を極力濡らさないように歩くのに集中するため、

カメラは手に取りませんでした。

というか、今回は再会のおしゃべりメインなので、

あまり街写真は撮ってないなあ。


 
 

散歩途中、先輩オススメの「ワインの量り売り」の店へ。

0327venezia_6

空き瓶やペットボトルを持参して、ワインを入れてもらう、

というスタイルのお店なんだそうで、

ヴェネツィアではわりとよくあるタイプらしく。

Imgp0675_copy_copy

私は下戸なので、お留守番の夫にお土産で、

プロセッコ1L購入。

1Lで2.60ユーロでしたよ。安い!

今回、容器はお店の方がくださいました(水ペットボトル)。



その後、先輩のイタリア語の先生の姪っ子さん、という

私からみるととてつもなく遠いイタリア人女性さんと、

彼女の同居人の日本人留学生の女子大生ちゃんと合流。

なんとそのとてつもなく遠い、知り合ったばかりの

イタリア人ロベルタちゃんにお昼をご馳走していただき。

あっという間に4時間経ってしまいました。



 

さすが、日本でも勉強を続けて、イタリア人友達との交流も

欠かさない先輩、イタリア上陸十数年ブランクを感じないほど

流暢にイタリア語でお喋りしてて、改めて尊敬しました。

息子さんは、というと、小学生なのに、歴史に妙に詳しくて

お母さんとその友人たちへの気遣いとか、ほんと、

まだ子供なのに偉いな、と感心しましたよ。



滞在時間より移動時間のほうが長かったけど、

またいい刺激をもらったし、楽しかったし、行ってよかった。

先輩&息子くん、ロベルタちゃん、ありがとう。

行かせてくれた我が夫も、ありがとう。


水のペットボトルに入れてもらった夫へのお土産。
 ↓
0327venezia_1

| コメント (0)

2013年3月23日 (土)

イタズラ?盗難対策?

歩いてたら頭上に自転車が・・・!

Imgp0662_copy

え?え?

誰かがイタズラしたのかと思ったんですけどね、

近づいてよーく見たら、ちゃんとこのポールに

チェーンロックがつなげてあって、

駐輪してる、ってことみたいな状態でした。

Imgp0663_copy

しかし、ちびっこ用のお子様シートが後ろについてるし、

子連れでこんな場所に駐輪するなんて、あり?

やっぱりただのイタズラなのかな。

うーん、謎は深まるばかりです。

| コメント (2)

2013年3月 8日 (金)

みまからもどき。

ケンミンSHOWで紹介された徳島県美馬市の

「みまから」という薬味。

_copy

美馬市特産の超辛い青唐辛子を、ごま油や醤油、

みりん、かつおぶしなどで炒り煮したもの、とのこと。

みまから 美馬交流館

気になったので、もどきを作ってみました。

 
 

イタリアのスーパーで売られてるこちらの青唐辛子。

peperoncini piccanti
Imgp0591_copy

これを種ごと、小口切りに。
Imgp0592_copy

これをフライパンでごま油と炒めて、調味料入れて、

煮汁が無くなればできあがり。

Imgp0593_copy

美馬唐辛子でつくる本家みまからは、

唐辛子のあまりの辛さに手袋とマスク必須で、

それでも咳き込みながら作ってらっしゃいましたが、

こちらの青唐辛子はそのまま素手に素顔でOK。

さぞかし生っちょろい辛さなんだろう、と味見。

ところがどっこい、なかなか衝撃的な辛さで、

しばし小躍り(口が辛くてじっとしてられない状態)。

しかし確かに美味しい。

 
 
 

しかしー、

こんなに作っちゃいましたよー(涙)

Imgp0594_copy  

いったいどんだけお米を炊けば、

これ完食できるんでしょうかねー。


 
 

みまから通販サイトのみまからドットコムにて、

ピッツァ・ミマカラ~ナ、とかあったりして、ちょっと笑。

みまからの美味しい食べ方 みまからドトコム




 

| コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »