2011年9月16日 (金)

ミラノ映画祭(3)

相変わらず、毎日の映画祭通い、がんばってます。

今日はその内容などについて。

私のお目当ては主に短編映画コンテスト。

ミラノ映画祭で人気のある分野です。

 
 
 

私が短編映画を特に好き好んで観る理由は明確で、

(1)セリフが少ないものが多くて言葉抜きで楽しめる。

(2)ハズレ作品でも我慢して見られる程度の上映時間。

(3)短い時間にセンスが凝縮されたアタリ作品は爽快。

恥ずかしながら、字幕(イタリア語・英語)のスピードに

読むのが追いつかなくて。

ちなみに字幕、こんな感じです。

Photo

セリフが英語ではない映画は、画面の中に英語字幕。

そして画面の外側、上か下かにイタリア語字幕。

イタリア語を読んだり、英語を読んだり、読みやすいほうを。

イタリア映画には字幕はつかないか、

もしくは英語字幕のみがつくものも、たまに。

 

また、まったく下調べせずに観に行くことが多いので、

長編のハズレ作品にあたって、終始睡眠、ということも。

長編、今回の映画祭ではいまのところ5本見ましたが、

1本目は字幕を読みきれず、途中で諦めて寝ちゃったし、

2本目はつまんなくて寝ちゃったし、

3本目は面白かったけど、

4本目はつまらなすぎて途中で退席。

5本目、退屈な映画で、開始10分後には夢の中。

と、こんな具合なので、やっぱり短編がいいな、と。

 

短編は、というと、5本を1グループとして、

A~Kまで11グループの上映が期間中3度ずつあります。

いま約6割観てるので、できれば全作品制覇したくなり、

あとの4割もなんとか都合をつけるつもりです。

今日は日本の「Shikasha」という、カンヌでも上映されたという

短編作品の上映を観てきました。



上映会場の出口付近にある、投票BOX。
Imgp0025

観客が、チップを好きな作品のBOXに入れる仕組み。


映画祭ではこのコンテストの他に、

ワークショップや、ラボ、コンテスト参加作以外の上映、

さまざまやってます。

今年は「羊たちの沈黙」などで知られるジョナサン・デミ監督の

特集をやっていて、監督がミラノに来ているようです。



数年ぶりの映画漬けライフ。

当たり外れはありますが、なかなか充実の日々です。

最終日の18日まで、あと数日。

何作観られるかわかりませんが、がんばりまーす♪

| コメント (0)

2011年9月13日 (火)

ミラノ映画祭(2)

ミラノ・フィルムフェスティバルの会場ですが、

スフォルチェスコ城周辺に数箇所点在しています。

 
 

メイン会場のPiccolo Teatroのホール。
0911_3_copy_2

これ、日曜午前中の上映時の写真。

午前中はこんなかんじで、空席が目立ちます。

午後や夜はかなり入っていましたよ。

このホール、イタリアに移る直前までバイトしていた、

地元の劇場のひとつと雰囲気や規模が似ていて、

妙に落ち着いてしまう、けっこうお気に入りな劇場です。


 

このメイン会場の向かいにあるTeatro Studioでも上映が。
Imgp0014_2  

なかなか雰囲気のある劇場です。

なんだか舞台のセットみたいな客席!


 
 

それからお城の後ろ側に広がるセンピオーネ公園。
Imgp0035

野外会場で、すごい賑わい!

客席は一応仕切られた柵の中なのですが、

低い柵なので、柵の外側から、チケットなしで楽しめる!

そんなわけで、芝生にレジャーシートなどを敷き、

観覧する人も大勢、とにかく場内・場外、人だらけ。


 
 

この野外会場で楽しめるさまざまなサービス。

まずは無料提供のチュッパチャップス!
Imgp0024_copy

毎日通っているので、毎日必ずこれをもらって、

チュッパチャップスをペロペロしながら映画を観てます。

お気に入りはコーラ味。


 
 

それからこんなリラックスコーナーも!
Imgp0022_copy_2

わかりますか??ハンモックコーナーです。

ここで私もハンモック、初体験してみました。

映画が始まるまで、しばしの休憩タイム。
Photo

チュッパチャップスも、ハンモックも、チケット無しで

誰でも入れる場所なのが嬉しいですよね。



他にもまだ会場はありますが、私が行ったのはこの3箇所。

今日も、明日も、明後日も、会場のどこかに、出没予定です。

映画祭の内容などについては、また近日中に。





| コメント (2)

2011年9月12日 (月)

ミラノ映画祭(1)

毎年9月、ミラノで映画祭が開催されています。

今年は9月9日から18日までの10日間。

今年で16回目なんだそうです。

先日開催されたヴェネツィア映画祭ほど派手ではないし、

知名度もない映画祭ですが、年々大きくなっていってます。

いわゆるレッドカーペットとか、ハリウッドセレブなど、

そういう映画祭ではないんですが、逆にそういうところが、

私のようなマイナーな作品やアングラっぽいもの好きには

けっこうツボな映画祭なのかなあ、と。

 

などと言いながら久々、なんと7年ぶりにフリーパスを買いました。

0911_2_copy

期間中、映画祭の全上映作品(250本ほどあるらしい)を

すべて観ることができるパスです。

お値段50ユーロ・・・を、グルーポンで19ユーロで購入!

二千円ほどで10日間、映画漬けの日々が過ごせるとは!

しかしねえ、チケット窓口、すごい混雑でしたよ。

今年から写真付きパスになったことで、一人一人写真撮って、

名前確認(身分証見せて、と言われました)して作成ですしね。

窓口、わずか4~5名でやってるので、長蛇の列、進まず。

初日と2日目の夜は窓口激混みなので、

2日目午前中がベターだと思いました。




ちなみにこちら、初日夜のチケット売り場周辺。
Imgp0007  


この、メイン会場であるPiccolo Teatro前は

毎晩バンド演奏があったり、ワインバーがあったりして、

野外のクラブのような盛り上がり。

映画じゃなくて、その雰囲気を楽しみに足を運ぶ人も

いるんじゃないかな、とも思われます。



映画祭初日の舞台挨拶。
Imgp0010

今週末までに、いったい何本の映画を見ることができるか、

めいっぱい楽しみたいと思います♪

上映会場の様子などはまた後日。

★メイン会場のPiccolo Teatroへは

 地下鉄の緑ライン「Lanza」駅下車。

 駅の真上が会場です。

| コメント (2)

2007年11月22日 (木)

久しぶり

火曜日。久しぶりに友人ゆっきーと夕食。
彼女のリクエストでトルコ料理のエルトゥールル  へ。

実はこのところこのお店にもごぶさたしてまして、
久しぶり、たぶん2ヶ月半ぶりに行きました。
この2ヵ月半の間にメニューがグレードアップしてた!
多人数で行ったら、いろいろ注文して、あれこれ食べたい! 

ま、ほぼベジタリアンの私は、今回いつものメニューで。

Photo

 
 
 
 
 
 
 
  
 

トルコ料理デビューのゆっきーは無難にケバブピラフ。

Photo_2  

 
 
 
 
 
 
 

この日はベリーダンスのショーがある日のため、
ダンサーさん登場~
と、嬉しいことに、この日のダンサーさんは知り合いだった。
昔、私がちょこっとベリーダンス教室に通ってた時の
クラスメイトだったMちゃん
私はもろもろの事情でスクールを辞め、彼女は師を変え、
そして再会すること2年半ぶりの久しぶり

002_2 005_2












皆で踊ろう~、のディスコタイムでは、すっかり足腰が
思うように動かなくなったもどかしさを手拍子でごまかしつつ、
Mちゃんの踊りに見とれてました。
は~、また踊りたいなあ。
ってか、その前に、私のこのですよ!どうしたもんだか!!

 

さて、食事のあとはお決まりのバックギャモン
ゆっきーにルールを教えて実戦へ。
これまた久しぶりの実戦なんですが・・・・
人生初のバックギャモン、のゆっきーに敗北・・・。
しょぼ~ん・・・。
その後、居合わせたアートチューリップ のオーナーと
お手合わせいただき、1-1で引き分けてきました。
決戦はまた後日。
日々、ウィンドウズのインターネットバックギャモンで
修行せねばなりません!!! 

 

そんなこんなで、久しぶり満載の夜、でした

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

バックギャモン

トルコ好き友達のnanaちゃんと、またまた行ってきました。

まずはいつものトルコ雑貨のお店 GO~!
キリム見ながらまったりさせていただきました。

なんと!10月にこのお店企画のトルコツアーをするらしい。
ホームステイのもできて、各所でゆっくりするツアーだって。
トルコのパックツアーは安くて内容濃いけど、忙しすぎるし、
フリータイム少ないもんね。これ、すっごくイイ企画かも!
皆さんっ!あと募集4名らしいですよっ!

さて、私とnanaちゃん、すでにお腹がペコペコ。

食べる気満々でトルコ料理のお店に足を踏み入れると、
真っ先に目に飛び込んできたのがこのゲーム盤。

0808_001_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

これ、バックギャモンっていうんだね。
バックギャモンって言葉は知ってたけど、
このゲームの名前とは知らなかった。
トルコの喫茶店でおっちゃん連中が熱中するゲーム
という認識しか持ってなかった。


11_225

ほらっ!

 

イスタンブールの
 とある喫茶店にて

何時間もこの状態。
トルコのあちこちで
 この光景が見られる。

    (・・・と、思う)
 
 
 
 
 
 
昨年末のトルコ旅行以来、気になってたこのゲーム。
お腹ペコペコながら、「教えてっ!」とお願いしてみた。

レストランのオーナーのバルバロッソさんと、
トルコ雑貨のオーナーのアイタッチさんによる、
バックギャモンの手ほどきを受け・・・

0808_003  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん、胃袋も満たし・・・

0808_002 0808_005







そして、nanaちゃんと私の初心者3番勝負~!!!

で、初バックギャモンは私の3連敗・・・。
ケバブサンド2個+べジサンド1個=合計3個サンド完食、
nanaちゃんにはとうてい勝てそうにありません。

さらにその後、バルバロッソさんも参戦してきて、
遅くまでバックギャモン大会は続きました。
まさに、トルコのオヤジたちのキモチがわかった夜、
って感じだった~。

次回こそは勝つぞー!!!

0808_008_2 0808_007

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

トルコ雑貨@北九州

近頃、北九州市にトルコ雑貨のショップができました。
わーい♪トルコ好きには嬉しい限りです。

で、最近、ちょくちょくそのお店に行くわけですが、
癒される~。うん。
今日は、トルコ旅行から帰ったばかりの友人、
nanaちゃんと一緒にお邪魔してきました。 

001



まず入口ど真ん中。
  トルコといえば、やっぱりコレ。
  たくさんのナザールボンジュ
  お出迎え。
 
 
 
 
 
 

まず手前の雑貨コーナー
アクセサリー(もちろんトルコ石有り!)や、
クッションカバーやバッグ・靴。
チャイグラスもあって、かなりセンスのいい品揃え。
 
 

 
005_2 006_2  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さて、店の奥に進みましょう。
奥はキリムのサロンになってて、ゆったり空間。
キリムに囲まれて、店に流れるトルコ音楽聴きながら、
オーナーのアイタッチさん(もちろんトルコ人)とお喋りしてると
プチトルコ旅行してる錯覚をしてしまう。
(今日もここに1時間以上居座って、まったりしてしまった)
 
 
 

000_1 Imgp1585_1  
 
 
 
 
 
 
 
 

ちなみにこの写真のキリムは90年前に作られたものだって。
ちょっとした博物館みたいなもんだよ、ほんと。
しかもアイタッチさんの妹さんはキリムを織る職人さんだって。
アイタッチさん、気さくにいろいろ見せてくださってありがとう


004_1

お気に入りの椅子
   2人掛け用で、
 オールドキリムが
    張ってある。
 これ、84000円
 絶対にすごく安い!
 欲しいなぁ・・・。

  

  
 

ミラノのトルコ雑貨店には、こんな素敵な椅子は置いてないよね。
ちっ・・・日本にずっと居られるんなら絶対買うのに。
と、椅子とダンナを天秤にかけてしまったりして。
やっぱ椅子かぁ?いやいや、冗談(笑)

 

今日はこのあと、トルコ料理のレストランに行きました。
うはは。トルコ盛りだくさんの日です。
そのトルコ料理のレポートはまた後日ね。
 

お店はコチラ
   ↓

Photo_41 アートチューリップ
小倉駅北側のAIM アジア太平洋インポートマートの中。
  北九州のパスポートセンターのあるフロア。

 

ちなみにアイタッチさん、日本語、北九州弁、ベラベラです。
もちろんトルコ語もベラベラでした。





| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

メブラーナの7つの教え

トルコに旅行したときに、メブラーナの旋舞を見に行った、って
以前の日記に書きましたが、メブラーナの不思議な魅力は
あの旋舞だけではないのです。

 

私のお気に入り、「メブラーナ 7つの教え」を書きます。

 メブラーナ 7つの教え

1.恵みと助けは流れのように与えよ。
2.情けと哀れみは太陽のように与えよ。
3.他人の欠点は夜のように隠せ。
4.怒りといらだちは死のようにあれ。
5.謙遜と謙虚さは土のようにあれ。
6.寛容は海のようにあれ。
7.あるがままに見せるか、見かけのごとく振舞え。

大きな自然界にいる小さな人間の、
大切なことを、詩のように綴ってます。
素敵でしょ?

 

ついついちっぽけな私は、
恵みと助けは鳩の糞のごとく、ぽつり、ぽつり。
情けと哀れみは豆電球以下。
他人の欠点には目を見張るくせして、
自分の欠点を夜のように隠そうとし、
怒りといらだちは納豆のネバネバのごとし。
謙遜と謙虚は化粧のごとく上っ面だけ。
ときに寛容な自分に酔いしれたりして、
そしてあるがままより大きく自分を見せたくなる。

 

だからね、ときどきこのメブラーナの7つの教えを眺めては
自分を振り返って、反省するわけです。

 

特定の宗教は持ってないけど、
こういう「おおっ」と目からウロコが落ちるような教えは
自分に身につけていきたいな。

 

私、そんな典型的日本人です。
ああ、心のでっかい、深い人間になりたいよぅ~。

7_124



 

| コメント (4) | トラックバック (0)