2013年4月12日 (金)

初めてのホップとか。

本帰国に向けて、イタリアで御縁あった方々への

ご挨拶をしているところですが、

先日、私が勝手に「イタリアの姉」とお慕い申し上げてる

ねるさんが、ご自宅に招いてくださいました。

いつもねるさんのブログを拝見しながら、いつか必ず

伺ってみたい、と夢見ていたおうち。

その夢が叶って、もう数日前からうきうきるんるん。

 

ねるさんがお住まいなのは、北イタリアのとある村。

うちから地下鉄→列車→バス、という感じで2時間弱。

私はミラノに住んでいますが、ミラノってそこそこの都会。

(イタリアの中では大都会ですが、日本基準に見ると、

「大都会」と呼べる規模というわけでは・・・・という都会。)

でも、私自身は騒音とか人ごみとか、都会が苦手なので

小さな町や村にすごく憧れが強いんですよね。

もちろん、実際住むとなればまたそれなりのご苦労も

きっとあるんでしょうけど。

 

で、そのねるさんのおうちの村に着くと、これがもう、

私の理想な雰囲気でして。

わ~、わ~、と、村に来たのにまるでお上りさんのごとく

きょろきょろしながら歩いてしまうわけです。

 

ねるさんは古い農家を改築されたおうちにお住まい。

お庭がとにかく広~いんです。

ちょうど桜や春っぽい小さな花が沢山咲いていました。

Nell14

畑あり、池あり、竹林あり、果樹園あり・・・などなど。

で、その一角に、野生のホップが生えていて。

ホップって、ビールの原料になるあれですよね。

イタリア語でルッポロと言うのだそうで、春限定で、

その新芽の部分が食べられるのだそう。

お昼にそのホップを出してくださいました。

Nell4

レモンとお醤油でさっぱりといただいたのですが、

芽の部分の食感がなんとも初めての感覚で、

とっても美味しかったんですよー。

ビール苦手なので、ホップってまったく興味なかったのに!

こんな風に美味しくいただけるなんてーーー!

ねるさんのお手製手打ちパスタやフランも美味しくって、

日本に帰ってからイタリア料理をもっと練習したいな、と

思いました。パスタマシン、持って帰ろう!

 

お食事をいただいた後、お庭を見せていただきました。

ねるさんのお庭には栗の木があって、昨秋の栗が

地面にたくさん落ちていました。

なんとーー、栗から芽が!!!

Nell12

「芽~!!!」と大はしゃぎしてると

「そりゃ実なんだから芽がでてあたりまえ」とツッコまれ、

田舎に初めて来た都会っ子のような気分(笑)

Nell13_2

お庭のことばかり書いてしまいましたが、

おうちも本当に素敵で、壁には画家であるご主人の

作品が沢山飾られていて。

その作品がすごく素敵で、「どれが好き?」とご夫妻から

10回以上聞かれましたが、好きなのが多すぎて。

絵の写真、記念にいっぱい撮ってきたらよかったなー、

もっと見ていたかったなー、と今更ながら後悔。

(見とれてて、写真撮るの忘れてしまって。)

 

比較的便利なミラノでずっと暮らしてきましたが、

いつかまたもしもイタリアに住める機会があるならば、

こんな暮らしがいいなあ、と帰り道に夫と語らいました。

「草取り大変なのよ」と釘を刺されそうですけどね(笑)

ねるさん、ご主人、犬さん、猫さん、鶏さん、

お招き本当にありがとうございました。

またきっと、こんどは栗拾いの時期に伺えますように。

| コメント (2)

2012年4月11日 (水)

韓国のファンタグレープもどき

日本では昔からポピュラーなのに、

こちらでは全く見かけないモノのひとつといえば、

「グレープ味の飲料と菓子」なのでして。

ただ、菓子に関しては、韓国系の食材店で

見かけることがあったので、たまに買ってました。

しかし、飲料・・・。

 

 
まあ、ワイン大国ですしね、わざわざ葡萄味のジュースなんて

要らないんじゃないか、ってことなんでしょうかね。

ファンタもオレンジ味しか見たことないかもなあ。

ファンタなんて世界規模で同じ品揃えと思ってましたが、

そういうわけじゃないものなんですねえ。

wikiを見てみたら、日本のファンタ、すごい種類が多様!

なんだろう、この違い!

wikipedia ファンタ(飲料)

日本すごすぎる!さすが、新しいもの限定もの好き民族。

種類は移り変わりつつも、やはり日本のファンタの歴史では

グレープ味って昔からの定番で人気なんですね。

 

と、ここまでグレープ味やらファンタやらを語っておきながら、

いまさらではありますが、私自身はファンタを飲んだ経験って

おそらく片手で足りる程度しかなくって、

ファンタグレープがないと寂しいとか、たまに飲みたくなる、とか

そういう気分になったことは1度もないんですよね。

ただまあ、夫や、友人が「ここで手に入らないと思うと、

無性に飲みたくなることがある・・・」などと言ってたので、

そういえば、見たことないよねえ、と思ったのでした。

 

 

で、先日、韓国食材店に寄ったところ、

ファンタではないけれど、グレープ味の炭酸飲料発見。

Imgp0092

え・・・ウェルチ?

ウェルチってほら、カルピスの出してる、

ちょっと上品で、いかにも濃いかんじの100%果汁の

ブランド名じゃなかったっけ??

缶にハングルが書いてあるので、ああ、なるほど、

いわゆるパクリ商標の別物ってことなんでしょうかね。

こちらの韓国系・中国系の食品店には普通に

パクリ商標のお菓子が数種類、売られてますしね。

けど、本家の「かっぱえびせん」や、本家の「きのこの山」、

本家の「おっとっと」などが無く、類似品のみが売られてたら、

この際、食べたけりゃガタガタ言わずに買う、ってもんでしょ。

 

そんなわけで、さっそく買ってきて、夫に飲ませてみましたよ。

ジュースの色は、身体に悪そうな色でした。

まあ、いずれにせよ日本のファンタグレープだって、

着色料の色でしょうからね、1段濃い色っていうのか、

色だけはウェルチ的な濃さ、っていうのか、そんな感じ。

味は、まあ、普通にファンタグレープでした。

ただ、夫いわく、飲んだ後に残る風味が薄いのだそう。

まあでも、普通にどうしてもファンタグレープが飲みたければ

これで代用OKかな、という感じみたい。

 

そういえば今年初めに日本に帰省してた友人なんて、

帰省中にイタリア人の知人らが日本に旅行に来たので、

日本の案内をしたりしたらしいんだけど、

そのイタリア人がファンタグレープを気に入っちゃって、

イタリアに持ち帰るんだ、と沢山買い込んだものの、

荷物の制限重量的にやっぱり無理、ということになり、

帰省中のその友人に「これ、イタリアに持って帰ってきて」

と、そのファンタグレープを押し付けて委託して、

代わりにイタリアに持ち帰ってもらった、なんて話も。(大迷惑・・)

なるほど、やはりファンタグレープも、「のようなもの」も

どうやらイタリアには存在しないらしいので、

パクリ商標だなんだとか、後味が薄めとか、色が・・とか

言ってる場合ではなくて、現状、これしかないのかも。

どうしても飲みたくて禁断症状でてる方は、ぜひお試しを。

 

★購入した韓国食材店

ik sempreverde

Via annibale caretta 3 (メトロ赤線 LORETO近く)

日本の食材もいろいろあります。

ちなみにファンタもどきのウェルチは1.50ユーロ。

 

| コメント (0)

2012年2月24日 (金)

ロマネスコ

普段、日本で日常的に食べるような野菜くらいしか

使いこなせないので、食べたことない野菜は

けっこういろいろとあります。

こっちに住み始めてずっと気になってたこの野菜も。
Imgp79_copy

Cavolo Romanesco (カヴォロ・ロマネスコ)

近年では日本にも出回ってる、と友人から聞きました。

この幾何学模様を見る限り、夫が気持ち悪がりそうな、

そんな気がしたのでずっと買うことはありませんでしたが、

ちょうど特売だったので、思い切って買ってみました。

やはり見れば見るほど、不思議なヴィジュアル。



 

どうやって食べるのがいいのかよくわからず、

カリフラワーやブロッコリーと同じように、

シリコンスチーマーに入れてレンジでチンして、

ゴマドレつけて食べてみました。

味は、カリフラワーのようなブロッコリーのような。

舌触りはブロッコリーだけど、味はどっちとも特定できず。

いずれにせよ、美味しかったです。

気になってた外見も、一口サイズに切り分けると、

さほど気にならなかったし。

むしろ、カリフラワーやブロッコリーみたいに、

切ってるときにポロポロになり辛くて切りやすかった。



何事も冒険・経験。

ただ、ゴマドレで食べるってのが、限りなく和風でしたが。

春っぽい緑色なところが、急に暖かくなったここ数日の

ミラノの気候っぽくて、食卓もさわやかになります。



 

| コメント (2)

2011年11月28日 (月)

クランベリークッキーと紅茶

これ、最近のお気に入りです。
Cookie_copy_2

デンマークのクッキーだそうです。

近所のスーパーにあるのですが、とても手の届かない、

高いところにあるため、脚立か踏み台が近くにあるときのみ

手にすることができる、幻の(?)クッキーなのです。



このクッキーは、クランベリーの甘酸っぱい風味なので

フルーティーな紅茶といただくのがお気に入りです。
1011_3_copy
     ↑
この程度の量で済ませられればいいけれど、

実は食べ始めるとキリがなく、もう1枚、もう1枚・・・と、

エンドレスな状態になってしまう怖いクッキー。

フルーティーな紅茶といえば、友達の家でいただいたこれも。

1013apollo_3_copy

いちご他、いろんなフルーツの味がする可愛い紅茶。

しかも、お茶っ葉がほとんどフルーツ片なので、

お茶を飲みつつ、スプーンですくって食べられる、という。

ミルクティーにシナモン入れるのも、このクッキーに合います。

ロイヤルミルクティーには友人のインド土産のこの紅茶を。
Milktea_copy_copy

砂糖もいいけど、ロイヤルミルクティーにはやっぱりはちみつ。

昔、喫茶店でよくロイヤルミルクティーを飲んでましたが、

たしか不二家でははちみつが一緒についてたような。



紅茶、ストレートで飲むときのお気に入りは、

マークス&スペンサーの紅茶がダントツに好き。

以前香港に住んでいた従兄夫婦がよく、香港土産に

くれるので、それをミラノに持ち帰り、大切に飲んでます。



日常的に紅茶を度々飲む習慣はないのですが、

美味しいオヤツをいただくときは、絶対に紅茶。

コーヒーや日本茶、中国茶ではなく、なぜか紅茶です。

きっと子供の頃から、「ケーキを食べるときは紅茶」と、

我が家では決まっていたから、でしょうかね。



| コメント (2)

2011年8月 8日 (月)

いとうあさこ方式

ミラノでもいまじゃ年中、メルカート(市場)とか、

アジア食材のお店とか、たまにスーパーなどで、

大根が買えるんですよね。

以前は夏場にはあまりなかったような気がするけど、

ここ数年は年中割りと大きい大根が買える気がします。

でも、葉っぱはほとんど切り落とされてます。

大根葉、美味しいのになあ・・・。



 

最近、黄金伝説の1万円生活でいとうあさこが大根から

大根葉を栽培する技を披露してました。

こりゃいける!と早速真似してみましたよ。

じゃん♪

Imgp0026_2

水を張ったお皿に、大根の上部を少し残して切ったものを置き、

明るいところに置いておきました。

ぐいぐい水を吸ってくれて2週間、これくらいに成長。

Imgp0002_2

とっても元気で、緑が濃くて美味しそう!

TVではいとうさん、2週間で食べてましたが、

とってもいい感じに伸びてるのでついつい欲がでてしまい、

それからさらに放置してみました。

そしたらこれ以上は伸びずに、萎びてきちゃったよ!!

やっぱり2週間がちょうど食べごろってことなんでしょう。

欲張りすぎちゃいかん、ということですね。 


 

今日の夜、味噌汁の具になる予定。

久々の大根葉のお味噌汁、楽しみです。


| コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

大仕事。

今日は天気もとってもよくて、暖かくて、

気分がよかったのと、

ダンナが「今日はちょっと遅くなるかも」と出かけたので、

家事がんばるぞースイッチをON。

(家事がんばってる途中に帰宅されると集中できないので)

 
 
 

がんばる、って言っても、大掃除とか、衣替えとか、

そういうのでは全くなくって。

私の嫌いなこの仕事。

ムール貝の下準備です。

Imgp0007

これ、買ってきたときの状態。

殻に養殖用の紐とか、フジツボとか、いろいろ付着してるので

これらをまずガシガシ除去しなくてはなりません。

いろいろ試してみたけど、私の中ではステンレスタワシが最強。

ただ、これでガシガシすると指先が傷だらけになるので、手袋。

手袋も、ガシガシやると破れたりすることがあるので、使い捨てを。

ほーんと、これがなにより面倒。

何個買ってきたのか数えてませんが、1キロくらい。

ダンナの好物ですが、この処理がなにしろ面倒なので、

年に1~2回くらいしか買いません。

殻をキレイにしたものも売ってます。でも数倍の値段!

ムール貝自体、とっても安い食材なんですけどね。

 
 
 

で、30分かかってキレイになりました。
Imgp0009

あとは食べる食前に調理するだけ。

 
 
 

トマトベースのソースで蒸し煮。
Imgp0011

これこれ、このお皿の底のソースをパンにつけて食べると

パンが何切れでも食べられる、という魅惑のダシ。

 
 

そして・・・

更に、パスタ!
Imgp0012

これも、ばりうま。(←自分で褒めてみた)

ちなみにこれは私のぶんのパスタ。

痩せの大食い亭主のは大丼に。
Imgp0014

 
 

パンいっぱい食べて、さすがに全部は食べきれず

残した蒸し煮は明日また、パスタとなる予定。

明日のパスタはムール貝のトマトソースパスタだね♪

 
 
 

面倒で、できれば買いたくないムール貝だけど、

大喜びで「至福の味」とまでおだてられたら・・・また買いますよ。

ただし、ワインがすすむようなので、休みの前日に。


 
 

と、至福の味のてんこもりムール貝ディナー。

今日はムール貝特売でこの量が1.5ユーロ(180円くらい)。

そりゃ面倒だけど、気分よくて、ダンナ休日の前日で、

今夜の帰りも遅いし、特売とは!条件すべてクリア。

今日買わなくて、いつ買うんだ??って話でした。

次回は何ヶ月後かな~。

また大仕事の条件が揃ったら、ということで。

| コメント (4)

2010年8月24日 (火)

手放せないペペロンチーノ

Peperoncini Macinati in olio extra vergine di oliva
 (挽き唐辛子のエキストラバージンオリーブ油漬け)

011

昔、仕事でよく行ってたイタリアンレストランで、
「パスタのトッピングにどうぞ」と、
大きな瓶ごとテーブルに出してくれてたのが忘れられず。

いくつかスーパー見たけど、見つけられなくて、
もうずっと忘れてたのに、ちょっと前に偶然見つけました。
なんだー、うちの近くにも売ってたんだー。

すんごく美味しいの!
パスタにトッピングすると、辛いんだけど風味がいいので
けっこうな量を使っちゃう。
ピッツァにもこれ使うと最高!

切らしてしまうのが怖くて、買い置き沢山してます(笑)
改めて探してみると、うちの近所、2件のお店にありました。
常備じゃなくて、ときどき仕入れる、というお店も別に1件。

これ使い始めて、タバスコ党の夫の口から
「タバスコ」という言葉を聞かなくなり、
先日ふと久々に棚の中のタバスコの瓶を手にとると、
カビちゃってました(笑)
もう~、どんだけ放置してたんだよ。






| コメント (2)

2010年5月10日 (月)

GW☆ミラノ☆ミラノ

日本の友人と過ごしたGW。

楽しい時間ってホント、あっという間です。

友人と友人のお母上のイタリア滞在は5泊6日。

5泊6日、という文字を見ると長く思えるけど、

到着&出発にそれぞれ1日ずつ、となると

4日間なので~、やはりあっという間でした。

日本でかなりの時間を共に過ごした友人ですしね。

でも濃い4日間を過ごせたと思います。

4日のうち2日間はミラノ。

あと1日ずつ、ヴェネツィアとフィレンツェに行きました。

今日はその2日を過ごしたミラノのこと。


【ミラノ1日目】

ミラノ中央駅から地下鉄に乗って、ドゥオモ広場へ。

まずはひととおり、ドゥオモ外観、ガッレリア、スカラ広場と

写真を撮ったりして散歩したのち、

天候が安定してるようなのでドゥオモの屋根へ!

真剣に景色に見入る、友人マンマと私
Img_0080_2

天候、GWと同時に急にほぼ毎日雨天。

いまだにそれが続いており、まるで梅雨のよう。

ドゥオモに上りたい!と事前に聞いてたし、

私もドゥオモの屋根には絶対上って欲しかったので、

なんとかお天気持ちこたえてほしかったのでした。

不安定な空の中、雨に降られず上れてよかったー。

地上に降りてからも、ドゥオモの尖塔の話題で

盛り上がる3人・・・・なので、お向かいのデパートで

尖塔を眺めながらのお茶タイム。

リナシェンテ7階のテラスにて
05021

しばしお喋りしてから、ドゥオモの中へ。

ちょうどミサの真っ最中で、奥へは行けなかったけど、

とっても幻想的な雰囲気を味わえました。

誰もいない回廊(普段は絶対ありえない)と、ミサ風景
0502_8

 
 

と、このへんでお腹も減ってきたので~、と

お昼ごはんを食べに移動。

今回は、在ミラノトモダチのSOLEちんが何度も通ってしまう、

というお店に行きたかったんだけど、この日はお休み。

残念~、と近所の別のお店に。

左:nanaちゃんのチーズとトマトのパスタ、
真ん中手前:私の妙な(笑)パスタ、
右:マンマのイワシのパスタ(←コレは超ヒット!)

0502_2

え?手前の私の妙なパスタが気になりますか??

これはねー、「ベジタリアンが食べられるパスタある?」と

尋ねたら「あるよ。チーズは大丈夫?」と言われたので、

「チーズも苦手だから、チーズ抜きのソースで。」と注文。

そしたら、何だ、コレ?みたいなのが出てきちゃったー。

べら~んとしたパスタ(もちもちでこれ自体はOK)に、

オリーブオイルぶっかけただけ・・・ですかー。

せ、せめて塩を振ってみよう・・・、って感じで食べました(爆)

でも、さすがに味が度を越して単調シンプルすぎ、

全部は食べれませんでしたですー。

っつか、チーズ抜きならソースはナイよ、って教えてよ~。



午後はスーパーマーケット探索!

やはり女性って旅先のスーパー好きなんだよねー。

私、旅先のスーパー探索は欠かせません。

なので、大き目のスーパーに、ご案内~。

するとさすがの私も「だ、大丈夫?持って帰れる??」

とうろたえる程に買い込む母娘。

ピーマンのあまりの大きさに、軽く叫んでたnanaちゃん
0502_4

 
 
 

さて、一度ホテルに荷物を置いて、夕方のお出かけ。

せっかくのミラノの夕暮れ時なので、

やはりナヴィリオで散歩とアペリティーヴォをね。

食べ放題のお料理、何度取りにいったかな・・・満腹♪
0502_11

こちらも欠かせないミラノ名物!レトロ感たっぷりのトラム
0502_14



【ミラノ2日目】

この日は午前中、私は予定が入っていたので、

午後から合流しました。

午前中はホテル近くのメルカート(青空市場)や、

初日に入らなかったスカラ座の博物館とか、

奥まで入れなかったドゥオモ、などを見たそうです。

メルカートで見た衝撃シーンを語ってくれました(笑)

とっても元気に動き回るエスカルゴさんたち・・・(汗)
Img_0417

合流してから、ランチ前に寄り道して骸骨寺院 こと、

サン・ベルナルディーノ礼拝堂でしばし骸骨鑑賞。

ゴハン前に骸骨なんて・・・とか、

そんなこと気にしないのがnanaちゃんのいいところ(笑)



そして、初日に行けなかったSOLEちん御用達ランチ!

左上から時計回りに: シーフードサラダ、
              カラスミのパスタとイカスミのパスタ、
              ムール貝(シチリア風)とフライドポテト、
              クリームブリュレ
(←美味すぎて悶絶)

0504_1
0504_3

安くて美味しいだけじゃなくて、

お店の内装や、スタッフさんたちがとても感じがいい!

細かい気遣いをたくさんいただき(←イタリアでは希少)、

腹もココロも満たされたのでした。

SOLEちんのお友達が働いてるステキなお店。

La Cozzeria
via Muratori 6(地下鉄P.ta.Romana駅すぐ近く)

なんと、この3日後にダンナ連れて2度目のランチに

行ってしまったほどなのでしたー。きゃー♪

また行くぞ~。

0504_5



午後は夕方に「最後の晩餐」の予約を入れていたため、

その時間を意識しつつその周辺をウロウロ。

サンタンブロージョ教会でミイラ拝んで、

スフォルツェスコ城でミケランジェロの彫ったピエタ観て。

なにせ雨だったので、動きにくい中、がんばってウロウロ。

そして、最後の晩餐近く、私イチオシのジェラート屋さんで

ジェラート休憩をしました。

雨にもマケズ・・・お城にて
Img_0539

私:ダブル(奥の小さいの)。母娘チームはトリプル。
Img_0568


無事、最後の晩餐まで見終わって、

ホテル近くでうちのダンナと合流し、夕食へ。

これまたSOLEちんのブログで高評価だった店へ。

普段は買ってあげることのない、クラテッロ(最高級生ハム)と
まんまる揚げパン”ニョッコフリット”など

0504_9

"pane al pane, vino al vino" via tadino48 

おいしゅうございました~。



と、ミラノ2日間でしたが、もともとツアーでは半日で

駆け抜けられてしまう街。

それなりにディープにまんべんなく観ていただけたかな、

と思います。休みなく動いてもらったけど~。


ミラノに遊びにきてくれた人を案内して、

喜んでもらえることが本当に嬉しいな、と思う今日この頃。

ちょっとずつ、この街の人になっていってるのねー、と

複雑な気持ちになったりもしますが~(笑)

このごろ改めて、ミラノの街のことにとっても興味を

持つようになりました。歴史とか、建造物とか。

ここにいつまで住んでるかわからないけど、

いまここにいることを有難く思って、いろんなことを

勉強たいな、と。

あ、また観光業界に就職希望、とかそんなんじゃなく。

仕事じゃなく、趣味だから、趣味ならでは、の領域で、ね。



次回、nanaちゃん母娘とのGW、遠征編、お送りします。

| コメント (14)

2010年2月15日 (月)

バレンタインとその翌日

14日はバレンタインでしたね♪

その昔、OL時代は職場でのチョコ配りが

ほんとに大変だった~。

でも、どんなチョコを配ろう、と考えるのも楽しみ。

ここ十数年、そういう職場にいるでもなく、

とくにイタリアに来てからは、身内(ダンナ)にすら、

チョコをあげるでもなく・・・・な(苦笑)

1度、結婚してすぐのバレンタインの日、

弁当と一緒にチョコを1つ、バッグに入れて持たせたら

そのまま潰れて変形したチョコが帰宅。

(気づいてもらえなかった??)

自分で食べた、ってことがあったっけなー。

 

そんなわけで、今年もチョコ贈りは無し。

でも、一緒にチョコラータ(ホットチョコレート)飲みに

カフェに行こうよー、と誘ってみましたです。

006 このお店のチョコラータはちょっとユルめ。

どろんどろん、で「飲む」というより「食べる」という

チョコラータが好きなんですけどね~。

でも、今回は甘いものと一緒にいただいたので、

ユルめで正解だったかもね。

 

ユルい、といっても、「どろん度」はこのくらいアリ。
007

チョコラータであったまったバレンタインの夕方でした。

 
 

友人の日記で「本命チョコ」「義理チョコ」以外に

「友チョコ」を女の子同士でチョコを贈りあった、って

書いてあって、ああー、そりゃいいな♪なんぞ

思った私でした。

あと、「義理チョコ」もいまや「義務チョコ」になってる、とか?

おもしろいなー、日本。

バレンタインのお祭り騒ぎ、嫌いじゃないかも。

 

さて。

今日はダンナが「ほぼ休み」の日。

ほぼ、ってなんだよー(笑)

休みなんだけど、午後ちょっと仕事に出なきゃ、の日。

これじゃー家でまったりするしかないけど、

それもつまんないから「公園でお弁当食べよう」と。

真冬だろ?

真冬だよ。

真冬のピクニック、いざ!

008

ガラ~ン・・・・。

ここでお弁当広げてたら、普段は行きかう人々の

注目の的、なんだけどなー、今日は人がいないので、

食べることに集中。

003

春になったら、またお花見ピクニックしよ~♪

春はもうすぐ。

 

ちょうどそのころ、北イタリアのある街で、いいことが。

私と同時期に、イタリアの家族ビザを取る手続きをされてて、

情報交換したり、代理で大使館行っていただいたり、と

いろいろと苦楽をともにしたビザ仲間のsatsumaちゃんに

今日、赤ちゃんが誕生したのです。

彼女との出会いは私のこのブログでした。

ビザ取得は大変だったけど、彼女と一緒だったことが

本当に心強かった、という縁、いや、絆かな。

暖かくなったら赤ちゃんと一緒に、

赤ちゃんのパスポート申請にミラノに来ると思うので、

とっても楽しみ。

satsumaちゃん、ダンナくん おめでとう~。

| コメント (4)

2009年9月 3日 (木)

夏の終わりのおやつタイム

先日、チンクエテッレに行ったとき、

海に沿いでたくさんのウチワサボテンを見かけました。

71d0
71ff

ちょうど実を沢山つけてる季節。

いまが旬なんですねー。

フルーツ売ってるお店でもよく見かけます。

A35b

恥ずかしながら、昨年までコレ、

ドラゴンフルーツだと思い込んでました。

ちなみにドラゴンフルーツはヒモサボテンの実。

Photo

同じ仲間なのでよく似てますなー。

 

チンクエテッレで天然モノを見たあとだし、

なんか久々にドラゴンフルーツ食べたい気分だったので、

同じよーなモンだろう、と思い、1個買ってみました。

割った感じも似てる。

A36c

コレもやはり、ドラゴンフルーツ同様、

中がこんな赤いのもあれば、白みがかったものもあって、

ちょっと種がドラゴンフルーツよりは大きいかなあ・・という感じ。

で、一口食べてみました。

あらら、種が硬~い!!!

ドラゴンくんは種がシャリシャリ(キウイみたいな)で美味だけど、

これはとても噛めるようなものではないのです。

でも、飲み込むらしいです・・・私、無理(苦笑)

味も、食感も、種も、やはり別物。

種がすんごい多くて、容量の半分くら位が種でした(爆)

まあまあ美味しい・・・かな?

ちなみにウチワサボテンの実はFICO D'INDIAって名前です。

そんなこんなで、マズくはないけど、ちょっとハズレの気分で

9月を向かえたワタクシでしたが、

先日、お菓子名人nozominaちゃんが遊びにきてくれました。

もちろん、手作りお菓子持参で!

A34a

ダブル?トリプル?チョコたっぷりパウンド。

どんくらいたっぷりか、っていうと、

生地にチョコたっぷり(ダブル?)の上、でっかいチョコチップが

ごろごろ入ってました。見えるかな?

A3ac

夏の間、チョコ控えめ生活だったので、

久々の濃厚チョコに舌が大喜び。

nozominaちゃん、ごちそうさま。

またいつでも遊びにきてねー(ニヤリ)

| コメント (2)