2013年4月12日 (金)

初めてのホップとか。

本帰国に向けて、イタリアで御縁あった方々への

ご挨拶をしているところですが、

先日、私が勝手に「イタリアの姉」とお慕い申し上げてる

ねるさんが、ご自宅に招いてくださいました。

いつもねるさんのブログを拝見しながら、いつか必ず

伺ってみたい、と夢見ていたおうち。

その夢が叶って、もう数日前からうきうきるんるん。

 

ねるさんがお住まいなのは、北イタリアのとある村。

うちから地下鉄→列車→バス、という感じで2時間弱。

私はミラノに住んでいますが、ミラノってそこそこの都会。

(イタリアの中では大都会ですが、日本基準に見ると、

「大都会」と呼べる規模というわけでは・・・・という都会。)

でも、私自身は騒音とか人ごみとか、都会が苦手なので

小さな町や村にすごく憧れが強いんですよね。

もちろん、実際住むとなればまたそれなりのご苦労も

きっとあるんでしょうけど。

 

で、そのねるさんのおうちの村に着くと、これがもう、

私の理想な雰囲気でして。

わ~、わ~、と、村に来たのにまるでお上りさんのごとく

きょろきょろしながら歩いてしまうわけです。

 

ねるさんは古い農家を改築されたおうちにお住まい。

お庭がとにかく広~いんです。

ちょうど桜や春っぽい小さな花が沢山咲いていました。

Nell14

畑あり、池あり、竹林あり、果樹園あり・・・などなど。

で、その一角に、野生のホップが生えていて。

ホップって、ビールの原料になるあれですよね。

イタリア語でルッポロと言うのだそうで、春限定で、

その新芽の部分が食べられるのだそう。

お昼にそのホップを出してくださいました。

Nell4

レモンとお醤油でさっぱりといただいたのですが、

芽の部分の食感がなんとも初めての感覚で、

とっても美味しかったんですよー。

ビール苦手なので、ホップってまったく興味なかったのに!

こんな風に美味しくいただけるなんてーーー!

ねるさんのお手製手打ちパスタやフランも美味しくって、

日本に帰ってからイタリア料理をもっと練習したいな、と

思いました。パスタマシン、持って帰ろう!

 

お食事をいただいた後、お庭を見せていただきました。

ねるさんのお庭には栗の木があって、昨秋の栗が

地面にたくさん落ちていました。

なんとーー、栗から芽が!!!

Nell12

「芽~!!!」と大はしゃぎしてると

「そりゃ実なんだから芽がでてあたりまえ」とツッコまれ、

田舎に初めて来た都会っ子のような気分(笑)

Nell13_2

お庭のことばかり書いてしまいましたが、

おうちも本当に素敵で、壁には画家であるご主人の

作品が沢山飾られていて。

その作品がすごく素敵で、「どれが好き?」とご夫妻から

10回以上聞かれましたが、好きなのが多すぎて。

絵の写真、記念にいっぱい撮ってきたらよかったなー、

もっと見ていたかったなー、と今更ながら後悔。

(見とれてて、写真撮るの忘れてしまって。)

 

比較的便利なミラノでずっと暮らしてきましたが、

いつかまたもしもイタリアに住める機会があるならば、

こんな暮らしがいいなあ、と帰り道に夫と語らいました。

「草取り大変なのよ」と釘を刺されそうですけどね(笑)

ねるさん、ご主人、犬さん、猫さん、鶏さん、

お招き本当にありがとうございました。

またきっと、こんどは栗拾いの時期に伺えますように。

| コメント (2)

2013年3月23日 (土)

イタズラ?盗難対策?

歩いてたら頭上に自転車が・・・!

Imgp0662_copy

え?え?

誰かがイタズラしたのかと思ったんですけどね、

近づいてよーく見たら、ちゃんとこのポールに

チェーンロックがつなげてあって、

駐輪してる、ってことみたいな状態でした。

Imgp0663_copy

しかし、ちびっこ用のお子様シートが後ろについてるし、

子連れでこんな場所に駐輪するなんて、あり?

やっぱりただのイタズラなのかな。

うーん、謎は深まるばかりです。

| コメント (2)

2013年1月 8日 (火)

青信号おじさん

信号とか、非常口とか、

日常のヒト型マークが気になるお年頃です。

最近は青信号のおじさんが気になります。


 

日本の青信号おじさん
(フリー素材の写真を拝借してきました)
018_copy

うん、昔から見慣れてる安心感というか、安定感。


一方、ここらへんの青信号おじさん。
Imgp0430_copy

顔、小っちゃ!

脚、長っ!

ザ・欧米人、って感じが漂います。

姿勢がシュッとしてるのかな。

あ、でもこうして改めてよく見ると、

日本のおじさんもなかなかの小顔なんですね。

もしや、おじさんではなくて、お兄さんなのかも。



ありました!

イタリア版、おじさんバージョン。
Imgp0429_copy

なんだか、お腹がコロコロしてるのか、

マントみたいな上着を着てるのか、不明だけども。

Imgp0429_copy_copy

コロコロしてて、おっとっと、って感じもして、

最近ちょっと気になる信号でした。

ただのいたずらで、変身しちゃっただけなのかも。

 
 

| コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

プレゼーペ・ジャポネーゼ

あーだこーだ言いつつも、散歩に出かけた元旦。

やはり商店は全般的にお休み。

ドゥオモ横のクリスマスマーケットと、バールが数店

営業していたかな、という感じでした。

それに加えて午後から小雨が降ってきたミラノ。

おかげで元旦のチェントロはこんなにも殺風景。

Imgp0403

この道の奥、うっすら見える高い塔がドゥオモです。


途中、雨宿りを兼ねて立ち寄った、とある県の施設。

そこに一風変わったプレゼーペの展示がありました。

クリスマス時期に教会などに飾られる、キリスト生誕の

場面を再現したドールハウスとお人形をイタリアでは

プレゼーペ、と呼んでいます。

教会などによっていろんなタイプがありますし、

国や地域によっても様々で、展示会なども行われてます。

今回のも「世界のプレゼーペ展」という催しの

プロモーション用に4つだけ、展示してありました。

そのひとつに目が釘付け!

Imgp0395_copy

中国チックな建物に、お雛様チックなお人形が。

うーん、これはいったい・・・・、とタイトルを見ると、

Imgp0396_copy

プレゼーペ・ジャポネーゼ(日本のプレゼーペ)。

んー、日本の、と言われるととっても微妙なんだな。

 
 

え!子連れのお雛様??

Imgp0397_copy


(ブレてしまって見づらくて申し訳ないのですが)

中国風おじいさん3人組とか・・・え?んん??
Imgp0399_copy_copy

 

なにげに振り向きパンダ!
Imgp0400_copy


まあね、イタリア人からみたら、日本も中国も、

文化の境目とかわかんないでしょうしね。

お雛様が十二単を着てるんだけど、

全体的には登場人物などが中国風。

西洋人が日本をイメージして作ったんですかね?

ただただ謎が深まる作品なのでした。



 

ポルタ・ヴェネツィアのSpazio Oberdanで、

実物をご覧になれます。

今年の初失笑のお話しでした。

| コメント (4)

2011年7月17日 (日)

夏のショーウィンドウ(追記あり)

散歩ついでにデパートに立ち寄った際の、

デパートの正面入り口横のショーウィンドウにて。

Imgp0011_2

ショーウィンドウの中で、マネキン人形ではなく、

生身の美男美女が水着で踊ってるんです。

水着だけど、イケイケすぎない程度に、

爽やかなモデルさんたちで、すごく感じがいいの。

カメラ向けたら、すぐ気づいて笑顔&ポーズ。

で、撮ったあとにニッコリと手を振ってくれました。

こんな可愛い水着のふたりから、

笑顔を向けられると、無条件に頬が緩んじゃう。

 
 
 

でも、よくよく考えると、この場所、暑いんだろうなあ。

時間帯によっては、直射日光が当たるし。

隅に置いてある扇風機が、暑さを物語ってます。

道行く人を、楽しませてくれる、この演出。

ミラノのチンクエジョルナーテ広場のCOINにて、

たまに見ることができます。

 

※以下7月19日追記

このショーウィンドウ、実は物議をかもしてたそうです。

以下、ロイターの記事を貼っておきます。

百貨店にビキニの「生身マネキン」、イタリアで物議

「下品」と、抗議の声があがってたんですね。

ビキニだったけど、モデルさんを見るかぎり、

だからといってセクシーさを強調する感じもなく、

私にはとっても可愛らしく見えたんですが・・・。

皆さんはどう思います??

| コメント (4)

2011年5月12日 (木)

車の顔

ミラノ市内のとある焼き菓子屋さんの車・・・。

Imgp0005

え・・・なんでそーなる???

せっかくベンツなのに・・・っていうか

まさか、「ベンツだから」ちょっと大人な目にしたとか?

お店の前を通るたびに、気になってしょうがない(笑)

この顔の「良さ」がよくわかんなくって。

で、写真を撮って、家でじっくり観察してみたのです。

ふ~ん・・・。

やっぱり微妙ではあるけれど、

ベンツマークのある、黒い部分を口、

その上の小さい丸(小さいベンツマーク)を鼻、

と思って見てみたら、ちょっと愛嬌のある子に思えたり。

誰かわかんないけど、こんな顔の人いるよね、って思えたり。
Imgp0004_2

 

このひとかな・・・・?
Renho_2

っていうか、むしろ彼女のほうがロボットっぽいよね。

| コメント (2)

2011年4月 6日 (水)

救急箱

よく蚤の市というかガラクタ市に出かけますが、

昭和の診療所にありそうなモノに惹かれる! 

 

 

去年買った箱・・・往診用のガーゼ入れかなにかかな、と

思って手にしたら、注射ケース。

しかも注射器・注射針付き。
Box

蚤の市なので、誰かが使用したモノのはず。

怖すぎるので、注射器は帰ってから捨てました。

(イタリアはスーパーマーケットでも普通に注射器売ってます)

この箱、いまはボタン入れとして使ってます。

 
 

 

先日は壁掛けタイプの、ボロい古い救急箱を買いました。

Imgp0003

うちのボロい玄関にボロ木箱が妙にマッチしてる・・・。

下の汚い帯部分には「pronto soccorso」(救急)という字が。

 
 
 

しかし、玄関に救急箱は要らないよねえ。

掛けるとこなかったので、ここに掛けちゃったけど。

なので、見た目は救急箱だけど、中は・・・
Imgp0020

こんな感じになりました。

救急箱からはほど遠くなってしまったけど、

なかなかお気に入り。

最近はサングラスが外出の必需品なので

いまからサングラスもこの中に入れておこう♪







 

 

| コメント (2)

2011年3月11日 (金)

ファブリーズ

日本ではファブリーズなどの除菌消臭スプレーを

家でよく使ってました。

クッションとか、シーズン中に出番の多いコートとか、

まあ、いろいろとね。

ないならないで困らないけど、あったらあったで便利。

イタリアでも買えるとは聞いてたけど、

自分の近場で目につかなかったので諦めてました。

 
 
 

が、先月、たまたまスーパーで目に止まったのです。

最近この店で取扱いを始めたのかな?

週に1度ほど行ってて、ここで探したこともあるのに、

いままでまったく気づかなかったから。

Imgp0003

日本と同じP&G製、500mlで4.19ユーロでしたよ。

もしミラノでお探しでしたらスーパーのUnesで!

店頭にあった香りはこのクラッシックってやつだけ。

いわゆる日本の普通の(無香料?)タイプの香り。

いまの時期、嬉しいですね。

早速枕やクッションにスプレーしてます。

| コメント (2)

2011年3月 3日 (木)

咲いた!

Imgp0003

寒さがまたぶり返してきたミラノですが、

寒さに負けないぞー、っとここだけ春モード。

毎年、ここの花(桜の仲間なのかなあ?不明。)は

比較的早く咲いて、「もうすぐ春だよ!」と知らせてくれます。

寒いんだけど、この花を見てたら、

ちょっとほんわり、いい気分になっちゃいますね。


本格的に桜の季節になっちゃうと、

逆に日本の桜が恋しくなってしまうんです。

なので、いまのこの時期に花を眺めて歩く、っていうのが

一番贅沢な気分に浸れて、大好きです。


Imgp0004  


ニュージーランドで被災された日本人の方々が、

日本で桜を見られますように。

また、現地ニュージーランドの方々も、

他各国の被災者の方々にも、

早く平穏が訪れますように。






| コメント (0)

2011年2月24日 (木)

ごつん

うちのアパートの前の通り。

最近よく停まってる車の縦列駐車がすごい。

Imgp0024

路上の駐車スペースに停めるのは一般的なことなので、

限られたスペース、こういう停めかたの車は珍しくないけど。

この車、前後にゆとりがあっても、ほぼ毎日この停め方。

なにかのコダワリなんだろーか・・・・??

 
 
 

ペーパードライバー歴22年の私としては、

ただただ、その縦列駐車技術に感心するのみです。

 
  

というか、日本に引き上げる日がきたら、

どこか田舎で運転の練習して、

脱・ペーパードライバーしたいなあ。

以前は冗談半分言ってたけど、

年々、老いていく親たちを見てると、

次第に現実味を帯びてきます。



当時、「卒業生の事故率市内ワースト1」と囁かれてた、

自動車学校卒、の不器用な私・・・・。

うーん・・・私、大丈夫なんでしょうかね。

| コメント (4)