« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

いよいよなんです。

夫が退職してからのこの半月。

なんだかもうあれよあれよと時間が経ち、

あっという間に明日(日付的には今日)、発ちます。

きちんと会ってご挨拶できなかった方々、

大変失礼いたしました。

 
 
 

さて。

引越しのダンボールはすでに今朝、業者さんに

引き取ってもらいました。

家の中、さぞかしガラーンと、と思いきや、

いえいえそうでもありません。

我が家は家具付きの賃貸物件だったので、

家具と、入居時にすでにあった備品などはすべて、

そのままの状態で残していきますからね。

自分が買い足したお気に入りの食器以外は

そのまま食器棚に収まったままだし、

冷蔵庫も洗濯機もテーブルも椅子もベッドもそのまま。

あ、冷蔵庫の中はさすがにガラーン、ですけどね。

 
 

ここの家、なにしろ古い建物なので

あちこち入れ替わり立ち替わりガタがきましたっけね。

キッチンも本当に小さくて、不便だったり。

そんな不満はちょこちょことありましたが、

部屋の広さの割に、収納が大容量なとことか、

場所がとっても便利なこととか、

お隣さんがとても親切な日本人の方だったりとか、

その隣は笑っちゃうほどお節介なイタリア人のおばさんで、

話のネタには尽きないほどのお節介をしてくださったり、

同じアパートには日本食材も売っている商店があって、

当然足繁く通うのでときどきおまけをいただいちゃたり、

他にもすぐ近くに複数のスーパー、それに加えてメルカート、

と立地条件が最高なこととか、

門番さんがとっても感じが良くて優秀で、安心できたこととか。

やっぱりプラスのことのほうが多かったな。

なにより「casa di ringhiera(カーザ・ディ・リンギエラ)」という

タイプの建物だったことが気に入ってました。

 
 
 

リンギエラっていうのは「欄干」とか「手すり」。

カーザ・ディ・リンギエラは「欄干のある家」という意味。

Imgp0412_copy_2
写真は私が今日まで住んできたアパートですが、

須賀敦子さんが同じタイプの建物について

「踊り場のある家」という表現で、こう書いてました。

  

 
(前後略)

これは現在も残っていると思うが、ミラノの下層階級の

人たちがかつて住んだ共同住宅で、一階ごとに、

中庭をぐるりとかこむバルコニー(踊り場)があって、

それぞれの家のドアがそれに向かって開いている。

そのバルコニーの外側には、貧素な手すりがついていて、

それがまた、この建築の安っぽさをものがたっている。

廊下が外にある、といってしまえばそれまでで、

なんということはないのだが、ミラノ人にとっては

「踊り場のある家」と聞いただけで、その手すりにからだを

乗り出すようにして、外を見ている娘たちや、いちめんに

干した洗濯物や、そして中庭に向かって階上から

わめく声などが、錯綜して記憶にもどってくる。

そんな家のことを人々はよく「絵のような」などと表現

するが、だれも自分は住みたくないと思っている。

エンリコが住んだのはそんな建物だった。

これらの家の、もうひとつの特徴は、各戸にお便所が

ないことで、それはバルコニーの隅に、各階にひとつ

あるだけだ。

(「ミラノ霧の風景」須賀敦子著より抜粋)

 
 
 

あ、いまは各戸にバス・トイレがついてますよ。

昔の名残で、バルコニーの端に共同トイレのあった

小部屋は残っていますけどね。

突き当りが共同トイレ跡。現在は倉庫として利用。
2121105_235035834_1large

たしかに本当にバルコニーで中庭に向かって

いつもわーわー叫んでるおばちゃんがいるし、

悪く言えば「ド庶民アパート」。

良く言えば「アンティーク」(笑!!)。

ミラノのお洒落アンティークゾーンのナヴィリオ界隈も

このタイプの建物がいい雰囲気出してますしね。

ほら、アーティストに人気あるじゃないですかー。

(と、必死にフォロー・・・。)

 
 

この構造のおかげで、同じアパートの人と

顔を合わせる機会が割と多くて、

名前も国籍も知らないけど顔見知りになって、

ご近所さんとよく挨拶を交わすなどしていました。

住むことをためらう方も実際に多いでしょうし、

あー、やっぱ無理、って思う人もいるかもですが、

私は大好きですよ、住むことができてよかったです。

 
 
 

そんなわけで記念に絵を買いました。
Imgp0605_copy_2
(著作権とかなんかあるのかわかんないので
見づらくしてしまってごめんなさいです。)

 
 

ナヴィリオの、ガイドブックにもよく載ってる、

カーザ・ディ・リンギエラの中にあるこのアトリエのです。

Imgp0596

このアトリエ、大好きでよく寄っていたんです。

本帰国するときには絶対にここで絵を買おう、って

ずっと決めていたんですよね。

この絵のおかげで、帰国後はカーザ・ディ・リンギエラの

良い思い出だけを持って帰れそうな気がします(笑)。



庶民っぽい、長屋のような古アパート。

黄色の壁。

人々の声。

中庭の古い手洗い場。
Imgp0414_copy

少しばかり、名残惜しくも感じますが、

ミラノでの生活で沢山得られたモノを忘れないように、

日本で前へ前へと笑ってすすめるように、と

いまは期待とか、希望とか、そういう気分です。

ミラノでお世話になった皆様方、

仲良くしてくださったお友達の方々、

私のミラノでの暮らしをブログで読んでくださった方々、

ほんとうにありがとうございました。

明日は日本への出発の日でもあり、

新しい人生の出発の日だと思っています。

どんな人生を切り開くか、ゆっくり空の上で考えつつ、

日本に向かうつもりです。



 

あ。

しめくくるような書き方しましたけど、

このブログは帰国後も、もうちょっと続けます。

ほら、旅のこととか書きたいし。

出発までなにが起こるかわからないイタリアですしね。

Imgp0638
(ミラノ市内で見かけた、謎のバイバイビル)

| コメント (6)

2013年4月27日 (土)

最後のイタリア周遊?ミニタリア。

ミラノ郊外のテーマパークに行ってきました。
Entrata
Minitalia Leolandia

ミニ・イタリア、略して「ミニタリア」という、ミニチュアの

イタリア共和国があるとのことで、以前からそのうち一度

ぜひ行ってみよう、と言っていたところです。

ミニタリア自体は開園して40年ほどだそうですが、

その後拡張され、「レオランディア」という遊園地もあり。

そんなわけで、テーマパークの名前は両方を併せて

「Minitalia Leolandia ミニタリア レオランディア」といいます。

Mappa

1年以上前から計画してて、結局本帰国直前に

駆け込みで行くカタチになり、しかもあいにくの雨。

でももう行ける日は今日しかないもんね、と雨天決行。

友人の仕事の都合で午後集合、現地到着は14時半。

いよいよ入園!チケット買おう~!と窓口に行くと・・・

Cassa

けっこうな数の窓口があるのにすべて閉まってる!

通りかかったスタッフ呼び止め、窓口スタッフを呼んでもらう。

えー、いくら悪天候だからって、やる気なさすぎ(爆)。

でもね、なんかこのユルさがむしろ心地よくなってたりする。

呼ばれて登場したチケット係のおばちゃん。

「今買ったら1人25ユーロ。でもあと30分したら15ユーロで

買えるから、あと30分時間つぶしてから買うほうがお得よ。」

なるほど、ひとり10ユーロの節約とは超お得。

閉園が18時なので、夕方3時間に限り、安くなるらしい。 

3時間半も3時間もたいして変わりゃしない。よし待とう。

でもね、雨風容赦ない悪天候で、寒いのに、売店も喫茶も、

入園後にしか入れない構造なんですよね(泣)

凍えながら立ち尽くして、それでも待つアラフォー4人。


 
 

30分後、無事安くチケットを購入でき入場します。

まずは小っちゃいイタリアゾーンへ。

ざっと見渡して、長靴のカカトから周遊開始してみました。

100_4322

南イタリアは残念ながら行ったことない街がほとんどで、

改めてこんなにも行き残したところがあるのかー、と

いずれまたイタリア旅行に来なきゃなあ、と思ったりして。

アルベロベッロとかも行ったことないもんなー。
100_4329

訪れたことのある街は思い出を噛み締めつつ。

 

 

ヴェネツィア
Venezia

 

ヴェローナ
Verona

 

トリノ
Torino

 

ジェノバ
Genova

 

チンクエテッレ(と、思う。)
Cinqueterre


ミラノ近郊なのでミラノはちょっと多めの4点セット。

センピオーネ公園の平和の門
Milano1

 

 

スフォルツェスコ城
Milano2

 

ドゥオモ
Milano3

 

ミラノ中央駅
100_4397

さすがにいろんな思い出が駆け巡りますね~。

さて、周遊を続けます。

ボローニャ
Bologna

 

サンジミニャーノ
Sangimi

 

ピサではお約束のあのショットなど撮ったり。
Pisa


バチカン市国
Roma

 

ナポリ
Napoli

 

不思議なことに、実在しないものも。

イタリア本土とシチリア島を結ぶ橋???
100_4444

一緒に行ったイタリア人の友人らが推測するに、

そこに橋をかけたがっていたべルルスコーニ元首相が

希望をこめてミニタリアの同じ場所に橋をかけたのでは?

とかだそうですが・・・うーん彼ならやりそうだww


 

この間見てきたエトナ山。

100_4448


我々、こうやってミニチュアのイタリア半島を歩きましたが、

あとで、ボートに乗って、海からイタリアを眺めたり。

傘さして、濡れまくってる座席に紙敷いて、という感じで、

周遊を終えるころにはすっかりずぶ濡れ、髪ボサ。

寒い寒い、言いながら歩いてるところに、いいモノ発見。
Asciugare

全身ドライヤー!

2ユーロで5分間くらいかなあ?赤外線ヒーターと

温風で衣服を乾かしてくれるのです。

4人で一緒に入って、なんとなくちょっぴり乾いた感じ。

そっかー、水系のアトラクションもいくつかあって、

ザッパ~ン、としぶきがかかるらしいので、それでね。

 
 

悪天候すぎて、ほとんどのアトラクションは休止状態。

仕方ないので、屋内施設へ。

爬虫類館とか、
Senzanome

水族館とか。
Acquario

そうこうしてたら閉園時間。

お天気悪かったけど、あっという間で楽しかったな。

3時間、15ユーロ分しっかり楽しみました。

イタリア人の友人いわく私らにとって今回のミニタリアは

「イタリアの復習」ってことらしい。

 
 
 

私たちに合わせてこんな悪天候の日に一緒に

つきあってくれた友人に感謝。

おかげでしっかり復習できました。

この記事書きながらも、いろんな場所でのいろんな

思い出が走馬灯のごとくめぐってます。

イタリアの締めに行くことができてよかったです。







| コメント (0)

2013年4月20日 (土)

旅とかいろいろ。

やらねばならないこと満載の日々。

「荷造りすすんでる?」とよく聞かれるけれど、

まだまだな感じ。

この週末に使うものがいくつかあったり、

というか狭い部屋の中、ダンボール積み上げてて、

もうどれがどれやら、みたいなことにも。

はあ。引越しの荷物の別送品リストも作らねばならないし、

いや、引越し1週間前を目処にトータル箱数とか、

内容物の価格合計とか連絡するように言われてたけど、

1週間前、ってもうすぐじゃないか???

 

そんな合間を縫ってイタリアで最後に行っておきたい場所や、

ご挨拶に伺わねばならないところをめぐる旅をしてきました。

「旅行」なんて優雅な言葉は決して使えないような、

そう、毎度のことながら「無茶旅」なんですよねー。

その無茶旅のことも書きたいのですが、なにぶん余裕がなく。

あー、そのうち、ってことになるだろなー。

書きたいこといっぱいなんですけどね。

取り急ぎ、旅でお世話になった方々・・・

カターニアで宿の場所を、代わりに電話して確認してくれて

わかりやすく教えてくれた通りすがりのお兄さん。

ナポリでわざわざ時間をつくってくださって、案内してくれて、

お土産までくださった、セリエAの山本絵美選手。

アッシジで大変お世話になった、親切なヴィンチェントおじさん。

ペルージャのオススメを事前に詳しく教えてくださったCicaさん。

などなど、他にも沢山の方々にお世話になったり、

お仕事の職場にお邪魔させていただいたりして、

イタリアぐるりと満喫してきました。

いろんな意味で、忘れられない旅になりました。

まだ写真のまとめも終わってないので、旅の話はそのうち。

 

 

さて。

あと10日ほどで引越し。

国内の超ハード旅(我が家では旅を「強化合宿」と呼ぶ)も

終わって、いよいよ引越し準備本番か、と思いきや、

もう一本、強化合宿に出かけてきます。

はー。

そんなこんなで、更新がんばる、と言いつつ、

やっぱり滞ってたりして、私らしいといえば私らしいこの感じ。

とにかく体力勝負。いっぱい食べて乗り切ります。


| コメント (2)

2013年4月12日 (金)

初めてのホップとか。

本帰国に向けて、イタリアで御縁あった方々への

ご挨拶をしているところですが、

先日、私が勝手に「イタリアの姉」とお慕い申し上げてる

ねるさんが、ご自宅に招いてくださいました。

いつもねるさんのブログを拝見しながら、いつか必ず

伺ってみたい、と夢見ていたおうち。

その夢が叶って、もう数日前からうきうきるんるん。

 

ねるさんがお住まいなのは、北イタリアのとある村。

うちから地下鉄→列車→バス、という感じで2時間弱。

私はミラノに住んでいますが、ミラノってそこそこの都会。

(イタリアの中では大都会ですが、日本基準に見ると、

「大都会」と呼べる規模というわけでは・・・・という都会。)

でも、私自身は騒音とか人ごみとか、都会が苦手なので

小さな町や村にすごく憧れが強いんですよね。

もちろん、実際住むとなればまたそれなりのご苦労も

きっとあるんでしょうけど。

 

で、そのねるさんのおうちの村に着くと、これがもう、

私の理想な雰囲気でして。

わ~、わ~、と、村に来たのにまるでお上りさんのごとく

きょろきょろしながら歩いてしまうわけです。

 

ねるさんは古い農家を改築されたおうちにお住まい。

お庭がとにかく広~いんです。

ちょうど桜や春っぽい小さな花が沢山咲いていました。

Nell14

畑あり、池あり、竹林あり、果樹園あり・・・などなど。

で、その一角に、野生のホップが生えていて。

ホップって、ビールの原料になるあれですよね。

イタリア語でルッポロと言うのだそうで、春限定で、

その新芽の部分が食べられるのだそう。

お昼にそのホップを出してくださいました。

Nell4

レモンとお醤油でさっぱりといただいたのですが、

芽の部分の食感がなんとも初めての感覚で、

とっても美味しかったんですよー。

ビール苦手なので、ホップってまったく興味なかったのに!

こんな風に美味しくいただけるなんてーーー!

ねるさんのお手製手打ちパスタやフランも美味しくって、

日本に帰ってからイタリア料理をもっと練習したいな、と

思いました。パスタマシン、持って帰ろう!

 

お食事をいただいた後、お庭を見せていただきました。

ねるさんのお庭には栗の木があって、昨秋の栗が

地面にたくさん落ちていました。

なんとーー、栗から芽が!!!

Nell12

「芽~!!!」と大はしゃぎしてると

「そりゃ実なんだから芽がでてあたりまえ」とツッコまれ、

田舎に初めて来た都会っ子のような気分(笑)

Nell13_2

お庭のことばかり書いてしまいましたが、

おうちも本当に素敵で、壁には画家であるご主人の

作品が沢山飾られていて。

その作品がすごく素敵で、「どれが好き?」とご夫妻から

10回以上聞かれましたが、好きなのが多すぎて。

絵の写真、記念にいっぱい撮ってきたらよかったなー、

もっと見ていたかったなー、と今更ながら後悔。

(見とれてて、写真撮るの忘れてしまって。)

 

比較的便利なミラノでずっと暮らしてきましたが、

いつかまたもしもイタリアに住める機会があるならば、

こんな暮らしがいいなあ、と帰り道に夫と語らいました。

「草取り大変なのよ」と釘を刺されそうですけどね(笑)

ねるさん、ご主人、犬さん、猫さん、鶏さん、

お招き本当にありがとうございました。

またきっと、こんどは栗拾いの時期に伺えますように。

| コメント (2)

2013年4月11日 (木)

卒業。

イタリア人の友人から

「大学の卒業の日にぜひ来て」

と誘われて、初めてイタリアの大学の卒業に

立ち会わせていただきました。

日本の大学の卒業式とは全く違ってて、

へえ~、の連続で、いい経験でした。



 

日本のように学生一斉での卒業式とかではなく、

個別に論文を発表する形で卒業試験。

今日は同じ学部で対象者が7人だったようですが、

それぞれに家族や友人らがその発表の場、

曰く、学士号取得の場に立ち会う形式のようです。

 
 
 

さて、今朝は8時半すぎに大学に到着。

まず論文を教授陣に提出し、呼び出されるまで

教授室の近くで待機。

お母様も車椅子でご家族共々郊外からかけつけてました。
Imgp0774_copia

この間に、続々と友人らが集まってきます。

その人数、ざっと30人ほど!

で、けっこうな時間、廊下で待たされ、

(「卒業って、いつもこう待ってる時間が退屈なの」

とか、誰かがこっそり言ってましたっけ。笑)

対象者が順番に教授室に呼び出されます。

で、順番がくると、その総勢30人、みんなで入室!

中では教授陣が12人も、ずらりと、

まるでダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のごとく座っており、

学生本人はその前で発表と教授からの質疑に答えます。

我々は学生のやや後方に並んだ席でその様子を

見守るわけです。

終わると一旦部屋を出て、数分後に再度呼ばれ、

点数など、結果が発表されます。

ドットーレ誕生の瞬間に一同拍手喝采。

廊下に出て、わーーー、おめでとう!!!!

まずはその場で家族写真を撮ったり~

(その真後ろでその後ろ姿を撮ったり~)
Imgp0778
左から、お兄さん、お父さん、本人、

3人の男性陣の前に車椅子に座ったマンマ。

ご家族とっても嬉しそうで、ご両親の誇らしげに息子を

眺める眼差しが、すごーく印象的なのでした。



 

お天気のよかったミラノ、

大学の中庭に出て、皆で「おめでとーーー!」の続き。

お兄さんが持ってきてくれたワインで乾杯~♪
Imgp0784_copia

日本の卒業式との違いに、すごく戸惑ったのですが、

でも、彼のことを大好きなみんなが一緒に、

その卒業に立会い、見届けて、お祝いする、って

なんだか素敵だなー、楽しいなー、と思いました。

卒業することがとても困難だからこそ、

卒業に対する想いとか、重みがとても大きいんですよね。

いい卒業式でした。

 
 

そして卒業といえば、もうひとつ。

我が家、この4月末をもって、イタリア生活を卒業します。

昨年の義父の逝去前後から、計画をしていたことでして。

主人の母、私の母ともに独りとなり、

気づけば私たち夫婦もそれぞれ40代、

家族のためでもあるし、

人生の切り替え時期としてほどよい頃のような気がするし、

で、イタリア滞在許可書もちょうど更新時期だし、で

更新をせずに、日本での再出発を選んだというわけです。



 

先日、主人は退職し、

残り半月のイタリア、がっつり満喫せねば、と

旅の計画などもろもろをしているところです。

そんな人生の新たなスタートに向けたいま、

こうして大切な友人の、華々しい場面に立ち会えて、

希望とか、励みとか、いろんなものをいただけました。

だから春って好きだなあ、とか思ったりしてます。



 

いままでの人生振り返り、こういう転機に事前に報告せず、

直前に急なお知らせで済ませてきた私ですので、

こういう自分の転機を語るのは苦手ですが、

友人の卒業と、我々の卒業とをひっかけつつ、

友人におめでとうと、ありがとうの気持ちを伝えつつ、

この場でご報告させていただいてる次第です。


慌ただしく、イタリア生活のまとめにかかる残り半月、

できるかぎりサボらず更新していこうと思います。

できるかぎり。




| コメント (2)

2013年4月 7日 (日)

ベジタリアンのお店。

1年ほど前から、ずっと気になってたお店に

やっと入ってみました。

Imgp0690
Rdicetonda

ベジタリアンのお店で、スープがいろいろあるよ、って

いうのは外の看板で知ってたんですけどね。

表にメニューも出てないし、

なんかお洒落っぽい感じだし、

うーん、どんな感じなんだろう、と今まで躊躇してまして。


入口入ってすぐのカウンターで注文します。
Imgp0701_copia_copy

お惣菜が並んでいたり、
スープが並んでいたり、
ケーキも並んでました。
ランチは10ユーロくらいでベジミールが食べられるっぽい。
私はオヤツタイムでしたので、ケーキを。

Imgp0706_copy

りんごタルトだったんですけどね、

小麦ふすま、っていうんですか?ブランっていうんですか、

そんな食感と味で、まあ健康にはよさそうだけど、

もうちょっとクドくていいのに、みたいな(笑)

ベジタリアン、というかもう、ビーガンの店なので、

バター使ってないはずだし、カロリーは低いに違いない。

友人がチョイスした、白いんげんと豆腐のケーキが

意外にしっとりな感じで、さっぱりしつつも美味でした。

自分じゃ絶対に選ばない組み合わせだけに、敗北感。

ケーキはすべて4ユーロ。

カップチーノなど、ミルク入りのコーヒーには豆乳使用で、

食器類はすべてエコ素材利用、となかなかのこだわり。

 
 

店内、照明控えめで、雰囲気よし。

Imgp0704_copia_copy_2

Imgp0737_copy

椅子が全部ちぐはぐなのも面白くて好き。
Imgp0707_copy

窓際にこっそりメニューリストが置いてあったんですが、

じっくり見てみると、いろんな国のスープが書いてあって、

すごく沢山スープの種類があって。

日本のスープ、っていうのも4種類くらい書いてありました。

わかめとか、しいたけとか、そんなかんじ。

うどんか蕎麦入り、みたいなスープもあったけど・・・

注文する勇気はなく(苦笑)。



 

私は肉とか魚とかチーズが苦手なので、

ベジ寄りの食生活ではあるんですが(自称エセベジ)、

いわゆるベジタリアンとかビーガンの人向けの、

「お肉っぽい味と食感に作った代用品」とかが苦手で

いや、そもそもその肉の味や食感が苦手なので、

ベジタリアンじゃなくて、ただの偏食なわけですし。

いい年して恥ずかしいから「ベジタリアン」とか言っちゃうけど。

まあでも、こういうお店のいいところは、

お客さんが草食系な人が多くて、お店が静かなこと(笑)。

ああ、この人たちみんな草食なんだ、っておもうと、

妙にほっこりした気分になるんですよねー。

たまたま付近で人と会う予定などもあり、

今週3度も通ってしまいました。

Radicetonda
Via Lazzaro Spallanzani, 16
          20129 Milano
         Tel. 02 3673 7924

月~土12:00~23:00(キッチンは22:00まで)



| コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »