« イタリア周遊(4日目) | トップページ | イタリア周遊(6日目最終日) »

2013年5月18日 (土)

イタリア周遊(5日目)

【5日目】アッシジ~ペルージャ~ラヴェンナ

アッシジの可愛いホテルで朝を迎えました!

 

旧市街の壁並みの中にあるホテルの門。
Img_6967

 

こちらがホテルの玄関。
Img_6964

 

旧市街の中の小さなホテルでしたが、

こじんまりとした部屋ながら、雰囲気よくて、

ホテルのヴィンチェンツォおじさんの気遣いが嬉しい、

素敵なホテルだったんです。

朝、早く目覚めたので、朝食前の朝散歩に、と

外に出ると、玄関前に焼きたてパンが届いてました。

美味しい朝食食べるために、散歩してくるぞー!

 
 

路地好きにはたまりません♪ 
Img_6876   

 
 

アッシジは聖フランチェスコの街なので、

街のいたるところに聖フランチェスコさんが。
Img_6942

 
 

朝一番の聖フランチェスコ教会は人がほとんどいなくて。
Img_6883_2


 

聖フランチェスコ、下の教会前もこんなにガラーンと。
Img_6915


 

教会前にはこんなパネルが。
Img_6907

そっか、新教皇さんは、アッシジの聖フランチェスコさんと

同じ名前のフランチェスコ1世さんですもんね。

せっかくなので聖フランチェスコさんのお墓参りを。



 

改めて、朝の聖フランチェスコ教会と景色!さわやかー。
Img_6919

 
 

ちょうど朝のミサをやってまして、

ミサ終了と同時に修道女さんたちがぞろぞろ。

修道士さん、修道女さんの姿をあちこちで見かけます。

こちらは若い修道士さん。
Img_6937

 

このあと聖キアラ教会で聖キアラさんのお墓参り。

聖フランチェスコさんと聖キアラさんの遺品なども拝見して

ホテルで美味しい朝食タイムとなりました。

 
 
 

朝食、いっぱい食べてしまったので、

よーーーし、歩いて消化するぞー、と、懲りずに歩く。

 

どっちに行く~??
Img_6971

 

私「こっちでしょ」  夫「え・・・まじで??」
Img_6972

 

ああ、懲りない私。昨日あんなに歩き疲れたのに。

上へ~、上へ~!

 

アレ(ロッカ・マッジョーレ)を目指してるんです!!
Img_6973


 

当然なんですが、途中でそりゃ後悔しましたよね(苦笑)
Img_6974

なんで上を目指しちゃったんだろう、私・・・、って。

 
 

でも、上からの景色見たら後悔なんて吹き飛んじゃったし。
Img_6976

 
 

ロッカ・マッジョーレ、間近だとこんな感じ。
Img_6989

中にも入れるんですけどね。

時間そんなにないし、有料だったので、やめときました。

 
 
 

下りは余裕なので、下りながら景色見るのもよし。
Img_6993  



下り下って、街に戻ってきましたよ。

よくがんばったから、ごほうびにアッシジのお菓子。
100_3845

いや、これ、すんごいボリュームだったので、

結局夜までかかって食べきりました。

 
 

聖フランチェスコ教会まで戻り、上の教会のジョットの

壁画をゆっくり見て、中庭に通り抜けます。
Img_7014

中庭の回廊、よーく見ると修道士さんが歩いていたり。

 
 

そろそろアッシジの街を離れる時間なので、

教会からさらに下って、バス停に向かいましょうか。
Img_7027

 

旧市街からバスに乗り、アッシジ駅前で降り、

再び旧市街の丘を眺めてみましょう。
Img_7040

あー、好きだな、この街。

 

アッシジ駅、看板の字体がなんかイイ。
100_3853


 

アッシジから列車に乗り、ペルージャに向かいます。

数年前までお友達のkawaさん・cicaさんご夫妻が

住んでいた街で、写真を見せていただいたり、

お話を伺ったりしてはいたものの、行けずじまいで。

今回、そのおふたりの縁でナポリで山本絵美選手に

会うことになり、その件でcicaさんにメールしつつ、

ペルージャ街歩きのポイントをアドバイスいただきまして。


 

で、教えられた通りに駅からバスに乗って丘の上の旧市街、

終点のpiazza italiaまで10分ほど。

さすが、想像はしていたけど、学生さんが多い街。

バスも学生さんでいっぱいでした。

ペルージャきたーーー!
Img_7052

 

今日はどうやら「丘の町の日」ですね。

丘の上の街中を歩きます。

街中も学生さんでいっぱい。
Img_7060

同じ丘の上の、比較的近くの町なのに、

修道士さん・修道女さんがいっぱいのアッシジとは

ずいぶんと違って、学生さんの若いパワーいっぱいの町。


この教会前でも若者がサッカーして遊んでましたよ。
Img_7059

 

路地も素敵っぽいのでちょっと入り込んでみましょうか。
Img_7068

 

古い路地を学生さんたちがワイワイ行き交う、ってのもいい。 
Img_7071

 

建物同士がこんなふうに繋げてあるところ、多かったです。
Img_7101

 

こんな路地も珍しいなー。 
Img_7078

 

なんだか人が沢山吸い込まれていく。なになに?
Img_7083

 

ついて行ってみたら、向こう側に展望台がありました。
Img_7092

この下に駐車場とかあるのかな、

こっちに向かってた人たちはいっぱいいたけど、

展望台には誰もいない。

 

景色!
Img_7089



 

cicaさんのオススメスポットに「scala mobile」ってのがあって、

スカラモービレってエスカレーターのことなんですよね。

丘の上の町なので、丘の下と丘の上をエスカレーターで

行き来できるようになってるんだそうで、cicaさんいわく、

「ちょっとひんやりしてて、お城の中にはいったような、

なかなかいい雰囲気なんです。」

えー。気になる!

piazza italia にスカラモービレの入口がありました。

いざ中へ入ります。 

 
 
 

わー!なんだ、ここは!
Img_7108

入ってすぐにエスカレーターかと思ってたら、

なんだかずんずん奥までこんな通路が続きます。

Img_7113

 

もう、ドラクエのような世界!
Img_7115

好きですよ、好きですよ、この感じ。

外はとっても暑かったんですが、中は本当にひんやり。

こんな通路をずーっと歩いて、エスカレーターにたどり着き、

下まで降りて、それからまた折り返し上がってきました。

いやー、ここの中は快適すぎる!

窓もなくて閉ざされてるようで、通風孔とかちゃんとあって。
Img_7121

奥の人影から、天井がずいぶん高いこともわかる。

っていうか、もはや「天井どこ??」状態。 
Img_7125



 

再び外に出てきて、ペルージャの締めは

piazza italiaからの景色です。
Img_7129

この町で、友人夫妻が出会って、家族になって、

いまそのふたりに新しい家族も誕生してて、

ってなんだか友人家族の歴史ここにあり、という気がして。

勝手に「このへんでデートしてたのかしら~」とか考えたり。

訪ねてみて本当によかったです。

cicaさん、ありがとう!

 
 
 

バスで駅に戻り、この日のうちにラヴェンナに移動します。

terontola-cortonaって駅で乗り換えをするんですが、

ペルージャからそのテロントラ行きの列車が遅れたら

またもや乗り損ねてしまう!とナポリの悪夢を思い出して

1時間早い列車に乗ってテロントラへ。

だって、乗り継ぎ時間が10分しかないんです。

イタリアの初めて行く駅で、たった10分で乗り継ぎとか、

不安でいっぱいになっちゃうじゃないですか。

 

車窓から菜の花いっぱい!
Img_7144

 

湖の景色が見えるとそろそろテロントラ。

こんな駅でしたー。
Img_7145

乗り換え駅なんだけど、小さい田舎の駅。

ここで1時間・・・なにして過ごそう・・・・。

駅近くの小さなスーパーとかパン屋さんで買出しして

あとは待合室でぼんやりするしかないですね。

 
 
 

さて、前述の私の不安ですが。

たった10分で乗り継ぎとか、ってやつ。

到着ホームが同じホームなので、心配無用だった様子。

さすがに1時間待ちぼうけしてる人は他にはおらず。

 
 
 

ともかく無事乗り継いでボローニャへ向かいます。 

テロントラ~ボローニャの列車でもイタリアンミラクルが。

インターシティで2時間ちょっとなんですけどね、

指定席なので、事前に自動券売機で座席指定の入った

切符を買っていたわけです。

2枚の切符を見比べ、席番号が隣っぽくないよね、と。

まあでも、席番号も抜けてるときとか、不思議配列とか

よくあることだし、とあまり気にしなかったんです。

乗ってみたら、めちゃめちゃ遠くに離れ離れでした(爆)。

ミラノで1週間以上前に買ってたのに、なんという・・・。

今更ながら、座席指定は機械におまかせ、なんて

この国じゃやってはいけないことなんだ、と悟ります。

そんなわけで、久々に独身旅気分を2時間ちょっと味わい、

ボローニャで乗り継いで、夜21時半ごろようやく

ラヴェンナ駅に着いて、本日の行程終了です。

« イタリア周遊(4日目) | トップページ | イタリア周遊(6日目最終日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア周遊(4日目) | トップページ | イタリア周遊(6日目最終日) »